U-19

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 18:52:34.27 ID:CAP_USER*.net
    日本サッカー協会(JFA)は5日、U-19日本代表候補メンバーを発表した。同メンバーは11日から3日間の日程で大阪府内でトレーニングキャンプを行う。

     メンバーにはG大阪から最多の5名を選出。GK大迫敬介(広島Y)やMF伊藤洋輝(磐田U-18)らが飛び級で招集されている。

     U-19日本代表は17年に韓国で行われるU-20W杯への出場を目指している。今年10月にはアジア予選となるAFC U-19選手権がバーレーンで開催される。

    ▽監督
    内山篤

    ▽コーチ
    木村康彦

    ▽GKコーチ
    浜野征哉

    ▽総務
    本間一憲

    ■選手
    ▽GK
    小島亨介(早稲田大)
    1997.1.30 183cm 73kg

    波多野豪(FC東京U-18)
    1998.5.25 196cm 86kg

    廣末陸(青森山田高)
    1998.7.6 183cm 78kg

    大迫敬介(広島ユース)
    1999.7.28 185cm 82kg

    ▽DF
    岩田智輝(大分)
    1997.4.7 176cm 70kg

    初瀬亮(G大阪)
    1997.7.10 175cm 64kg

    野田裕喜(G大阪)
    1997.7.27 181cm 73kg


    町田浩樹(鹿島)
    1997.8.25 187cm 70kg

    藤谷壮(神戸)
    1997.10.28 178cm 62kg

    舩木翔(C大阪U-18)
    1998.4.13 175cm 58kg

    森下怜哉(C大阪U-18)
    1998.11.1 179cm 66kg

    冨安健洋(福岡)
    1998.11.5 185cm 70kg

    ▽MF
    坂井大将(大分)
    1997.1.18 165cm 60kg

    三好康児(川崎F)
    1997.3.26 167cm 64kg

    神谷優太(湘南)
    1997.4.24 176cm 67kg

    市丸瑞希(G大阪)
    1997.5.8 172cm 60kg

    高木彰人(G大阪)
    1997.8.4 175cm 65kg


    遠藤渓太(横浜FM)
    1997.11.22 175cm 66kg

    伊藤涼太郎(浦和)
    1998.2.6 174cm 62kg

    伊藤洋輝(磐田U-18)
    1999.5.12 184cm 73kg

    ▽FW
    和田昌士(横浜FM)
    1997.4.11 177cm 74kg

    森晃太(甲府)
    1997.6.13 175cm 69kg

    垣田裕暉(鹿島)
    1997.7.14 187cm 78kg

    小川航基(磐田)
    1997.8.8 183cm 70kg

    堂安律(G大阪)
    1998.6.16 172cm 70kg


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-01626105-gekisaka-socc

    【U-19日本代表候補を発表!G大阪から堂安ら最多の5名を選出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/18(土) 04:15:37.17 ID:???i.net
    [10.17 AFC U-19選手権準々決勝 U-19日本代表 1-1(PK4-5)U-19北朝鮮代表 ミャンマー]

     南野に始まり、南野に終わった。彼がPKを決めたことで同点に追いつき、最後に外したことで敗戦が決まった。この北朝鮮戦だけでなく、大会を通しても、この世代の活動を総括しても、FW南野拓実(C大阪)の存在感は絶大だった。

     今大会を迎えるまでの準備期間、他の選手から「拓実くんが入れば……」という仮定の話が出てくるほど、絶対的な存在だった。

    指揮官からもチームメイトからも得点を期待され、自身もそれを当然のこととして受け入れた。この試合でもゴールが南野に求められていたことだった。

     だが、この4試合を通して最も周囲と噛み合わなかったのがこの試合だった。

    相手から激しいマークを受けていたこともあるが、鋭いドリブルも、遠目から強引に放つシュートも、気の強さと思い切りの感じられるストライカーらしさも、見られなかった。

    「もっとテンポ良く、ワンタッチとか入れながら、リズムをつくっていけたらスペースももっと早く使えたと思う。そうすれば、リズムの良い自分たちの良いときのサッカーが、今日の相手でもできたと思う」

     それでも、良い時間帯はあった。前半26分にはFWオナイウ阿道へ決定的なラストパスを供給し、同30分にはMF関根貴大から南野へスルーパスが通った。

    しかし、どちらもゴールにはならず。この前後の時間を除くと、攻め切れなかったという印象を強く残した。

     延長戦を終えて1-1。PK戦では5番手のキッカーを任された。鈴木政一監督はキッカーの重要度は「1、5、3、2、4の順番」と明かした。

    最も重要な1番手はPKを得意とするMF望月嶺臣に、2番目に重要な5番手には「シュートテクニックがあり、ゲームキャプテンでもある」南野が任された。

    しかし、南野のこの試合2度目のPKはGKのセーブに弾かれ、その瞬間、敗退が決まった。

    「勝つチャンスも力も、僕たちにあったと思う。申し訳ない気持ちもあります」。ぽつりぽつりとつぶやくように話した。

     今大会を通して、エースとしてチームを引っ張ったことは間違いない。だが、だからこそ最後のPKを失敗したことが何より悔やまれる。「僕がPKを決めていれば勝てたと思います」。試合後の取材中、幾度もそう口にした。

     ただ、ここで歩みを止めるわけにはいかない。次なる目標はA代表だとも公言する。

    「この代表で世界に行きたかったし、この代表に対する特別な思いも自分としてはあったので、悔しいです。でも次のステップがあると思うので、そこへ向かって行きたい。この悔しさを忘れずに頑張っていきたい」

     言葉に詰まりながらも決意を明かし、スタジアムをあとにした。

    (取材・文 了戒美子)

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?149547-149547-fl

    【南野に始まり南野に終わる…「僕がPKを決めていれば」 AFC U-19選手権準々決勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/14(火) 10:09:21.31 ID:???i.net
    練習中、あるいは取材中のミックスゾーンで、大きな声と華やかな笑い声が響いたのなら、その輪の中にはMF高木大輔(東京V)がいる。

    例えば、韓国戦前日練習。ベトナム戦の主力組と鈴木政一監督は姿を現さなかった。普通であれば、監督の目が行き届かない練習は得てして集中を欠いたものになりがちだが、適度なテンションと明るさをもたらしているのは高木の存在だった。

    一言で言えばムードメーカー。自身が出場に恵まれていなくても、「ベンチからでも貢献はできる。それだけで良いとは思ってはないけれど、できることはやっているつもり」と話す。
     
     単に明るいだけではない。「誰か一人でも外れちゃいけない」と、チーム内に苦しむ者がいれば救おうとする。

     例えば、だ。ベトナム戦でスタメンを外れたMF金子翔太(清水)は、「この代表に入って初めてスタメンを外れた」と非情に落ち込んだのだそうだ。その金子を高木は救った。

    「アイツ初戦で自分で分かるくらい悪くて。メンタル弱いっていうか落ち込んでるけど、アイツが落ち込んでたら面白くないから。もともと一番いじられてるやつだから、落ち込んでるからこそいじって」

    金子を引き上げた。金子も高木がいたからこそ、切り替えが出来たと感謝を口にした。韓国戦、左サイドの再三の突破で相手を苦しめたのは金子だった。

     その韓国戦の後半32分、高木に出場機会が与えられた。スコアは2-1という状況。「とにかく守りきれ、隙あらば点を取れ」という指示を受けてピッチに送り込まれたのだと言う。

    守備に体を張り走り回る高木。MFながら相手のサイド攻撃を封じる意図が明確だった。

     だが、一方でコーチからは、違った檄を飛ばされていたという。

    「お前今日は決めるで!」

    決める、つまり得点するだろうとコーチからは予言されていた、と明かす。高木は意気に感じその短い時間プレーしたが、結果はノーゴール。

    でも、その期待が嬉しかったそうだ。チームメイトを救う高木自身はコーチのそんな一言に励まされた。「大会中にはその期待に応えたい」と密かに大会中の得点を狙っている。
     
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00161692-gekisaka-socc

    【U-19日本代表の空気変えた「ムードメーカー」高木大輔】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 20:17:10.82 ID:aK7xASy2.net
    順位    勝点 勝 分 敗 得点 失点 得失差  
    1.  日本   6  2  0  1  6   4   +2    準々
    2.  中国   5  1  2  0  3   2   +1    準々
    3.  韓国   4  1  1  1  7   2   +5    敗退
    4.  ベトナム 1  0  1  2  2   10  -8    敗退

    【サッカーUー19韓国代表、逝く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 太鼓 ★@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 19:52:35.99 ID:???0.net
    日本 2 - 1 韓国

    得点
    南野拓実(前半12分)
    キム・グンヒ(前半29分)
    南野拓実(後半19分)

    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/soccer_japan/2872

    【U-19アジア選手権 日本、南野2発で宿敵韓国を撃破!決勝T進出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/11(土) 20:03:41.65 ID:???0.net
     AFC U-19選手権のグループリーグ第2節が11日に行われ、グループCではU-19日本代表とU-19ベトナム代表が対戦した。

     初戦のU-19中国代表戦を落とし、決勝トーナメント進出へ後のない日本代表。前節から中1日、30度を超える気温というコンディションの中、中国戦からは先発1名を変更し、金子翔太に代わり、井手口陽介が入った。

    一方のベトナムは初戦で韓国に0-6と大敗。こちらも勝利が義務付けられる。

     試合は序盤から日本がボールを支配するも、なかなかベトナムゴール前に近づけない。 18分にはベトナムにチャンス。スルーパスにタイン・タンが抜け出すと、ペナルティエリア内右からシュートしたが、ボールはクロスバーを越えた。

     26分、日本にもようやく好機。関根貴大が右サイドで粘り、クロスを中央の南野拓実がフリーでヘディングシュートを打ったが、GKミン・ロンの守備範囲。

    直後にも関根が高い位置でのボールカットからカットインして左足で狙ったが、ポスト右へ外れる。31分にも右サイドから広瀬陸斗のマイナスクロスを受けた松本昌也がワントラップから強烈なシュートを打ったが、左ポストを直撃してしまった。

    40分にもゴール正面でパスを受けた松本が反転してからシュートしたが、再び左ポストをヒット。前半は無得点で終える。

     ハーフタイム、日本は松本に代えて奥川雅也、ベトナムもバン・ドゥクに代えてバン・ロンを投入。1枚ずつ交代カードを切る。

    立ち上がり、ベトナムは左CKを得ると、ファーサイドでフリーのスアン・フンがシュートしたが、ゴールライン手前で坂井大将がクリア。日本は事なきを得る。

     54分、日本は越智大和が右サイドからクロスを送ると、井手口がボレーシュート。しかし、GKの正面をつく。日本は56分、相手選手と競り合った際に後頭部をピッチに強打した広瀬に代わり、石田崚真が入る。

     迎えた59分、日本はゴール正面の南野へのパスが相手DFにカットされたところを奥川が拾って、エリア内に侵入。そのまま右足のシュートをゴール左へ決め、先制に成功する。

    70分ベトナムはGKミン・ロンが立て続けに足をつってしまい、交代枠3枚目をGK同士の交代で使ってしまう。

     71分、石田が右サイドからゴール前に送ったクロスを南野が押し込んだが、GKパン・トゥルオンの正面。さらに直後にも石田のクロスをゴール前フリーの南野が頭で合わせたが、枠を越えた。

    ベトナムもチャム・ティーが強烈な無回転ミドルを放ったが、わずかにクロスバーを越えた。

     日本は83分、足をつった川辺駿を下げて望月嶺臣を投入して交代枠を使い切る。終盤に日本は先制点の奥川が負傷により、担架で運び出されると、

    一人少ない状態で90分、右サイドからクロスを上げられると、クリアしたこぼれ球をタイン・タンに拾われ、そのまま強烈なシュートを決められてしまい、同点とされる。

     アディショナルタイムに日本は1人少ない状態ながら、押し込む。すると95分、左CKを獲得すると、南野が送ったボールに中谷進之介がヘディングで合わせてネットを揺らし、土壇場で再び勝ち越す。

    1分後にはカウンターから井手口がエリア内右の角度のない位置から強烈なシュートを叩き込み、ダメ押し点を獲得。

    直後に試合終了のホイッスルが鳴り、3-1で日本が勝利した。13日に行われるグループリーグ最終節で日本は韓国、ベトナムは中国と対戦する。

    【スコア】
    U-19日本代表 3-1 U-19ベトナム代表

    【得点者】
    1-0 59分 奥川雅也(日本)
    1-1 90分 タイン・タン(ベトナム)
    2-1 90+5分 中谷進之介(日本)
    3-1 90+6分 井手口陽介(日本)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00240957-soccerk-socc

    結果
    http://m.live.sports.yahoo.co.jp/channel/results/soccer_japan/2871

    【井手口陽介ダメ押しゴール!U-19日本代表、ベトナムと対戦し、望みつなぐ劇的勝利!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:02:52.23 ID:???0.net
    日本サッカー協会は24日、15年U-20W杯の出場権を懸けたAFC U-19選手権ミャンマー2014(10月9日~23日)に臨むU-19日本代表メンバーを発表した。
    世代最注目のFW南野拓実(C大阪)をはじめ、MF関根貴大(浦和)、MF松本昌也(大分)、DF三浦弦太(清水)ら主力候補たちがメンバー入り。
    また、千葉のFWオナイウ阿道が初招集された。一方で怪我明けのFW宮市剛(湘南)や左SB内田裕斗(G大阪)といった主力候補が選ばれなかった。
    4大会ぶりとなるU-20W杯出場を目指す日本はグループリーグで中国、ベトナム、韓国と対戦。グループ2位以内に入り、準々決勝で勝利すれば、U-20W杯への出場権を獲得する。

    AFC U-19選手権U-19日本代表メンバーは以下の通り

    【スタッフ】
    団長:鈴木満 技術委員長:霜田正浩
    監督:鈴木政一 コーチ:内山篤 GKコーチ:浜野征哉 総務:本間一憲

    【選手】
    ▽GK
    中村航輔(柏)
    1995.02.27 184cm/72kg

    高木和徹(清水)
    1995.04.15 184cm/80kg

    吉丸絢梓(神戸)
    1996.03.27 183cm/72kg

    ▽DF
    三浦弦太(清水)
    1995.03.01 182cm/77kg

    内山裕貴(札幌)
    1995.05.07 183cm/69kg

    広瀬陸斗(水戸)
    1995.09.23 172cm/59kg

    宮原和也(広島)
    1996.03.22 172cm/65kg

    中谷進之介(柏)
    1996.03.24 182cm/75kg

    石田崚真(磐田U-18)
    1996.06.21 168cm/65kg

    茂木力也(浦和ユース)
    1996.09.27 174cm/65kg

    坂井大将(大分U-18)
    1997.01.18 165cm/59kg

    >>2以降につづく

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00139465-gekisaka-socc

    【南野、オナイウ招集!AFC U-19選手権日本代表メンバー発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:27:38.33 ID:???0.net
    AFF NutiFood U19 Cup 2014の決勝が13日にベトナムで行われ、U-19日本代表はU-19ベトナム代表と対戦した。

    序盤は両者ともに攻撃のタイミングを伺いながらも、シュートまで持ち込むことができない。
    14分、ゴール前でパスを受けた金子翔太がシュートを放つが、相手GKに防がれる。試合はスコアレスで前半を折り返す。

    後半、ベトナムが積極的にペナルティエリアに侵入し、ゴールを狙う。
    日本は75分、右サイドでボールを奪うと、ドリブルで仕掛けた表原玄太が左足でシュートを決める。
    これが決勝点となり、1-0でベトナムを下した日本が優勝を飾った。

    U-19日本代表は、U-20ワールドカップの出場権を懸けて、10月7日から行われるAFC U-19選手権に臨む。

    【スコア】
    U-19ベトナム代表 0-1 U-19日本代表

    【得点者】
    0-1 75分 表原玄太(日本代表)

    スターティングメンバー
    GK:中村航輔
    DF:高木大輔、内山裕貴、茂木力也、坂井大将
    MF:杉本太郎、大山啓輔、井手口陽介、小川直毅
    FW:北川航也、金子翔太

    交代
    HT 北川航也 → 中野雅臣
    58分 杉本太郎 → 越智大和
    69分 小川直毅 → 表原玄太

    マッチレポート
    http://www.jfa.jp/news/00002005/

    ベトナム代表との決勝戦。
    スタジアムは4万人近くのベトナムサポーターで埋め尽くされ、完全にアウェーな雰囲気の中で試合はキックオフを迎えました。
    試合は前半、両チームが中盤でボールを動かし攻撃を仕掛けるタイミングを伺いますが、決勝戦ということもあり、ミスを恐れているのか、
    なかなかシュートまでの形が作れません。それでも14分、井手口選手から小川選手にパスがつながり、
    ゴール前に走りこんできた金子選手がパスを受けてシュートを放ちますが、これは相手GKに防がれます。
    その後も杉本選手、井手口選手がゴール前でチャンスを作りますがシュートには至らず前半は0-0で終了します。

    後半先にペースを掴み、攻撃を仕掛けたのはベトナム。得意のショートパスで中央突破しゴール前に侵入しますが、
    日本のディフェンス陣が体を張ってシュートを簡単には打たせません。すると試合のリズムは再び日本に傾き、
    75分、右サイドでボールを奪い、ゴール中央にいた金子選手を経由して、ゴール左にいた途中出場の表原選手がボールを受け、
    ドリブルで仕掛けて最後は思い切り左足を振り抜きます。これが見事にゴール左隅に決まり日本が先制します。

    その後も越智選手が追加点を奪いにシュートを放ちますが、これは決めることができません。
    その後はベトナムも反撃を仕掛けますが高木選手、内山選手、茂木選手、坂井選手のディフェンス陣が体を張って守備し、
    シュートを簡単には打たせません。そして試合はこのまま終了。チーム全員で勝利を掴み取り日本が優勝しました。
    日本は最高の結果でこの大会を終え、10月のAFC U-19選手権に向けて良いシミューレーション遠征となりました。

    SOCCER KING 9月14日(日)21時9分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00232177-soccerk-socc

    【U-19日本代表がAFFユース選手権優勝! 4万人近くのベトナムサポーターで埋め尽くされ完全アウェーな雰囲気】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 15:44:56.95 ID:???0.net
    ベトナムで開催されている「AFF NutiFood U19 Cup 2014」に参戦しているU-19日本代表は7日、U-19オーストラリア代表との初戦に臨み、4-3で勝利した。

    前半14分に先制点を奪われた日本だが、同44分にFW越智大和(産業能率大)のゴールで同点に追いつく。
    さらに2分後にはMF奥川雅也(京都U-18)がミドルシュートを突き刺し、前半のうちに試合をひっくり返した。

    後半に入っても一進一退の攻防は続く。6分にFKから同点弾を許した日本だが、同13分に奥川がこの日2点目を決めて再び勝ち越し。
    終了間際の45分にはPKを与えてしまい、再度同点とされるが、アディショナルタイム3分にDF高木大輔(東京V)がこぼれ球を押し込み、劇的勝利を飾った。
    9日にU-19ベトナム代表戦を控える日本だが、この結果で準決勝進出が決まっている。

    JFAによると、決勝点を奪った高木は「勝てたことがすべてだと思います」と胸をなでおろしたものの、
    「まだまだ課題はたくさんあるので残り3試合で改善していきたいです」と更なるレベルアップの重要性を説いている。

     同代表は今遠征のあと、10月にミャンマーで行われる15年U-20W杯アジア最終予選となるAFC U-19選手権ミャンマー2014に参戦する。

    以下、出場メンバー()

    GK:吉丸絢梓(ヴィッセル神戸)
    DF:高木大輔(東京ヴェルディ)、内山裕貴(コンサドーレ札幌)、三浦弦太(清水エスパルス)、坂井大将(大分トリニータ)
    MF:小川直毅(ガンバ大阪)(46分→杉本太郎(鹿島アントラーズ)、大山啓輔(大宮アルディージャ)75分→井手口陽介(ガンバ大阪)、安東輝(福島ユナイテッドFC)、奥川雅也(京都サンガ)
    FW:越智大和(産業能率大)、金子翔太(清水エスパルス)

    [控え]
    GK:中村航輔 DF:藤谷壮、進藤亮佑、茂木力也 MF:中野雅臣 FW:表原玄太、北川航也

    得点
    14分 失点(U-19オーストラリア代表)
    44分 越智大和(U-19日本代表)
    45+1分 奥川雅也(U-19日本代表)

    51分 失点(FK)(U-19オーストラリア代表)
    58分 奥川雅也(U-19日本代表)
    90分 失点(PK)(U-19オーストラリア代表)
    90+3分 高木大輔(U-19日本代表)

    試合フル動画
    http://www.youtube.com/watch?v=QgQcJj4mEhA



    ゲキサカ 9月8日(月)15時23分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00138987-gekisaka-socc

    日本サッカー協会 U-19日本代表 AFF NutiFood U19 Cup 2014 vs U-19オーストラリア代表
    http://www.jfa.jp/news/00001930/

    【U-19日本代表、高木大輔(東京V)の劇的弾で豪州に打ち勝つ!▽「AFF NutiFood U19 Cup」日本4-3豪州】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 01:02:28.96 ID:???0.net
    日本サッカー協会は5日、SBSカップ国際ユースサッカーに臨むU-19日本代表メンバーを発表した。

     2015年に行われるFIFA U-20ワールドカップ2015出場を目指すU-19日本代表メンバーには、 アーセナル所属のFW宮市亮を実兄に持つ、湘南ベルマーレ所属のFW宮市剛や、 Jリーグ・アンダー22選抜にも名を連ねる名古屋グランパス所属のMF青木亮太などが選出された。

     静岡県で行われる今回の合宿は11日から17日までとなっており、初日から3日間のトレーニングの後、 14日より2014 SBSカップ国際ユースサッカーが開催される。U-19日本代表は14日にU-19コロンビア代表と初戦を迎え、 15日に静岡ユースと、17日にU-19韓国代表との対戦が予定されている。

     発表されたU-19日本代表メンバーは以下のとおり。

    ▼GK
    中村航輔 (柏レイソル)
    吉丸絢梓 (ヴィッセル神戸)
    林瑞輝 (ガンバ大阪ユース)※トレーニングパートナー

    ▼DF
    三浦弦太 (清水エスパルス)
    内田裕斗 (ガンバ大阪)
    内山裕貴 (コンサドーレ札幌)
    宮原和也 (サンフレッチェ広島'>サンフレッチェ広島)
    中谷進之介 (柏レイソル)
    石田崚真 (ジュビロ磐田U-18)

    ▼MF
    大山啓輔 (大宮アルディージャ)
    川辺駿 (サンフレッチェ広島'>サンフレッチェ広島)
    青木亮太 (名古屋グランパス)
    渡辺凌磨 (前橋育英高)
    坂井大将 (大分トリニータU-18)
    鈴木徳真 (前橋育英高)

    ▼FW
    金子翔太 (清水エスパルス)
    越智大和 (産業能率大)
    宮市剛 (湘南ベルマーレ)
    表原玄太 (愛媛FC)

    http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20140805/218808.html?view=more

    【U-19日本代表メンバー発表…FW宮市剛ら全19名が選出】の続きを読む

    このページのトップヘ