PSV

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/06/23(木) 08:12:07.95 ID:CAP_USER9
     オランダ1部リーグのPSVが獲得に乗り出しているU―19日本代表でG大阪のMF堂安律(18)が22日、大阪・吹田市内のクラブハウスで、G大阪・梶居勝志強化部長と話し合いを行った。

     堂安は、会談の詳細は明かさなかったが「僕の意見は言いました。もうちょっと考えたいと思います」と語り、移籍の希望を伝えたもようだ。クラブ側は、堂安をアウクスブルクへの移籍が決まった日本代表FW宇佐美に次ぐ、将来のエース候補と考えており、慰留する方針。近日中にも、再び話し合いの機会が設けられる見込みだ。

    スポーツ報知 6月23日 7時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000202-sph-socc

    【MF堂安律はPSV移籍希望か…クラブは慰留方針で近日中に再会談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 06:18:36.16 ID:CAP_USER*.net
    今冬の欧州移籍が確実視される日本代表FW宇佐美貴史(23=G大阪)に関し、オランダの名門PSVが移籍先の有力候補に挙がっていることが分かった。
    関係者によればPSVは宇佐美を高く評価し、既に正式オファー。宇佐美も前向きに検討しているという。

    宇佐美の移籍先にオランダの名門が急浮上した。
    複数の関係者によれば、22日までにPSVが来年1月の獲得へ向けて正式オファーを出したことが判明。

    宇佐美に対しては、マルセイユなども正式オファーを出しているが、PSVは来年2月から始まる欧州CL決勝トーナメントへ出場するとあり、ここに来て有力候補になっているという。

    PSVはアヤックス、フェイエノールトと並ぶオランダ3大クラブの一つ。
    リーグ優勝22回を誇り、87~88年シーズンには欧州チャンピオンズ杯(欧州CLの前身)を制した欧州屈指の強豪だ。

    かつて元ブラジル代表FWロナウドやロマーリオといった名選手がプレーしたことでも知られる。

    現在チームを指揮するのは元オランダ代表MFのコク監督。今季もここまでアヤックスに次ぐリーグ2位と優勝争いを繰り広げている。
    欧州CLではマンチェスターUを撃破して1次リーグを突破。決勝トーナメント1回戦ではAマドリードとの対戦が決まっている。

    チームは主に4―3―3システムを採用。1トップは絶対エースのオランダ代表FWデヨングで、右FWはU―20W杯に出場したウルグアイの至宝ペレイロと強力。
    だが、左FWは固定できず補強ポイントとなっている。その中で今季、G大阪をACL4強に導き、J1ベストイレブンにも輝いた宇佐美に白羽の矢が立ったという。

    宇佐美獲得にはマルセイユのほかに、シュツットガルトやブレーメンも動いている。それらのクラブの中で欧州CLに出場できるのはPSVのみ。
    宇佐美はバイエルンM時代の12年5月、欧州CL決勝でベンチ入りを経験していることもあり、欧州最強クラブを決める大会への出場に魅力を感じているという。

    2度目の欧州挑戦へ、決断の時が迫ってきた。

    ≪88年欧州王者≫ ▽PSVアイントホーフェン 本拠地アイントホーフェンに本社を持つ電子メーカー・フィリップス社の企業クラブとして1913年に創設。
    リーグ優勝は22回で、オランダ杯は9回優勝。77~78年シーズンにUEFA杯、87~88年シーズンに欧州チャンピオンズ杯を制覇。
    監督は元オランダ代表MFのフィリップ・コク氏。チームカラーは赤と白。本拠地フィリップス・スタディオンは収容3万5000人。

    スポニチアネックス 12月23日(水)6時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00000004-spnannex-socc

    写真
    http://www.soccer-king.jp/files/text-image.php?c=001205
    http://www.soccer-king.jp/players-page?c=001205

    PSV公式HP
    http://www.psv.nl/psv/team/overzicht.htm

    【日本代表FW宇佐美貴史(G大阪)オランダの名門PSVから正式オファー!CL出場に魅力】の続きを読む

    このページのトップヘ