岡崎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 11:41:04.66 ID:???0.net
    マインツFW岡崎慎司は20日、ブンデスリーガ第4節のボルシア・ドルトムント戦で、2試合連続となる今季4点目を記録した。試合後、岡崎は強豪ドルトムントを倒した喜びを表している。

    岡崎はドルトムントMF香川真司が交代でベンチに下がった直後の66分、MFハイロの折り返しにゴール前で合わせ、先制点を奪取。2試合連続のゴールで今季の得点数を4とし、
    ブンデスリーガの得点ランクで単独トップに立った。

    マインツはその後、PKを献上してピンチを迎えるが、ドルトムントFWチーロ・インモービレの
    PKをGKロリス・カリウスのセーブでこれをしのぐと、74分にオウンゴールで追加点。
    ドルトムントを2-0と沈め、勝ち点を8としてバイエルン・ミュンヘンらとともにリーグのトップを快走している。

    岡崎は試合後、次のようにコメントしている。ドイツ『アルゲマイネ・ツァイトゥング』が伝えた。

    「こっちのシンジの方が良かったとかは大事ではないし、今日は岡崎対香川という対決でもなかったです。僕にとって大事なのは、チームとして勝つことができ、僕も勝利に貢献できたということです。これほど強い相手に勝利を収めて、気分は最高ですよ」

    GOAL
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00000039-goal-socc

    【得点ランクトップの岡崎、ドルトムント撃破で「気分は最高」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 18:34:22.86 ID:???0.net
    ドイツが“シンジ対決”に盛り上がっている! 
    19日付のビルト紙は、20日に行われるFW岡崎慎司(28)のマインツと、MF香川真司(25)のドルトムントの対戦を「ブンデスリーガ第4節のトップゲーム。この試合は日本でも多くのサッカーファンが注目していることだろう。どちらのシンジ上か」と報じた。

    マインツの岡崎は、前節13日のヘルタ戦で2ゴールを決め、奥寺康彦と並んでいたブンデスリーガ通算得点を日本人歴代トップの28点に伸ばした。
    一方ドルトムントの香川は、マンチェスターUからの復帰初戦で得点を決めた。2人とも身長は175センチ未満。同じ代理人だ。

    しかし、移籍市場の価値では差があるという。移籍情報サイト・トランスファーマーケットによると、岡崎は550万ユーロ(約7億7000万円)。香川は1500万ユーロ(約21億円)と、約13億3000万円の差がある。

    ドルトムント戦に向けて、岡崎は「僕らが勝つ。そしてシンジは2人とも1ゴールずつ決める」と冗談ぽく話したという。
    日本代表ではチームメートの香川について「代表チームでよく知っている。シンジはいい友だちで、いいサッカー選手」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000085-nksports-socc

    【岡崎、香川の“シンジ対決”独ファン注目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 00:36:03.06 ID:???0.net
    ヘルタBSC
    1
    0 - 1
    1 - 2
    3
    FSVマインツ05

    得点
    ロニー
    (後半41分)
    岡崎慎司
    (前半36分)
    サミ・アラギ
    (後半25分)
    岡崎慎司
    (後半46分)

    http://textream.yahoo.co.jp/thread/1160003909

    【Mr.ドッペルパック!岡崎2ゴールでマインツ初勝利】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 真っ赤なキャベツ ★@\(^o^)/ 2014/06/25(水) 10:38:14.31 ID:???0.net
    「今は何も考えられない。自分たちは最後まで攻撃にいったけど1対4というのはすごく考えさせられるし、
    (4年後は)今は想像つかない。この場所でどうやったら勝てたんだろうというのを引きずっているし、勝っていれば自分たちがいけていたのにっていう未練もあるし、悔しい

    ▼以下一部抜粋
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140625-00000039-ism-socc

    【得点を決めた岡崎慎司「この場所でどうやったら勝てたんだろう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 21:40:47.93 ID:???0.net
    [ 2014年6月20日20時48分 ]

     サッカーのW杯ブラジル大会1次リーグで19日、ギリシャと引き分けた日本について、ドイツのメディアは得点力不足を指摘した。

     専門誌キッカー(電子版)は20日付で内田と川島にチーム最高の2点をつけ、岡崎と長友はチーム最低の4・5点だった。

     採点は最高が1、最低が6。試合内容については「攻撃で突破力やアイデア、テンポを欠いた」と評した。

    http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/f-sc-tp0-20140620-1321127.html

    【岡崎と長友にチーム最低点 キッカー誌のギリシャ戦採点 [6/20]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 12:18:34.14 ID:???0.net
    ゲキサカ 6月18日 7時12分配信

     もう吹っ切れた。日本代表は17日(日本時間18日)、ベースキャンプ地のイトゥで練習を行い、19日のグループリーグ第2戦・ギリシャ戦に向けて調整。
    練習前にはミーティングも行い、本格的にギリシャ対策に乗り出した。
    練習後、報道陣の取材に応じたFW岡崎慎司(マインツ)は1-2の逆転負けに終わった14日のコートジボワール戦をあらためて振り返り、ギリシャ戦への決意を口にした。

    「コートジボワール戦はチームとして予想外のことがいろんなところであった。
    その中で先制して、徐々に『1-0でいいやん』という雰囲気がチームに漂ってきて、1-1になったとき、取り返す気力もアイデアもなかった。
    これがW杯の怖さだと思うし、自分たちのサッカーをやり切る覚悟が足りなかった」

     岡崎が課題として挙げたのが、1-0となってからの試合運びだ。
    2点目、3点目を狙う意識がチームとして薄く、1点を守り切ろうという姿勢になってしまった。
    攻撃的な選手である岡崎自身も「守ることだけに集中していた」と言う。
    直前の親善試合で先制を許す展開が続いたことも要因だろう。失点したくないという気持ちが強すぎた。

     W杯の雰囲気にのまれた部分もあった。4年間、攻撃的なスタイルを追求し、自分たちのサッカーを貫こうと臨んだ大会だったが、
    その初戦で先制すると、勝利が脳裏をよぎり、意識が守備に傾いた。
    「勝ちたかったから。守り抜いてでも勝ちたいとなってしまった」。しかし、“付け焼刃”の守備で通用するほど世界は甘くなかった。

    「勝たなくてよかったと、正直、今は思っている」とまで岡崎は言う。
    「あのまま勝っていても、得るものはなかった。攻める気持ち、前へ仕掛ける意識を持ち続けろと教えられた。それはW杯でないと学べない。やっとW杯を経験できたなと、自分では思っている」。
    南アフリカW杯に続いて2大会連続のW杯出場となった岡崎だが、先発はコートジボワール戦が初めてだった。
    どこか平常心でいられなかったのも確かだろう。

    「チームとして変えちゃいけない部分があった。今までよりも覚悟ができた。やり切る覚悟が」。
    敗戦を機に開き直ったのは岡崎だけではない。
    この日の練習ではフィジカルトレーニング中に器具に足を引っかけた岡崎をチームメイトが笑ってイジリ、ザッケローニ監督が背後から“蹴り”を入れるシーンもあった。久々に和やかな雰囲気がグラウンドに広がり、チームは原点に立ち返った。

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140618-00136500-gekisaka-socc

    【覚悟を決めた岡崎、コートジボワール戦は「勝たなくてよかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 20:14:38.01 ID:???0.net
    海外メディアが香川真司と岡崎慎司を混同…遠藤保仁については「日本のレジェンド」と紹介

    ワールドカップ開催に向け、アメリカのスポーツメディア「The Score」が紹介した日本代表の香川真司の写真が、どう見ても岡崎慎司だとネット上で話題になっている。
    「己の内なるブルー・サムライを信じて 香川真司のプレーを見よ」と、カッコいいキャッチフレーズと共に紹介されている日本代表のワールドカップ・プレビュー。
    マンチェスター・ユナイテッドで世界的に知られる香川推しというのは理解できるが、写真はどうみても岡崎だ。
    なお、注目選手としてキャプテンの長谷部誠や、本田圭佑、香川に加えて、最後の国際大会になるだろう注目選手として遠藤保仁を「日本のレジェンド」として紹介するなど、写真を間違えるという痛恨のミス以外はなかなか良質なコンテンツだ。
    他に、アジア3次予選で北朝鮮に敗れたことを伏線に、本田に依存し過ぎたチーム状況など課題も紹介。
    若干戦術の変更がない限りワールドカップを勝ちぬくことは難しいと予想している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8910000/

    【海外メディアが香川真司と岡崎慎司を混同…遠藤保仁については「日本のレジェンド」と紹介】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/05/28(水) 00:58:39.45 ID:???0.net
    シュート0本に終わったFW岡崎慎司(マインツ)は勝利にも浮かれることなく、チームとしての課題を口にした。
    「マインツでは、自分しか選択肢がない状態もあって、自分にボールが集まる回数も多いけど、今日は経由するところが多すぎて、シンプルに自分や(柿谷)曜一朗のところに集まらなかった。これだと前の選手としては難しい」
    格下のキプロス相手に1ゴール。シュート数は18本に上ったが、流れの中で崩した決定機は数えるほどで、遠めからのミドルシュートも目立った。岡崎自身、何度か裏に抜け出そうとする動きは見せていたが、パスが出てこない。今季のブンデスリーガで15ゴールを量産したストライカーの姿はなかった。
    「一発目のターンで裏を見ている選手が少ない。トラップのあとに近くしか見ていない。
    疲れもあるから、足下足下で正確にやろうとしているのもあったと思うけど……」。
    21日からの鹿児島・指宿合宿で体を追い込んできた選手たちには疲労の色も見えた。
    全体に運動量が上がらず、スペースを使おうというパスも少なかった。
    ただ、原因は肉体的な疲労だけではないと岡崎は言う。「相手による部分もあると思う。今日はベラルーシ戦と似たような感じだった」。昨年10月15日のベラルーシ戦。
    やはり格下と見られた相手に守備を固められ、0-1で敗れた。フィジカルや体格差を生かし、強固なブロックをつくる相手を攻めあぐねるのは日本の悪い“癖”だ。
    W杯本大会では、グループリーグ第2戦で対戦するギリシャが、まさにこのタイプ。確実に勝ち点を挙げたい試合で、足下をすくわれるわけにはいかない。
    「今日の相手だから勝てたけど、W杯本番を考えると、今日はそういうリアリティーはなかった」。
    あくまで本大会を見据える岡崎は「自分の良さを出すには要求しないといけない。そういう要求も必要だし、相手によってやり方も変えないといけない」と指摘する。
    「自分だけが(裏を)狙っていても、出てこなかったら無駄走りになる。いろいろ話をすることも大事だし、いろいろ整理することが大事」。
    29日に出発するアメリカ遠征でチームメイトとコミュニケーションを取りながら課題克服に乗り出すつもりだ。
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?139744-139744-fl

    【岡崎慎司が感じた日本代表の悪い癖 「ベラルーシ戦と似た感じだった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★ 2014/03/17(月) 13:49:20.91 ID:???0
    マインツFW岡崎慎司は15日、ブンデスリーガ第25節ホッフェンハイム戦で2得点を挙げ、4-2の逆転勝利に貢献した。ドイツ『ビルト』や地元メディアは、7試合ぶりにネットを揺らし、今季通算11得点とゴール数を2桁に乗せた岡崎を高く評価している。
    マインツは前半戦でもホッフェンハイムに2ゴールを許したが、ホームで引き分けに持ち込んでいる。
    だが、アウェーでの今回の対戦では、それを上回る4得点で勝利をもぎ取った。
    後半立ち上がりに2点を先行されたマインツだが、67分に岡崎と2トップを組んだFWエリック・マキシム・シュポ=モティンが1点を返すと、さらに途中出場のDFベネディクト・ザラーのゴールで同点に。75分にはシュポ=モティンのクロスから岡崎のゴールで勝ち越し、わずか8分で試合をひっくり返した。岡崎はアディショナルタイムにもMF二コライ・ミュラーからのアシストで得点している。
    今シーズン4度目の「ドッペルパック」(1試合2得点)を記録した岡崎に対し、『ビルト』は高く評価した。
    チーム平均点3.29の中で、シュポ=モティンやザラーと同じくチーム最高タイの2をつけている。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)
    一方、『キッカー』(チーム平均点3.5)では3と意外にも低めの採点だった。
    それでも、マン・オブ・ザ・マッチと第25節のベストイレブンに選出されたGKロリス・カリウスの1.5に次ぐチーム2位タイの採点となっている。
    地元メディア『アルゲマイネ・ツァイトゥング』(チーム平均点3.25)も、カリウス(1.5)に次ぐ2位タイの2という採点。寸評では次のように賛辞が送られた。
    「苦は楽の種。疲れを知らないこの日本人選手は、前半こそホッフェンハイムの巨人たちに苦しめられたが、終盤には今季10、11点目を決めて返してみせた。マインツでの24試合で、シュトゥットガルト時代の63試合10得点を上回り、高原直泰、香川真司と同じく1シーズン10ゴール以上をマークした3人目の日本人選手となった」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140317-00000010-goal-socc

    【2桁得点のマインツ・岡崎慎司に 独紙は 大絶賛の評価 「疲れを知らない日本人選手だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2014/03/16(日) 01:25:11.47 ID:???0
    13/14 ドイツ ブンデスリーガ 第25節

     ホッフェンハイム 2-4 マインツ
    × ホッフェンハイム、セヤド・サリホヴィッチがPK失敗(前3分)
    1-0 オイゲン・ゴプコ・ポランスキ(後4分)
    2-0 ロベルト・フィルミーノ(後7分)
    2-1 エリック・マキシム・チュポ・モティング(後22分)
    2-2 ベネディクト・サラー(後28分)
    2-3 岡崎慎司(後30分)
    2-4 岡崎慎司(後45+2分) ← 今季11点目
    ◇ マインツの岡崎慎司はフル出場

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10438460
    http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/spieltag/1-bundesliga/2013-14/25/1895093/livematch_1899-hoffenheim-3209_1-fsv-mainz-05-30.html
    順位表
    http://www.sportal.de/fussball/bundesliga/tabelle/tabelle-saison-2013-2014

    岡崎2発で今季通算11ゴール!!高原、香川に続くシーズン2ケタ得点を達成
    ゲキサカ 3月16日(日)1時21分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140316-00133554-gekisaka-socc

    岡崎が二ケタ得点到達…逆転弾含む8戦ぶり1試合2得点
    SOCCER KING 3月16日(日)1時21分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140316-00175336-soccerk-socc

    スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/
    Yahoo!スポーツ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=56
    CSフジテレビ:http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/913200157.html
    J SPORTS:http://www.jsports.co.jp/football/bundesliga/
    FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/572

    【岡崎慎司が2発で二桁に乗せ今季11ゴール目! 決勝ヘッドとダメ押し弾、マインツは2点差倍返し逆転勝利】の続きを読む

    このページのトップヘ