鹿島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:43:28.56 ID:CAP_USER*.net
    途中出場の2人が大仕事

    2016年シーズンJリーグ開幕戦が28日に開催され、ガンバ大阪と鹿島アントラーズが対戦した。
    試合後、監督のコメントを鹿島公式サイトが伝えている。

    天皇杯王者G大阪が新たなホームスタジアムにナビスコカップ王者の鹿島を迎えての一戦、試合は昨年ナビスコカップ決勝戦と同じく、鹿島が序盤からハイプレッシャーをかけて主導権を握るが、G大阪も徐々にペースに掴み、藤本淳吾がクロスバー直撃のシュートを放つなどチャンスを作り出す。

    後半も一進一退の攻防が続き、0-0で迎えた66分にG大阪の長谷川監督が動く。過密日程を考慮して
    ベンチスタートとなった宇佐美貴史を投入。すると鹿島の石井監督も直後の3分後に“ジョーカー”カイオ、そしてPSMで2試合連続決勝弾を記録していた鈴木優磨をピッチに送り込む。結果、采配が的中したのは鹿島。
    72分、カイオが右サイドを抜け出すと、ボックス内にポジションを取っていた鈴木に緩いクロスボールを送る。
    これを鈴木が打点の高いヘディングでゴールに押し込み、吹田スタジアムでのファーストゴールを記録。
    これが決勝点となった。

    試合後、カイオと鈴木優磨を同じタイミングでピッチに送りこんだ鹿島の指揮を執る石井監督は、同時投入の意図を、「優磨はいつもサイドハーフで起用するが、今日はFWで入ってもらい、DF陣の背後への動き出しを続けていこうと指示を出した。当然、得点を狙って欲しいと伝えた。カイオはいつも通りにサイドへ入ってもらった。
    宇佐美選手が途中出場していたので、彼を守備へ回そうという意図もあった。そして攻撃の起点を作って欲しいと伝えた」と説明している。

    鹿島は次節、ホームで鳥栖と対戦する。圧倒的な運動量で勝ち点を積み上げる鳥栖に、石井監督がどのタイミングで“ジョーカー”たちを投入するか注目だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00010005-theworld-socc

    【カイオ投入は宇佐美対策だった!? 鹿島石井監督が開幕戦での采配を振り返る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 16:03:40.04 ID:CAP_USER*.net
    2016明治安田生命Jリーグ(J1・J2・J3)の開幕カードが、下記の通り決定しましたのでお知らせいたします。
    なお、キックオフ時刻、TV放送等の詳細を含む情報は、1月28日(木)に発表いたします。

    【2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ】

    ■第1節

    開催日 対戦カード スタジアム

    2/27(土) 柏レイソル vs 浦和レッズ 柏
    FC東京 vs 大宮アルディージャ 味スタ
    横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 日産ス
    湘南ベルマーレ vs アルビレックス新潟 BMWス
    ジュビロ磐田 vs 名古屋グランパス ヤマハ
    ヴィッセル神戸 vs ヴァンフォーレ甲府 ノエスタ
    サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ Eスタ
    サガン鳥栖 vs アビスパ福岡 ベアスタ
    2/28(日) ガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ 吹田S

    2016/01/13 16:00
    http://www.jleague.jp/release/post-41230/

    【【ガンバvs鹿島】<2016明治安田生命Jリーグ>ホーム開幕カード決定!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/01(日) 17:34:40.55 ID:???*.net
     鹿島がボランチの即戦力補強に動くことが31日、分かった。候補に挙がるのは、日本代表にも名を連ね、U―22日本代表で主将を務めるMF遠藤航(22)=湘南=のほか、MF永木亮太(27)=湘南=、MF藤田直之(28)=鳥栖=ら。いずれも所属クラブの主力で、今後獲得オファーに発展する可能性がある。

     鹿島のボランチには小笠原、柴崎が君臨するが、小笠原が来季37歳を迎えること、柴崎は海外挑戦を視野に入れており、常に層を厚くしてしておかなければならないポジションだ。
    またGK、サイドバックも補強ポイントとしており、オフは大幅な選手入れ替えを行う方針だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00000220-sph-socc

    【鹿島、遠藤獲りへ ボランチ狙い即戦力補強へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 15:03:41.58 ID:???*.net
    【鹿島アントラーズ 3-0 ガンバ大阪 ヤマザキナビスコカップ決勝】

     今季最初のタイトルマッチであるヤマザキナビスコカップ決勝が31日に行われ、史上最多6度目の
    優勝を目指す鹿島アントラーズと、連覇を狙うガンバ大阪が激突した。

     両チームとも目立った欠場者はおらず、現時点でのベストメンバーで大一番に臨む。
    鹿島は今大会のニューヒーロー賞を獲得した赤崎が前線に入り、G大阪はパトリックが1トップ、
    注目の宇佐美は左サイドで先発となった。

     最初のチャンスは鹿島。2分、遠藤康が中村とのパス交換からペナルティエリア内でシュートを放つが、
    ボールはゴールの上へ外れる。直後にも小笠原が決定機を迎えるも、GK東口の果敢な飛び出しに阻まれた。

     これで主導権を握った鹿島は立て続けにシュートチャンスを作っていく。中村や遠藤、金崎、
    赤崎を中心にシンプルな仕掛けでG大阪のゴールを何度も脅かした。押し込まれている中でも反撃したい
    前年王者だが、パトリックは執拗なマークに遭い、宇佐美らのチャレンジも鹿島守備陣の前に力を発揮できない。

     それでも徐々に押し返したG大阪は、23分に宇佐美がピッチ中央からドリブルで突進してシュートまで持ち込む。
    しかしGK曽ヶ端を脅かすには至らない。すると30分、長谷川監督は早くも選手交代を決断する。
    相手FWへの対応に不安があったCB西野に代えて岩下を投入した。

     鹿島にめぐってきた前半最大のチャンスは40分、遠藤のスルーパスに絶妙な動き出しでディフェンスラインを
    破った赤崎がGKまでかわしてシュートを放つ。だがこれもゴールライン手前で丹羽にクリアされてしまい
    45分間をスコアレスで終えた。

     後半の立ち上がりはG大阪がペースを握る。54分には前半あまり目立たなかった宇佐美がミドルシュートを
    放つなど、攻勢を強めた。

     しかし、先手を取ったのは鹿島だった。60分、小笠原が左から蹴ったCKにペナルティエリア内で完全
    フリーになったファン・ソッコが頭で合わせてゴールネットを揺らし、貴重な先制点を挙げる。

     失点したG大阪は阿部に代えて昨年の優勝を決めるゴールを挙げた大森を投入する。対して鹿島は
    遠藤康に代えてカイオ、中村に代えて鈴木をピッチへ送り出した。

     先制で勢いづいた鹿島は73分、右サイドを突破したカイオの折り返しに金崎が詰める。
    だがG大阪の守護神・東口が右足一本でセーブし、追加点とはならない。

     1点を追いかけるG大阪は78分、倉田を下げてリンスに最後の交代枠を使って攻めの姿勢をより明確にする。

     それでも鹿島の勢いを止められない。84分、再びCKから鈴木が頭でつなぎ、最後は金崎が詰めて
    待望の追加点を奪った。さらに2分後、前がかりになったG大阪のミスを突いてカウンターを繰り出した鹿島は、
    途中出場のカイオが右サイドからシュートを沈めて3点目。試合を決定づける。

     そして4分間のアディショナルタイムもG大阪に自由を許すことなくタイムアップの笛が吹かれ、
    3得点で完勝した鹿島が史上最多6度目のナビスコカップ制覇を決めた。

    【得点者】
    60分 1-0 ファン・ソッコ(鹿島)
    84分 2-0 金崎夢生(鹿島)
    86分 3-0 カイオ(鹿島)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151031-00010014-footballc-socc

    【ナビスコ杯決勝 鹿島に完敗で二連覇ならず…鹿島は強かった。リーグに切り替えよう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 12:17:43.08 ID:???*.net
    G大阪長谷川監督、イケメン数では鹿島にお手上げ

     G大阪長谷川健太監督(50)がナビスコ杯決勝鹿島戦(31日、埼玉)へ向け白旗を揚げた?
     万博練習場での調整後、大会5度の優勝を誇る鹿島より勝っている点を聞かれて「イケメンの数では負けているからな…」とお手上げ。

     MF柴崎らの端正な顔立ちにはかなわないようで「代表の数(G大阪4人、鹿島1人)ぐらいかな?」と昨季王者としては控えめだった。

    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1558873.html

    【G大阪長谷川監督、ナビスコ杯決勝戦う鹿島に白旗?「イケメンの数では負けているからな…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 22:08:13.72 ID:???*.net
    パスで崩す右サイドと、ドリブルでえぐる左サイド。

     ネルシーニョ率いる神戸を2試合合計6-2と圧倒。鹿島が3年ぶり6度目のナビスコカップ優勝に王手をかけた。

     カシマが舞台となった第2戦は、前半から神戸が積極果敢に攻めに出る。だが、終わってみれば4-1。
    第2ステージで首位争いを繰り広げる鹿島が、地力の差を見せつけた格好となった。

     4つのゴールを振り返ると、1点目と3点目がサイドアタックから生まれた。

     1点目は右サイドでのスローインから遠藤、赤崎と細かくつなぎ、ゴール前でフリーになった中村が
    落ち着いて流し込む。

     3点目は左サイドの山本が好プレーを見せた。
     カウンターの縦パスから裏に抜けると、簡単には折り返さず、ドリブルでペナルティエリアに侵入する。
    ボールはマーカーの岩波に奪われたが、その岩波が体勢を崩してゴール前の金崎に“アシスト”。
    金崎の、この日2点目のゴールが決まった。

     単刀直入に敵の背後を取るのが鹿島の攻めの怖いところだが、中央を迂回するサイドアタックも
    非常によく練られている。

     右サイドは左利きの遠藤が起点となり、ショートパスを巧みにつないでペナルティエリア奥深くに潜り込む。

     一方、左サイドはSBの山本が印象深い働きを見せている。
     大胆にタッチライン際を駆け上がり、そこからペナルティエリアを深くえぐることで好機を創り出す。
    神戸との準決勝では敵地での第1戦でも、同じような形から山村の先制弾を演出した。

     パスで崩す右と、ドリブルでえぐる左。攻略法は異なるが、その狙いはペナルティエリア奥深くに
    侵入するという点で一致している。それは敵の懐を取る、もしくは急所を突くと表現してもいい。
    鹿島というチームは、この懐を取る術に長けている。ニアポストに近づくほど、ゴールの確率は高まっていく。

     精度の高い鹿島の攻めを見ていると、日本代表のサイドアタックは何とかならないものか、と言いたくなる。

     埼玉スタジアムでのカンボジア戦は、敵の懐を幾度となく取っているのに同じタイミング、
    同じ球質のクロスを送るばかり。簡単に敵に弾き返されていた。これでは懐を取っている意味がない。

     鹿島のサイドアタックが高い確率でゴールにつながるのは、選手たちが懐を取った利点をしっかりと
    理解しているからだ。ここを攻略すると、マークが勝手にずれていき、ゴール前の味方がフリーになる。
    そのことを知る彼らは一本調子でクロスを上げたりせず、丁寧にラストパスを出す。

     練習時間が格段に違うとはいえ、この点では日本代表が鹿島に学ぶべきではないだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151012-00010001-sdigestw-socc

    【高確率でゴールに!「懐を取る」鹿島のサイドアタック】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 11:50:23.18 ID:???*.net
    鹿島の「穴熊」対策は、カンボジア戦の日本代表に欠けていたものだった。

    シルバーウィークの初日、鹿島が1-0で甲府を退けた一戦を観た。

    最少得点差だったが、完勝と言って良い内容だった。
    追加点のチャンスは逃したものの、前半からボールを支配して敵陣に攻め込み、
    甲府が巻き返しに出てきた後半もほとんど決定的なチャンスを許さなかった。
    このところ鹿島のゲームを観る機会が多いが、そのなかではそれほど面白い試合だったわけではない。
    調子の良い時の鹿島は両サイドの深いところでパスとドリブルを織り交ぜ、
    敵を大きく揺さぶるような嫌らしい攻めを見せる。だが、この日は甲府が5-4-1という布陣でスペースを消してきたため、
    右の遠藤、左のカイオは窮屈なプレーを強いられた。

    苦労したサイドに代わって、攻撃を活性化したのが小笠原と柴崎の2ボランチだ。
    大きなサイドチェンジ、ショートパスの応酬、絶妙なスルーパス、果敢なドリブル突破と、
    「穴熊」対策のアイデアを次々と繰り出し、流れを呼び込んだ。その多彩な攻めは、カンボジア戦の日本代表に欠けていたものでもあった。
    生まれたゴールはひとつだけ。だが鹿島の攻撃を観ていると、それがゴールという目的を達成するために行なっているものだということが、良く分かる。

     悪いチームの攻撃は得てしてワンパターンに陥りがちだが、鹿島の場合は決してそうはならない。
    リズム、スピード、ルート、球質、角度など、あらゆるものに変化をつけることで、彼らは心理的、肉体的に敵を揺さぶろうとする。

     敵と駆け引きしながら、手の内に忍ばせた複数のカードを効果的に見せていく。
    このあたりのしたたかさは、鹿島の伝統といってもいい。

     この伝統について、試合後の記者会見で石井監督に尋ねると、興味深い答えが返ってきた。
    .
    ブームを追いかけまわしても、結局、なにひとつ得られない。

    「自分が監督になり、チームが変わったというより、元に戻ったという表現のほうが合っていると思う」

    もうひとつ突っ込んで、具体的にはなにを大事にしているか尋ねてみた。

    「それは最低限、戦う姿勢を見せるということです。そして球際ではしっかり勝つことを大事にしている。
    あとは選手自身が"自分たちがやらなければならない"という気持ちを持っていることが大きいと思う。
    勝負へのこだわりがあるんです」

     ひと言でいえば、ジーコ時代から脈々と受け継がれてきた勝利への厳しさが、今の勝利をもたらしているということだ。

     私は、鹿島は日本でも稀有なチームだと考えている。それは多少の浮き沈みはありながらも、
    Jリーグ20年の歴史で常にタイトル争いを繰り広げているからだ。

     こういうチームは他にはない。
    東京V、磐田、横浜、浦和、名古屋など多くのチームが頂点に立ったが、いわゆる「黄金メンバー」が抜けていくと弱体化を余儀なくされた。

     だが時代が移り変わっても、鹿島はいつも優勝争いを演じている。それはしっかりと築き上げられた哲学、
    精神を、新しい世代に受け継ぐことができているからだ。石井監督が述べたように、
    彼らには困った時に立ち返る場所がある。こういう組織は強い。

     思えば日本サッカー界では、トルシエのフラット3やオシムの走るサッカー、ハリルホジッチの縦のサッカーなど、
    4年周期で方向性が大きく変わる。しっかりとした自分がないため、大きな舞台で敗れるたびに右往左往しているのだ。
    ブームを追いかけまわして、結局、なにひとつ得てはいない。

     最先端を知るのは重要なことだ。日本らしさの追求も忘れてはならない。
    だが、サッカーの本質、勝負の本質をしっかりと理解するのは、もっと大事なことではないだろうか。
     鹿島の戦いぶりは、そういうことを雄弁に物語っている。

    取材・文:熊崎敬

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150920-00010008-sdigestw-socc

    【「元に戻った」鹿島が示す、なにより大事なサッカーの本質】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:04:44.25 ID:???*.net
    J1・2nd第10節が12日に行われ、2ndステージで首位に立つ鹿島アントラーズが、5位につけるガンバ大阪と対戦した。

     リーグ戦6連勝、公式戦9試合負けなしと好調を維持する鹿島が、
    昨季三冠王者のG大阪を迎え撃った注目の一戦。ホームの鹿島は、立ち上がりから果敢にG大阪ゴールに迫る。
    2分、金崎夢生が右サイドを突破して中央にクロスを送ると、ボールはG大阪DF米倉恒貴の足に当たり、
    クロスバーを直撃。8分には、金崎がエリア外から強烈なミドルシュートを放つなど、
    試合序盤から積極的な姿勢を示した。しかし、29分に一瞬の隙を突かれてG大阪に先制を許すと、
    39分にもカウンターから失点を献上。本拠地戦ながら、2点のリードを許す苦しい展開を強いられる。

     2点ビハインドで迎えた後半、カイオらを投入して攻勢を強めると、途中出場でJ1デビューを飾った鈴木優磨が、
    試合終盤に得点を挙げて1点差に。その後は同点弾を狙って猛攻を仕掛けたが、反撃も実らずに惜しくも1-2で敗れた。

     鹿島vsG大阪戦終了後、いばキラTVでライブ配信された『ANTLERS REPORT Plus(アントラーズリポート・プラス)』では、
    ゲスト解説を務めた奥野僚右氏が試合を振り返り、「緊張感のある試合展開の中、
    G大阪の個人技から失点を許してしまった」とコメント。
    「劣勢の中で迎えた後半は、アントラーズらしい怒涛の攻撃を見せてくれた」と後半のパフォーマンスに手応えを示しながらも、
    「途中出場したルーキーの鈴木優磨選手がゴールを決め、一矢を報いたところで試合が終わってしまった。
    あと5分あれば同点に追いつくことができ、10分あれば逆転できたのではないか」と惜敗を悔やんだ。

     また、奥野氏は敗戦に悔しさを滲ませた一方で、「石井正忠新監督就任以降、初めて黒星を喫したわけだが、
    この経験は必ず生かされるはず」とし、「G大阪戦の悔しさが次節に向けた良い準備につながるはずだし、
    チームにとって良いきっかけになったと思う」と、自身の見解を示している。

     なお、G大阪戦のMVPにはJ1初得点を記録した鈴木の名を挙げ、「アントラーズの期待の新人として、
    見事な活躍だった」と称賛。「これからのアントラーズを背負って立つ人材が結果を残した印象」と続け、
    今後の活躍に大きな期待を寄せた。

     次回の『ANTLERS REPORT Plus』は9月26日、J1・2nd第12節鹿島vs浦和戦終了後に配信される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150914-00349877-soccerk-socc

    【好調鹿島がG大阪に惜敗…鹿島OBの奥野氏「敗戦の悔しさが次につながるはず」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/09/12(土) 20:29:07.19 ID:???*.net
    鹿島 1 - 2 G大阪 県立カシマサッカースタジアム(22,380人)
     前半29分(G大阪)宇佐美貴史
     前半39分(G大阪)宇佐美貴史
     後半45分(鹿島)鈴木優磨



    Yahoo! J1試合速報:http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/schedule/j1/10/2nd
    J.league.jp J1順位表:http://www.jleague.jp/standings/j1/2nd/
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/jleague
    明治安田生命:http://www.meijiyasuda.co.jp/

    【J1 2S第10節2 宇佐美2発!ガンバが首位鹿島の連勝止める!ここでの勝ちはホントにデカイ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 16:23:13.85 ID:???*.net
    J1鹿島は11日、大雨災害により被災された方々への援護の一助として、12日にホームの県立カシマサッカースタジアムで行われる
    J1第2ステージ第10節・G大阪戦で義援金募金活動を実施すると発表した。

    クラブは「このたび、台風18号に伴う記録的豪雨により、お亡くなりになられた方々へお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます」としたうえで、12日のG大阪戦が行われるホームスタジアムでの募金活動実施を発表。
    義援金の送金先については、決定しだい発表するとしている。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/09/11/kiji/K20150911011110310.html

    【鹿島 大雨災害被災者のためG大阪戦で募金活動実施へ】の続きを読む

    このページのトップヘ