宮本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    565: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/02/03(火) 20:31:16.68 ID:hwIIMJCo0.net
    @GAMBA_OFFICIAL
    練習後、宮本コーチのメディア対応の様子です。
    no title

    【宮本コーチのメディア対応の様子。報道陣集まりすぎワロタw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:36:32.10 ID:???0.net
    元サッカー日本代表キャプテンの宮本恒靖氏(37)が、古巣のG大阪へ9年ぶりに復帰することが分かった。
    G大阪が26日、同氏がU―13チームのコーチに就任することを発表した。

    大阪府富田林市出身の宮本氏は、G大阪ユースから95年にトップチームへ昇格して06年まで在籍。
    07年から08年にはオーストリア1部のザルツブルクでプレーし、09年には神戸へ移籍。
    11年シーズンを最後に神戸で現役を引退した。日本代表としても02年日韓大会、06年ドイツ大会と2度のワールドカップに出場するなど国際Aマッチ71試合3得点。00年シドニー五輪にも出場した。

    現役時代から英語が得意で、頭脳明晰なキャプテンとして日本代表をけん引。
    現役引退後は、FIFAマスター(スポーツに関する国際修士)に進学し、13年に日本人として初めて修了。
    昨年1月にはJリーグ特任理事に就任している。甘いマスクで女性人気も高く“ツネ様”の愛称で呼ばれることも多い。

    宮本氏はクラブを通じ、「この度、ガンバ大阪U―13のコーチに就任することになりました。ガンバユースに入団した15歳から、15年間にわたってプレーしたクラブに9年ぶりに戻ることに対して、非常に嬉しく、また懐かしく思っています」と素直に喜びを吐露。

    「子供たちがサッカー選手として、また一人の人間として成長していけるよう、自身の考えや経験を伝えていきたいと考えています」と前向きにメッセージを送っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000100-spnannex-socc
    スポニチアネックス 1月26日(月)17時31分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000100-spnannex-socc.view-000
    G大阪へ9年ぶりに復帰する宮本恒靖氏



    【“ツネ様”宮本恒靖氏が古巣・G大阪へ9年ぶりに電撃復帰!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 初福祉タグ?@cure happy ★@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 14:03:17.65 ID:???0.net
    サッカー元日本代表の宮本恒靖さんが、民族紛争が起きた旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナで、ことし、異なる民族の子どもたちが共に学ぶサッカー教室を立ち上げる予定で、融和が進む一助となるか注目されます。

    サッカー日本代表でキャプテンを務めた宮本恒靖さんは現役引退後、スポーツと民族の融和を研究したことがきっかけでボスニア・ヘルツェゴビナを訪れ、子どもたちを相手にサッカーを教えてきました。宮本さんはスポーツを通じて民族の融和を進めたいと、異なる民族の子どもたちが共に学ぶサッカー教室を南部モスタルに、ことし秋にも開設する計画で、土地の確保など準備を進めています。
    サッカー教室の名前は現地のことばで「小さな橋」を意味する「マリ・モスト」で、7歳から12歳までのおよそ80人を募集する予定です。ボスニアでは1990年代に民族の対立が内戦に発展し、およそ20万人が死亡したと言われていますが、今もイスラム系とクロアチア系の住民が分かれて暮らすなど民族間の融和が課題となっています。ボスニアでは、ことしで内戦の終結から20年を迎え、宮本さんはサッカーを通じて相手を尊重することやチームワークの大切さを学び、若い世代が対立を乗り越えるきっかけにしてもらいたいとしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150104/t10014414831000.html

    【元日本代表 宮本さんが民族融和のサッカー教室】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 14:23:24.82 ID:???0.net
     阪神・淡路大震災を忘れない-。かつてJリーグ・ヴィッセル神戸に所属し、被災地の思いを背負ってプレーした三浦知良選手(47)=横浜FC=と宮本恒靖さん(37)が、震災20年の節目となる来年1月17日、再び神戸のピッチに立つ。元神戸選手で発起人の吉田孝行さん(37)=川西市出身=に賛同し、「サッカーで人がつながり、震災を思い起こす機会になれば」とチャリティーマッチへの参加を快諾。日本サッカー界をけん引してきたスターたちが、記憶に残る真剣勝負を約束した。

     震災当時、三浦選手はイタリア・セリエA初のアジア人としてジェノアにいた。がれきと化した街のテレビ映像に衝撃を受け、シーズンが終わった1995年夏、「自分のできることをやる」とメディアには内緒で神戸市垂水区の乙木小学校を訪問。触れ合った児童の一人が、後に日本代表になる当時1年生の香川真司選手(ドルトムント)だった。

     ヴィッセル神戸には震災6年後の2001年から4年半在籍した。エースや主将、ベンチ外などさまざまな立場を味わったが、復興へと向かう人々の確かな歩みに触れ、02年にはサッカー・ワールドカップ開催で高まったサッカー熱を感じた。今も交流を続ける多くの友人もでき、「大好きな街。人として自分を成長させてくれた」と神戸への恩返しの機会と捉える。

     宮本さんは震災当時高校生で、大阪府富田林市の自宅で強い揺れを感じた。10月に試合で訪れた神戸で道路や建物が倒壊した様子を見て「復興までの道のりは長いな」と実感した。移籍した神戸で11年に現役生活を終え、在籍した3年の間に主将も務めた。
    毎年1月17日のチーム練習前に黙とうをささげる度に当時を思い出し、「プレーで何かを返したい」と強く意識するようになった。

     スポーツの力を信じ、来年1月17日、豪華な顔ぶれが神戸に集う。2人は「全力を出し、未来につながる試合がしたい」と力強く語った。

    ソース(神戸新聞) http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201411/0007541954.shtml
    写真=「人として成長させてくれた街」と神戸への思いを語り、チャリティーマッチでの全力プレーを誓う横浜FCの三浦知良選手
    no title


    カズ選手ら一問一答 1・17チャリティーマッチ発表会見
    http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201411/0007541840.shtml

    【サイト】阪神・淡路大震災20年 1・17チャリティーマッチ
    http://www.kobe-np.co.jp/info/kobematch/

    【「サッカーで人がつながり、震災を思い起こす機会になれば」…カズ、宮本さん「神戸に恩返し」、1・17にチャリティーマッチ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: TwilightSparkle ★@\(^o^)/ 2014/11/05(水) 20:20:31.99 ID:???0.net
     [2014年11月5日7時7分 紙面から]

    no title


    日本協会の育成アドバイザー候補に浮上している宮本恒靖氏 日本協会が、不振が続く世代別代表
    の強化のために「育成アドバイザー」を置く計画が浮上した。霜田正浩強化担当技術委員長(47)が4
    日、明かした。今年はU-19日本代表が4大会連続でU-20W杯出場を、U-16代表は5大会ぶり
    にU-17W杯出場を逃し、育成年代の強化計画の再考が求められる状況に陥っていた。日本協会関
    係者によると、A代表主将として実績のある宮本恒靖氏(37)が「育成アドバイザー」の候補に浮上して
    いるという。

     将来の日本代表につながる育成年代の不振-。日本サッカー界の根幹を揺るがす事態に日本協会
    は1つのプランを計画した。霜田委員長は「A代表や欧州で経験のある人材を、もう少し(育成年代の)
    代表の強化のために還元してもらいたい」と明かした。

    (続きはリンク先で)

    引用元URL:ニッカンスポーツ・コム
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20141105-1392003.html

    【 宮本ツネ様U19&U16育成アドバイザー候補】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 18:27:50.08 ID:???0.net
    Jリーグが21日、9月のJ1月間MVPにG大阪のFW宇佐美貴史(22)を選出した。

    宇佐美は4試合に出場して2ゴール4アシストと活躍し、J1で待望の初受賞。
    「チームの結果もずっと出ていたし、自分自身のプレーも認めてもらえたのでうれしく思います」と喜びのコメント。
    「いま続けられているプレーをできれば、浦和をつかまえることはできる」と逆転Vへノロシを上げた。

    一方、MVP発表会見に出席した元日本代表DFの宮本恒靖Jリーグ特任理事(37)はクラブの後輩に強烈なハッパ。

    「活躍している中でも代表に呼ばれないのは本人も感じているところもあると思うし、磨きをかけていってほしい。攻守両面でチームを助ける、コンスタントに90分やれれば」とアギーレジャパン入りへさらなる奮起を促した。

    10月22日(水)16時18分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000021-tospoweb-socc

    【月間MVPのG大阪のFW宇佐美貴史に先輩・宮本恒靖氏「攻守両面でチームを助ける、コンスタントに90分やれれば」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 05:51:44.12 ID:???0.net
    ブラジルW杯はドイツの24年ぶり4度目の優勝で幕を閉じた。4年前のチャンピオンであるスペインのグループリーグ敗退、コスタリカの躍進、ブラジルの衝撃的な敗戦……。印象的な出来事が続いた大会の決勝では、ドイツが延長戦の末、アルゼンチンに競り勝ち、南米大陸で開催されたW杯としては史上初めて欧州のチームが頂点に立った。

    今大会から見えた現代サッカーのトレンドとは? 
    W杯を分析する国際サッカー連盟(FIFA)のテクニカル・スタディー・グループに日本人として初めて入った元日本代表DFの宮本恒靖氏に聞いた。

    今大会を通して見られた傾向としては、ちょっと守備に重きを置きつつも、攻撃マインドは持ち続けるというチームが多かった印象があります。
    世界のサッカーシーンを牽引してきたスペインがここ数年やってきたポゼッションサッカーの攻撃マインドは持ちつつ、そのスタイルではなく、奪ったボールを縦に速く運んで攻めるという傾向が見て取れましたし、そこにスピードとパワーが合わさっている印象がありました。

    今大会のオランダはそういうタイプのチームでしたし、アメリカもボールを奪ったあとの迫力、スピードがかなりのレベルにあるなと感じさせるチームでした。
    ドイツに善戦したアルジェリアも攻めに転じたときの姿勢が素晴らしかったですね。

    決勝トーナメントに進出したチームの中で3バックを採用しているチームが多かったことも、守ってから縦に速く攻めるという今大会の傾向と関係があったかもしれません。
    オランダやコスタリカ、メキシコもそうですが、守るときは5バックになってしっかり守り、攻めになったら素早く両サイドが高い位置を取っていました。

    コスタリカは5-2-3で守り、中盤の2枚が相手の守備的MFに積極的にプレスにいく。そうするとバイタルエリアにスペースができてしまうのですが、そこに相手選手が入ってきたらセンターバック3枚のうちのだれかがすぐに捕まえにいくというのがハッキリしていましたし、5人できれいにラインを形成できていたのが印象的でした。ラインを崩してマンマークにいくときと、ラインをしっかりつくってコンパクトな陣形を保つときの使い分けが徹底されていました。

    オランダで言えば、守るときはディルク・カイトやダレイ・ブリントがDFラインに下がって5バックになり、ボールを持ったら上がっていって、瞬間に3-4-3にして攻めていました。
    今大会のオランダは相手に攻めさせておいて、できたスペースを利用しようという特徴がありました。
    そのオランダがコスタリカと対戦したときには、コスタリカの巧みな守備によりなかなかスペースが見つけられず、苦労していました。

    自分たちでボールを保持して、積極的にボールを動かして攻めようとするチームが上位にあまりいなかったのは、気候も関係していたかもしれません。
    ブラジルは場所によってまったく気候が異なり、レシフェ、クイアバなどはかなり蒸し暑かったと聞いていますし、私が担当したフォルタレザのオランダ対メキシコ戦では初めてクーリングブレイク(給水時間)が導入されました。

    積極的にボールを動かしていくよりも、引いて守備ブロックをつくってボールを奪うチャンスを狙いつつ、コンパクトにした中で人に付くというやり方のチームが多かったのは、リスクを恐れていたというよりは暑さを考慮に入れた選択だったのかなと思います。準決勝のオランダ対アルゼンチン戦はやや探り合いの雰囲気が感じられましたが、そのカード以外では攻めのマインドを感じるチームが多かったですね。

    また、この大会ではリオネル・メッシやアリエン・ロッベン、ネイマール、ハメス・ロドリゲス、それにアレクシス・サンチェスなど、個の力が勝敗を決める試合が多かったという事実はありますが、だからといって特定の個に頼ったチームが多かったというわけではないと思います。

    >>2以降につづく

    ゲキサカ 7月16日(水)20時22分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00137333-gekisaka-socc

    【FIFAテクニカル・スタディー・グループ宮本恒靖のW杯分析「アジア勢は縦に速いサッカーに対応できなかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 08:05:05.31 ID:???0.net
    次期技術委員長に就任が濃厚となった宮本恒靖氏
    Photo By スポニチ

     日本サッカー協会の次期技術委員長に元日本代表DFの宮本恒靖氏(37)の就任が濃厚と
    なったことが27日、明らかになった。近く正式決定し、次期日本代表監督の選出や強化計画の作成などにも加わる。02年W杯に主将として出場したリーダーシップも高く評価されており、ブラジル大会で1分け2敗に終わった日本代表の再建を託される。

     日本代表がブラジル大会で敗退したことを受け、日本サッカー協会は新監督を招へいする。
    技術委員会も同様に新体制に移行するため、これまで原博実専務理事(55)が兼任していた技術委員長の後任の人選を急いでいた。当初は鹿島の鈴木満取締役(57)を候補に交渉したが、このほど鈴木氏が固辞したことが判明。新たに浮上したのが宮本氏で、自身も就任に前向きだという。

     G大阪の下部組織1期生の宮本氏は、95年にプロ契約を結びJリーグデビュー。日本代表にはU―17から選ばれA代表には71試合出場。02年のW杯日韓大会では負傷した森岡に代わり主将となり抜群のリーダーシップで16強進出の立役者となった。続く06年のドイツ大会でも主将を務めた。

     現役を引退した後はFIFAがスイスで運営するスポーツの大学院「FIFAマスター」を
    日本人として初めて修了した。帰国後はサッカー解説者を務めながら、今年1月からJリーグ特任理事に就任。元選手の立場からJリーグの運営を支えている。今回はW杯ブラジル大会にFIFA技術委員として参加し、試合の分析を担当している。G大阪時代はプレーするかたわら、同志社大を卒業するなど文武両道を貫いたことで知られ、将来の日本のサッカー界を背負う人材として早くから期待されていた。

     宮本氏の技術委員長就任は早ければ7月の日本協会理事会で正式決定する。日本協会は現在、新監督の最有力候補として元メキシコ代表監督のハビエル・アギーレ氏と交渉中。これは原専務理事の技術委員長として最後の仕事になるが、その後、18年のW杯ロシア大会に向けては宮本氏の手腕に日本の巻き返しが託されることになる。

    [ 2014年6月28日 08:00
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/28/kiji/K20140628008457730.html

    【宮本恒靖氏が技術委員長就任へ 37歳手腕に日本代表再建託す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブリーフ仮面φ ★ 2014/03/18(火) 22:40:51.43 ID:???0
    宮本×オシム対談「ネイマールは遅れて爆発する時限爆弾かもしれない」 2014.03.14. 11:55

    (前略)

    ◆日本人は一般的に責任感が強い。しかし、サッカーでは違う。

    宮本 日本代表について伺います。本田圭佑や香川にどんな印象を持っていますか?

    オシム 本田はもっと大事にした方がいい。露出が多く、注目が集まりすぎている。
    一人の青年がそういう状況に耐えられるかどうか。香川も同じだ。
    スターシステム(スター偏重報道、偏愛)の犠牲にならないように、守らなければいけない。特定の選手に人気が出るのは悪くない。
    だが、それが逆に選手の足を引っ張っている。主にメディアの責任だ。
    サッカーの資質に付いてではなく、私生活や無関係なことについて騒ぎたてる。ヨーロッパでも問題はあるが、日本では深刻だ。メディア関係者は理解した方がいい。人間は腐ってしまう(チヤホヤされるとダメになる)ことを。
    20代の若者が、毎日テレビに取り上げられて、ヒーローのような扱いを受ける。
    彼が一人で成し遂げたわけではないのに。それは、日本がアメリカ化している問題だ。
    香川もマンチェスター・ユナイテッドで素晴らしい選手たちに囲まれているからといって、以前より素晴らしいプレーができるとは限らない。ひょっとしたら、それが負担になっているかもしれない。彼自身にも、周りの人々にとっても。日本人は生まれつき責任感が強い上に、成長の過程でもそう教えられる。だから、自分が背負える以上のものを背負おうとする。それはヨーロッパではマイナスだ。

    宮本 そんな中で僕たちは日本人らしさを求めていかなければなりません。
    現在の日本人選手が抱える問題を、どう捉えていますか?

    (>>2-5辺りに続く)

    サッカーキング
    http://www.soccer-king.jp/sk_column/article/174880.html
    http://www.soccer-king.jp/sk_column/article/174880.html?pn=2

    ≪関連記事≫
    専門筋はこう見る 日本の有力選手が五輪本番に弱い理由
    http://gendai.net/articles/view/sports/148406

    2: ブリーフ仮面φ ★ 2014/03/18(火) 22:41:23.09 ID:???0
    (>>1からの続き)

    オシム 私が日本にいた頃、最も感心できなかったのは、多くの選手が漠然とプレーしていたことだ。そして、プロサッカー選手として許されない種類のミスを繰り返していた。ジェフで最終ラインのポジションに、ナカニシ(中西永輔)という選手がいたが、彼はボール遊びが好きだった。
    最終ラインで、気分良くボールと“じゃれて”いた。ところがミスをしてボールを失い、失点した。しかも、二度同じミスをした。どうしてなのか理解できず、頭を抱えたよ。日本人は一般的に、責任感が強い。
    日常生活では自分に対して厳しく、社会に対する責任感もある。
    しかしサッカーでは違う。ミスをする。それも不必要な場面で、たくさんの間違いを繰り返す。意味もないつまらないミスから、失点する。
    その原因は、よく言われる表現に当てはめれば「プレーに参加していない」からだ。グランドに遊びで立っている。監督にとっては遊びなどではないのに。
    サポーターだって、チケット代、交通費をかせぐために働いているのに。
    何かが間違っている。細かなつまらないミスが多い。その原因は、トレーニングをしっかりやっていないからだ。面白くない練習は、まじめにやらない。ジャグリング(リフティング)など試合では絶対使わないスキルばかり練習している。そして問題は、必要な時に集中できないことだ。試合でミスをしないための集中力がない。
    そのミスのおかげで、リーグ優勝のタイトルを逃したこともある。
    私の監督一年目のシーズンだ。失点シーンを分析して、自分たちのミスが原因で負けたことが分かった。市原で、3試合も試合終了寸前に失点して負けた。もう主審が笛を吹いて、ロッカーに引き上げる時間に失点したのだ。一年間、そのために努力してきたのに、試合終了直前にだれかが“寝ていた(集中を欠いていた)”。そのせいで負けたのだ。プロとしてふだんからいろいろ努力してきて、最後の瞬間に、つまらない、ほんの些細なことでミスをして、全部を台なしにした。安易。ノンシャラン(無頓着)。不注意。ドリブルがいけないわけじゃない。
    最終ラインの選手がドリブルして、相手に取られて失点するのが問題なのだ。

    (続く)

    4: ブリーフ仮面φ ★ 2014/03/18(火) 22:41:55.70 ID:???0
    (続き)

    宮本 日本の選手は監督の指示を待っている。そうではなく自分で決断し、「今こういうプレーをしなければいけない」ということをピッチ上のたくさんの選手ができるようになると、日本のサッカーはもっと強くなると思いますが。

    オシム 監督が全てを思い通りにやらせようとするのも問題だ。
    私がセルビアにいた時、こういうことがあった。あるセルビア人の監督と話をした。「調子は?」「練習している」「どんな練習だ?」「明日、俺の試合だから」と、主語が自分で、選手ではなく自分が試合に出るかのような口ぶりだ。「俺が試合に出る、俺がゴールを決める、俺が勝利する」といった感じで話すものだから、「バカいうな、試合に出るのは選手だろう」と言ってやった。
    日本にも似た監督がいる。全部自分で指示しないと気に入らない。
    でも、実際はそうじゃない。もちろん監督は重要だ。しかし、そこには自ずと明らかな基準がある。監督と選手の間の信頼関係が重要なんだ。厳密には監督にすべての権限がある。お前はこうしろ、いやだ、では使わない。それで話は終わるのだが、実際はそういうものではない。そういう信頼関係が壊れた状況では、いい結果は出ない。

    宮本 最終的に日本人が目指すサッカーを、オシムさんはどう考えますか

    オシム 基本的に、努力していればすべての分野で前進できる。
    私が日本にいた時に感じたのは、自分たちの持っている「自然資産」を日本人があまり活用していないということだった。つまり、日本人の「特徴」だ。
    日本人は身体的に背も高くないし、世界ではハンディキャップがある。
    だが、運動能力(動き回る能力)、積極性(アグレッシブなこと)、技術力の高さなど、日本サッカーが拠って立つべき資質がある。
    ほんの少しだけ、自分たちが今やっていることに、自信・確信を持てばいい。多くの人々が外国の真似をしようとしている。
    私にいわせれば愚かなことだ。そんなことをしなくても、日本人は自分たちの道を探せるはずだ。

    【オシム氏「日本のメディアによるスターシステムは深刻。人間はチヤホヤされるとダメになる」「外国のサッカーを真似るのは愚か」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    439: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/11/24(日) 21:07:46.12 ID:TUU8oQDB0
    宮本が一緒にプレーした選手のベスト11
    ttp://supportista.jp/img/492e84544e0111e19896123138142014_7.jpg

    298



    442: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/11/24(日) 21:08:52.31 ID:SS8Eql/Q0
    >>439
    サイドバックの橋本が効いてる

    443: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/11/24(日) 21:09:03.97 ID:LPLUnfeb0
    >>439
    橋本が効いてる

    444: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/11/24(日) 21:10:00.05 ID:x5pGLBbjO
    >>439
    ツネ様www

    【宮本が一緒にプレーした選手のベスト11】の続きを読む

    このページのトップヘ