ACL

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 07:12:04.06 ID:CAP_USER*.net
    8年ぶりのACL制覇を目標に掲げたG大阪だが、ACLの水原三星戦で1-2と完敗し、まさかのグループリーグ敗退。うつむきがちにゴール裏への挨拶に向かった長谷川健太監督と選手たちに向かって、容赦のない罵声が飛んだ。
     
    「サポーターのブーイングは妥当だし、申し訳ない気持ちでいっぱいです」
     
     試合後、今野泰幸がこう振り返ったとおり、昨年のアジア4強クラブは低調過ぎる内容で、グループリーグ最終節を待たずして「アジア制覇」の夢が途切れた。
     
     点を取り切れず、ゴールを守り切れず――。今季の戦いぶりを象徴するような内容が、まさに水原三星戦だった。この一戦に勝利し、他会場の上海上港対メルボルン・ビクトリー戦の結果次第で決勝トーナメント進出に望みがつながるはずだった。しかし現実はそうならず、呪われたかのようにゴールから見放されたのだ。
     
     35分には、丹羽大輝がラッキーな形でPKを得ると、キッカーに名乗り出たのは宇佐美貴史。昨年はグループリーグと決勝トーナメント1回戦で貴重なゴールを決めて、チームの躍進に貢献した背番号39だったが、今大会はノーゴールと苦しんでいた。
     
     本来、PKのキッカーは遠藤保仁だが、宇佐美の志願に対して「流れが悪い時は、エースが決めるのが一番いいですしね」とキッカーを譲るも、痛恨のキックミス。セーブされた一回目のキックは相手GKが早く動いたためやり直しとなったが、二度目のキックもGK正面に飛んだ。
     
     エースは「みんなの頑張りだったり、粘り強さを、ワンプレーやひとりのミスでそういうことになってしまうという、サッカーの恐ろしさを知った」と自らを責めたが、チームの負の流れがもたらしたプレーでもあった。
     
    「要因を挙げるとすれば、ひとつだけではない」。長谷川監督がこう振り返るように誤算続きの序盤戦だったが、指揮官の読みが外れたのは低調な前線だった。
     
    「今は攻守の歯車が噛み合っていない」と、最後尾からチームを眺める東口順昭は振り返る。決して数多いとは言えない決定機を、確実に決め、そして粘り強く戦うのが、本来の“長谷川ガンバ”のスタイルだ。

    ■連戦を強いられた遠藤のパフォーマンス低下も遠因ではあるが…。

    指揮官が誤算のひとつに挙げたのは、「パトリックがもう少し点を取ってくれていれば」という、ブラジル人ストライカーの得点難である。ACL・2節のメルボルン・ビクトリー戦でも後半、再三決定機を逃し、チームは痛恨のドロー。アウェーの上海上港戦では、今大会唯一となる同点ゴールは決めたが、大会を通じてパトリックは低調なままだった。
     
    「ACLを甘く見ていたところがあった」(長谷川監督)という昨年の苦戦を教訓に、今季のACLではベストメンバーを起用。リーグ戦ではパトリックを温存し、長沢駿を1トップに配置する布陣で挑みながらも、ことごとく勝利から見放された。

     ホームで0-3と完敗を喫した上海上港戦は、90分間を通じて相手に圧倒され続けたものの、それ以外の試合は紙一重の展開を繰り広げた。今季は、そうした接戦をモノにする力が欠けているのだ。
     
    「僕らが点を取って、後ろに守ろうというモチベーションを与えられなかった」(宇佐美)
     
     今野のCB起用によってボランチが手薄となり、連戦を強いられた遠藤のパフォーマンス低下も遠因ではある。だがしかし、パトリックや宇佐美が勝負どころで決定的なゴールを奪ったからこその三冠達成であり、天皇杯の連覇だった。

     グループリーグの5試合で奪ったゴールはわずかに「3」。そしてFW陣が決めたのはパトリックの1ゴールのみ。今季、アデミウソンを補強したのは、「もう1点を取り切るため」(長谷川監督)という攻撃のテコ入れだったはずだが、2大エースの不振に引きずられる格好で、G大阪はACLに早すぎる別れを告げた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160424-00015438-sdigestw-socc&p=1

    鳴り物入り新人G大阪FW呉屋大翔がJ1初先発へ
    http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/1636545_m.html

    【ACL敗退の要因は、2大エース(パトリックと宇佐美)の不振…復調できるか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 21:20:00.58 ID:CAP_USER*.net
    ◇ACL1次リーグG組 G大阪1―2水原(2016年4月19日 吹田S)

    水原(韓国)に敗れ、1試合を残して早々と1次リーグ敗退が決まったG大阪の長谷川健太監督(50)は「多くのサポーターが応援してくださったが、予選で終わってしまったというのは本当に申し訳ないなと思います」と厳しい表情を浮かべた。

    負ければ1次リーグ敗退が決まるチーム同士の対戦。だが、気迫が裏目に出たのか、エースの宇佐美が前半38分にPKを外して絶好の先制機を逃すと、後半4分に失点。

    さらにハンドで与えたPKを決められた。
    「選手は最後の最後まで、予選を何とか突破しようと強い気持ちで入ってくれたが、なかなか気持ちと結果がリンクしなかった。そういう意味では、悔しい今シーズンのACLだったなと思います」と長谷川監督。

    5試合で2分け3敗と1勝もできないまま1次リーグ敗退が決まったが、このままでは終われない。
    「最後、意地を見せたいと思っています」と指揮官。

    5月3日に敵地でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦する1次リーグ最終戦では、今度こそ、自慢の攻撃力を見せつけたいところだ。

    スポニチアネックス 4月19日(火)21時13分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000136-spnannex-socc

    写真 <G大阪・水原三星>前半、PKを外しガックリの宇佐美
    no title


    【サッカー】アジア・チャンピオンズリーグ<宇佐美貴史>1度のPKで2度失敗!
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1461066814/

    【1勝もできず1次L敗退決定!G大阪<長谷川健太監督>「最後、意地を見せたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 20:53:34.85 ID:CAP_USER*.net
    アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグG組(19日、G大阪-水原、
    市立吹田サッカースタジアム)G大阪は敗れると1次リーグ敗退が決まるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)水原(韓国)戦で、日本代表FW宇佐美貴史(23)が前半38分にPK失敗で先制点奪取に失敗した。

    CKのこぼれ球をキープしたDF丹羽が倒されて得たPK。

    いつもはMF遠藤がキッカーをつとめるが、宇佐美が名乗りを上げ、ベンチから両手で◯のサインが出た。

    左を狙ったシュートはGKに弾かれると、押し込んだシュートもブロックされてネットを揺らすことはできず。しかしこれはGKが先に動いたとされて審判からやり直しの指示。

    九死に一生を得た宇佐美だったが2度目は右に狙うもGKにキャッチされて失敗した。G大阪は2日の横浜M戦でも1-2の後半ロスタイムに遠藤がPKを失敗して同点機を不意にしていた。

    サンケイスポーツ 4月19日(火)20時3分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000552-sanspo-socc

    写真
    no title

    【アジア・チャンピオンズリーグ<宇佐美貴史>1度のPKで2度失敗!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 20:52:21.99 ID:CAP_USER*.net
    [4.19 ACL・GL第5節1日目] 吹田S

    G大阪 1-2 水原三星

    サントス 49分
    サントス 57分
    今野泰幸 89分

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2458-2458-lv

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/asia/champions-league-group-g/

    G大阪・宇佐美が1度のPKで2度失敗…敗退危機の一戦で痛恨/ACL
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000552-sanspo-socc

    【ガンバ、ホームで水原に負けGL敗退 宇佐美PK失敗 直近7試合で1勝6敗 なんかもうボロボロやね。。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/07(木) 01:38:23.39 ID:CAP_USER*.net
    <ACL:G大阪0-2上海上港>◇1次リーグG組◇6日◇吹田スタ

    試合中のスタンドで乱闘騒ぎが発生した。
    後半開始すぎ、上海上港と同じ上海に本拠を置く上海申花のファンが「ONLY SHENHUA REP SHANGHAI(上海申花だけが上海の名声)」と横断幕を掲げた。

    これに上海上港ファンが激高し、20~30人ほどの殴り合いに発展。想定外の“上海ダービー”勃発に、10人以上の警備員が急いで仲介に入るも、騒ぎは収まらず。

    上海上港のファンは横断幕を試合中のピッチに投げ捨ててしまった。

    後半21分、27分と上海上港が得点を挙げたことで、徐々にもめ事は落ち着いた。小競り合いを起こした観客には運営側から退場処分が下された。

    処分を受け警備員にスタジアム外へ連れ出される際には、周辺の日本人サポーターに謝罪しながら引き揚げていた。

    2016年4月7日1時25分
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1627784.html

    写真
    no title



    【G大阪戦スタンドで上海申花、上海上港ファンが乱闘!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:54:16.20 ID:CAP_USER*.net
    G大阪がホームで上海に完敗…予選通過が非常に厳しく
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-01626135-gekisaka-socc
    [4.6 ACLグループG第4節 G大阪-上海上港 吹田S]

     ガンバ大阪が非常に厳しい立場に追い込まれた。6日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のG組第4節をホームで戦ったG大阪は、首位に立つ上海上港(中国)に で完敗。連敗で2敗目を喫した。

     予選突破に向け、勝つしかない一戦だった。しかしホーム戦と言えど、大型補強でチームを強化した上海に前半から攻め込まれてしまう。前半18分のFWエウケソンのFKや同21分の同じくエウケソンの強烈ミドルなどはGK東口順昭がビッグセーブで弾き出し、何とか前半をスコアレスで折り返したが、難しい試合になってしまった。

     後半に入ると5分にFWパトリックがFW宇佐美貴史のパスで裏に抜ける決定機を迎えるが決めきれずにいると、後半21分、ついに均衡を破られてしまう。左サイドからの崩しで細かいパスを通されると、FWルー・ウェンジュンとのワンツーで抜け出したFWウー・レイにゴールネットを揺らされる。

     さらに後半27分にはウー・レイのシュートは東口が防いだが、ミドルレンジにこぼれたボールをルー・ウェンジュンに豪快に蹴り込まれてしまった。

     G大阪はMF藤本淳吾やFW長沢駿を投入して何とか反撃を試みるが、上海ゴールが遠い。0-2で完敗を喫した。勝ち点を9に伸ばした上海を上回ることが出来なくなったG大阪。現在行われている水原三星対メルボルン・ビクトリーの結果次第ではさらに厳しい状況に追い込まれることになる。

    【ホームで上海に完敗 予選通過が非常に厳しく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 23:10:38.58 ID:CAP_USER*.net
    [3.15 ACLグループG第3節 G大阪1-2上海上港]

     ガンバ大阪は15日、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第3節で上海上港と敵地で対戦し、1-2で敗れた。今大会初黒星を喫したG大阪は、勝ち点2のままで、最下位の水原三星(韓国)に勝ち点で並ばれた。

     やはり強力だった。"爆買い"で注目される中国リーグ。外国人選手がチームの核になっている。元イングランド代表指揮官のスベン・ゴラン・エリクソン監督が率いる昨季中国Lで2位の上海上港も例外ではなく、ガーナ代表FWアサモア・ジャン、アジアでの豊富な実績を持つアルゼンチン人MFダリオ・コンカ、同じくブラジル人FWエウケソンの強力トライアングルが、G大阪に襲い掛かった。

     前半40分の先制点の場面はコンカのFKのこぼれ球をジャンが折り返すと、エウケソンが左足で押し込む。同点として迎えた後半17分にはコンカの左クロスをエウケソンにヘディングであわされてしまった。

     MF遠藤保仁は「ボールが止まった時のみんなの反応がよくない」と課題を挙げる。ただ「チャンスはそれなりにあった」とプラス要素を語ると、「次も彼らとやる。ホームで勝ち点3を取れるようにしたい」と力を込める。

     そしてメルボルン・ビクトリーと水原三星が引き分けたことで、2位メルボルンとの勝ち点差は3と大きく広がることはなかった。遠藤も「次に勝ち点3を取れば十分に可能性がある」と前向きに話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-01625459-gekisaka-socc

    【今大会初黒星も前向くMF遠藤保仁「次に勝ち点3を取れば可能性十分」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 22:22:56.54 ID:CAP_USER*.net
    [3.15 ACL・GL第3節1日目]

    上海上港 2-1 G大阪

    [上]エウケソン2(41分、62分)
    [G]パトリック(60分)

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2421-2421-lv
    87: 動物園φ ★@\(^o^)/2016/03/15(火) 22:28:21.59 ID:CAP_USER*.net
    >>1 
    G大阪また勝てず…パトリック同点弾も直後に失点、3戦未勝利 

    スポニチアネックス 3月15日(火)22時25分配信 

     サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は15日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、G組3位のG大阪は敵地で同組2位の上海上港(中国)と対戦し、1―2で敗れた。G大阪はこれで2分け1敗でまだ勝ちがなく、勝ち点は2のまま。 

     0―1と1点を追って折り返したG大阪は後半15分、MF宇佐美の右45度からのFKに、ゴール正面でFWパトリックが頭で合わせて追い付いた。だが、その2分後にFWエウケソンのこの日2点目のゴールで勝ち越された。 

     同組もう1試合のメルボルン(オーストラリア)―水原三星(韓国)は0―0で引き分けており、上海上港(中国)は2勝1敗の勝ち点6で同組首位に立った。 

     G大阪の次戦は4月6日、今度はホームで上海上港と対戦する。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000146-spnannex-socc

    【上海上港 2-1 G大阪 DFラインがヤバイ!藤春ジェソクもけがか?西野岩下戻ってきてくれー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/13(日) 20:45:57.12 ID:CAP_USER*.net
    G大阪は13日、大阪府吹田市内で練習後、ACL・上海上港戦(15日・上海)に向けて関西空港から出発した。
    元日本代表MF遠藤保仁(35)は、かつて対戦経験のある上海上港のガーナ代表FWアサモア・ギャン(30)を警戒。
    「ガーナを代表するFWだし、スピードはまだあると思う。攻めている時でも、カウンターに注意しておくことは必要」と語った。

     ギャンはFWには珍しい背番号3をトレードマークに、抜群のスピードでガーナ代表として3度のW杯にも出場。
    14年ブラジルW杯でも2得点を決めて通算6得点とし、元カメルーン代表のロジェ・ミラの持っていた5得点を抜き、アフリカ大陸の歴代最多記録を更新した“ガーナの英雄”だ。
    長谷川健太監督(50)も「ゴムまりのようなジャンプ力は健在」と、高い身体能力を誇るストライカーを、要注意人物に挙げた。

     上海上港にはさらに、昨季のACL王者・広州恒大(中国)にかつて所属していたFWエウケソンや、MFコンカといったアジアの戦いに精通した助っ人外国人も在籍。指揮官は「前線に力がある選手がいるのは間違いない。でも彼らはあまり守備はしない。うちはリスクを負って攻めていかなければいけない」と分析した。
    ここまでACLは2分けと、1時リーグ突破へ前進するためには、アウェーとはいえ勝利が欲しいG大阪。上海上港の“個”を封じ、ACL今季初勝利を目指す。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160313-00000160-sph-socc

    【G大阪遠藤、“ガーナの英雄”ギャンを警戒…15日ACL上海上港戦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 17:39:07.21 ID:CAP_USER*.net
    ガーディアン紙がACL特集

     ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁がサッカーの母国イングランドで「日本のレジェンド」と認められた。
    AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)第2節で同点に追いつくゴールを決めた遠藤の健在ぶりを、
    英紙「ガーディアン」が報じている。

    G大阪は2日、ACLでオーストラリア王者のメルボルン・ビクトリーと対戦したが、開始3分でCKから先制点を許し、相手の屈強な守備に攻めあぐねる展開となった。その苦境を救ったのは円熟の司令塔だった。
    後半12分に得たCKでショートコーナーからフリーになった日本代表FW宇佐美貴史がファーサイドにクロスを上げると、タイミングよく走り込んだ遠藤がダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。

     長短のパスを織り交ぜつつ、緩急自在のゲームメイクを見せる遠藤にしては珍しいヘディングの一撃で、G大阪は勝ち点1をつかんだ。ACLは中国クラブの“爆買い”でビッグネームが移籍したこともあり、ヨーロッパ各国でも注目を集めている。そのため同紙も同じ英語圏のオーストラリア勢の結果とともに、遠藤のゴールを以下のように伝えている。

    .
    後半12分にショートコーナーからダイビングヘッド弾!

    「“日本のレジェンド”遠藤保仁は、ショートコーナーによるヘディングでメルボルンのGKダニー・ヴコヴィッチを打ち破り、引き分けを確保した」

     2006年ワールドカップドイツ大会では出番に恵まれなかった遠藤だが、10年南アフリカ大会では一次リーグのデンマーク戦で直接FKを決め、14年ブラジル大会でも主力としてプレーした。
    すでに代表から離れているが、アジア屈指の司令塔として欧州でも知れ渡っている様子だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160304-00010000-soccermzw-socc

    【英高級紙が認定! メルボルン戦で同点弾のG大阪・遠藤は「日本のレジェンド」】の続きを読む

    このページのトップヘ