宇佐美

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 18:43:31.80 ID:CAP_USER9
    ハイリスク、ハイリターンの船出となる。

     それが宇佐美貴史のアウクスブルクへの移籍である。すでにメディカルチェックを済ませ、契約も正式に交わすまでに至っている。

     かつて細貝萌も所属したアウクスブルクは、2011-12シーズンにはじめて1部に昇格すると、着実に力をつけてきた。一度も2部に降格せず、昨シーズンはクラブ史上はじめてヨーロッパリーグ(EL)に出場した(グループリーグを突破したELとリーグ戦の両立に苦しみ、昨シーズンは残留争いにも巻き込まれたが)。

     しかし、クラブを初めてELに導いたバインツィアル監督が、昨シーズン終了後にシャルケに引き抜かれてしまった。

     代わりにやってきたのが、シュスター監督だ。彼の手腕に目を向けると、宇佐美がこれから直面する状況のヒントを探ることができる。
    監督は過去5シーズンで3度の昇格経験者。

     シュスターは、2011-12シーズンにシュツットガルト・キッカーズを4部から3部に昇格させて名をあげると、2012-13シーズンの途中にダルムシュタットの監督に就任。ダルムシュタットでは、2013-14シーズンに3部から2部への昇格を決め、その翌シーズンに1部に昇格。2年連続で上のカテゴリーに進む快挙をなしとげた。過去5シーズンで実に、3度も昇格を経験した。

     昨シーズンのダルムシュタットで、クラブとしては34シーズンぶり、監督としては初めて1部での戦いをスタートさせたとき、1年での降格が濃厚とみられていた。しかし、14位につけ1部残留に導いた。
    自陣に引きこもり、ファウルも厭わずに勝つ。

     昨季、彼がダルムシュタットで作り上げたチームの特長は実にわかりやすかった。彼らの特徴的なデータを以下に紹介する。

     ・平均ボール支配率 36.8% リーグ最下位(40%を下回ったのはダルムシュタットだけ)
    ・平均走行距離 111.6キロ リーグ最下位

     チームの走行距離が短いのは自陣に引きこもり、前に出て行くシーンと選手が限られているから。そういう戦いをするから、支配率も下がる。

     ちなみに、各選手のイエローカードの合計は86枚で、リーグで2番目に多かった。昨シーズン、ダルムシュタットと対戦した際にマインツの武藤嘉紀はこう話していた。

     「『とにかく相手は挑発してくる。何回も削られるだろうし、ボールと関係のないところでやられると思うけど、それで苛立つな』と監督から試合前に言われていた。ドイツでやってきて、今までで一番あくどかったというか……」

     ラフプレーも含めて、自陣でのハードな守備を武器にして勝ち点を稼いだチームなのだ。

    ロングボールとセットプレーで点を取る。

     攻撃面でのデータも特徴的だ。

     ・総ゴール数……38ゴール 18チーム中14位
    ・セットプレー(PKはのぞく。以下同じ)からのゴール数……17ゴール リーグトップ
    ・総ゴールのうちセットプレーが占める割合……45% リーグトップ
    ・シーズンのCK獲得数……119本 リーグ最下位
    ・ビッグチャンスの数……147回 18チーム中17位(キッカー誌の集計)

     攻撃で相手を崩すようなシーンはほとんどなく、4-4-1-1の布陣で最前線に置かれた屈強なセンターフォワードのバグナーめがけたロングボールとカウンター。それらが流れのなかの攻撃の主なパターンだった。そして、数少ないセットプレーからゴールを狙うことに最大の情熱と力を注いでいた。

     昨季のブンデスリーガで最も戦力に乏しいチームとしての戦いを徹底したからこそ、周囲の評価を覆し、1部に残留出来たわけだ。
    宇佐美の技術が活きるサッカーになる展望は?

     宇佐美のテクニックとドリブルを活かせるようなサッカーとは正反対の、弱者の戦い。それが、シュスター監督がはじめてブンデスリーガ1部に臨んだシーズンで採用し、成果をおさめた戦術だ。

     もちろん、アウクスブルクの選手層はダルムシュタットに比べれば厚い。選手の質も上だ。そしてアウクスブルクの選手たちには、バインツィアル監督のもとで築き上げたサイドからの攻撃がある。

     「これからはボールを多く使った練習を取り入れていく」とシュスター監督は語り、ダルムシュタット時代とは違うサッカーへの色気も見せる。

     ただシュスターが、自身にとって唯一の成功体験である弱者のサッカーをアウクスブルクで採用しても、何ら不思議ではない。むしろロジカルな選択だとさえいえる。

     シュスター監督の得意とするサッカーの特徴を考えると、宇佐美の特長が活かされるかについては疑問が残る。彼とて、ドイツに守備力を磨きにきたわけではないだろう。

     この移籍はミスマッチではないか。そう言われても不思議ではない。事実、今回の移籍は成功が確約された類のものではない。

    【宇佐美貴史の移籍後の命運を占う。アウクスの監督は“超”守備的戦術。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 18:35:19.68 ID:CAP_USER9
    指揮官へクオリティをアピール

    どうやら彼の2度目のドイツ挑戦は順調にスタートしているようだ。先月、Jリーグのガンバ大阪からブンデスリーガのアウクスブルクへ移籍した日本代表FW宇佐美貴史が、早くもプレシーズンマッチで加入後初ゴールを挙げている。

    ドイツ5部リーグに属するゾントホーフェンとの強化試合に63分から途中出場した宇佐美は、74分に同クラブにおける初ゴールを奪取。リベンジに燃える若きサムライが存在感を発揮している。ドイツ『Augsburger Allgemeine』によるとアウクスブルクを率いるディルク・シュスター監督は、宇佐美の初日トレーニングにおける動きを次のように評価している。

    「宇佐美はとても高いクオリティを持っているね。柔軟性のあるアタッカーで、他の選手にアシストをもたらすだけでなく、彼自身がシュートを放つこともできる」

    もちろん今回の強化試合の相手はアウクスブルクにとって格下だが、合流して間もない新戦力が途中出場後わずか10分でネットを揺らしたことは朗報といえるだろう。宇佐美にとって当面の目標はポジションの確保であり、レギュラープレイヤーとしての立場を構築していくことだ。ゾントホーフェンから奪った得点が、後の躍進に繋がる重要な1歩となることを祈りたい。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00010028-theworld-socc

    【“日本の最終兵器”宇佐美にアウクス指揮官「彼のクオリティはとても高く、アシストだけでなくシュートも撃てる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 20:18:35.22 ID:CAP_USER9
    日本代表FW本田圭佑が、ガンバ大阪からドイツのアウクスブルクへと完全移籍したFW宇佐美貴史に「思い切ってプレーしてほしい」と期待を寄せた。

     本田は3日、自身が主催したフットサル大会『本田圭佑 presents 熊本地震復興支援 SOLTILO CUP』に「JAPAN DREAMチーム」として参戦。乾貴士(エイバル)や元日本代表の秋田豊氏、なでしこジャパンの熊谷紗希(リヨン)と岩渕真奈(バイエルン)らとともにフットサルを楽しんだ。

     大会終了後は、後輩の欧州再挑戦についても触れた。宇佐美は移籍が決まった際に、「昨年からずっと『どうすんねん?』と言われ続けていた。『欧州に出てみないと、分からないことがある』と言ってくれた」と本田からの後押しがあったことを明かしていた。

     この日、本田は「言いましたかね? みんなに言っているんで、誰に言ったかは覚えていないです」と冗談交じりに語りつつ、「でも、みなさんもご存知の通り、貴史にはクオリティがある。ここから彼が自分のキャリアをどう形成していくか楽しみです」と宇佐美の新たな挑戦に笑顔でエールを送った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00464109-soccerk-socc

    【本田、宇佐美のドイツ再挑戦にエール「まだ若いし、楽しみ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/06/26(日) 17:18:34.02 ID:CAP_USER9
     ドイツ1部・アウクスブルクに移籍するG大阪の日本代表FW宇佐美貴史(24)が、
    3―3と引き分けた25日の名古屋戦(吹田S)で、G大阪でのラストマッチを終えた。
    16年の第1ステージ(S)の成績は、17試合5得点。
    序盤の不振が響いてゴール数は伸びなかったが、Jリーグが発表するトラッキングデータによると、
    スプリント回数(24キロ以上)が昨季に比べ、90分平均で3回増加していることが判明した。

     15年シーズンは34試合で19得点を挙げた宇佐美だが、90分平均のスプリント回数は17・2本だった。
    G大阪の長谷川健太監督(50)からは「ボールのない時にフリーになるためのスプリント回数を増やせば、
    もっと簡単に点を取れる」と指導され続けてきた。
    今季は6月15日の浦和戦で、カウンターから一気に約50メートルのスプリントでフリーとなり、
    ゴール前で合わせて得点し「今までなら走っていなかった」という場面でも、
    ボールが出る可能性を信じて走るシーンが増えていたことが、数字になって表れた。

     第1Sで最多のスプリント回数を誇った湘南FW高山が、1試合で48回を記録。
    宇佐美の90分平均約20回は決して多いとは言えない。
    それでも、シュート、ドリブルなど、日本屈指のテクニックを持つ。
    Jよりさらにフィジカルに優れた選手の多いブンデスリーガでもまれて“走れる”選手になれば、さらなる成長が見込める。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160626-00000111-sph-socc

    【G大阪 宇佐美、今季はスプリント回数増加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 08:02:35.00 ID:CAP_USER9
     “後任”はこの2人! サッカーのドイツ1部・アウクスブルクに移籍する日本代表FW宇佐美貴史(24)が26日、MF遠藤保仁(36)と吹田市内で行われたトークショーに参加。G大阪の選手として最後の仕事を終えた。去りゆくエースは、U-23日本代表MF井手口陽介(19)とU-19日本代表MF堂安律(18)の奮起に期待をかけた。

     “元エース”となった宇佐美が、晴れやかな表情でファンの前に姿を見せた。トークショーでG大阪の選手として最後の仕事を終えると、クラブハウスを訪れて最後の別れ。次代のけん引役に、2人の若手を指名した。

     「みんなに期待していますけどね。陽介とか律とか、あの辺の選手がこれからどう(チームを)背負っていくのか、見ていたいですね」

     ともに将来を嘱望される生え抜きだ。井手口は7月1日に発表されるリオデジャネイロ五輪のメンバー入りを目指しており、堂安は2020年東京五輪のエース候補。各年代別代表を経験しながら育つなど同じ道をたどる後輩に、自分の姿を重ねた。「でも、あれだけ愛をもって送り出される選手は現れないでしょうね。難しいハードルを作っちゃったかな」とニヤリ。不敵なエールに期待を込めた。

     遠藤と2人のトークショーは初めてで、サイン会と合わせるとのべ約1100人ものサポーターが詰めかけた。ラストマッチから一夜明け「スッキリしました。あとはドイツでがんばるだけ」と今の心境を語った。質問コーナーで少年のファンから「何年間、ドイツでやるんですか?」と聞かれると「できるだけ長く粘ってやりたいと思っているけど、いいときに帰ってきたいと思っています」。改めて、将来のガンバ復帰を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000009-sanspo-socc

    【移籍前にハッパ!G大阪次代のけん引役に井手口&堂安を指名…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/06/25(土) 21:42:22.50 ID:CAP_USER9
    [6.25 J1第1S第17節 G大阪3-3名古屋 吹田S]

     ガンバ大阪からアウクスブルクに完全移籍することが決まったFW宇佐美貴史が、25日に行った名古屋戦後に退団セレモニーを行った。

    暗転したスタジアム。センターサークルに立てられたマイクの前に立った宇佐美は、時折肩にかけたタオルで目頭を覆いながら、3万3546人のファンの前で熱いメッセージを送った。

    「素晴らしい演出ありがとうございます。勝てなかったのは悔しいですが、最後まで全員でやりきった結果なので、悔しいですけど、仕方がないと思います。

     ただ僕の気持ちはしっかり伝えたいので、少し支離滅裂になるかもしれませんが、聞いてください。

     昨日、何を話すか考えて、G大阪での日々を振り返って、昨日は一人で泣きました。考えれば僕の人生の中ではG大阪というクラブが中心にないことがなくて、0歳くらいからG大阪の試合を見にきて、僕の夢はプロサッカー選手になることでもなく、Jリーガーになることでもなく、ガンバ大阪の選手になることでした。

     今この会場に来ている子供たちと同じように、僕もスタンドから声援をあげて、G大阪の選手たちを応援していました。そのサポーターだった自分が、サポーターの皆さんに応援してもらい、声援をあげてもらうこの環境は、本当に夢のようでした。

     皆さんに伝えたいことは、心の底から感謝しかありません。このセレモニーも二回目ですけど、一回目も盛大に送り出してもらって、心身ともにボロボロになって帰ってきた自分に、温かくおかえりと、最初の練習では『またここから這い上がれ貴史』と横断幕を掲げてもらい、

    J2のG大阪に帰ってきて恐怖心ばかりだった自分の心が柔らかくなって、皆さんが喜ぶように、またG大阪が這い上がれるようにということだけを考えて日々をやらせてもらいました。そんな中で皆さんとともに獲れたタイトルは、最大の喜びであり、最大の誇りです。

     一度目はボロボロになって皆さんに助けてもらって、ここまで何とか這い上がらせてもらいましたが、二度目は粘り強く、地面に這いつくばってでも努力を重ねて、皆さんに助けてもらう必要がないくらいの男に成長して、またいつか、このクラブでやれることを夢見ています。

     その時はまた温かく『おかえり』と迎えてもらえたらうれしいですし、本当に必要とされるべき男になりたいと思います。僕はこれからG大阪の選手ではなくなりますが、G大阪のファンでは永遠にあり続けますし、そうい意味では皆さんと一緒です。皆さん、これからもガンバ大阪をよろしくお願いします。

     最後になりますが、僕は本当に皆さんのことを心から愛しています。これからも僕も応援を続けて頂ければ嬉しいです。今までありがとうございました」 

     宇佐美は四方に深々と頭を下げると、場内を一周。サポーターへの感謝とドイツでの成功を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-01628637-gekisaka-socc

    【サッカー】<Jリーグ1st第17節>鹿島が1stステージ制覇!福岡に完勝、川崎との争い制して7年ぶりのリーグタイトル獲得
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466856206/

    【<号泣・宇佐美貴史>「このセレモニーも二回目ですけど…」「心の底から感謝しかありません」G大阪お別れセレモニー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/06/24(金) 20:35:31.14 ID:CAP_USER9
    ガンバ大阪からアウクスブルクに移籍する日本代表FW宇佐美貴史の背番号が39番に決まった。
    アウクスブルクがツイッターで発表している。

     宇佐美は一度目の海外挑戦からG大阪に復帰した2013年から背番号39を使用。
    G大阪の公式サイトによると、21日に会見を行った宇佐美は、「ガンバで今背負っている39番を背負いたい。
    アウクスブルクでもし背負うことができれば、ごろあわせでサンキューという意味にもなるんで、
    感謝の気持ちを伝えながらプレーをするということも自分らしいかな」と希望を語っていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-01628615-gekisaka-socc

    【アウクスブルク宇佐美の背番号が希望通りの39に決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 19:33:17.29 ID:CAP_USER9
    G大阪の練習場が、宇佐美フィーバーに沸いた。

     公開練習が行われた22日、大阪・万博練習場には約800人のサポーターが集結。
    ドイツ1部アウクスブルクへの移籍が決まり、25日名古屋戦(吹田S)が宇佐美のラストマッチ。
    23、24日は非公開練習のため、宇佐美とサポーターがふれあえるのはこの日が最後だった。

     練習後、宇佐美は1時間かけて全員にサイン。
    少年ファンから花束と手紙を受け取ると、サプライズでスパイクをプレゼントした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000144-nksports-socc

    【宇佐美フィーバー練習にファン800人即席サイン会】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/06/23(木) 08:37:14.58 ID:CAP_USER9
     3万人を超える大観衆の前で花道を飾る。G大阪は22日、第1ステージ最終戦・名古屋戦(25日、吹田S)に向けて吹田市内で調整。ドイツ1部アウクスブルクへの完全移籍が決定したFW宇佐美貴史(24)も精力的に汗を流した。G大阪でのラストマッチとなる一戦は、移籍が決まった20日からチケットの売れ行きが一気に伸びた。

     当初は2万5000人程度を想定していたものの「3万人を超えるか超えないかという勢いで伸びています」とクラブ関係者。すでにカテゴリー1~3やホーム自由席は完売しており、ほかの席種も残りわずかとなっている。新スタで今季4度目の3万人超えとなる可能性も出てきた。

     この日は宇佐美がファンサービスをする最終日とあって、練習場には約800人のサポーターが集結。エースのサイン待ちに長蛇の列ができた。宇佐美自身は報道陣に対応しなかったものの、右サイドバックで先発する可能性のあるDF初瀬は「宇佐美くんに凄いかわいがってもらった。勝って、気持ちよくドイツに行ってほしい」と抱負を語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000067-spnannex-socc

    【“ラスト宇佐美”に3万人超えも!チケット残りわずかに…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 06:10:43.41 ID:E69z7BfCd
    宇佐美貴史「挑戦のない人生、壁にぶちあたらない人生は僕らしくない。きっと苦しいし楽しくないことも多いと思うが成長のため決断した」

    山口蛍「身近な人の近くにいたい。ドイツに行ってセレッソへの愛が想像以上に大きいことが分かった。僕の家はセレッソ。ずっとセレッソにいたい。」

    宇佐美さん山口を殺しにきてるだろ

    【宇佐美貴史「人生をかけた再挑戦」 山口蛍「再挑戦?もうない」】の続きを読む

    このページのトップヘ