U-18

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 20:37:26.08 ID:???*.net
     エジプト、コロンビア、トルコ、ニュージーランド。

     この4カ国はU-20ワールドカップを開催した直近4大会の国だ。どの国の大会にも、日本代表は出場していない。
    これまで4大会連続で、アジア最終予選となるAFC U-19選手権の準々決勝で敗れ、世界への切符を逃してきた。
    昨年10月にはミャンマーの地で、南野拓実(ザルツブルク)という絶対的エースを擁しながらも、準々決勝で北朝鮮にPK戦の末、敗れた。

     もうこれ以上、世界から遠ざかるわけにはいかない。2017年に韓国で開かれるU-20W杯を目指し、内山篤監督率いるU-18日本代表は、新たなる戦いをスタートさせる。

     AFC U-19選手権バーレーン2016予選。来年に開催されるAFC U-19選手権の出場権を懸けた、
    いわゆる「アジア1次予選」が、10月2日からラオスで開催される。U-18日本代表はラオス、フィリピン、オーストラリアと対戦し、1位になれば来年、バーレーンで開催されるAFC U-19選手権の出場権を手にし、2位の場合はA~Jまでの10グループの2位の中で、成績上位5チームに入れば、出場権を手にすることができる。
     当然、日本は1位通過を狙うのだが、日本が入ったグループJにはアジア最大のライバル、オーストラリアがいる。いきなりの関門となった今大会。U-18日本代表はどのような戦いを見せてくれるのだろうか。
    選手を紹介するとともに、彼らの戦いを展望していきたい。
     まず守備面は、センターバックの野田裕喜(大津高校)と町田浩樹(鹿島アントラーズユース)がけん引する。
    野田は、経験面ではこのチーム屈指で、すでに2015年JFA・Jリーグ特別指定選手としてJ2ロアッソ熊本でJリーグデビューを飾っている。これもただ出場したのではなく、スタメンかつ的確なコーチングで周りを動かし、高校3年生にしてディフェンスリーダーとして堂々たるプレーを見せていた。U-18日本代表でもそのリーダーシップが期待される。町田は身長188センチの高さだけでなく、左利きという武器を持っている。
    左足のフィードを軸に、攻撃をコントロールする存在として能力を発揮できるか。
    さらに、センターバックには185センチの冨安健洋(アビスパ福岡U-18)、中山雄太(柏レイソル)といった攻撃の起点にもなれる選手もおり、層が厚いポジションになっている。
     中盤には技術レベルの高い選手がそろっている。中でも堂安律(ガンバ大阪ユース)、岩崎悠人(京都橘高校)、佐々木匠(ベガルタ仙台ユース)、坂井大将(大分トリニータ)は注目だ。堂安は複数のポジションをこなせるユーティリティープレーヤーで、絶妙なファーストタッチから繰りだされるドリブルは、どこで起用しても大きな武器となる。ドリブルと言えば、堂安と同じ学年の岩崎もずば抜けた力を持っている。
    彼のドリブルの特長は「重心移動のスムーズさ」で、ぬかるんだピッチなど劣悪なピッチコンディションであっても、滑らかにボールを運ぶことができる、ただのドリブラーとは一線を画す存在だ。佐々木はインテリジェンスにあふれ、動きながら正確なワンタッチプレーで攻撃のアクセントとなる。坂井もミスの少ないプレーが魅力で、何より前回のアジア予選を経験していることが大きい。

     佐々木と坂井のダブルボランチは、高さはないが、ボールを動かすという面では適したコンビとなっている。
    ボランチに関しては、U-17W杯UAE大会でベスト16進出の原動力となった鈴木徳真(筑波大学)、多彩なパスを持っている森島司(四日市中央工業高校)と、遜色ない選手がそろっており、ここも激戦ポジションとなっている。
     FWは小川航基(桐光学園高校)と一美和成(大津高校)の高体連ツートップ。ともにフィジカルが強く、シュート力を兼ね備えている。中でもエースの小川は、大会直前のジュビロ磐田と静岡産業大学との練習試合で、4ゴールと大暴れをするなど好調をキープしているだけに、この2トップが日本の強烈な武器となってくれるだろう。
    負けん気の強い吉平翼(大分トリニータU-18)、岸本武流(セレッソ大阪U-18)のJユースストライカーも強烈な個を持っており、層を厚くしている。
     直前の2試合では、内山監督は様々な組み合わせをトライしており、本番はどの組み合わせで挑んでくるのか。
    どの組み合わせでも、攻撃力の高いサッカーを展開できる。
     もうこれ以上、世界から遠ざかってはいけない。ましてや1次予選でギリギリの戦いをしていてはいけない。
    彼らに課せられたタスクは大きいが、彼らなら必ずやってくれるはずだ。まずはラオスの地で、力強いスタートを切る。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151001-00355707-soccerk-socc

    【堂安律、一美和成等、タレントぞろいのU18代表がアジア1次予選に臨む】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    399: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/04/15(水) 11:37:44.35 ID:EZ8egcmi0.net
    U-18日本代表5-0日体大。 得点者・高木彰人、岩崎悠人、堂安律、増山朝陽、杉森考起。

    401: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/04/15(水) 11:40:01.60 ID:EZ8egcmi0.net
    741 名前:U-名無しさん@実況・転載は禁止です[sage] 投稿日:2015/04/15(水) 11:38:07.17 ID:S5bN63zf0 (PC)
    MementoMorita2 (森田 将義)
    高木彰人ゴール

    MementoMorita2 (森田 将義)
    堂安律のパスから岩崎悠人ゴール

    MementoMorita2 (森田 将義)
    律が突破から3点目

    MementoMorita2 (森田 将義)
    久保田和音から増山朝陽で4点目

    MementoMorita2 (森田 将義)
    堂安律の突破から杉森考起

    【U-18日本代表5-0日体大で堂安りっちゃんが無双!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/23(土) 13:21:04.85 ID:???i.net
     9月に韓国・仁川で行われるアジア大会に出場するサッカーU-21(21歳以下)日本代表メンバー20人が21日、発表された。

     このU-21代表は、来年に実施される16年リオ五輪の予選を突破し、本大会でどこまで勝ち上がれるのかにも注目が集まる。さらにもうひとつ気になるのは、何人の若手選手がアギーレ・ジャパンの新戦力として台頭していくのかである。

     U-21代表の手倉森誠監督も、若手のA代表昇格を十二分に意識しており、これまで推し進めてきたフォーメーションを4-4-2からアギーレの基本戦術4-3-3に変更してチームづくりを進めている。

    そもそもアギーレのサッカー観は、まずは堅く守って失点を防ぎ、果敢にボールを奪った後、手数を掛けずにスピーディーにゴール前にボールを運び、シュートで終わるというスタイルだ。

    「守備陣に求められるのは、CBなら屈強なフィジカル、スピード、正確なプレー。SBは豊富な運動量とサイドで攻撃の起点になれるスキル。アギーレは、それにフィットする選手を選んでいくでしょう」(サッカー専門誌記者)

    ■手倉森監督の秘蔵っ子も

     こうした視点で見ると、ブラジルW杯の代表メンバーで、アギーレ監督から“ダメ出し”を食らう選手が見えてくる。

     スピード不足のDF吉田麻也(25)、要所でミスの多いDF森重真人(27)、身長178センチとフィジカルに難ありのDF今野泰幸(31)はまずアウト。

    豊富な運動量がウリのDF長友佑都(27)、積極的な攻撃参加が高評価のDF内田篤人(26)も、サイド攻撃のアイデア不足という欠点を抱えている。彼らはあっさりアギーレに切られる可能性もある。

     それに対しU-21代表には、ザックジャパンのDF陣の欠点を補って余りある才能が揃っている。前出の記者が言う。

    「U-21代表に選出されたG大阪の187センチDF西野貴治(20)、鹿島の186センチDF植田直通(19)、神戸の186センチDF岩波拓也(20)のCBトリオはフィジカルと空中戦の強さに加え、足元の技術もあります。

    SBでは、千葉DFの山中亮輔(21)、湘南DFの遠藤航(21)の評価も高い。唯一の大学生選手・明治大DF室屋成(20)は左右両SBをこなし、手倉森監督の“秘蔵っ子”といわれています」

     ブラジルW杯のDF陣が、U-21代表に駆逐される日は意外に近いかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000013-nkgendai-socc

    【【ゲンダイ】U-21代表発表で鮮明 ブラジルW杯DF陣はほぼ全員召集外】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ※昨日のユースカップで、ガンバは鹿島に勝利し、ベスト8へいきました!

    adidas CUP 2014 第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 
    【決勝トーナメント1回戦】(7月28日) 

    G大阪ユース 4-2 鹿島ユース 

    [G]高木彰人(1分)、市丸瑞希(76分)、妹尾直哉(83分)、山崎拓海(86分) 
    [鹿]寺門宥斗(57分)、垣田裕暉(90分) 




    440: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/07/28(月) 14:03:10.73 ID:xHRDDIZp0.net
    ガンバ鹿島は4-2でガンバユース

    445: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/07/28(月) 14:04:33.31 ID:q+hlhSlS0.net
    >>440
    途中まで拮抗マンだったけれど終盤で一気に動いたんだな

    469: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/07/28(月) 14:16:51.08 ID:Iz3o/HA40.net
    >>440
    ガンバの3代目最高傑作の高木君がまた決めたようだね

    【ガンバの三代目最高傑作高木彰人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2014/07/28(月) 19:40:27.37 ID:???0.net
    adidas CUP 2014 第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会
    【決勝トーナメント1回戦】(7月28日)

    [前橋総合]
    C大阪U-18 2-2(PK 4-5) 磐田U-18
    [C]温井駿斗(43分)、斧澤隼輝(107分)
    [磐]森下龍矢(61分)、小野原和哉(99分)

    G大阪ユース 4-2 鹿島ユース
    [G]高木彰人(1分)、市丸瑞希(76分)、妹尾直哉(83分)、山崎拓海(86分)
    [鹿]寺門宥斗(57分)、垣田裕暉(90分)

    [宮城総合]
    札幌U-18 1-1(PK 5-3) 大宮ユース
    [札]藤井慎之輔(80分)
    [大]小柏剛(75分)

    JFAアカデミー福島U18 1-0(延長) 大分U-18
    [J]草野侑己(98分)

    [下増田]
    三菱養和SCユース 3-1 清水ユース
    [三]下田悠哉(14分)、ディサロ燦シルヴァーノ2(62、79分)
    [清]水谷拓磨(18分)

    仙台ユース 0-0(PK 9-10) F東京U-18

    [NTT図南]
    京都U-18 3-1 甲府U-18
    [京]大西勇輝(29分)、奥川雅也(57分)、沼大希(73分)
    [甲]土屋真輝(37分)

    愛媛ユース 1-2 千葉U-18
    [愛]清川流石(86分)
    [千]仲村京雅(56分=PK)、岩田尚樹(72分)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?143935-143935-fl
    大会速報・ラウンド16(7/28)
    http://jcy-result.info/jcy/view/s.php?a=18&f=2014U00504.html
    adidas CUP 2014 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 ラウンド16 戦績表
    http://www.jcy.jp/wp-content/uploads/2014/07/c2ec12de3f5367d593bcb62a4f63ebf1.pdf


    【準々決勝】(7月30日)
    [前橋総合]
    磐田U-18 (9:00) 札幌U-18
    G大阪ユース (11:30) JFAアカデミー福島U18

    [宮城総合]
    三菱養和SCユース (9:00) 京都U-18
    F東京U-18 (11:30) 千葉U-18
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?143244-143244-fl=#3

    【グループリーグ順位表】
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?143244-143244-fl=#2

    【adidas CUP 2014 第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)決勝トーナメント1回戦 G大阪、札幌などがベスト8進出】の続きを読む

    このページのトップヘ