日程くん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 11:01:36.96 ID:CAP_USER*.net
    Jリーグは最終節にドラマが起きる。

    2ステージ(S)制に移行した昨季、東京とG大阪のチャンピオンシップ出場切符(年間3位)争いは最終節までもつれ、G大阪が逆転でCS切符を手にした。

    毎年、上位争い、残留・降格争いなどの明暗を図らずも生み出しているのが、Jの各カテゴリーの全試合日程を決めるコンピューターソフトの試合日程自動作成システムだ。

    Jの関係者からは通称「日程くん」と言われ、陰のドラマ演出家となっている。日程くんの秘密に迫った。

     毎年、最終節までもつれる優勝と残留争いの行方。ドラマが生まれる要因の1つとなっている「日程」を作成しているのは、人ではない。「日程くん」と呼ばれるソフトだ。

    Jリーグでは担当者が前年12月までに各クラブからホームスタジアムの使用不可能日を調査した上で翌年1月にそのシーズンの日程、対戦カード、会場を決定する。

    03年まで手作業だったが、クラブ数の増加で04年から「日程くん」を使用。J3が始まった14年からは進化した「新・日程くん」がその役割を担っている。

     担当者はあらかじめ、日程くんには競技や興行上の公平性を守る条件、ACL出場チームや降雪地の日程面の調整などを入力する。具体的には

    (1)3試合以上のホーム、アウェー連続回避

    (2)第1S第1節にホームで始まるチームは第2S最終節はアウェー。アウェーならホーム

    (3)平日開催の均等化

    (4)開幕戦から第5節まで少なくとも2試合はホーム

    (5)中2日の試合数の均等化

    (6)夏休み、GWなど繁忙期のホームの均等化などだ。

     新日程くんはJ1全306試合を3~5分、J2全462試合を1時間で算出する。旧日程くんがJ1で1時間、J2で24時間かかったというから、格段の進化だ。

    条件が厳しいと「矛盾あり」となり、回答が得られない場合があるが、スタッフが矛盾条件の緩和措置を取りながら操作して解決に導く。

     伝統クラブの直接対決をリーグ終盤に多くするなど、人為的なドラマ演出を疑いたくもなるが、Jリーグ担当者は「忠実に、競技や環境の公平性を追求した結果」と説明する。

    今季は第2S第13節と同14節がACL出場チームによる直接対決になる。時期的に年間1位争いのカギになりそうだが、担当者は「ACL出場チームが、翌年に上位にくるかはだれも分からない。

    毎年のドラマは偶然としか言いようがない」。あくまでも、公平追求を最優先した結果つくられた日程がドラマを生む。

     今季の最後5試合で目立つのは昨季15位と苦戦した新潟のカード。対戦相手が(13)鹿島(14)磐田(15)浦和(16)G大阪(17)広島と昨季の上位チームが並ぶ。日程くんが、新潟をメークドラマのカギに指名したのか? 今季のドラマの結末はいかに。【岩田千代巳】

     ◆新・日程くん 日程作成は天皇杯決勝後の5日間程度で行われる。J3が始まった14年から新日鉄住金ソリューションズがITパートナーに。従来の日程くんより、処理が速くなったほか、回答が得られない矛盾条件がどこなのかも的確に指摘するため、より公平な日程を出すことができるようになった。

    「日程くん」の呼び名の由来に、Jリーグ関係者は「日程の担当者にとっては人工頭脳の相棒。初代の担当者が擬人化して呼んだ名前が広がったようです」と説明した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000014-nksports-socc

    【Jリーグは最終節にドラマが起きる!J最終節ドラマ陰の演出家「日程くん」の秘密に迫る!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/30(日) 08:06:34.79 ID:???0.net
    ▼J1最終節(12月6日)での優勝争い 優勝の可能性を残すのはG大阪、浦和、鹿島の3チーム。
    G大阪は勝ち点62で並ぶ浦和に得失点差がプラス7差、総得点は8得点差の大差。

    すでに来季のJ2降格が決まっている最下位の徳島戦に○ならば優勝は確定的だ。
    G大阪が優勝すると05年以来9シーズンぶりのVだが、それ以外に11年の柏以来史上2チーム目のJ2から昇格即優勝、J史上最大逆転(首位との最大勝ち点14差)など劇的なリーグ制覇となる。

    2位転落の浦和は名古屋戦に○、G大阪が△か●なら優勝となるが、状況はかなり厳しい。
    3位鹿島は鳥栖戦に○が最低条件で、G大阪と浦和がともに△か●の場合に逆転Vの可能性が出てくる。

    ▼来季のACL出場権争い(J1上位3チーム+天皇杯王者) 今節でG大阪と浦和が出場権を獲得。
    J1の残り1枠も勝ち点3差の4位以下に得失点差で大差をつけている鹿島が決定的。
    G大阪が決勝に進出している天皇杯も制するとJ1の4位に出場権が出てくる。勝ち点57で並ぶ鳥栖と柏の4位争いにも注目だ。

    11月30日(日)7時1分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141130-00000048-spnannex-socc

    【浦和レッズ Vの条件は…名古屋戦○、G大阪が最下位・徳島に△か●】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/28(月) 19:18:01.94 ID:???0.net
    J1リーグの前半戦が終了した。

    前半戦を首位で折り返したのは、浦和レッズ。
    2位・サガン鳥栖との勝ち点差はわずか2だが、好調の要因となっているのがリーグ最少となる失点数10。

    前節第17節鹿島戦で失点するまでJ1記録となる7試合連続無失点を達成するなど堅守が光った。
    今季補強した日本代表GK西川周作の活躍もあり、後半戦もチームとしての安定感はありそうだ。

    ただ前半戦に関していえば、日程面で大きく恵まれていたことも事実だろう。
    というのも、スケジュールを見れば一目瞭然。今季の浦和はACL出場組との対戦の際には、この4チームがアウェイ遠征を終えた直後の週末に、なぜか対戦できていたからである。そして4戦全勝している。

     詳しく見てみよう。

    まずは3月15日の第3節・サンフレッチェ広島戦(2-0)。
    2連覇している王者・広島だが、このときはACLの対戦で、11日に異国・オーストラリアでセントラルコースト戦を終えて帰国したばかりだった。
    もっともタイトな遠征を終えて迎える相手が浦和だったのである。

    4月19日の第8節川崎フロンターレ戦も同様だ(1-0)。
    このときの川崎は、15日にACLの貴州人和戦で中国遠征を敢行。タフな中国での戦いを終えた帰国直後に組まれていたのが、浦和戦だった。
    浦和はまたもACLアウェイ帰りのチームと対戦できたのである。

    その10日後の4月29日には第10節で横浜F・マリノスと対戦(1-0)。
    このときのマリノスも、22日に中国で前年度の覇者・広州恒大戦を終えて帰国して消耗した状態だった。

    そして最後は5月17日の第14節のセレッソ大阪戦だ(1-0)。
    決勝ラウンドだったとはいえ、このときのセレッソも、13日に中国での広州恒大戦を終えて浦和戦を迎えた。

    ACLに出場するチームにとって、もっともタフな戦いになるのは移動距離の大きいアウェイゲームだ。
    そのなかでもオーストラリアや中国での試合は心身共にハードゲームであり、帰国後も疲労困憊のまま戦わなくてはならないと言われている。

    今季の浦和は、そのACL出場4チームとの対戦をすべてその帰国直後のタイミングで試合を行えたというわけだ。
    偶然とはいえ、日程面で恵まれていたのは事実である。浦和が前半戦を首位で折り返した背景には、“日程の妙”も味方したと言えるかもしれない。

    7月28日(月)16時25分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140728-00010010-footballc-socc#!boFjQ8

    順位表
    http://www.j-league.or.jp/standings/standings_j1.html

    【J1リーグ前半戦終了時点 浦和レッズが首位に!日程面で大きく恵まれていたことも事実】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 大梃子φ ★ 2014/01/10(金) 09:24:27.43 ID:???0
    J1、C大阪Vs広島などで開幕!G大阪は浦和と
    2014.1.10 02:01

     3月1日の今季J1開幕カードが9日、分かった。複数のJリーグクラブの関係者によると、3連覇を目指す広島はアウェーで日本代表の柿谷曜一朗らを擁するC大阪と対戦、J1復帰のG大阪はホームで浦和との顔合わせになった。

     昨季2位の横浜Mはホームの大宮戦でシーズンのスタートを切る。3位川崎は得点王に輝いた大久保嘉人の古巣で、J2から昇格した神戸を本拠地に迎える。

     四国初のJ1クラブとなった徳島はアウェーで鳥栖と当たる。仙台は新潟、柏はFC東京、甲府は鹿島、名古屋は清水といずれもホームで対戦する。

     会場や開始時間は未定で、J1の開幕前に始まるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場する広島、横浜M、川崎、C大阪の4クラブは、試合が3月2日に変更になる可能性もある。
    J1とJ2の開幕カードは1月21日に正式発表される。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140110/jle14011002010000-n1.html

    【J1、C大阪-広島などで開幕!G大阪-浦和、川崎-神戸、鳥栖-徳島、仙台-新潟、柏-F東京、甲府-鹿島、名古屋-清水、横浜M-大宮】の続きを読む

    このページのトップヘ