本田

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 12:47:11.37 ID:???0.net
    地元記者はいずれも「7点」以上、チーム最高点の高評価

     ACミランの日本代表MF本田圭佑が4日のキエーボ戦後半33分に直接FKを決める活躍を見せた。
    本田にとってはミラン移籍後初となる公式戦でのFK弾。これに地元メディアは「チェッキーノ(射撃の達人)」と命名するなどチーム最高点を与えながら称賛している。

     イタリア高級紙コリエレ・デラ・セーラのアレッサンドロ・ボッチ記者は本田と元フランス代表FWジェレミー・メネズにチーム最高点の「7」を与えた。
    「今日もよかったが、今季本当に本田は活躍している。ミランのチェッキーノ(射撃の達人)は本田だ」

     今季公式戦6試合で4得点はリーグ暫定得点王。本田は凄まじい決定力とこの日披露した直接FKによって、赤と黒の名門の「射撃の達人」という異名を手にした。

     カルチョの国では名手には様々な異名が与えられる。

     ユベントスの司令塔アレッサンドロ・ピルロらは「レジスタ(演出家)」、ロベルト・バッジョ氏ら偉大なテクニシャンは「ファンタジスタ」、 ミランの旧ユーゴ代表FWデヤン・サビチェビッチ氏は「ジーニオ(天才)」など、その能力に対する代名詞を持っていた。

     そして、少ないゴールチャンスでも圧倒的な決定力を見せている本田のフィニッシュ能力には「チェッキーノ」という声が上がり始めている。

    「本田に夢中になった」「今、ミランのために最も貢献している選手」

    「本田は4ゴールを決めて、メネズは3ゴール。ゴールを量産する選手は重要な選手。その上に常に明晰だ。
    ゲームメークしながら、ゴールチャンスを演出して、試合を決定づける、本田とメネズが目覚めて、ミランは歩みを変えた。
    本田とメネズが最優秀選手。本田はインザーギ監督にとって不可欠の選手だと僕は思う」

     ボッチ記者はこう話して、昨季リーグ8位に終わったミランの再出発を牽引する本田とメネズを称えた。

     一方、地元テレビ「7ゴールドTV」のパオロ・ヴィンチ記者は本田に両軍で最優秀選手となる7・5点を与えた。

    「私は今日の試合で本田に夢中になったよ。決定的なゴールを決めた。素晴らしかった。本田はビッグプレーヤー。とてもいいプレーをしている。イタリアサッカーの高いレベルのチームによく溶け込んだ」

    興奮気味のヴィンチ記者はこう語った。

    「今、ミランのために最も貢献している選手だと思う。FKのゴールだけではなく、ムンタリの1点目も彼が演出した。とてもいいプレーをしている。2、3人のマークが常にいても、ボールを失うことはほとんどなかった。ゲームをコントロールして、試合を注意深く運んでいる。途中交代した時には、怒ってもいた。ピッチにもっといたかったのだろう」

    ヴィンチ記者はそう話し、交代時にゴールを決めてもなお納得がいない様子の本田の気迫も高く評価していた。

    10月5日(日)12時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141005-00010003-soccermzw-socc

    【驚異の決定力を見せるACミランMF本田圭佑「射撃の達人」と命名 地元記者からも絶賛の嵐 チーム最高点の高評価】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 12:49:33.44 ID:???0.net
    セリエA第6節が4日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはキエーヴォと対戦し、2-0で勝利した。
    先発出場した本田は直接FKを決めるなど全得点に絡む活躍を見せ、4試合ぶりの勝利に貢献している。

     ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が、ここまでの6試合で4得点を挙げている本田を称賛した。
    イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。

     ガッリアーニ氏は「昨シーズン、CSKAモスクワから送られてきたのは本田の弟だった。だから、私たちは抗議して、本物の本田を送ってもらったんだ」と冗談を交えながら、本田の好調ぶりを高く評価した。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20141005/238883.html?view=more

    【ミラン副会長「昨シーズンCSKAから送られてきたのは本田の弟だった。抗議して、本物の本田を送ってもらった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 07:12:02.29 ID:???0.net
    14/15 イタリア セリエA 第4節

     エンポリ 2-2 ミラン
    1-0 ロレンツォ・トネリ(前13分)
    2-0 マヌエル・プッチャレッリ(前21分)
    2-1 フェルナンド・トーレス(前43分)
    □ エンポリ、サッリ監督が退席処分(前47分)
    2-2 本田圭佑(後13分) ← 今季3点目
    ■ エンポリ、ミルコ・ヴァルディフィオリがイエロー2枚目で退場(後41分)
    ◇ ミランの本田圭佑はフル出場

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634748
    http://www.raisport.rai.it/dl/raiSport/speciali/live/calcio/live.shtml?slug=empoli_milan_20140923&comp=serie_a&year=2015
    先発フォーメーション図
    no title

    順位表
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=53

    本田が早くも今季3点目!!昇格組に苦しんだミランを同点弾で救う
    ゲキサカ 9月24日(水)6時46分配信

    [9.23 セリエA第4節 エンポリ2-2ミラン]
     セリエAは23日、第4節1日目を行った。日本代表MF本田圭佑の所属する
    ミランは敵地でエンポリと対戦し、2-2で引き分けた。

     今季初黒星を喫した前節から中2日、過密日程から
    ベンチスタートも予想された本田だが、定位置となっている
    右FWでこの日も先発。チェルシーから加入後初先発となった
    FWフェルナンド・トーレスらと3トップを形成した。
     昇格組のエンポリ相手に苦しい戦いを強いられた。
    前半13分にCKをDFロレンツォ・トネッリにヘディングで合わせれ失点。
    同21分には今度はFKサインプレーで崩されると、
    FWマヌエル・プッチャレッリに押し込まれ、
    いきなり2点のビハインドを背負った。

     その後もエンポリに攻勢を許すミラン。前半31分にはこちらも
    チェルシーから加入後初先発となったMFマルコ・ファン・ヒンケルが
    ひざを痛めて負傷交代。厳しい戦いを強いられた。
     しかし何とかギリギリのところで耐えると、迎えた43分、
    MFイニャツィオ・アバーテの右クロスをトーレスが頭で合わせる。
    前半のうちに何とか1点を返し、1点差で後半に突入した。

     そして後半13分、ショートカウンターからアバーテの
    スルーパスに反応した本田がボールを跨いでシュートコースを作ると、
    左足のコースを突いたシュートでゴールネットを揺らす。
    前節のユベントス戦こそゴールのなかった本田だが、
    今季3点目は貴重な同点弾となった。
     後半35分にはゴール正面で得たFKを本田が直接狙う。
    しかしシュートは惜しくもゴール右。本田は最後までプレーして
    勝ち越しゴールを目指したが、ミランは勝ち点1を獲得するにとどまっている。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00139453-gekisaka-socc

    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=53
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/serie
    FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/world_soccer/1072

    ★1が立った時刻 2014/09/24(水) 05:43:27.12
    前スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1411505007/

    【本田圭佑の今季3ゴール目は貴重な同点弾! トーレスも移籍後初弾、ミランは昇格組エンポリに苦戦しドロー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/17(水) 01:03:23.52 ID:???0.net
    「点取り屋として覚醒、二桁ゴールを挙げる」。開幕2戦連発の本田、インザーギ監督の戦術によってゴールセンス磨かれる

    セリエA第2節パルマ戦、1ゴール1アシストで連勝に貢献した本田圭佑に対してフィリッポ・インザーギ
    監督を筆頭に地元メディアも高い評価を与えた。新たな戦術によってゴールセンスが磨かれ、二桁得点への期待も高まている。

    ■周囲とのコンビプレーによってフィニッシュに絡む

    「私は前半、美しいコンビプレーとファンタスティックなゴールを見た」

     14日のパルマ戦後、インザーギ監督は記者会計の場でこういって喜んでいた。後半のカオスな展開から、泥試合ここに極まれりという印象ばかりが強く残っているが、指揮官は前半のパフォーマンスを根拠にチームを褒めていた。

     そして前半決まったうちの2ゴールに、本田が絡んでいる。DFにチャージを受けながら出したボナベントゥーラへのアシストに、アバーテのクロスに飛び込んだヘディングシュート。批判を浴びせていたことなどどこ吹く風、ある地元記者は「本田は点取り屋として覚醒し、今季は二桁ゴールを挙げるだろう」などと吹聴していた。

     ただ、この記者の言い分には統計上の根拠がある。本田のゴールは開幕2戦連発、夏の練習試合からカウントすれば5試合連続だ。かりにこのペースを維持出来れば、あと8ゴールなど早々に達成出来る。
    そう考えれば、二桁ゴールはたしかに十分現実的な数字ではある。

     さらにプレーを振り返れば、本田を取るべくして点を取っていることが分かる。直接FKを決めたバレンシア戦を除けば、ここまでのゴールは全て流れの中から。周囲とコンビプレーを形成した末に、エリア内へ飛び出してフィニッシュへと絡む形が身になりつつある。パルマ戦の1ゴール1アシストは、まさにその中で生み出されたものだ。

    http://www.footballchannel.jp/2014/09/16/post49315/

    【「点取り屋として覚醒した本田、今季は二桁ゴールを決めるだろう」 夏から5試合連続ゴールの活躍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 10:22:03.19 ID:???0.net
    日本代表FW本田圭佑(28=ACミラン)が“アギーレジャパン芸人”として再出発?

    本田はイタリアから帰国し、札幌市内で行われている代表合宿に合流。
    ハビエル・アギーレ新監督(55)とも青空会談するなど終始和やかなムードで新チームでのスタートを切ったが、その胸中には驚きの決意を秘めている。
    かつて封印した“芸風”を解禁し、ブラジルW杯で失った求心力を再び取り戻すつもりだ。

    合流した本田は、アギーレジャパンの初陣となるウルグアイ戦(5日、札幌)に向けて「違う自分というのを見せていかないといけない。変わっていく姿を見せていければなと思う」と意気込んだ。それはピッチ上に限ったことではない。本田と親しい関係者は、こう話す。

    「W杯の後、圭佑は『初心に帰る』とか『仲間をもり立てながらやっていく』という話をやたらしていた。何かを変えなきゃいけないという思いが強いのでは」

    ブラジルW杯までの4年間は、常に「オレ様エース」として中心に立って同僚を激しく叱咤、鼓舞してチームをけん引。
    初めて代表に入る選手は揃って「本田さんとは、なかなか話せない」とこぼすほどのコワモテだった。

    その結果、ブラジルW杯ではチームが窮地に陥ると孤立して、一気に求心力を失った。
    そうした反省からW杯敗退後には「一から物差しづくりをする」と語ったが、その第一歩がキャラ改革。
    もともとは根っからの関西人のノリで率先して笑いを取る性格だけに、素の自分に立ち返り「宴会部長」になる覚悟だ。

    しかも、エースの“芸風”はというと…。「あいつはイジられキャラ。どんどん前に出て何かおもろいことを言おうとするけど、それが全然おもろなくてスベってばかり。
    でもそれで、みんな『しゃあないやつやなあ』と親しみが湧く。スベリ芸みたいなもんですよ」(G大阪ジュニアユース時代の同級生、與貴行氏)。
    お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(45)や狩野英孝(32)ばりの「スベリ芸」で笑いを取るという。

    一度封印した“マッチョショー”も持ちネタの一つ。かつては、自慢の黒光りした筋肉美をボディービルダーばりにポージングしながら、
    同僚たちに見せびらかして盛り上げる一発芸を代表チームでも披露。それを復活させるのもアリだ。

    ちょうど初選出組にはFW武藤嘉紀(22=FC東京)やFW皆川佑介(22=広島)ら筋肉自慢が粒揃い。
    宿舎で新旧マッチョ対決ショーが催される可能性もあるだろう。

    早速、新顔の選手やスタッフたちに積極的に話しかけ「これから時間があるので、じっくりコミュニケーションを取っていければ」とムードメーカー役を買って出た。
    さすがに「ワオ!」はやらないだろうが、ラテン系指揮官に歩を合わせて本来の明るさを前面に押し出す。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000003-tospoweb-socc

    【突然のキャラ変!日本代表本田圭佑が“スベリ芸人”に 「ますだおかだ」の岡田圭右ばりの「スベリ芸」で笑いを取る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 20:57:43.83 ID:???0.net
    前編(『貧弱なセンターバックこそ日本代表の根本的問題である』)では、低身長国のハンディとしてセンターバックにまつわる問題について触れたが、今回はその延長上としてフォワードに目を向けてみたい。

    CFの人材難は、中盤大好きの日本人気質とも密接に関係する。日本の社会も後押ししている。「出る杭は打たれる」の「出る杭」になることを日本人は嫌う。
    シュートを打って外せば、「なぜそこでパスをしないんだ」と責められる。シュートは、ある意味で強引な行為だ。思い切りよく打って外せば、白い目を向けられる。

    何事も和を尊ぶ学校スポーツとの相性も悪い。強引なプレイを続ければ、仲間はずれにされ、いじめの対象にさえなる。
    なぜ日本には良いストライカーが出てこないのかという問題は、サッカー界だけで解決することはできないのだ。

    大迫勇也、柿谷曜一朗。ザックジャパンで1トップ、CFを張った両選手も結局、主役になることはできなかった。
    ポストプレイが得意な大迫。裏に抜ける動きに光るものがある柿谷。両者は「本格派」ではない。周囲との連携が不可欠なタイプだ。
    しかし、彼らはその連携プレイにおいてイニシアチブを握っていない。中盤選手とは受け身の関係にある。
    偉いのは中盤選手。ザックジャパンは、大迫、柿谷の都合より、本田圭佑、香川真司の都合の方が優先するサッカーをした。

    つまり物事を、ゴールを奪うという最大の目的からフィードバックして考えることができなかった。
    ある時期までザックジャパンの一員だったハーフナー・マイクは、終盤に投入されることが多い選手だったが、他の選手たちは、彼が投入された後も従来通り、独自のパスサッカーを繰り広げた。194センチというその身長を無視するように。

    高さに特徴があるハーフナー。彼もまた大迫、柿谷同様、骨太な本格派のストライカーではない。よく言えば、一芸に秀でたストライカーだ。
    しかし、周囲がその一芸を尊重しなければ、存在意義はなくなる。

    単なる線の細いストライカーになる。そしてその結果、ハーフナーは最終メンバーから外された。似たような問題を抱える豊田陽平も、同様に選から漏れた。
    にもかかわらず、ザッケローニは、ブラジルW杯本大会初戦(対コートジボワール戦)の終盤、ロングボール作戦を敢行した。選手もそれに従った。支離滅裂な状態に陥った。

    線の細いストライカーを問題視するのは簡単だ。しかし、日本は本格派のストライカーが誕生する土壌に恵まれていない。無い物ねだり同然の環境に陥っている国なのだ。
    2010年南アフリカW杯で、岡田監督が本田を「0トップ」に起用した作戦は、そうした問題の対処法として、理に適ったものだった。

    10番選手を9番に変身させる作戦と言えば分かりやすいが、ザッケローニはこれを「異端」と言って、ほとんど採用しなかった。
    しかし、ブラジルW杯本大会の初戦で、本田は終盤、CFの位置に座っていた。ザッケローニは、日本が抱えるフォワードの問題と、最後までキチンと向き合うことができなかった。

    本田はある意味で本格派だ。大迫、柿谷、ハーフナー、豊田より、1人で解決する力がある。ドリブル&シュート、かわしてシュート。
    見る側にシュートの予感を抱かせることができる。最後のキックに持っていく道筋が、何となく見えるのだ。
    本田のプレイを見ていると、逆に日本のCFに不足している要素が見えてくる。ドリブル下手、キック下手。フェイントもない。サイドに出ると、うまくプレイができない理由でもある。

    >>2以降につづく

    一部抜粋 webスポルティーバ 8月28日(木)14時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140828-00010000-sportiva-socc

    【杉山茂樹 本格派アタッカー不足の日本代表。その理由と対処法】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/08/18(月) 06:30:40.89 ID:???0.net
    クラブ親善試合
    2014/8/18
    バレンシア 2-1 ACミラン

    18分 アルカセル 1-0
    28分 本田圭佑 1-1
    38分 ロドリゴ 2-1

    ※本田圭佑は先発フル出場

    http://int.soccerway.com/matches/2014/08/17/world/club-friendlies/valencia-club-de-futbol/ac-milan/1896287/?ICID=HP_MS_291_01

    【ミラン本田、バレンシア戦で強烈なFKゴール!先発フル出場でチームに貢献】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 14:08:07.18 ID:???0.net
    今年の春、フィリップ・トルシエはマレーシア代表監督にほぼ内定していた。
    金銭的な条件に問題はまったくなかった。何しろ、昨年FC琉球から月15万円程度しかもらえていなかったマレーシア人選手を、年俸3000万円で引き抜いていく経済力がかの国にはある。
    スタッフの顔ぶれについても、ほぼすべて要求は通っていたという。
    にもかかわらず、土壇場でトルシエは監督就任を断った。
    「アジアNo・1になるのがノルマ。協会の会長からそう言われたんでね」

    ここ10数年、マレーシア経済界は急激な右肩上がりを続けている。夢物語にしか思えなかった
    「20年には先進国の仲間入りをする」という目標も、少しずつ現実味を帯びてきた。
    国全体にみなぎる自信は、間違いなくサッカー界にも波及してきている。
    とはいえ、アジアの頂点に立つためには、日本を倒さなければならない。
    韓国を、オーストラリアを、中東の強豪を、すべて倒さなければならない。目指すべき目標としては尊くても、
    ノルマとなれば話は別――そう考えたがゆえに、トルシエは断った。
    日本サッカー協会は大丈夫だろうか。
    本田たちが掲げてきた「世界一になる」という目標は、マレーシア人がアジア一を目指すよりはるかに大それた目標である。現場とフロントの意識のズレは、後に深刻なトラブルを生むことが多い。
    そのことをよく知るトルシエはマレーシア協会からの依頼を断ったが、日本サッカー協会は次期監督にどんなノルマを課そうとしているのか。

    W杯の連敗記録保持国でもあるメキシコの人たちは、日本人以上にW杯の厳しさを知っている。
    一方で、世界で初めて2度目のW杯を開催したサッカー大国だという誇りもある。
    そんな国から来た監督にとって、世界一を目指すという日本人の言葉は、サッカーに対する無知と傲慢
    (ごうまん)の極みとしか思えないかもしれない。
    振り返ってみれば、本田たちが世界一を公言するようになってからも、ザッケローニ監督の口から優勝という言葉が出たことはなかった。
    おそらくは、高い志を持つ必要性を知りつつ、口にするのはおこがまし過ぎる、といった気持ちがあったからだろう。共通認識としての目標を持てていないチームは、結局、最後まで一体感を醸しだしてはくれなかった。
    わたしは、世界一を公言した本田の勇気を高く評価している。
    一方で、それが途方もなく荒唐無稽なホラ話と受け取る外国人が多いこともわかる。
    協会は、どちらのサイドに立つのか。うやむやの見切り発進は、監督と選手との間に、深刻な衝突を生むことになるだろう。
    (金子達仁=スポーツライター)
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/2014/kiji/K20140717008580210.html

    【金子達仁 「わたしは、世界一を公言した本田の勇気を高く評価している」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2014/07/11(金) 17:50:15.90 ID:???0.net
    ベンツCM出演の本田圭佑、W杯後初メッセージ「パワーを身につけて戻ってくる」
    SOCCER KING 7月11日(金)16時0分配信

    メルセデス・ベンツ日本株式会社は11日、東京ミッドタウン Hall Aにて、「メルセデス・ベンツ新型Cクラス プレス発表会」を実施。7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツ 新型Cクラス」が発表された。

    発表会では、ミラン所属の日本代表MF本田圭佑が出演する新CMも披露。
    さらに、ブラジル・ワールドカップ以降初となる、本田からファンへのメッセージVTRが放映された。

    本田は、「メルセデス・ベンツには良い印象しかない。今まで乗った車にはない心地良さがある」と、製品の印象を語ったうえで、「ワールドカップの応援、ありがとうございました。結果が出せなくて本当に残念だったんですけど、みなさんを喜ばせたかったんですけど」と、コメント。
    そして今後を見据え、「またイチからね、4年後に向けて出直そうと思いますので、またこれから本田圭佑、日本代表並びにJリーグへの応援をよろしくお願いします。さらに、みなさんを喜ばせられるようにパワーを身につけて戻ってきますので、期待していてください」と、話した。

    なお、「アジリティ&インテリジェンス」のコンセプトに基づき、数々の最先端技術で安全性と快適性を高次元に融合した「メルセデス・ベンツ 新型Cクラス」は、11日より全国の正規販売店を通じて発売される。  SOCCER KING

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00210967-soccerk-socc
    メルセデス・ベンツ社の新CMに出演する本田圭佑がファンへメッセージ
    no title

    【本田圭佑「パワーを身につけて戻ってくる」 ファンへのメッセージVTR放映】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★@\(^o^)/ 2014/07/11(金) 08:25:07.66 ID:???i.net
    本田が再始動!米国でトレーニング開始

    2014年7月11日6時0分 スポーツ報知
     日本代表MF本田圭佑(28)=ACミラン=が米国で再始動した。
    1次リーグ敗退に終わったブラジルW杯後の6月25日に代表を離れイタリア・ミラノ市内の自宅に帰宅。
    しばらくオフを取っていたが、関係者によると既に米国入りしトレーニングを始めているという。

     ACミランは24日から米国で行われる親善大会ギネス・インターナショナルチャレンジ杯に参加。
    MF香川真司(25)のマンチェスターU、DF長友佑都(27)のインテルも参加する。ミラン関係者によると本田は22日に米国で合流予定だ。

    http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20140710-OHT1T50322.html?from=related

    【本田圭佑 再始動!】の続きを読む

    このページのトップヘ