U-22

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 10:50:08.12 ID:???*.net
     サガしていた「中東対策」を佐賀のピッチで注入する。U-22(22歳以下)日本代表候補は26日、佐賀市内で合宿2日目の練習を行った。手倉森誠監督(47)は1タッチ、2タッチでのプレーを要求。
    特に縦パスを受ける選手に「中東勢は激しく来る。そこを1タッチでさばけば3人目がフリーで前を向ける」
    と念を押した。

     「必ずフィジカル勝負に来る」と、来年1月に五輪最終予選で対戦する中東勢の性(さが)を分析。
    「当たり合いの準備も必要だが、それだけだと日本の良さが消える。相手に指一本触れさせないくらいのつもりでやりたい。そのためには1タッチ、2タッチのプレーが必要」と強調した。

     合宿を「新戦力探し」の場と位置付けていたが、意図通りMF関根らものびのびプレー。
    「いい時期に呼べた」と満足げにうなずく。「予選では他のアジア勢との差が見せられるように」とダジャレで締めた。

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1558027.html

    【U22手倉森監督、中東対策「1タッチ2タッチで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:39:36.13 ID:???*.net
    J―22選抜合宿初日 (9月21日)

    FW鈴木が手倉森ジャパン初招集となった。鹿島では12日のG大阪戦でデビュー戦ゴールを挙げたばかり。
    「試合に出始めてすぐ(の招集)だったのでビックリ」と、驚きを隠さなかった。

    今回の選出はクラブだけでなくJ―22選抜でのプレーも加味されてのもの。
    指揮官は「相手を背負えるし中盤の仕事もできる」と評価。日本代表FW岡崎を手本にする19歳は「アグレッシブさを出したい」と、定着へ向けて意気込んだ。

     <J―22選抜メンバー>

    【GK】櫛引政敏(清水)、牲川歩見(磐田)

    【DF】川口尚紀(新潟)、岩波拓也(神戸)、奈良竜樹(FC東京)、植田直通(鹿島)、山中亮輔(柏)、宮原和也(広島)

    【MF】大島僚太(川崎F)、喜田拓也(横浜)、野津田岳人(広島)、中島翔哉(FC東京)、井手口陽介(G大阪)、鎌田大地(鳥栖)

    【FW】鈴木優磨(鹿島)、浅野拓磨(広島) 【リオ五輪最終予選 J3順位表 日程&結果】

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/09/22/kiji/K20150922011180890.html
    2015年9月22日 05:30

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/09/22/gazo/G20150922011182240.html
    ジョギングの最中笑顔を見せる鹿島・鈴木(中央)

    【鹿島FW鈴木 手倉森J“初召集”に驚き「アグレッシブさ出す」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 08:35:50.46 ID:???*.net
    来年のリオデジャネイロ五輪を目指すU-22日本代表は、8月23日から26日の4日間、京都で代表候補トレーニングキャンプを実施。発表されたメンバーには、鳥栖の鎌田大地の名が連ねられていた。

     今季、東山高から加入した高卒ルーキーは、もはや鳥栖にとってなくてはならない存在に上り詰めようとしている。そして、手倉森ジャパンに初招集――。

     上質なボールスキル以上に際立つのは、言動の節々から伝わる貪欲さ。そこにこそ、将来の日本を背負うべき怪物ルーキーの凄みを見た。

    ――◆――◆――

    「海外を見れば、同年代で世界的に活躍している選手もいる。1年目から試合に出ないとダメ」

     今季にプロ入りするやいなや、そう言い放った鎌田大地が、有言実行のプレーで周囲の度肝を抜いている。開幕前の練習試合でゴールを奪うなど、ブレイクの兆しはあった。それでも、多くの関係者から絶賛される現状は正直予想を超えるものだ。

     リーグデビュー戦は鮮烈そのものだった。第1ステージ11節・松本戦で72分からピッチに立つと、ボランチの位置から違いを作り出す。  

    81分には鋭いスルーパスを豊田へ送り、決定機を演出。そして、ハイライトは90分に訪れた。相手のクリアボールを右足ダイレクトで叩き、プロ初ゴール。見事な一発で、チームを敗戦から救ってみせた。

     続く12節・名古屋戦ではプロ初アシストを記録し、17節・広島戦でリーグ戦初先発を飾った。これまでのリーグ戦13試合で、3得点・3アシスト(8月18日時点)。

    8月5日に19歳になったばかりの怪物ルーキーは、鳥栖になくてはならない存在にまで上り詰めようとしている。

     背筋を伸ばした姿勢から繰り出すドリブル、一瞬の隙を見逃さないスルーパス……。鎌田の魅力は攻撃面に集約されるだろう。ボランチからCFまでこなす器用さを持つが、ストロングポイントはゴール前でこそ発揮される。

    ボールスキルに長けたプレースタイルは、運動量と球際の激しさをカラーとする鳥栖で明らかに一線を画す。ベアスタで試合を眺めれば、自然と24番に目が行くほど“異質さ”は際立っている。

     ただ、攻撃性能が高い半面、守備に課題を残すのも事実だ。

     前線からのプレスが半ば義務付けられた鳥栖において、寄せの甘い場面が少なくない。スタメン出場が多い最近は、試合終盤でスタミナ切れに陥ってもいる。
    戦うために、足りないものがある。だが、「だからこそ鳥栖に来た」と鎌田は豪語した。

    「鳥栖には、自分の課題であるハードワークの姿勢がある。自分が成長するには一番の場所」

     そう言い切る姿には、年齢にそぐわぬ凄みがあった。そして、なによりもその貪欲さが、自身を成長に導くのだ。

     第2ステージ・5節の鹿島戦。連戦の疲れからか、この日の鎌田は動きが重く、決定的な働きができなかった。良い位置でボールが受けられず、シュートはゼロ。終盤は身体に力が入らないのか、サイドチェンジを蹴り損ねるシーンも散見された。

     敗戦後のミックスゾーンには、不服そうな表情の鎌田がいた。

    「結果を残さないと話にならない」

     その主張はシンプルだ。

    「攻撃も守備もやらなきゃいけませんが、あのポジションは得点を取ってナンボ。システムが変わろうが、攻撃の選手には変わりがないんで」

     トップ下を主戦場とする鎌田だが、鳥栖では第2ステージ4節から3-4-2-1を採用しており、シャドーでの出場がメインになっている。「守備の時にはサイドハーフのような感じ」(鎌田)と役割が多少変わるなか、一切の言い訳をこぼさない。

     この試合では結果こそ残せなかったが、ボールを受けて反転して相手を置き去りにするなど、持ち前の技術は随所で見せていた。それでも、鎌田は納得しない。

    「あれ(ボールを受けてからの動き)も必要だと思う。ただ、相手を抜くのもかわすのも大事ですけど、こだわりたいのは一発で前を向く形。 パスを受ける前にギャップに入れれば、そのまま2枚剥がせる。そこが自分の良いところだと思うし、もっとやらなきゃいけません」

     ひたすらに前だけを見つめる鎌田は、いずれ鳥栖を、そして日本を背負って立つMFになるかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150818-00010005-sdigestw-socc

    ◇鎌田大地(かまだ・だいち)選手
    【ポジション】MF
    【生年月日】 1996年8月5日(19歳)
    【身長/体重】 180cm/72kg
    【出身地】 愛媛県
    【経歴】 ガンバ大阪Jrユース-東山高
    http://www.sagan-tosu.net/player/detail.html?seq=20

    【手倉森ジャパン期待の新戦力、鎌田大地――貪欲な怪物ルーキーの正体とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    479: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/07/12(日) 15:14:26.92 ID:KQc7VbQx0.net
    おお!ついに高畠J22選抜、2-1で勝ち切ったーっ!
    http://www.jleague.jp/match/j3/2015/071212/live
    イエローや選手交代が乱れ飛んだ気温31度の相模原。帯同16人準備が大きな分岐だった
    最後の方の速報では、リロード毎にヒイヒイしたぜ。
    望外のゴール決めた中島。今までだったら何かが足りなかったチームだ。これこそ勝って成長するというコツ
    にしても良かった。これで高畠さん解任派も黙るだろう。続報が楽しみ

    480: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/07/12(日) 16:36:33.58 ID:KQc7VbQx0.net
    相模原スレでは糞審判の声が上がってるけど、シュート数も6:7か。熱戦
    http://www.jleague.jp/photo/article/3988#photoDatail
    井手口、良い笑顔をしてるね

    no title



    481: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/07/12(日) 20:33:18.57 ID:i5C9Oq1R0.net
    >>480
    レッドカードの場面ではバックスタンドから
    相当な野次もあったしね。
    no title

    485: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/07/13(月) 02:48:41.66 ID:Wy2mPiz40.net
    お!動画がUPされた
    https://www.youtube.com/watch?v=y53avZ0J-oQ&feature=youtu.be


    シュートを2度外した11番は杉森。逆転アシストした10番は鈴木優
    凄いミドルでゴールしたのも、相模原の同点に最後スライディングしてたのも8番井手口
    この3人は動画時点でなんとなく直感できてたよw
    みんな良い表情してるね。これは好ゲームだ
    引用元: http://hello.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1427240419/ 【【J3リーグ】 U-22選抜チームで井手口が見事なミドルシュート!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 20:55:37.90 ID:???*.net
    スポニチアネックス 7月1日(水)20時52分配信

    <U-22日本代表・U-22コスタリカ代表>前半、野津田がジャンピングボレーで先制ゴール
     ◇国際親善試合 日本2―0コスタリカ(2015年7月1日 ユアスタ)

     リオデジャネイロ五輪出場を目指すU―22日本代表は1日、仙台のユアテックスタジアムで
    親善試合U―22コスタリカ代表戦を行い、2―0で勝利を収めた。

     日本は序盤から押し気味で前半5分にFW浅野のシュートが右ゴールポストを直撃、20分には
    MF遠藤がCKからヘディングを放つなど積極的な攻めを見せた。先制点は37分、左からのDF
    亀川のクロスにMF野津田が跳び上がって右足で合わせて決めた。

     後半もDF植田の攻撃参加、MF中島やこの日2点目を狙う野津田の果敢なプレーなどでコス
    タリカ陣営に攻め込んだ。待望の追加点は32分、中央付近から抜け出した途中出場のFW金森が
    DFをかわして豪快にミドル弾を決めた。試合はこのまま日本がリードを守って快勝した。

     来年1月には五輪最終予選を兼ねたU―23アジア選手権がカタールで行われ、上位3チームが
    五輪出場権を得る。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000124-spnannex-socc

    【U22代表 コスタリカに快勝 野津田ボレー、金森ミドル弾】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 21:21:10.47 ID:???*.net
    来年のリオデジャネイロ五輪出場を目指す手倉森ジャパンが、どうにもパッとしない。

     7月1日に仙台で行われる、U-22(22歳以下)コスタリカ代表との国際親善試合に臨む代表メンバー21人が22日に発表されたが、名前と顔が一致しない選手ばかりが名を連ねた。
    手倉森誠監督(47)は「所属チームで活躍したり、J3(U-22選抜)で成長が見て取れた選手」を招集したと明かした。

     3月の同五輪1次予選に出場したメンバーのうち呼ばれたのは11人のみ。
    J1、J2からは集めきれず、クラブで出場機会のない選手で編成さるJ3のU-22選抜の主力を集めた苦肉の策だ。
    だが顔ぶれが地味なだけにメディアの注目度も低い。発表会見の会場では空席が目立った。

     チームも話題も盛り上げる必要がある指揮官は「ハリル・ジャパンは縦のスピードが上がってきている。
    U-22もそのスピードは積まなければいけない。
    攻撃の優先順位として縦の速さにトライする」と宣言したが、そのハリル流戦術がアジアレベルで不発に終わっているから悩ましい。

     ハリル・ジャパンは、16日のW杯アジア予選シンガポール戦でスコアレスドロー。相手のベタ引き守備を崩せず、23本ものシュートを放ちながら無得点に終わった。

     U-22代表も来年1月の五輪最終予選(カタール)に向けて、アジアのベタ引き戦術を打ち破る“マジック”が必要だが、手倉森監督は「鞄に入れている油性マジックしかない」と苦笑い。

     最終予選で“手ぶらもり・ジャパン”で終わらないためにも、コスタリカ戦での勝利とマジックの用意が必要だ。
    (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20150626/soc1506261550001-n1.htm

    【お寒い手倉森J メンバーもギャグもパッとせず…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 15:00:21.93 ID:???*.net
    日本サッカー協会は22日、国際親善試合U-22(22歳以下)コスタリカ戦(7月1日、仙台)に臨むU-22日本代表21人を発表した。

    手倉森誠監督(47)が指揮を執り、16年リオデジャネイロ五輪出場を目指す同代表が、アジア大陸以外のチームと対戦するのは初めて。
    3月下旬に行われたAFCU-23選手権予選(マレーシア)以来の実戦となる。

    手倉森監督は「自チームでどれだけやれるか見せてきてもらった。
    戦術的、フィジカル的、メンタル的に今のU-22代表の選手たちに何が出来るんだというテストとして位置付けたい」と話した。

    メンバーは以下の通り。

    GK 18櫛引政敏(清水)1牲川歩見(磐田)21山田元気(京都)

    DF 15櫛引一紀(札幌)6亀川諒史(福岡)2伊東幸敏(鹿島)23奈良竜樹(FC東京)17川口尚紀(新潟)4岩波拓也(神戸)5植田直通(鹿島)22高橋壮也(広島)

    MF 3遠藤航(湘南)12矢島慎也(岡山)8野津田岳人(広島)13喜田拓也(横浜M)10中島翔哉(FC東京)11前田直輝(松本)20井手口陽介(G大阪)

    FW14金森健志(福岡)19豊川雄太(鹿島)16浅野拓磨(広島)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150622-00000046-dal-socc
    デイリースポーツ 6月22日(月)14時45分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150622-00000046-dal-socc.view-000
    U-22日本代表メンバー発表会見に臨む手倉森監督(右)と霜田技術委員長

    【U22日本代表 コスタリカ戦メンバー21人を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 08:00:20.42 ID:???*.net
    16年リオデジャネイロ五輪を目指すU―22日本代表が最終予選(16年1月、カタール)に向け新たな強化策として、各所と連携して所属クラブで出場機会が少ない選手をJ3のU―22選抜に強制招集する可能性が29日、浮上した。

    継続的に実戦感覚を養い、6大会連続五輪切符を手中に収める。
    実戦感覚を研ぎ澄ませ、最終予選の地に乗り込む。

    手倉森ジャパンはリオ五輪1次予選を兼ねたU―23アジア選手権予選の初戦マカオ戦(27日)は7―0で大勝。
    好発進したが、油断は出来ない。アジア枠は12年ロンドン五輪の3・5枠から3枠に減少。
    開催方式も従来の「ホーム&アウェー方式」から、参加国を1か国に集めて集中的に行う「セントラル方式」に変更された。

    短期間での連戦となり、コンディションが突破の鍵となる。
    今回のマレーシア遠征は開幕11日前に現地入りし、暑熱順化を行った。

    出発前日(15日)には、U―22選抜の試合にFW鈴木(新潟)、MF中島(F東京)ら直近のリーグ戦に未出場の4人が出場。
    ゲーム感覚を維持させた上で、遠征に帯同させた。代表関係者は「リーグ戦で出場機会が少ない選手に対し、試合勘を鈍らせないことはとても重要」と指摘。
    関係先と連携を取り、これまではクラブ事情により断られることもあった招集に強制力を持たせるなど、五輪世代強化を目的とするU―22選抜を最大限活用する構えだ。

    U―22代表は「ハリル・ジャパンにおける本当のバックアップメンバー」(手倉森監督)と位置づけられる一方、所属クラブではまだ若手の1人。
    定位置を確保しているのは、GK櫛引(清水)、MF大島(川崎)、MF遠藤(湘南)らわずかに過ぎない。

    世界との差縮めるため 他国の同世代では、フランス代表MFポグバ(22)=ユベントス=やベルギー代表FWルカク(21)=エバートン=らが、すでにA代表でもレギュラーに定着。手倉森ジャパン主力のMF中島やFW鈴木は、所属先ではベンチ外で出場時間も限られている状態。
    最終予選や本大会に向け、世界との差を縮めるためにも、まずは実戦を積み重ねるしかない。

    スポーツ報知 3月30日(月)7時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150329-00000288-sph-socc

    【U―22日本代表リオ五輪向け新たな強化策!リーグ出番ない選手を強制招集へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 克己復礼 ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 20:41:05.26 ID:???*.net
    JFA(日本サッカー協会)は26日、AFC U-23選手権2016予選に向けて、U-22日本代表の予備登録メンバーを発表した。
     2016年のリオデジャネイロ五輪予選を兼ねるAFC U-23選手権2016予選は、3月23日から31日に開催。
    同大会予選に向けて予備登録メンバー50名が選出が選出された。
     1月にオーストラリアで行われたアジアカップで、負傷した日本代表DF内田篤人の代わりにメンバー入りした鹿島アントラーズ所属のDF植田直通、代表チームにトレーニングパートナーとして帯同したFC東京所属のMF中島翔哉らがメンバーに名を連ねた。
     また、サンフレッチェ広島に所属するMF野津田岳人や、アルビレックス新潟に所属するFW鈴木武蔵などに加えて、スイスのヤングボーイズに所属するFW久保裕也と、オーストリアのザルツブルグに所属するFW南野拓実の海外組も選ばれている。
     なお、最終登録メンバーの23名は3月3日に発表される。
     予備登録メンバーは以下の通り。

    ▼GK
    櫛引政敏(清水) 牲川歩見(磐田)
    ポープ・ウィリアム(東京V)
    永井堅梧(富山) 中村航輔(福岡)
    ▼DF
    松原健(新潟) 山中亮輔(柏)
    亀川諒史(福岡) 伊東幸敏(鹿島)
    西野貴治(G大阪) 奈良竜樹(FC東京)
    湯澤聖人(流通経済大)
    室屋成(明治大) 川口尚紀(新潟)
    岩波拓也(神戸) 安在和樹(東京V)
    植田直通(鹿島) 吉野恭平(広島)
    三浦弦太(清水) 中谷進之介(柏)
    ▼MF
    大島僚太(川崎) 遠藤航(湘南)
    田鍋陵太(名古屋) 橋本拳人(FC東京)
    原川力(京都) 矢島慎也(岡山)
    井出遥也(千葉) 前田凌佑(神戸)
    木村裕(長崎) 野津田岳人(広島)
    野澤英之(FC東京)
    喜田拓也(横浜FM)
    中島翔哉(FC東京)
    石毛秀樹(清水)
    秋野央樹(柏)
    小林祐介(柏)
    前田直輝(松本)
    松本昌也(大分)
    小泉慶(新潟)
    井手口陽介(G大阪)
    ▼FW
    荒野拓馬(札幌)
    後藤優介(大分)
    澤上竜二(大阪体育大)
    久保裕也(ヤングボーイズ/スイス)
    鈴木武蔵(新潟)
    金森健志(福岡)
    豊川雄太(鹿島)
    浅野拓磨(広島)
    南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
    北川航也(清水)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00285297-soccerk-socc

    【井手口、西野も選出・・・リオ五輪予選に向けU-22代表予備メンバーが発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 19:34:46.61 ID:???0.net
    8日にJ3第15節のFC琉球戦を戦うJリーグU-22選抜のメンバーが発表になった。
    J1が中断期間に入ったこともあり、鹿島アントラーズのDF伊東幸敏、清水エスパルスのMF石毛秀樹
    サンフレッチェ広島のFW野津田岳人、FW浅野拓磨らJ1各クラブで主力として活躍する選手たちもメンバーに名を連ねた。

    現在5連敗中のU-22選抜。強化された布陣で連敗脱出といきたいところだ。

     また今節からU-21日本代表監督の手倉森誠氏もコーチとしてチームに帯同する。

     キックオフは8日15時。沖縄県にある沖縄市陸上競技場でされる。

    ▽GK
    1 田尻健(G大阪) 3
    16 吉丸絢梓(神戸) 5

    ▽DF
    6 佐藤和樹(名古屋) 3
    2 伊東幸敏(鹿島) 1
    3 西野貴治(G大阪) 1
    4 植田直通(鹿島) 1

    ▽MF
    5 田鍋陵太(名古屋) 1
    7 前田凌佑(神戸) 5
    15 矢島慎也(浦和) 2
    14 喜田拓也(横浜FM) 10
    13 秋野央樹(柏) 6
    9 豊川雄太(鹿島) 1
    10 石毛秀樹(清水) 1

    ▽FW
    8 野津田岳人(広島) 1
    12 松村亮(神戸) 1
    11 浅野拓磨(広島) 1

    ※メンバーは変更になる可能性があります。
    ※所属クラブの横の数字は招集回数

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?140392-140392-fl

    【過去最強!? J1主力参戦のU-22選抜メンバー発表 ~西野貴治も選出!~】の続きを読む

    このページのトップヘ