宇佐美

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニーニーφ ★@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 15:08:41.83 ID:CAP_USER*.net
    1stステージ 第8節 13:00試合開始

    福岡 0-1 GK大阪 レベルファイブスタジアム 18,508人

    79' 宇佐美 貴史
    http://www.jleague.jp/match/j1/2016/042403/live/

    Yahoo! J1試合速報:http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/league/j1
    J.league.jp :http://www.jleague.jp/game/

    【J1-1st第8節昼 ガンバ大阪、宇佐美弾で快勝!丹羽復活でDF安定、呉屋スタメンで惜しいシュート!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 15:12:04.42 ID:CAP_USER*.net
    G大阪、そして日本代表で活躍する日本サッカー界注目のストライカー・MF宇佐美貴史(23)がパパとして、夫としての素顔を見せた。今季から新たな本拠地となった吹田スタジアムでタイトルを狙うG大阪はもちろん、代表としても6月のキリン杯や、9月から始まる18年ロシアW杯に向けたアジア最終予選で活躍に期待がかかる男が、昨年12月の第1子誕生をきっかけに、変わりつつある自身の内面などについて語った。(金川 誉)

     G大阪のエースストライカーとして、2014年にJ1、ナビスコ杯、天皇杯の3冠を達成。15年も天皇杯を制覇した。
    活躍はハリルホジッチ監督の目に留まり、日本代表メンバーにも定着した。
    さらなる飛躍に期待がかかる宇佐美の原動力は、充実したプライベートライフでもあった。

     「最近空いている時間は、娘と奥さんと犬(3匹)を連れて散歩したりしています。
    以前は趣味でゲームをしていたんですけど、子供が生まれてやめました。代わりにギターを始めました。
    家ではよく練習しています。ゲームをする父親は(子供にとって)嫌かな、と思ったんで。
    自分の親父がゲームをしているのも、見たことはないですし」

     17歳でプロデビュー。切れ味鋭いドリブル、柔らかなボールタッチなど鮮烈なプレーでファンを魅了し、"天才""至宝"と呼ばれた。当時はまだ少年としての印象が色濃かったが、家庭を持ち、その姿は徐々に変化した。昨年暮れにアコースティックギターを購入したのも、そんな成長の表れだった。

     「ギターを始めたのは、しっかり打ち込める趣味が欲しかったんです。何曲かは弾けるようになりましたね。
    どんな曲かは内緒ですけど。奥さんいわく、子供に楽器の音を聞かせる方が、ゲームの音を聞かせるよりずっといいとも言うので。ギターは難しいので長く続けられるかなと。
    指先も動かして脳にもいいだろうし、メリットしかないんじゃないかと思って。今はめっちゃ楽しいですよ、肩はこるけど」

     昨年12月24日に第1子となる長女・菫(すみれ)ちゃんが誕生。"新米パパ"は、やはり娘にメロメロのようだ。

     「やっぱり笑ってくれたり、ちょっとずつできることが増えているのがうれしいですね。テレビをじっと見たり。
    自分の手をずーっと見たり。その辺のちょっとした成長を見たりするのが楽しいですね。
    子育てのツラい部分は全部、奥さんがやってくれています。だから、本当にすごいなって思っているんです。寝る部屋も別々。夜泣きで起こされることもない」

     19歳で世界屈指のビッグクラブ、ドイツ1部・バイエルンに期限付き移籍。同時に、幼なじみでタレントの蘭さん(24)との結婚も発表した。
    海外で思うような活躍ができなかった時期も支えてくれた愛妻の存在は、子供ができたことでさらに大きくなっている。

     「奥さんへの感謝はずっと強くなりましたね。普段から、感謝の気持ちを示すようにはしています。自然に、というか、いつもありがとうって。節目ではプレゼントもしますね。最近はバレンタインデーにネックレスを贈りました。
    (去年の)クリスマスイブに娘が生まれ、自分も天皇杯の試合があって、ばたばたしてプレゼントをしていなかったんです。
    僕が持つ指輪と同じデザインのネックレスで、喜んでくれましたね。僕もうれしいし、機嫌も良くなりますしね」

     プロサッカー選手であると同時にパパとして、夫としても奮闘する23歳。
    理想とする父親は、やはり自らを育ててくれた父・和彦さんだという。

     「僕は男3兄弟なんで、厳しさはあったけど、サッカーを精いっぱいやらせてもらった。
    生活はギリギリの状態で男3人育てた、というのはあったと思う。買ったばかりの車が、いきなりなくなったことも覚えています。『車は?』って聞いたら、当時は『もういらなくなった』って言われて。
    後から聞くと、車を売らないと生活が厳しかったみたいで。貧乏というわけではないですけど、兄2人が高校サッカー、
    僕もガンバ(の下部組織)で遠征費だったり、色々お金がかかって大変だったはずなので」

     自らが父親となった今、家族の存在をより強く感じるようになった。
    それは選手としてのメンタル面にも、好影響を与えているようだ。

    続きは↓の記事から
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000145-sph-socc

    【G大阪宇佐美、ゲームやめギター始める…娘思いの新米パパ「将来はなでしこ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:33:09.88 ID:CAP_USER*.net
    日刊スポーツ 4月19日(火)22時26分配信

    前半、PKを止められるG大阪FW宇佐美(左から3人目)(撮影・築山幸雄)

    <ACL:G大阪1-2水原>◇1次リーグG組◇19日◇吹田スタ

     G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(23)が、「2度のPK」を外して1次リーグ敗退が決まった。

     DF丹羽が得たPKを、前半37分にゴール左へ蹴るとGKに阻止された。その直後の2度目は右に蹴ったが、コースが甘くGKに楽々とキャッチされた。このビッグチャンスを逃したことが尾を引いて、ホームの利を生かせずにチームはその後2失点。大会未勝利(2分け3敗)で、08年以来のアジア制覇を目指しながら、1試合を残して敗退が決まった。

     試合後に宇佐美は悔しさから号泣。取材エリアでは「(試合が)終わった瞬間、自分が終わらせてしまったと思った。自分のせいとしか、言いようがないです。そのような思いを、ただただ感じていた」と言葉を振り絞った。

     今季の宇佐美は極度の不振に陥り、J1でまだ1得点。ACLでも無得点のまま敗退した。敗退した責任を背負って泣き崩れた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000173-nksports-socc

    【宇佐美、悔しさのあまり号泣】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 20:53:34.85 ID:CAP_USER*.net
    アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグG組(19日、G大阪-水原、
    市立吹田サッカースタジアム)G大阪は敗れると1次リーグ敗退が決まるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)水原(韓国)戦で、日本代表FW宇佐美貴史(23)が前半38分にPK失敗で先制点奪取に失敗した。

    CKのこぼれ球をキープしたDF丹羽が倒されて得たPK。

    いつもはMF遠藤がキッカーをつとめるが、宇佐美が名乗りを上げ、ベンチから両手で◯のサインが出た。

    左を狙ったシュートはGKに弾かれると、押し込んだシュートもブロックされてネットを揺らすことはできず。しかしこれはGKが先に動いたとされて審判からやり直しの指示。

    九死に一生を得た宇佐美だったが2度目は右に狙うもGKにキャッチされて失敗した。G大阪は2日の横浜M戦でも1-2の後半ロスタイムに遠藤がPKを失敗して同点機を不意にしていた。

    サンケイスポーツ 4月19日(火)20時3分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000552-sanspo-socc

    写真
    no title

    【アジア・チャンピオンズリーグ<宇佐美貴史>1度のPKで2度失敗!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 08:36:09.02 ID:CAP_USER*.net
     G大阪は14日、リーグ戦2連勝を狙う柏戦(15日・吹田スタ)に向け、大阪府吹田市内で調整した。

     柏戦後の19日には、負ければ1次リーグ敗退が決まるACL・水原戦が控えるが、長谷川健太監督(50)は「水原戦のことを考えることはしない」とあくまで現状のベストメンバーで挑む考え。公式戦5試合ぶりの勝利を挙げた10日の仙台戦と同じく、MF宇佐美をトップ下、MFアデミウソンを左サイドMFに置く布陣で臨む可能性が高くなった。

     仙台戦では立ち上がりから激しくプレスをかけて主導権を握り、前半16分までに3点を奪ったが、体力が落ちた後半は、ボールを奪ってもミスでまた失う形が続出し、シュート0本と防戦一方になった。「前半のような形を90分間やれることが理想。仙台戦でできたことに、さらに上積みを加えたい」と指揮官。押し込まれる時間帯があっても、ボールを奪い返した後のミスを減らし、前にボールを運んで自分たちのペースを奪い返すプレーを要求した。

     また仙台戦で今季リーグ戦初ゴールを挙げた宇佐美は「一気にいけると自己暗示をかけたい。ひとつ(得点が)決まったことで、流れができたと自分をだますことも大事」と2戦連発へ意欲。さらに攻撃の鍵を握るアデミウソンとのコンビについては「僕が彼を生かす。気持ちよく前を向いてプレーできるようにしたい」とサポート役への立候補も。仙台戦ではキレのある動きで1得点1アシストをマークしたブラジル人アタッカーの力を引き出すため、中盤で攻撃を組み立てるプレーもこなす考えを示していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000152-sph-socc

    【ACLより目先の柏レイソル戦、宇佐美は再びトップ下起用濃厚…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 20:03:02.31 ID:CAP_USER*.net
     日本代表のG大阪FW宇佐美がセンター奪取を宣言した。

     アジア最終予選の組み合わせ決定を受け「厳しい戦いになる。予選を突破するメンバーに加わりたいし、その真ん中にいたい」と気合を込めた。
    B組のライバルには昨年1月のアジア杯で敗れたUAEを“指名”。
    宇佐美は同杯のメンバー外だったが「リベンジに加わりたい。中東らしからぬキングダムサッカー。10番の選手が王様」と分析した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000020-nksports-socc

    【G大阪宇佐美、W杯最終予選のセンター奪取宣言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 06:13:33.71 ID:CAP_USER*.net
    前日12日にロシアW杯アジア最終予選の組み合わせが決定し、MF香川(ドルトムント)らが決意表明する中、若手代表格のFW宇佐美(G大阪)も気持ちを新たにした。
    「いよいよ始まるという感じ」と武者震いし「厳しい戦いになるけど、チームに加わるだけではなく真ん中でいたい」。
    MF本田(ACミラン)ら経験豊富なベテランに頼るのではなく、自らが主軸としてW杯出場を決める覚悟を示した。

    3月のアジア2次予選期間中に行った選手間ミーティングでも若手の台頭を望む声が挙がった。
    宇佐美はハリルジャパンでは14試合2得点。
    決して満足がいく結果を残せていないが「ロシアW杯に出場するというのは、今一番自分が思い描いているもの」とモチベーションは高い。
    チームの勝利を追求しつつ、同時に本田や香川らの地位にも挑戦していく。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/04/14/kiji/K20160414012399390.html
    2016年4月14日 05:30

    【宇佐美 W杯最終予選へ気持ち新た「チームの中心でいたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 13:56:00.30 ID:CAP_USER*.net
    2016年04月11日(月) 00時47分配信
    カーン バイエルン バラック ブンデスリーガ レンジング 宇佐美 宇佐美貴史

    10代の頃より世界から注目されていたが……

    長らくブンデスリーガを支配してきたバイエルンは、常にその強さを維持してきた。その背景には巧みな補強があり、彼らは度が過ぎた移籍金を支払うことなく優秀な選手を揃えてきた。
    しかし、そんなバイエルンにも失敗はあった。英『Squawka』はバイエルンが21世紀に獲得した選手の中から史上最悪の選手をピックアップしてワーストイレブンを作成し、過去の失敗を振り返っている。そしてそのイレブンには日本代表FW宇佐美貴史も入ってしまった。

    GK:ミヒャエル・レンジング
    DF:アンドレアス・ゲルリッツ、ダニエル・ファン・ブイテン、ブレーノ、エドソン・ブラーフハイト
    MF:ホセ・エルネスト・ソサ、アンドレアス・オットル、フリオ・ドス・サントス、ダニエル・プラニッチ
    FW:宇佐美貴史、ニルス・ペーターゼン

    以上が同メディアの選出したワーストイレブンだ。GKのレンジングは一時オリバー・カーンを凌ぐほどの才能と言われたが、パフォーマンスは不安定なままだった。
    フリオ・ドス・サントスはカーンと同じくドイツのレジェンドであるミヒャエル・バラックの後継者とも言われたが、こちらもほとんど出場機会を与えられないままバイエルンを去っている。
    2人とも未来の活躍が期待されていた有望株 だったが、ドイツ最大の名門で成長することはできなかった。

    宇佐美も同じだ。当時世界から注目される10代の1人だった宇佐美は、その前評判にふさわしくバイエルンから引き抜かれた。しかし世界の壁は厚く、ただ衝撃的なチームメイトの活躍を見守るだけとなってしまった。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元: http://www.theworldmagazine.jp/20160411/01world/germany/54953


    ※関連板 http://wc2014.2ch.net/livefoot/ サッカーch
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/soccer/ 国内サッカー
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/football/ 海外サッカー

    【 宇佐美はバイエルンが獲得した史上最悪の選手の1人 日本の才能がワーストイレブンに選ばれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 09:09:27.77 ID:CAP_USER*.net
    ◆明治安田生命Jリーグ J1第1ステージ第6節 仙台1―3G大阪(10日・ユアテックスタジアム)

     G大阪の日本代表MF宇佐美貴史(23)が、開幕6試合目で今季リーグ戦初ゴールを挙げた。前半14分、ドリブルで約50メートル独走すると、右足でミドル弾を決めた。

     「これだけ試合に使ってもらえれば、どこかで決められるのはわかっていた。まだ全然(チームにかけた迷惑を)返せていない」。今季の得点は2月20日のゼロックス杯広島戦以来、2点目。実に公式戦10試合ぶりとなる得点に、浮かれた様子はなかった。

     宇佐美は昨季も夏場、日本代表のハリルホジッチ監督から高すぎた体脂肪率を減らすよう厳命されて調子を落とし、11試合無得点と苦しんだ。しかし今回は「以前とは違い、考えすぎることなく、ポジティブに努力を継続できた」と振り返った。

     それは、昨年12月に誕生した長女・菫(すみれ)ちゃんの存在があったから。「娘と過ごす時間のおかげで悩まずに過ごせた」と言う。チームも前半16分までに3得点を重ね、公式戦5試合ぶりの勝利を飾った。エースが見せた復調の兆しは、苦しい序盤戦を過ごすG大阪の“春の便り”となるか。(金川 誉)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160410-00000224-sph-socc

    【宇佐美貴史今季初ゴール!“娘に感謝弾”「悩まず過ごせた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 06:14:25.87 ID:CAP_USER*.net
    明治安田生命 J1第1S第6節 G大阪3―1仙台 (4月10日 ユアスタ)

    お待たせ弾だ。リーグ戦9試合があり、G大阪はアウェーで仙台を3―1と撃破した。
    1―0の前半14分にFW宇佐美貴史(23)が今季リーグ戦初ゴール。長谷川健太監督(50)の起用、采配もズバリと決まった。

    だれもが待ちわびた瞬間だった。1点リードの前半14分。DF呉宰碩(オジェソク)がカットしたボールが宇佐美の前に転がった。
    「最後まで1人で持っていってやろう」。自陣からドリブルで50メートル独走。エリア手前でワンフェイントを入れて振り抜いた右足シュートは、GKのニアサイドを抜いてネットに突き刺さった。

    2月20日のゼロックス杯広島戦以来公式戦11試合ぶりの得点。今季リーグ初得点は“らしさ”が凝縮された1発だった。
    「これだけ得点が取れていなかったのに辛抱強く起用してくれた」と長谷川監督に感謝し、指揮官も「キッカケになると思う」と目を細めた。

    苦しんだ。チームは開幕から波に乗れず。公式戦4連敗を喫し、宇佐美は「オレの責任」と全てを背負い込んだ。
    そんな時、同じFW出身の指揮官の言葉が胸に響いた。

    「やることをやっていれば、いつか取れる」

    全体練習後には居残ってシュート練習を繰り返した。トラップの位置やシュートモーション、軸足の角度、ルックアップのタイミング…。
    指揮官の言葉を信じ、小さい頃から何度も決めてきた得点のパターンを呼び覚まさせる努力を続けた。

    それだけではない。多くを語らない陰で、自分の得点シーンだけではなく世界の一流FWの得点シーンを映像で見てイメージを膨らませた。不
    振脱却へ、できることは何でも取り組んできた。

    「これでリズムが出るんじゃないか、と。一つゴールが生まれれば、続いていくのが多いので。流れに身を任せたい」

    チームも宇佐美に合わせるように今季最多3得点の快勝。不振を脱した。次戦はホームで柏戦(15日)、そして19日にはACL水原三星(韓国)戦。
    1次リーグ突破が厳しい状況に追い込まれているACLでも、奇跡の予感が漂い始めた。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/04/11/kiji/K20160411012381220.html
    2016年4月11日 05:30

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=ilpqcRqMteE&nohtml5=False


    【ベストゴールノミネート】宇佐美 貴史(G大阪)「2016 J1リーグ 1st 第6節」

    【ついにエース目覚めた!宇佐美 お待たせリーグ1号弾で連敗脱出】の続きを読む

    このページのトップヘ