このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/23(木) 09:45:46.09 ID:???*.net
    浦和は選手、コーチ陣全員で約20分のミーティングを開き、今後の方針を定めた。
    アジアでの惨敗や昨季リーグ戦終盤での急失速を教訓に、国内でのタイトル奪取に専念することを確認した。

    「来年ACLでリベンジできるように、Jリーグで結果を残す」とDF橋本。
    25日には中3日でホームでJ1・名古屋戦を迎える。優勝の可能性があった昨季最終戦で敗れている相手だけに、
    FW李は「試合が終わった瞬間の光景は脳裏に焼き付いている。トラウマをかき消したい」と切り替えていた。

    スポニチアネックス 4月23日(木)7時2分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150423-00000064-spnannex-socc

    【浦和 ACL敗退で国内奪冠に専念「トラウマをかき消したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:29:30.12 ID:???0.net
    [11.29 J1第33節 鳥栖1-1浦和 ベアスタ]

     唯一の得点につながるPKを獲得した。しかし、自らに得点は生まれなかった。浦和レッズFW李忠成は序盤から鳥栖ゴールを脅かし続けたが、 前半33分に後方からのボールに一気に抜け出して独走して放ったシュートは枠を捉え切れず。後半開始直後の好機でも、シュートは枠を大きく外してしまった。

     しかし後半22分、最終ラインのボールから抜け出すと、PA内でDF菊地直哉のファウルを誘ってPKを獲得。さらに菊地を退場に追い込んだ。

     「点は取れませんでしたが、PKを獲得して相手を退場に追い込むプレーもできました」と振り返った李だったが、 「でも、1-0で勝てるチャンスを自分たちで最後逃してしまった」と肩を落とした。

     1-0とリードしたまま迎えた、後半アディショナルタイム。残り時間を考えればラストプレーかというCKから失点し、同点に追い付かれてしまう。

     「自分たちが勝てば、最終節に勝てば決まりだったから。守備をしっかりして1点を取って、プラン通りの試合内容だったと思うけど、 サッカーの神様が最後、自分たちに微笑まなかったのかなと思う」。

     ホームで行われる最終節名古屋戦では引き分けでも首位に立つ可能性はあるが、勝利を収めて勝ち点3を上積みすることが目指すべきものとなる。

     だからこそ、李もやることははっきりしていると語った。「勝つしかないとしか言えない。それしか考えられない。次に勝って、奇跡を待つのみです」と最終節への意気込みを示した。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00230079-gekisaka-socc

    【李忠成「自分たちにサッカーの神様が微笑まなかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/22(土) 19:25:17.32 ID:???0.net
    <J1:浦和0-2G大阪>◇第32節◇22日◇埼玉

     浦和のFW李忠成(28)がホームでの敗戦にも前を向いた。
    1トップで先発し、積極的にゴールを目指す姿勢を示したが、チームは終盤に失点を重ね、まさかの黒星。

    勝てば2度目のリーグ優勝だったものの、敗れたことで2位G大阪に勝ち点2差までつめられてしまい
    「まだ勝ち点で2も上回っている。気持ちを切り替えたい。(埼玉スタジアムは)代表戦では真っ青ですけど、
    Jリーグでここまで真っ赤になるのは浦和だけ。本当に優勝したい。まだ終わってないんで」と話していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141122-00000067-nksports-socc

    【追い込まれる李忠成「気持ちを切り替えたい。本当に優勝したい。まだ終わってないんで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2014/01/17(金) 21:22:02.37 ID:???i
    浦和加入の李忠成「初っぱなからぶっ飛ばす」
    産経新聞 1月17日 20時6分配信

     サッカーのイングランド1部サウサンプトンからJ1浦和に加入する元日本代表FWの李忠成が17日、さいたま市内で会見し、「様子を見ていたら一生活躍できない。初っぱなからぶっ飛ばす」と新天地での飛躍を誓った。

     移籍を決断した理由について「サッカー選手として一番輝ける時期を過ごすのに浦和は素晴らしいクラブ」と述べた。ペトロビッチ監督には広島在籍時に指導を受けていて、「彼のおかげで海外挑戦もできた。大きな恩があるので力になりたい」と意気込んだ。

     サウサンプトンでは出場機会に恵まれなかったが、J1通算では160試合出場、46得点と実績十分。「ストライカーかトップ下でチームに貢献したい」という28歳は、21日からチームの宮崎合宿に合流する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000567-san-socc

    【浦和加入の元日本代表FW李忠成「初っぱなからぶっ飛ばす」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    アジア代表FW李忠成、浦和レッズに加入

    1: ムーンサルトプレス(神奈川県) 2014/01/16 11:18:32 ID:jBbhbKhp0
    浦和は16日、サウサンプトンFW李忠成(28)の完全移籍での加入を発表した。
    李が帰国後に実施するメディカルチェック後に正式契約となる。

    李は12年1月、広島から当時2部相当の英チャンピオンシップ、サウサンプトンに移籍。プレミアに昇格した翌シーズンは出場機会に恵まれず、東京へレンタル移籍したものの、不完全燃焼に終わり、昨年6月に再びサウサンプトンに戻っていた。

    今季は若手の台頭もあってリーグ戦の出場はなく、カップ戦に2試合出場したのみで得点はなく、14日に契約解除が公式サイトで発表されていた。

    通算記録はJ1が160試合46得点、J2が31試合8得点。チャンピオンシップは7試合1得点でプレミアリーグは出場なし。国際Aマッチは11試合2得点。

    李はクラブを通じ、「これまでの自分のサッカーキャリアの全てを浦和レッズのために注ぎたいと思っています。自分の力の全てを出して、タイトル獲得のため、チームに貢献できるようにがんばります」とコメントした。
    以下ソース
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20140116-1244658.html
    1


    【アジア代表FW李忠成、浦和レッズに加入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2014/01/15(水) 11:36:16.90 ID:???0
    サウサンプトンは14日、元日本代表FW李忠成と契約を解除したと発表した。

    李は2012年1月、広島から当時チャンピオンシップ(2部相当)だったサウサンプトンに移籍。
    プレミアリーグに昇格した翌年は出場機会に恵まれず、FC東京への期限付き移籍も経験した。
    今季より再びサウサンプトンに復帰したが、ここまでプレミアリーグの出場はなく、カップ戦のみの出場となっていた。

    リリースを出したサウサンプトンは「サウサンプトン・フットボールクラブは李に感謝を示すとともに、彼の将来が前進することを望んでいます」と締めくくっている。

    ソース:ゲキサカ(14/1/15 10:02)
    http://web.gekisaka.jp/412094_131501_fl
    画像:李忠成
    http://f.image.geki.jp/640//pics/orig/4J5xQsNU_n.1.Getty%2520Images.jpg
    1
     

    【サウサンプトンが李忠成の退団を発表…今季プレミアリーグ出場なし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぶーちゃんφ ★ 2013/11/03(日) 08:29:48.10 ID:???0
     浦和が日本代表GK西川周作(27=広島)と元日本代表FW李忠成(27=サウサンプトン)の獲得を検討していることが2日、分かった。
    来季に向けたリストアップ作業を進めており、GKでは国内屈指の西川と、サウサンプトンで出場機会に恵まれていない李が入った。
    昨オフにも西川には関心を示したが、1年契約で広島に残留。今季も広島がアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)への出場権を獲得すれば、再びチームに残る可能性はある。

     西川は今季はリーグ戦29試合に出場し、27失点。総失点はリーグで2番目に少ないチームに貢献する。日本代表には06年に初選出され、今年7月に国内組で挑んだ東アジア杯には3試合中2試合に出場し、優勝に貢献。最終ラインから攻撃を組み立てる浦和にとって、足のボール技術の高さとシュート反応の素早さを兼ね備える西川はチームに合いそうだ。

     一方、李は英サウサンプトンから今春、東京に期限付き移籍。期間満了で6月に退団し、サウサンプトンに復帰している。イングランド代表FWランバート、イタリア代表FWオスバルドらがそろい、リーグ戦出場はなくカップ戦だけ1試合出場。浦和はFW興梠のバックアップにFW阪野がいるが、リーグ戦は無得点。李は得点力に加え、ペトロビッチ監督とは広島時代にともに戦っており、チーム融合に不安はない。

     浦和は現在J1で、首位横浜に勝ち点2差の2位。来季ACL出場(3位以内)は現実的な位置に付けており、国内とアジアの両方を勝ち切れる層の厚いチームづくりに着手する。


    日刊スポーツ:
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20131103-1213016.html

    【浦和がFW李忠成と広島GK西川獲りへ 〜まじで。。。ガンバに来てもええんやで〜】の続きを読む

    このページのトップヘ