香川

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 真っ赤なキャベツ ★@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 06:10:43.65 ID:???*.net
    ――ゴール!! 結局、岡崎と本田と香川で先制点を奪いましたね。

    「結果的にそうだけど、香川のパスは酷かった。本田に全て救われたね。岡崎も相変わらずよく頑張った。彼は、まさにポーチャー(点取り屋)だね」

    ――香川のアシストで本田が追加点を決めましたね!

    「香川は良いアイデアだったけど、パスかシュート?はまた良くなかった。運が良かったね」

    ――確かに、シュートだとすると甘いですね

    「それより、本当のきっかけは吉田の縦パス。でもハイライトではそのポイントから見せないと思う。日本代表=本田と香川だからね」

    ――その直後、内田と今野が投入されました。内田の登場でスタジアムに女性ファンは黄色い歓声が響き渡りましたね…

    「キャーキャーありすぎ…。まるでアイドル。彼のせいではないけど…」

    http://www.footballchannel.jp/2015/03/28/post79586/2/

    【英国人が見た初陣「香川のパスは酷い。本田に救われた。本当のきっかけは吉田の縦パス」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/09(金) 10:36:45.96 ID:???0.net
    ■定位置確保へ。アピールを続ける今野と清武

    アジア杯の初戦、パレスチナ代表戦まであと4日に迫ったアギーレジャパン。
    リラックスする時間過ごす一方、虎視眈々と定位置確保を狙う選手がいる。
    攻守の要となるインサイドハーフのポジションでは、今野泰幸と清武弘嗣が強烈なアピールを続けていた。

    体感温度40度とも言える猛暑の中、行われた8日のトレーニングはこれまでの中で最もゲームを意識した内容だった。
    ハビエル・アギーレ監督が日本の新たな武器にしたいと考えているクロスの練習も数多く盛り込まれ、中盤に陣取る選手たちも積極果敢にゴールを目指していた。

    最後の7対7+GKのゲーム(1本6~7分間)では、遠藤保仁(G大阪)が省エネスタイルでややダイナミックさを欠き、香川真司(ドルトムント)も肝心のフィニッシュを何本か外す一方で、
    同じインサイドハーフのポジションを伺う今野泰幸(G大阪)と清武弘嗣(ハノーファー)が非常に鋭い動きを見せ、ともにゴールも奪った。
    単なる練習ゲームではあるが、やはり結果は重要。彼らの状態の良さを指揮官もしっかりと脳裏に焼きつけたに違いない。

    ■ザックジャパン時代とは異なる役割を求められる今野

    今野は長谷部誠(フランクフルト)が主に担っているアンカー役との併用だが、4日のオークランドシティとの練習試合の後半にインサイドハーフに入った時は
    随所に効果的なパフォーマンスを見せていた。

    「今のチームにとってインサイドハーフはすごく大事。守備においても攻撃においてもスイッチ入れるっていう役割が求められると思うから。
    どんどんアクションを起こせれば、チームがうまく回ってる証拠だと思うんで。

    自分がこのポジションで特徴を出すとしたら、アグレッシブさじゃないですか。ボールも前で奪いたいと思うし、
    広範囲での守備からあとは前に正確なパスを出していきたいと思いますけど。

    ミドルシュートもチャンスがあれば狙いたいけど、僕はより確実な方を選びたいと思ってる。そこの判断を間違えないようにしないといけないですね」と今野はベテランらしい口ぶりで、自分の存在価値をこう分析していた。ザックジャパン時代はセンターバックに固定され、持ち前のゲームメークや前からのボール奪取能力を生かす場面がなかったが、インサイドハーフならそういう力を前面に押し出せる。G大阪で中盤に入って三冠の原動力になったことも自信を深めているに違いない。

    ■得点への意欲が増した清武

    一方の清武も、コンディションの良さは明らかに遠藤や香川を上回っている。今回、初めてアギーレジャパンに合流した際「今のハノーファーの(タイフン・コルクト)監督が僕には得点しか求めていないんで、どんどんゴールに向かうようになった」と話したように、ブラジルワールドカップの頃に比べて格段に得点への意欲が増している。

    クラブでやっているトップ下とインサイドハーフの違いを自分なりに消化しなければいけないという点では香川と全く同じ状況だが、むしろ清武の方が柔軟に対応している印象だ。「インサイドハーフだとどうしても前へ行く距離があるとは感じます。でも日本代表がボールを保持できたらハーフラインより前でプレーできるし、チャンスに絡む回数が多くなると思うんで。

    それにインサイドハーフだと常に90分間ボールに絡んでいかないといけない。やっぱり攻撃だけじゃなくて守備も求められるんで、そこは常に意識しながらやっていければいいですね。自分としても、やっぱり後ろだけじゃ物足りない。一番いいのは後ろでも触れて、前でもボールを触れるけど、自分たちのポジションから裏に抜けたり、攻撃のバリエーションを作れること。今日のゲームなんかはコートが狭い分、チャンスはありましたけど、広いコートになってものディフェンスの裏を狙うのは相手もすごくつかみづらい。そこはすごいチャンスになるのかなと思います」と彼は狙いどころを明確に描いている様子だった。

    >>2以降につづく

    1月8日(木)17時12分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150108-00010024-footballc-socc&p=1

    【香川&遠藤コンビの牙城を崩せるか? 強烈アピール続ける清武&今野】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2014/11/05(水) 08:04:13.71 ID:???0.net
    追加点演出の香川をクロップが抱擁、ドルトムントは4連勝でGL突破

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は4日、各地でグループリーグ第4節1日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)はホームでガラタサライ(トルコ)と対戦し、4-1で快勝した。香川はトップ下で先発し、後半11分にショートコーナーから追加点を演出。
    チームも4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

    勝てば他会場の結果に関係なくグループリーグ突破が決まるドルトムントは前半25分、MFマルコ・ロイスの左CKにDFソクラティス・パパスタソプロスが頭で合わせるが、クロスバーを直撃。
    同33分にはMFヘンリク・ムヒタリアンのヒールパスから香川が右足アウトサイドでミドルシュートを打ったが、ゴール左に外れた。

    均衡が破れたのは前半39分。DFルーカス・ピシュチェクの長いスルーパスにロイスが反応し、PA内に走り込むと、右足ダイレクトでゴールに流し込んだ。ドルトムントが先制に成功し、前半を1点リードで折り返した。

    後半7分過ぎ、ドルトムントが右CKを獲得し、香川がポイントに向かうと、ゴール裏のガラタサライサポーターから発煙筒がピッチに投げ込まれ、一時、試合が中断。それでも試合再開直後の後半11分、ショートコーナーからリターンを受けた香川の右クロスのこぼれ球をMFセバスティアン・ケールが頭で落とし、パパスタソプロスが右足ボレーで押し込んだ。

    2-0とリードを広げると、香川は後半18分にMFイルカイ・ギュンドガンと交代。
    ピッチを下がる香川をユルゲン・クロップ監督がベンチ前で力強く抱きしめるシーンも見られた。
    ガラタサライは後半25分、MFヴェスレイ・スナイデルの左CKにDFハカン・バルタが頭で合わせ、1点を返す。
    ここまで3試合連続で完封勝利をおさめていたドルトムントにとっては今季の欧州CLで初失点となった。

    ドルトムントは直後の後半26分、ロイスに代えてFWチーロ・インモービレを投入。
    すると同29分にカウンターからFWピエール・エメリク・オーバメヤンのラストパスを受けたインモービレが倒れ込みながらゴールに流し込み、3-1と突き放す。後半40分にはインモービレのクロスがオウンゴールを誘い、4-1とダメを押した。

    この得点直後、ガラタサライのサポーターから今度はドルトムントのサポーター席に発煙筒が投げ込まれ、再び試合が一時中断。騒然とした雰囲気の中、試合はそのままドルトムントが4-1で完勝を収めた。
    ブンデスリーガでは5連敗中で降格圏の17位に低迷しているが、欧州CLはこれで無傷の4連勝。2試合を残してD組2位以内が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141105-00194008-gekisaka-socc

    【ドルトムント・香川が魅せた! 交代時に クロップ監督と 熱い抱擁 でドルトムントは4連勝!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 10:07:57.01 ID:???0.net
    専門家が語る香川1か月半で2度の脳振とうの深刻度
    2014年10月13日 07時00分 東スポ

    香川は迎えの車に乗り込む際「大丈夫です」とばかりに手を挙げたが…

     サッカー日本代表の「10番」は本当に大丈夫なのか。10日のジャマイカ戦(新潟)後に脳振とうの症状を訴えて日本代表から離脱したMF香川真司(25=ドルトムント)は11日、新幹線で新潟から東京へ移動した。症状は「軽度」だというが、香川が脳振とうを起こしたのはこの1か月半で2度目。不安が拭い去れないなか、本紙はスポーツ医学の専門家2人を直撃。J1鹿島のチームドクターを務める関純・西大宮病院院長とスポーツドクターの富家孝氏に今後の見通しを聞いた。

     失意の離脱となった香川だが、到着した東京駅では関係者の車に乗り込む際、報道陣に手を振って応じた。今後はしばらく都内で静養し、クラブに合流するため渡独するとみられる。
    ジャマイカ戦後に新潟市内で診察を受けた結果は「軽度の脳振とう」だったという。

     ただ、香川はドイツ移籍前だったマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の8月26日の試合で、相手選手と接触して脳振とうを起こしている。短期間に2度も頭を打って、本当に大丈夫なのだろうか。

     富家氏は「脳振とうを甘く見ないほうがいい。やったときは自覚症状がなくても、慎重に経過を見ていく必要がある。やはり短期間での2回目。大事を取って1か月くらいは試合を『休め』と判断してもいい」。同氏は新日本プロレスのリングドクターを長く務めており、脳振とうを起こしたレスラーを数多く見てきた。そうした経験を加味した上で、長期休養を勧める。

     実際、プロレスラーはサッカー選手に比べて頭を打つ機会が格段に多いが、世界最大団体の「WWE」を筆頭に脳振とうを起こしたレスラーへの対応は慎重。トップレスラーでも休養が数か月に及ぶことは珍しくない。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/322386/

    【専門家が語る香川1か月半で2度の脳振とうの深刻度】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:15:15.84 ID:???0.net
    元マンチェスター・ユナイテッド監督のサー・アレックス・ファーガソン氏は、この夏ユナイテッドから古巣ボルシア・ドルトムントへ復帰した香川に「非常に満足していた」と語るとともに、復帰の決断は香川とドルトムント双方にとって正しいものだったと話している。

    ドルトムントでブンデスリーガ2連覇に貢献した香川は、ファーガソン氏の誘いを受け2012年夏にユナイテッドへ移籍。
    同氏のラストシーズンとなった加入1年目は終盤戦にかけて徐々に調子を上げ、2年目以降への期待を感じさせた。

    だが、後を継いだデイビッド・モイーズ監督の下では出場機会が減少。
    今季就任したルイス・ファン・ハール監督のチームでも引き続きポジション争いで厳しい立場に立たされ、古巣への復帰を選ぶことになった。

    ドイツ『ビルト』は、次のようにファーガソン氏の言葉を伝えている。

    「ドルトムントと香川は、すべてにおいて正しく行動したと思うよ。シンジはもう一度、最も居心地の良い環境に戻ることができた。そして(ユルゲン・)クロップという、彼に自信を与えてくれる監督の指導を受けられるからね」

    「私はシンジに非常に満足していた。私の下ではうまく溶け込めて、彼も馴染んでいたという印象だった」

    「どの監督にも自身の哲学がある。 モイーズがスペイン人のスターである(フアン・)マタを獲得したとき、香川は第一の選択肢ではなくなったと感じて、そのことに少し失望したのかもしれないね」

    10月8日(水)16時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00000017-goal-socc

    【ファーガソン氏「私はシンジに非常に満足していた。私の下ではうまく溶け込めて、彼も馴染んでいた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 10:18:27.20 ID:???0.net
    チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が1日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、アウェーでアンデルレヒトと対戦し、3-0で勝利を収めた。

     UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HPである『UEFA.com』では、同試合にフル出場し、先制ゴールをアシストした香川がマン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

     香川はアンデルレヒト戦の開始3分、ペナルティーエリア手前でボールを受けると、裏へ抜け出したイタリア代表FWチーロ・インモービレに絶妙な浮き球のパスを通して先制ゴールをアシストした。その後も攻撃の起点としてチャンスを演出するなど活躍し、チームの勝利に貢献した。

    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141002-00237842-soccerk-socc

    【香川がUEFA公式HPのMOMに選出 フル出場でアシスト記録】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 01:36:26.21 ID:???0.net
    14/15 ドイツ ブンデスリーガ 第6節

     シャルケ 2-1 ドルトムント
    1-0 ジョエル・マティプ(前10分)
    2-0 エリック・マキシム・チュポ・モティング(前23分)
    2-1 ピエール・エメリク・オーバメヤン(前26分)
    ◇ シャルケの内田篤人はフル出場
      ドルトムントの香川真司は後半12分から途中出場
      丸岡満はベンチ入りも出場機会なし

    シャルケがルールダービー制し内田復帰後2連勝、香川は移籍後初の途中出場
    ゲキサカ 9月28日(日)0時22分配信

    [9.27 ブンデスリーガ第6節 シャルケ2-1ドルトムント]
     ブンデスリーガは27日、第6節2日目を行い、DF内田篤人の所属するシャルケはホームでMF香川真司、MF丸岡満の所属するドルトムントと対戦し、2-1で競り勝った。前節・ブレーメン戦(3-0)で今季初出場を果たした内田は右SBで2試合連続のフル出場を果たし、2連勝に貢献。
    香川は移籍後初のベンチスタートとなり、後半12分から途中出場した。
    丸岡はベンチ入りしたが、2試合連続で出番がなかった。

     前節のブレーメン戦で今季初勝利を挙げたシャルケがこの日もいい入りを見せた。前半10分、DFデニス・アオゴの左CKにDFジョエル・マティプが頭で合わせ、先制点。幸先よくリードを奪った。

     前半23分にも左CKのセカンドボールを拾ったアオゴがもう一度、左サイドからクロスを上げる。FWクラース・ヤン・フンテラールのヘディングシュートはGKロマン・バイデンフェラーに弾かれたが、こぼれ球をクリアしようとしたFWアドリアン・ラモスがキックミス。
    最後はMFエリック・マキシム・シュポ・モティングが左足で蹴り込み、2-0とリードを広げた。

     2点ビハインドを負ったドルトムントは苦しい試合展開を強いられたが、前半26分、シンプルなロングボールからラモスが右サイドを抜け出し、ゴール前にクロス。ファーサイドのMFピエール・エメリク・オーバメヤンが右足でゴール右隅に流し込み、1点を返して前半を折り返した。

     後半開始からオーバメヤンとMFケビン・グロスクロイツがポジションを入れ替え、オーバメヤンが左サイドで内田とマッチアップする形になったドルトムント。後半12分にはFWチーロ・インモービレに代わって香川がピッチに入り、4-4-2から4-2-3-1にシステムを変更した。

     後半33分にはMFミロシュ・ヨイッチのFKのこぼれ球を香川が右足で狙うが、決め切れない。同40分、香川が左足で絶妙な浮き球のパスを通すが、ラモスの胸トラップは大きくなり、GKラルフ・フェーマンに抑えられた。

     試合はそのままシャルケが2-1で逃げ切り勝ち。
    これで内田の先発復帰後、2連勝を飾った。
    一方のドルトムントは2試合ぶりの黒星で3戦勝ちなし(1分2敗)となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00139560-gekisaka-socc


    【「ルールダービー」制したのはシャルケ!内田篤人復帰し連勝 香川真司途中出場も…ドルトムント届かず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 11:41:04.66 ID:???0.net
    マインツFW岡崎慎司は20日、ブンデスリーガ第4節のボルシア・ドルトムント戦で、2試合連続となる今季4点目を記録した。試合後、岡崎は強豪ドルトムントを倒した喜びを表している。

    岡崎はドルトムントMF香川真司が交代でベンチに下がった直後の66分、MFハイロの折り返しにゴール前で合わせ、先制点を奪取。2試合連続のゴールで今季の得点数を4とし、
    ブンデスリーガの得点ランクで単独トップに立った。

    マインツはその後、PKを献上してピンチを迎えるが、ドルトムントFWチーロ・インモービレの
    PKをGKロリス・カリウスのセーブでこれをしのぐと、74分にオウンゴールで追加点。
    ドルトムントを2-0と沈め、勝ち点を8としてバイエルン・ミュンヘンらとともにリーグのトップを快走している。

    岡崎は試合後、次のようにコメントしている。ドイツ『アルゲマイネ・ツァイトゥング』が伝えた。

    「こっちのシンジの方が良かったとかは大事ではないし、今日は岡崎対香川という対決でもなかったです。僕にとって大事なのは、チームとして勝つことができ、僕も勝利に貢献できたということです。これほど強い相手に勝利を収めて、気分は最高ですよ」

    GOAL
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00000039-goal-socc

    【得点ランクトップの岡崎、ドルトムント撃破で「気分は最高」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 18:34:22.86 ID:???0.net
    ドイツが“シンジ対決”に盛り上がっている! 
    19日付のビルト紙は、20日に行われるFW岡崎慎司(28)のマインツと、MF香川真司(25)のドルトムントの対戦を「ブンデスリーガ第4節のトップゲーム。この試合は日本でも多くのサッカーファンが注目していることだろう。どちらのシンジ上か」と報じた。

    マインツの岡崎は、前節13日のヘルタ戦で2ゴールを決め、奥寺康彦と並んでいたブンデスリーガ通算得点を日本人歴代トップの28点に伸ばした。
    一方ドルトムントの香川は、マンチェスターUからの復帰初戦で得点を決めた。2人とも身長は175センチ未満。同じ代理人だ。

    しかし、移籍市場の価値では差があるという。移籍情報サイト・トランスファーマーケットによると、岡崎は550万ユーロ(約7億7000万円)。香川は1500万ユーロ(約21億円)と、約13億3000万円の差がある。

    ドルトムント戦に向けて、岡崎は「僕らが勝つ。そしてシンジは2人とも1ゴールずつ決める」と冗談ぽく話したという。
    日本代表ではチームメートの香川について「代表チームでよく知っている。シンジはいい友だちで、いいサッカー選手」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000085-nksports-socc

    【岡崎、香川の“シンジ対決”独ファン注目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 06:05:10.85 ID:???0.net
     日本代表MF香川真司(25)はドルトムント復帰戦となる日本時間13日のフライブルグ戦で1ゴールを決めるなど活躍。帰還後即結果を出したことでスタジアムを訪れたドルトムントサポーターの盛り上がりは頂点に達した。

     一方、香川の活躍を複雑な思いで見ていたのが、古巣マンチェスター・ユナイテッドの
    サポーターたちだった。総額250億円もの大型補強を行ったものの、ルイス・ファンハール監督のシステムがフィットしていないと批判の声が上がっており、チームの先行きは不透明。開幕戦から低迷が続いており、イラ立ちが募っている。

     香川の出場試合後、ツイッターやマンUファンが集まるインターネット掲示板では
    「ファンハールは香川にチャンスを与えなかった」「マンUは香川の使い方を知らなかった」
    「なんでファンハールは彼を売ってしまったんだ」とファンハール監督に大して怒りの声が上がった。

     また「クラブのシステムとリーグとすべてが香川に合っている。ドルトムントにとってはバーゲンだったね」
    「クロップは香川の使い方をよく分かっている。一方、うちの指揮官は…」と香川とドルトムントとの相性が特別だと分析する声も少なくない。“相思相愛”ぶりを感じたからか「われわれは香川の2年間を無駄にさせてしまった」と謝罪する声まである。

     変わらないのがどのサポーターも香川の活躍を祝福している点。順風とはいかなかった英国での日々だが、サポーターには愛されていたようだ。

    東スポWeb 9月14日(日)5時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00010001-tospoweb-socc

    【香川の活躍にマンUサポーター複雑「なぜチャンス与えなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ