浦和レッズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/05(金) 06:41:10.69 ID:???0.net
    浦和の街も逆転優勝を信じている! 前節で首位から陥落し、8年ぶりのリーグ制覇が厳しい状況となった浦和だが、お膝元の浦和駅前を中心とした飲食店やショップなどは、逆転優勝した場合に行うキャンペーンの準備を進めていることが判明。
    街を挙げての後押しを受け、イレブンは今季最終戦となる6日の名古屋戦(埼玉)に挑む。

    レッズを取り巻く誰もが希望を捨てていなかった。8年ぶりのリーグ制覇へ、勝てば決まった11月22日のG大阪戦の前から、浦和の街では水面下で祝宴の準備が進められていた。だが、状況は2週間で一変。

    G大阪に勝ち点で並ばれ、得失点差で7も下回る2位。自力Vの可能性がほぼ消えたが、駅前の飲食店などはリスク覚悟で準備を止めない覚悟を示した。

    優勝キャンペーンを行うには、商品の仕入れやスタッフの増員などが必要だ。V逸なら在庫を抱えて経営面で大打撃。
    ただ、サポーターが集まることで知られる居酒屋「酒蔵 力(りき)」の今井俊博店長は声を大にした。
    「(敗退した)昨年のナビスコ杯決勝の時も在庫をかなり抱えたけど、何も変えません。(初優勝の)06年は店の周りに2000人が集まった。
    今回も街が盛り上がるはず」。G大阪戦前に用意した鏡割り用のたる酒は賞味期限が切れたが、中身を入れ替えて店頭に設置。
    振る舞い酒として、瓶ビール40ケースをスタンバイさせた。

    タリアンバー「TINA LOUNGE」も、くす玉やクラッカー300個を用意。ドリンクの無料サービスなどを行う予定だ。
    関根俊史店長は「最後まであきらめません。(在庫は)終わってから考えればいい」と話した。

    百貨店「伊勢丹浦和店」の担当者も「優勝することを前提に商品を確保しています」とセールに備え、食品や紳士、婦人用品など多岐にわたる記念商品の仕入れを済ませていると明かした。

    チームはさいたま市内のグラウンドで約1時間半、調整した。次戦もチケット約6万枚が完売。
    MF柏木は「いろんな人が声をかけてくれる。支えてくれる人たちのためにも勝って終わりたい」と感謝の思いを胸に必勝を期した。

    2014年12月5日6時1分
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20141204-OHT1T50288.html

    【浦和、次戦もチケット約6万枚が完売!地元飲食店、百貨店が逆転V祝宴準備 V逸なら在庫を抱えて経営面で大打撃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/30(日) 08:06:34.79 ID:???0.net
    ▼J1最終節(12月6日)での優勝争い 優勝の可能性を残すのはG大阪、浦和、鹿島の3チーム。
    G大阪は勝ち点62で並ぶ浦和に得失点差がプラス7差、総得点は8得点差の大差。

    すでに来季のJ2降格が決まっている最下位の徳島戦に○ならば優勝は確定的だ。
    G大阪が優勝すると05年以来9シーズンぶりのVだが、それ以外に11年の柏以来史上2チーム目のJ2から昇格即優勝、J史上最大逆転(首位との最大勝ち点14差)など劇的なリーグ制覇となる。

    2位転落の浦和は名古屋戦に○、G大阪が△か●なら優勝となるが、状況はかなり厳しい。
    3位鹿島は鳥栖戦に○が最低条件で、G大阪と浦和がともに△か●の場合に逆転Vの可能性が出てくる。

    ▼来季のACL出場権争い(J1上位3チーム+天皇杯王者) 今節でG大阪と浦和が出場権を獲得。
    J1の残り1枠も勝ち点3差の4位以下に得失点差で大差をつけている鹿島が決定的。
    G大阪が決勝に進出している天皇杯も制するとJ1の4位に出場権が出てくる。勝ち点57で並ぶ鳥栖と柏の4位争いにも注目だ。

    11月30日(日)7時1分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141130-00000048-spnannex-socc

    【浦和レッズ Vの条件は…名古屋戦○、G大阪が最下位・徳島に△か●】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/30(日) 07:50:12.09 ID:???0.net
    1―0とリードしていた浦和が鳥栖に後半ロスタイムの失点で追いつかれ、首位から転落した。
    前節のG大阪戦でも後半43分と後半ロスタイムの2失点で敗戦。

    浦和は今季リーグ2位の30失点と少なく堅守だが、後半ロスタイムの失点は計5失点もあり、清水と並んでワーストタイだ。
    全失点に対する後半ロスタイムの失点の割合は16・7%と高い。

    他に10%を超えているチームはなく(2番目が仙台と清水の8・3%)浦和の試合終了間際の弱さが、シーズン終了間際にも露呈した結果となった。

    11月30日 05:30
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/11/30/kiji/K20141130009376170.html

    【浦和レッズ、終了間際の弱さ露呈…後半ロスタイム失点16・7% 他に10%を超えているチームはなく・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 22:45:01.94 ID:???0.net
    J1第33節が29日に行われ、首位の浦和レッズは4位のサガン鳥栖と対戦した。
    PKで先制した浦和だったが、試合終了間際にセットプレーから同点に追いつかれ、1-1で引き分けた。

    浦和は68分に菊地直哉の一発退場からPKを獲得し、先制点を挙げる。
    DF槙野智章が、「ボールを回す中で、チャンスがあれば2点目を取りたいなと思っていましたし、実際にチャンスもあった」と言うように、数的有利になってからはより積極的にゴールに迫った。

    しかし、後半アディショナルタイムにCKから小林久晃にヘディングシュートを決められ失点。
    槙野は「相手が前に出てきたときこそスイッチを入れないといけなかった。
    実際、こちらの決定機もあったので、そういうときに決め切らないとサッカーというのは自然とチャンスの後にピンチが訪れる」とコメント。
    「2点目を取る大事さっていうのを痛感した」と反省を口にした。

    勝ち点3を確信していただけに、槙野は「あともう少しってところでやられてしまったのは、集中力の問題なのか運の問題なのか…」と、引き分けという結果に肩を落とした。

    11月29日(土)21時37分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00254494-soccerk-socc

    【落胆する浦和レッズ槙野「集中力の問題なのか運の問題なのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/11/26(水) 18:38:21.27 ID:heuGZ6IL0.net
    他の可能性は0と仮定して

    【浦和とガンバ、どっちにリーグ優勝してほしい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    40: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/11/29(土) 21:21:12.49 ID:7TJ3eV+f0.net
    今年もいい画像できたな
    no title

    no title

    【いいひなたぼっこですね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 断崖式ニードロップ(大阪府)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:02:04.80 ID:vGC3jRmu0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
     J1は29日、第33節を各地で開催し、ベストアメニティスタジアムでは首位の浦和レッズと4位のサガン鳥栖が対戦した。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半23分にMF阿部勇樹のPKで先制した浦和がそのまま逃げ切ると思われたが、後半アディショナルタイムに鳥栖がDF小林久晃のゴールで追い付き、1-1のドローに終わった。得失点差でG大阪に上回れた浦和は首位陥落、ドローに追い付いた鳥栖も優勝の可能性は消滅した。

     勝ち点61で首位の浦和はこの試合に勝利し、同時刻キックオフのG大阪が引き分け以下に終われば06年以来、8年ぶりのリーグ優勝が決まる状況。
    勝ち点5差で浦和を追う鳥栖は、勝利すれば最終節まで優勝の可能性を残す大事な試合となった。



     なかなか均衡を破れない浦和は後半20分にMFマルシオ・リシャルデスとMF関根貴大を同時投入して、流れを変えようと試みる。
    すると同22分、最終ラインからのボールに抜け出した李がPA内で菊地に倒されてPKを得るだけでなく、菊地はこのプレーで一発退場となり数的優位に立った。
    そして、このPKをキャプテンの阿部がきっちりと沈めて浦和が先制に成功した。

     その後は数的不利に陥った鳥栖に好機を作られる場面もありながら、粘り強い守備で得点を許さず。
    しかし、そのまま逃げ切ると思われた後半アディショナルタイムにCKから小林が同点ゴールを奪い、試合は1-1のドローに終わった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00229943-gekisaka-socc

    【浦和レッズ、後半ATに1人少ない鳥栖に同点弾を叩き込まれ首位陥落 首位G大阪は最終戦は徳島と】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:29:30.12 ID:???0.net
    [11.29 J1第33節 鳥栖1-1浦和 ベアスタ]

     唯一の得点につながるPKを獲得した。しかし、自らに得点は生まれなかった。浦和レッズFW李忠成は序盤から鳥栖ゴールを脅かし続けたが、 前半33分に後方からのボールに一気に抜け出して独走して放ったシュートは枠を捉え切れず。後半開始直後の好機でも、シュートは枠を大きく外してしまった。

     しかし後半22分、最終ラインのボールから抜け出すと、PA内でDF菊地直哉のファウルを誘ってPKを獲得。さらに菊地を退場に追い込んだ。

     「点は取れませんでしたが、PKを獲得して相手を退場に追い込むプレーもできました」と振り返った李だったが、 「でも、1-0で勝てるチャンスを自分たちで最後逃してしまった」と肩を落とした。

     1-0とリードしたまま迎えた、後半アディショナルタイム。残り時間を考えればラストプレーかというCKから失点し、同点に追い付かれてしまう。

     「自分たちが勝てば、最終節に勝てば決まりだったから。守備をしっかりして1点を取って、プラン通りの試合内容だったと思うけど、 サッカーの神様が最後、自分たちに微笑まなかったのかなと思う」。

     ホームで行われる最終節名古屋戦では引き分けでも首位に立つ可能性はあるが、勝利を収めて勝ち点3を上積みすることが目指すべきものとなる。

     だからこそ、李もやることははっきりしていると語った。「勝つしかないとしか言えない。それしか考えられない。次に勝って、奇跡を待つのみです」と最終節への意気込みを示した。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00230079-gekisaka-socc

    【李忠成「自分たちにサッカーの神様が微笑まなかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/24(月) 14:01:35.80 ID:???0.net
    J1首位の浦和は22日、ホームで2位のG大阪に0―2で敗れ、優勝は持ち越しになった。
    これまで意思統一できていたはずの試合プランが、大一番でまさかの崩壊。依然として勝ち点2差で首位に立っているものの、残り2試合の対戦相手はいずれも一筋縄ではいかない因縁深いチームとあって、悪夢の再現が現実味を帯びてきた。

    今季最多の5万6758人が詰め掛けた埼玉スタジアムで、浦和の8年ぶりの美酒はお預けとなった。
    押し気味に試合を進めながら、試合終了間際に2失点。浦和の選手、関係者は大一番に敗れたショックに包まれた。

    敗戦という結果もさることながら、チームの規律が乱れたことがショックを増大させた。
    これまで多かった終盤の失点を防ぐため、選手同士で声を掛け合うことで守備が安定。

    だが「勝てばホームで優勝」という状況が選手たちの心を微妙に揺さぶった。
    「引き分け狙いでいい」のか「あくまで勝利にこだわる」のか。大事なところで考えが二分してしまったのだ。

    GK西川周作(28)は「勝ちにいくのが自分たちのスタイル。引き分け狙いの戦い方はしてはいけない。
    勝ちにいった結果なのでネガティブになる必要はない」。だがDF槙野智章(27)は「引き分けでも僕たち的にはよかった。
    勝てばホームで優勝という状況で残り5分、前がかりになった。もう少しチームの規律を持ってやればよかった」と反省。栄光がチラついた瞬間に微妙な温度差が生まれた。

    スコアレスドローでG大阪との勝ち点差を5のままにしておけば、有利な状況に変わりはなかった。
    これまで通り終盤の守備的戦術を貫いていれば、チーム内の規律がブレることもなかった。

    だが、終盤のわずかな判断ミスで相手カウンターのエジキになり、絶対的なアドバンテージは消えてしまった。
    今回の痛恨の敗戦で、浦和は一転してV逸の危機に立たされることになった。残り2試合で2連勝すれば優勝できるとはいえ、ともに簡単な相手ではない。
    次節(29日)の相手・鳥栖とは過去、アウェーで過去1勝4敗。昨年、一昨年ともに今回と同じ第33節にアウェー戦が組まれ、1―4、1―3と大敗している。
    今季のホーム戦(3月8日)でも日本代表FW豊田陽平(29)の得点で0―1で敗れている。

    さらに名古屋との最終戦(12月6日)には、8年前のVの立役者DF田中マルクス闘莉王(33)が立ちはだかる。
    浦和出身の西野朗監督(59)はG大阪の指揮官として臨んだ8年前の最終決戦で敗戦。因縁深き面々が浦和の優勝を全力で阻止しにくるはずだ。

    一方のG大阪の次節は、7月27日のアウェー戦で5―1と大勝した神戸が相手。さらに最終戦は、すでに来季のJ2降格が決定し、今季ホーム未勝利の最下位・徳島。勝ち点の上積みは浦和と比べて難しくない。

     7年前、首位に立っていた浦和は残り5試合で2勝(勝ち点6)挙げれば優勝という圧倒的有利な条件だったにもかかわらず未勝利(3分け2敗)に終わり、9連勝フィニッシュの鹿島に逆転され「世紀のV逸」を味わった。

    8年前のリーグ優勝と7年前のV逸の両方を知るMF平川忠亮(35)は「負けから学ぶことは多い。厳しい負けではあったけど、それを糧にしないといけない。まだ自力優勝はできるので」とベテランらしく冷静に前を向いた。浦和に再び訪れるのは歓喜か、それとも…。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141124-00000001-tospoweb-socc

    【J1首位・浦和「世紀のV逸」再び?残り2試合の対戦相手はいずれも一筋縄ではいかない因縁深いチーム】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/24(月) 09:12:10.08 ID:???0.net
    AKB48の小嶋陽菜(26)が22日、埼玉スタジアムで行われたサッカーJ1第32節の浦和―G大阪を現地で観戦したことをツイッターで明かし、応援する浦和の敗戦に「まけたー」と無念の思いをつぶやいた。

     さいたま市出身で熱心な浦和サポーターとして知られる小嶋。首位の浦和はこの試合に勝てば8年ぶりのリーグ優勝が決まるとあって、小嶋もスタジアムに駆け付け、試合1時間前には「赤リップ、赤ネイル」とチームカラーで気合を入れる画像をアップした。

     しかし浦和は試合終了間際に2失点を喫して0―2で敗れ、優勝決定は次節以降に持ち越し。勝ち点は61のままで、59に伸ばしたG大阪との差は2差に縮まった。

    小嶋はそれでも「久しぶりの地元 奇跡的に来れました ホームでの優勝の瞬間見たかった 負けちゃったけど、まだ首位!」と前向きにツイート。赤のユニホームに身を包んでタオルマフラーを手にした自身の画像も公開し、次節での必勝を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141122-00000145-spnannex-ent

    写真

    no title



    no title

    【AKB48小嶋陽菜「ホームでの優勝の瞬間見たかった 負けちゃったけど、まだ首位!」】の続きを読む

    このページのトップヘ