松木

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/08(月) 20:58:28.06 ID:CAP_USER*.net
    停滞感の漂う日本サッカー界。踊り場から再成長を遂げるためには何が必要なのだろうか? 我らが小田嶋総理が、「失敗の本質」を看破する。今回は、日本代表の中継でおなじみの「松木解説」を再評価する。
    実は名将!? 最年少でJリーグを制した監督・松木安太郎!
    .
    テレビ観戦を重ねて思う、実況・解説陣に求めていること昨年の春に足を骨折して以来、まだスタジアムに行くことができずにいる。
    Jリーグのシーズンが始まったらぼちぼち生観戦の再開も考えているのだが、結局、振り返ってみれば、まるまる一年、スタンドからピッチを見渡す経験から遠ざかっている。
     その代わりに、というわけでもないのだが、骨折以来、テレビ観戦の頻度は上がっている。昨年の3月から7月まで続いた入院中は特にやることもないので、たぶん生まれて以来最大の密度でサッカーを見た自覚がある。
     大部分は、病室に持ち込んだiPadとモバイルWiFiの組み合わせで、WOWOWのリーガ・エスパニョーラ中継を観戦したわけなのだが、テレビ観戦でも、たくさん試合を見ると、やはり目が肥えるということはある。
     耳も肥える。
     というのはつまり、解説や実況アナの技術や目のつけどころについてのこっちの採点が厳しくなるということだ。
     が、それもまた変化する。
     どういうことなのかというと、何十試合もひとまとめにサッカー中継を観戦すると、画面の中で展開されているプレイを見る目と、イヤホンの中に聞こえてくる実況アナウンスを、ある程度別々に認識することができるようになるということだ。
     画面は画面で、実況や解説の声とは無関係に、自分の見方で見る。そういうことが可能になる。
     と、解説や実況にはろくに耳を傾けなくなる。というよりも、試合とは別の、雑談や豆知識を楽しむみたいな、聴き方になると言った方が良いのかもしれない。なんというのか、テレビ中継の楽しみ方が、ちょっと「ヒネて」くるわけだ。

    一人でテレビ観戦する際に感じるさびしさ
     退院して、久々に自宅のデカい画面のテレビでJリーグの中継にチャンネルをあわせたり、代表戦や五輪予選の試合を見たりすると、自分のサッカー中継の見方が入院前とはずいぶん違ってしまっていることに気づく。
     おそらく、入院中に、たった一人で、タブレット&イヤホン視聴環境での試合中継視聴を重ねたせいだと思うのだが、私は、どうやら明らかにさびしがりやになっているのだ。
     つまり、視聴者としてのオダジマが中継スタッフに求めるものが、「情報」よりも「情緒」に偏ってきているということだ。
     具体的に言うと、入院前の半可サッカーマニアであった当時の私は、実況アナに、余計な感想を述べないストイックで正確な状況報告を求めていた。
     ボールホルダーの名前をきちんと伝え、できれば、パスの送り手と受け手の間に入ろうとして惜しいところでパスカットに失敗した敵方ディフェンダーの選手の名前とプロフィールも伝えてほしいといったような要求だ。
     解説者にも、その日のピッチ状態や、直前のゲームでのキープレイヤーのコンディションや、リーグの中のライバルの動向など、とにかく正確で詳細な情報を適切なタイミングで伝える仕事をこなしてほしいと考えていた。
     であるから、たとえば、宮本恒靖氏の冷静かつ的確なコメントや、NHKの野地アナウンサーの感情に流されない端正な実況ぶりを高く評価していた。
     ところが、入院中に孤独な観戦経験を重ねた私は、いつしか、その種の情報提供型のマニア向けの中継に疲労を覚えるようになっていた。
     あの種のスカパー型のきちんとした中継は、たとえば、かたわらに友人やら息子やらがいて、

    「おいおい、そこはシュートだろ」
    「やべえ」

     などと言いながら見るのには良い。ピタリとハマっている。
     でも、たった一人で見ているオレに、ただただ技術的だったり戦術的だったりする情報をささやかれ続けても、それはちょっと困るわけだ。
     具体的に言えば、さびしいのだよ。
     で、心に沁みるのが、松木解説だ。

    【松木安太郎の奇声解説をリオ五輪で求める理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2015/04/28(火) 12:32:23.48 ID:???*.net
    26日深夜に放送の「Get Sports」(テレビ朝日系)で、松木安太郎氏が、Jリーガーのお金に関する逸話を暴露した。

    番組では「日本サッカーが世界で勝つためにはいったい何が必要なのか」と題した企画を放送。
    中西哲生氏をコーナー進行に配し、松木安太郎氏や中田浩二氏らが討論に参加した。

    話題がJリーグの金銭事情に迫ると、中西氏がJ1選手の推定年俸トップ10を発表。
    ガンバ大阪の遠藤保仁選手が、1億8000万円でトップになった。

    しかし、Jリーガーは年俸額をそのまま受け取ることができるわけではないという。
    内訳が「基本給」と「出場・勝利給」に分かれており、選手が満額を受け取るには、試合にすべて出場し、勝利する必要があるそうだ。
    http://news.livedoor.com/article/detail/10055875/

    【松木安太郎氏 「Jリーガーは年俸額をそのまま受け取ることができるわけではない。試合にすべて出場し、勝利する必要がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 16:33:58.44 ID:???*.net
    日刊スポーツ評論家のセルジオ越後氏(69)が、31日の日本-ウズベキスタン戦(味スタ、午後7時25分)をUストリームで生解説することになった。

    番組名は「セルジオ・松木チャンネル~ウズベキスタン戦生解説~」(http://www.ustream.tv/channel/monsterstudio)で、午後7時オンエア。

    越後氏は、サッカー解説者・松木安太郎氏、MCを務めるモデル・タレントの松原渓とともに「鋭く」「熱く」でも「勝手に」物を申す。
    ウズベキスタン戦のテレビ放送を見ながら、副音声的に楽しめる内容になっている。

    日刊スポーツ 3月30日(月)23時12分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000091-nksports-socc

    【セルジオ越後氏、ウズベキスタン戦を松木安太郎氏とともに、Uストリームで生解説!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 12:32:41.68 ID:???*.net
    松木安太郎 アギーレ後任に名乗り!?「代表監督の話きたら、そりゃあやりますよ」
    2015/2/4 10:08

    きのう3日(2015年2月)、サッカー日本代表のアギーレ監督が解任された。八百長疑惑の告発がスペインの裁判所に受理されたためで、アギーレも了承したという。日本サッカー協会は、6月に始まるワールドカップ予選への影響を解任理由にあげた。「八百長はまだ確認されていないので理由ではない」「違約金は発生しない」という。

    アギーレは「日本で仕事ができて幸せでした。代表チームの幸運を祈る」とコメントした。

    選任の責任だれがとるのか?サッカー協会会長「反省してます」

    選任責任はどうなるのか。大仁邦彌会長は「もっとしっかりと調べておくべきだった。反省しています」と語った。

    どうします?

    司会の羽鳥慎一「噂はずいぶん出ていましたよね。ついに解任かという感じです」

    コメンテーターの宇治原史規(タレント)「最初の段階で調べられなかったのかなあ」

    松木安太郎(サッカー解説者)「アジアカップでベスト4に入れなかったことが一つの理由になったのではないでしょうか。契約内容は分からないが、解任理由がないと違約金が発生します。アジアカップの結果を協会は強く訴えて、ある程度よい形で何かあったかな」

    公認で名前上がる岡ちゃん、ストイコビッチ、レオナルド、ザッケローニら

    焦点は後任の監督選びだ。Jリーグで活躍したストイコビッチやレオナルド、元日本代表監督の岡田武史、元ブラジル監督のスコラーリ、元監督のザッケローニらの名前があがっている。

    羽鳥「もし松木さんに話が来たらどうします?」

    松木「そりゃあ、やりますよ」

    冗談を言っている場合ではない。監督の途中解任という異例の事態に、経緯と責任、今後の対策をはっきりさせてもらいたいものだ。

    http://www.j-cast.com/tv/2015/02/04227006.html?p=all

    【【朗報!】松木安太郎「代表監督の話きたら、そりゃあやりますよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/02(水) 00:41:51.32 ID:8aIZXwo40.net
    S 松木安太郎

    A 名波浩 前園真聖

    B ゴン中山 藤田俊哉 岡田武

    C 福西 北澤

    D 金田 都並 武田


    論外 清水ハゲ彦



    異論は認める

    【サッカー地上波放送の解説者ランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/26(木) 11:39:18.97 ID:???0.net
    サッカーW杯ブラジル大会のグループリーグ3戦目のコロンビア戦で1対4の大敗を喫し、2大会ぶりのグループリーグ敗退に終わった日本代表。悔いの残る結果となったが、同試合中継(テレビ朝日系)の解説を担当したのが、日本代表戦ですっかりお馴染みとなったサッカー解説者・松木安太郎氏である。
    かつては松木氏の絶叫解説に対し、「うるさい」「居酒屋のオヤジか」など否定的な意見も多く見られたが、近年は評価が変わりつつある。
    「代表戦は松木さんの解説じゃないと物足りない」という信者も増加しているとか。
    今回のコロンビア戦での解説はどうだったのか。これまで松木氏の解説を観続けてきたサッカー担当記者が語る。
    「コロンビアに3点目を取られたあと、一気に松木さんの話す回数が減りました。『絶対にあきらめちゃいかん!』
    が口癖であり、残り数分になっても、『まだ時間はたっぷりあります』と言い続け、常に日本を鼓舞してきた男が無口になってしまった。
    ここに、松木さんの人気の秘密が隠されているのではないでしょうか。
    つまり、松木さんは日本人の心情そのものなんです。エリア内で倒されれば、すぐに『PK! PK! PK!』
    とアピールし、日本の選手が危険なプレーに見舞われれば『おい! おい! おい!』と叫ぶ。
    相手にPKを取られた後は、『止めろよ、川島(永嗣)!』と声援を送っていました。視聴者としては『よく言ってくれた!』『俺もそう思う!』と共感できたはずです。
    それと同じように、コロンビアに3点目を取られた時点で、ほとんどの視聴者が『もうダメだ』と思ったはずです。
    テレビ局サイドとしては、『それでも盛り上げて欲しい』と考えるでしょうけど、松木さんは黙ってしまった。
    要するに、松木さんは常に本心でしゃべっている。そのことが、今回改めて証明されました」

    近年、テレビ離れが進んでいると指摘される背景の一つに、視聴者感覚との乖離が挙げられているが、松木氏は視聴者と一体になる珍しい存在なのだという。
    前出の記者が続ける。
    「2004年のアジア杯準々決勝、PK戦にもつれ込んだ時には、ピッチの状態が悪いこともあり、日本は三都主アレサンドロ、中村俊輔と連続で外し、0-2と絶望的な状況に追い込まれました。
    完全に敗戦ムードが漂う中、松木さんだけは『絶対にあきらめちゃいかん!』と鼓舞し続け、日本は本当に逆転したんです。あのとき、勝利を信じていた日本人は松木さんとキーパーの川口能活だけでしょう。
    このころから、松木さん信者が徐々に増え始めました。
    2011年のアジア杯では、勝っている場面で、あまりに長いロスタイム(6分)を取られたときに、『ふざけたロスタイムですねえ~』と言い放った。この言葉もやはり、松木さんならでは、と言えるでしょう。
    誰もが心の底では思っているけど、出てこない言葉を的確に表現する。コロンビア戦の展開では、松木さんの良さを出しづらかったと思いますが、これからも、代表戦に松木さんは欠かせないと十分に証明した試合となったのではないでしょうか」
    http://news.livedoor.com/article/detail/8976645/

    【松木安太郎ですら無口になるレベルって・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 16:31:45.93 ID:???0.net
    驚異の勝率!今、日本代表に足りないのは松木安太郎氏

    サッカー日本代表は19日(日本時間20日)に行われたブラジルW杯ギリシャ戦に0―0で引き分け、決勝トーナメント進出の可能性はかなり低くなった。日本全土に暗いムードが漂う中、“救世主”として期待されている人物がいる。本田? 香川? いやサッカー解説者の松木安太郎氏(56)だ。
    ザックジャパンの決勝トーナメント進出に最低限必要な条件がコロンビア戦での勝利。
    加えてコートジボワールが負けるか引き分けなければならない。とはいえこれまで、2連勝で試合内容も良い南米の強豪国との対戦に明るい材料はなかなか見えない。
    そんな中、注目を浴びるのがテレビ朝日が中継するコロンビア戦で解説を務める松木氏の存在だ。
    松木氏といえば「いいよ、いいよー」「チャンスだよ。チャンス」「ああ。ゴールをちょっとずらしたいなあ」
    など居酒屋の親父のような絶叫コメントが売り。一部で“解説ではなく応援”といわれる独自のスタイルを築いている。
    今回のような絶望的な現状の下では、冷静な解説はむしろ心が沈む。
    そこで底抜けに明るい松木氏が必要というわけだ。
    実際ギリシャ戦の試合後には「松木安太郎の不在が大きかった」
    「今の日本代表に足りないのは決定力と松木安太郎の解説」と“松木不足”を挙げる声が相次いだ。
    さらに「松木さんならいいことが起こる予感がする」と救世主として期待する声も上がっている。
    心強いデータもある。松木氏が解説を務めるテレビ朝日が中継したザックジャパンの戦績はW杯前最終試合となったザンビア戦までで14勝6分け1敗。
    ほぼ負けておらず勝率は6割を超える。果たして松木氏は日本代表の“勝利のオヤジ”となれるのか。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00000030-tospoweb-socc

    【驚異的な勝率!「今の日本代表に足りないのは決定力と松木安太郎の解説」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/24(日) 15:30:46.78 ID:jyne0f4d0

    【一番まともなサッカー解説者って誰?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: れいおφ ★ 2013/11/24(日) 13:41:02.14 ID:???0
    欧州遠征でオランダ、ベルギーという強豪国と国際親善試合を行なったサッカー日本代表。

    (中略)

    この2連戦は、久しぶりにテレビ朝日が中継を担当。解説を担当したのは、松木安太郎氏。
    松木氏といえば、ループシュートという専門用語を使わず、「ふわっと」と擬音を駆使して、“一見さん”にもわかりやすい解説を心がけていると、一部では定評がある。
    今回の中継では、それに加えて、視聴者を魅了する松木氏のもう1つの特徴も出ていたという。

    テレビ局関係者が語る。
    「象徴的だったのがオランダ戦の後半6分、本田のシュートが惜しくもバーに当たった時の発言です。
    『ゴールちょっとズラしたいよね。ほんのちょっとでいいんだ』とあまりに非現実的なことを口にしました。

    一見、サッカー解説者らしからぬ発言です。でも、居酒屋で楽しみながら観ているオジさんは、こんなノリでしょう。これらの発言はある種、松木さんの狙いでもある。
    やはり、スポーツ中継はエンターテインメントの1つですし、専門的な解説ばかりをしても、視聴者はチンプンカンプンになってしまうでしょう。でも、『ゴールちょっとズラしたいよね。ほんのちょっとでいいんだ』という発言には、日本中から『そんなことできるわけないだろ(笑)』と一斉に突っ込みが入ったはずです。
    これは、視聴者との双方向性を目指すテレビ局にとって、まさに理想の形ですよ。松木さんが老若男女にわかるボケを繰り出すことで、家庭にも笑いが生まれます。サッカー中継というテレビ番組において、非常に貴重な役割を果たしています」

    もちろん、元選手であり監督経験者であるというバックグラウンドを持ち、きちんと試合を解説する力量
    があるからこそ、解説者として起用されている。そこに、ちょっとした笑いのアクセントと視聴者目線を付け加えることができるのが、松木氏の魅力でもあるだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8282006/

    関連スレ
    【サッカー/テレビ】松木安太郎氏の“一見さんに優しい解説”が好評・・・「ループシュート」→「ふわっと」など
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1370931312/

    【「ゴールちょっとズラしたい」松木安太郎氏の発言をTV関係者が絶賛 “一見さん”にもわかりやすい解説と定評】の続きを読む

    このページのトップヘ