宇佐美

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/13(金) 23:04:19.73 ID:CAP_USER9
    2016年夏、ガンバ大阪からドイツ・ブンデスリーガのアウクスブルクへ移籍した宇佐美貴史選手。
    あれから約半年、序盤こそ出場機会に恵まれなかったものの、徐々に調子を上げている。

    プロスポーツ選手が海外挑戦する際、必ずついてまわるのが「言葉の壁」。
    しかし、宇佐美選手は2度目のドイツ挑戦とあって問題ないようだ。
    というのも、アウクスブルクのファンTVで見事なドイツ語を披露。謙遜(けんそん)しながらもペラペラ喋っているのである!

    ・すべてドイツ語でやりとり

    その様子は YouTube に公開されている動画「16/17 // FCA in Marbella // Takashi Usami spricht Deutsch」で確認することができる。

    インタビュアーから「ドイツ語うまくなったね」とお褒めのジャブが入ると、宇佐美選手はニッコリ。緊張が解け、約5分間に渡って会話が始まる。

    ・ペラペラの宇佐美選手

    ドイツ語オンリーでやりとりが行われる会話は、住んでいるアウクスブルクの街をはじめ、
    よく行く日本食レストラン、ドイツ料理、チームについてなど多岐に渡る。ドキドキしながら様子を見守ってみると……なんと!

    もはやドイツ語はペラペラの領域ではないか! 終始、宇佐美選手はリラックスした様子でひとつひとつ丁寧に返答。これなら監督はもちろん、チームメートとも意思疎通は問題なさそうだ。

    ・字幕あり
    1度はドイツで挫折を味わった宇佐美選手。しかし、今では日本を恋しくなることもないほど馴染んでいるという。
    会話こそすべてドイツ語だが、字幕を入れると日本語が表示される上、「サッカー選手として成長したいという決意」も流暢に語ってくれるので必見だ!

    2017年1月13日 15時45分 ロケットニュース24
    http://news.livedoor.com/article/detail/12537196/

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=jiP2ZGGCmy8



    【サッカー】<英メディアもカズに注目>「40歳以上で現役だったベスト11」に選出!
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484194504/

    【<宇佐美貴史>ドイツ語ペラペラ! 現地TVのインタビューで自然すぎる受け答えを披露・・・動画あり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/29(火) 12:43:23.63 ID:CAP_USER9
    アウクスブルクに所属するFW宇佐美貴史のブレイクに期待が集まっている。ドイツ『ビルト』が報じた。

    宇佐美は26日に行われたブンデスリーガ第12節ケルン戦に途中出場し、8月以来となる出場機会をつかんだ。久々の実戦にも関わらず、宇佐美は安定したプレーを披露。『ビルト』は「アウクスブルク、宇佐美のブレイクに期待」と題し、今後の出場機会増加を示唆している。

    また、クラブのシュテファン・ロイターSDも宇佐美のケルン戦のプレーを称賛し、能力に疑いがないことを語っている。

    「彼はサッカーが本当に上手く、タックルで対応できることも見せてくれた。時折、少し時間が必要なプレーヤーもいる。だが、彼のクオリティーに関して疑問はまったくない」

    今シーズンは2試合の途中出場で、合わせてまだ20分ほどしかプレーしていない宇佐美だが、今後アウクスブルクのキープレイヤーとなるかもしれない。

    GOAL 11/29(火) 12:02配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000004-goal-socc

    【アウクスブルク宇佐美貴史のブレイクに期待!今後の出場機会増加を示唆。クラブSD「能力に疑いはない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/22(土) 23:05:21.81 ID:CAP_USER9
    敵地フライブルク戦でもベンチメンバーを外れる

    アウクスブルクの日本代表FW宇佐美貴史が、22日の敵地フライブルク戦でリーグ戦5試合連続のメンバー外となる危機的状況に陥った。

    今季12位のアウクスブルクは、韓国代表FWチ・ドンウォン、MFク・ジャチョルが先発に名を連ねるなか、宇佐美は今季リーグ戦6試合目のベンチ外に。
    今季の出場時間は8月27日の開幕戦ヴォルフスブルク戦の試合終了直前の8分間に止まっている。
    さらに10月のワールドカップ・アジア最終予選直前に故障し、ハリルジャパンに合流することができなかった。

    今夏アウクスブルクに移籍した宇佐美にとっては2度目の欧州挑戦となっているが、出場時間数がACミランFW本田圭佑の19分間を下回る危機的状況となっている。
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は宇佐美の才能に惚れ込み、ブンデス再挑戦を決意した際には「嬉しい。変わらざるを得ない状況を自分で作った」と歓迎していたが、予想外の苦境に直面している。

    ハリル監督が全幅の信頼を寄せる秘蔵っ子は、すでにアウクスブルクのディルク・シュスター監督の構想外となってしまったのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161022-00010030-soccermzw-socc
    Football ZONE web 10月22日(土)22時34分配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929628.html
    試合スコア

    【ブンデス第8節 アウクスブルクで今季出場わずか8分間… 宇佐美が屈辱の5戦連続メンバー外で構想外危機】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 07:03:10.04 ID:CAP_USER9
    ◇W杯アジア最終予選B組 日本1―2UAE(2016年9月1日 埼玉)

    FW宇佐美は後半17分からMF清武と代わって途中出場したが、得点を生み出すことはできなかった。

    左サイドに入り、後半26分、44分とゴール前でチャンスを得たが、シュートはともにDFにブロックされた。
    不運な判定も続いたが「僕たちが得点を取って、そこ(判定)を上回れば良いこと。究極はそれですね」と言い訳にせず。
    結果的に1点しか取れなかった攻撃陣の責任を口にしていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000040-spnannex-socc
    スポニチアネックス 9月2日(金)7時1分配信

    【宇佐美 倒されてPKなし…言い訳せず決定力不足反省】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 12:00:22.06 ID:CAP_USER9
    FW宇佐美貴史(24=アウクスブルク)が、主力としてW杯出場に貢献する。

    最終予選はザッケローニ体制だった12年11月14日オマーン戦(2-1)以来。
    20歳だった当時は敵地でベンチ入りしながら、出番なしに終わった。

    「岡ちゃん(岡崎)が点を取ってギリギリで勝ったのを覚えている。
    厳しい戦いに慣れるために海外に出た。
    前回は経験させてもらっただけ。今回は貢献しないといけない」と言い切った。

    今夏にG大阪からアウクスブルクへ移ったが、まだ定位置をつかんでいない。
    茶髪を真っ黒に染めて心機一転。この日は雨の中で、黙々と練習メニューをこなしていった。

    代表では清武と左サイドを競う。「UAEは10番のチーム。そこを警戒しながら、
    自分たちがボールを保持すれば相手の怖い部分は薄れる。

    決めるところを決めれば負ける相手ではない」。
    最終予選は1年の長丁場。1年後には、日本不動のエースに進化する。【益子浩一】

    日刊スポーツ 8月31日(水)7時54分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00000019-nksports-socc

    写真
    no title

    【FW宇佐美貴史(アウクスブルク)、髪黒く染めて決意!「今回は貢献しないと」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/t 2016/08/22(月) 16:47:26.87 ID:CAP_USER9
    12日、サッカー日本代表・宇佐美貴史の妻・蘭が、自身のインスタグラムに「噂の広いリビングです。笑」と、
    以前、夫がインスタグラムにアップしたことで「広すぎる!」と話題となっていた、ドイツの新居のリビングを披露。
    ファンからは、「やっぱり、広い。これぞ、勝ち組の暮らし」「家の中でフットサルができる」などと、羨望の声が寄せられていたようだ。

    夫・貴史のブンデスリーガ・FCアウクスブルクへの移籍に伴い、ドイツへ移住したのだが、あまりに広いリビングに、
    「20代前半の夫婦でこんな家に住めるなんて、羨ましすぎる!」と羨望の声が殺到。

    また、宇佐美といえば、結婚する前はキャスターとして活動し、
    「美人揃いのサッカー選手の嫁の中でも特に美人」とウワサで、テレビでもたびたび美人妻として紹介されているだけに、夫・貴史に対する嫉妬の声も絶えないようだ

    「2011年から13年まで暮らしていたことがあるだけに、宇佐美のSNSからは、ドイツでの生活が板についている様子が伺い知れますね。
    夫・貴史がテレビ出演する度に、“美人妻”として、必ずといっていいほど、セットで出演するだけに、『出しゃばり!』『注目されてるのは旦那だからね? 

    そこんとこ勘違いしないでね』などと、嫉妬心からか、世の女性からは、攻撃的な批判の声を寄せられることも少なくない宇佐美ですが、
    その美貌から『あんな美人の奥さんがいて羨ましい』と、男性からは称賛されているようです」(芸能関係者)

    そんな宇佐美が、14年にハワイ旅行した際、自身のブログに「テンションMAX」と、黄色のブラトップと、花柄のパンツが目に眩しい、
    セクシーなビキニ姿を披露した際には、「こっちのテンションもマックス!」「Tバック穿いてくれたら、もっとMAXになります!」などと、世の男性を大興奮させる事態となってしまったようだ。

    「当時、宇佐美は22歳でしたから、『若い人妻のビキニ姿を、こんなにマジマジと見られるなんて最高!』『人妻補正で、そこらの女子大生より破壊力抜群』などと、称賛の声が殺到し、
    姉も同行していたことから、『お姉さんのビキニ姿も!』という声も寄せられていたようです。

    そんなこともあり、先月にハワイ旅行した際の様子がブログにアップされ始めると、『テンションMAXビキニ姿の再現も?』とファンの期待が高まっていたのですが、
    唯一の水着姿は、昨年出産した長女を抱いていたため、肝心な部分が全く見えず。『そんな、バカな!』『ビキニ画像がアップされるのを待っていた、この数日間の時間を返してくれ!』
    などと、ファンを失望させる事態となってしまったようです」(同)

    宇佐美は、産後ダイエットのために行っている、ボディメイクスタジオでのトレーニング姿をブログに頻繁にアップしているのだが、
    「Tシャツじゃなくて、ブラタイプにしてくれないかな」「ダイエットの成果を知るためにも、もう少し露出を多く」などと要望する声が飛び交っているようだ。

    おたぽる 8月22日(月)12時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160822-00010001-otapolz-ent

    写真
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160822-00010001-otapolz-000-view.jpg
    no title

    【<宇佐美貴史の妻・蘭>“噂の広いリビング”披露で「勝ち組!」と羨望の声 テンションMAXなビキニ姿披露を望む声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 12:16:00.44 ID:CAP_USER9
    日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウクスブルクは19日、元セルビア代表MFゴイコ・カチャルを獲得したと発表した。契約は2018年まで。

     同選手は2014年に半年間だけセレッソ大阪に在籍。J1リーグ戦は12試合に出場している。昨季はハンブルガーSVでプレーしていたが、契約満了となっていた。

     クラブ公式サイトでカチャルは「近年、発展が目覚ましいクラブでのチャレンジを楽しみにしている」と意気込みを語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-01629427-gekisaka-socc

    【C大阪でプレー経験持つセルビア人MFが宇佐美と同僚になる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/07/11(月) 20:51:07.55 ID:CAP_USER9
    ドイツ・ブンデスリーガのアウクスブルクに所属するサッカー日本代表FW宇佐美貴史が7月11日、
    なでしこジャパンFW岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)と食事したことをインスタグラムで報告している。

    「ぶっちーとご飯。in ミュンヘン」と食事中のツーショット写真を投稿。
    ふたりが所属するチームの本拠地はともにバイエルン州にあり、近隣であることから食事が実現した。

    https://www.instagram.com/p/BHsPgYzjCRL/

    過去には、宇佐美が2012-13シーズン終了まで所属していたホッフェンハイムの女子チームに2013年1月に岩渕が加入。
    夫人の蘭さんと一緒に暮らしていた宇佐美の自宅で、岩渕が生活を送っていたことがある。

    ファンからは、「仲良しいいですねー!」「久々ぶっちーうさみん!ふたりとも頑張れ!」
    「昔よりも大人なったふたりやね!」「ブッチースマイル可愛いなぁ!」「また、同居します?」などのコメントが寄せられていた。

    また、岩渕は2016-17シーズンのため7月10日、シーズンオフを過ごしていた日本を出国。
    ツイッターに「ただいまドイツー!さっそく笑」と宇佐美との写真を掲載している。

    https://twitter.com/buchi_mana/status/752211578066526209?ref_src=twsrc%5Etfw

    http://cyclestyle.net/article/2016/07/11/38208.html

    【サッカー日本代表・宇佐美貴史、なでしこジャパン岩渕真奈と「ご飯。in ミュンヘン」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 18:02:49.15 ID:CAP_USER9
     アウグスブルクを新天地に選び、2度目のブンデスリーガ挑戦をスタートさせた日本代表MF宇佐美貴史が、まだ10代だった1回目の海外移籍について口を開いた。

     4日付のドイツ紙『ビルト』が報じた内容によると、宇佐美は2011-12シーズンにバイエルンでプレーしていた当時のことを「バイエルンに所属するには、僕はまだ若すぎた」と回顧したという。

     しかし前回のレンタル移籍とは違い、4年間の完全移籍でアウグスブルクに加入した宇佐美。「ここで自分に何が求められているかを分かっている。自分の能力を示したいし、ドイツで良い気分を味わえたらいいね」と話し、自身3年ぶりに復帰するブンデスリーガでの“リベンジ”を誓った。

     また同紙はアウグスブルクのディルク・シュスター新監督のコメントも伝えており、「アシスト、そしてシュートでも彼は高いクオリティを持っている。我々は、彼が必要とする時間を与えるつもりだ。

    そうすれば(2016-17シーズン最初の公式戦である)DFBポカール1回戦のFVラーフェンスブルク戦にトップコンディションで臨んでくれるだろう」と、宇佐美に大きな期待を寄せていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160705-00464778-soccerk-socc

    【宇佐美貴史「バイエルンに所属するには、僕はまだ若すぎた」と回顧!3年ぶりの“リベンジ”誓う…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 18:43:31.80 ID:CAP_USER9
    ハイリスク、ハイリターンの船出となる。

     それが宇佐美貴史のアウクスブルクへの移籍である。すでにメディカルチェックを済ませ、契約も正式に交わすまでに至っている。

     かつて細貝萌も所属したアウクスブルクは、2011-12シーズンにはじめて1部に昇格すると、着実に力をつけてきた。一度も2部に降格せず、昨シーズンはクラブ史上はじめてヨーロッパリーグ(EL)に出場した(グループリーグを突破したELとリーグ戦の両立に苦しみ、昨シーズンは残留争いにも巻き込まれたが)。

     しかし、クラブを初めてELに導いたバインツィアル監督が、昨シーズン終了後にシャルケに引き抜かれてしまった。

     代わりにやってきたのが、シュスター監督だ。彼の手腕に目を向けると、宇佐美がこれから直面する状況のヒントを探ることができる。
    監督は過去5シーズンで3度の昇格経験者。

     シュスターは、2011-12シーズンにシュツットガルト・キッカーズを4部から3部に昇格させて名をあげると、2012-13シーズンの途中にダルムシュタットの監督に就任。ダルムシュタットでは、2013-14シーズンに3部から2部への昇格を決め、その翌シーズンに1部に昇格。2年連続で上のカテゴリーに進む快挙をなしとげた。過去5シーズンで実に、3度も昇格を経験した。

     昨シーズンのダルムシュタットで、クラブとしては34シーズンぶり、監督としては初めて1部での戦いをスタートさせたとき、1年での降格が濃厚とみられていた。しかし、14位につけ1部残留に導いた。
    自陣に引きこもり、ファウルも厭わずに勝つ。

     昨季、彼がダルムシュタットで作り上げたチームの特長は実にわかりやすかった。彼らの特徴的なデータを以下に紹介する。

     ・平均ボール支配率 36.8% リーグ最下位(40%を下回ったのはダルムシュタットだけ)
    ・平均走行距離 111.6キロ リーグ最下位

     チームの走行距離が短いのは自陣に引きこもり、前に出て行くシーンと選手が限られているから。そういう戦いをするから、支配率も下がる。

     ちなみに、各選手のイエローカードの合計は86枚で、リーグで2番目に多かった。昨シーズン、ダルムシュタットと対戦した際にマインツの武藤嘉紀はこう話していた。

     「『とにかく相手は挑発してくる。何回も削られるだろうし、ボールと関係のないところでやられると思うけど、それで苛立つな』と監督から試合前に言われていた。ドイツでやってきて、今までで一番あくどかったというか……」

     ラフプレーも含めて、自陣でのハードな守備を武器にして勝ち点を稼いだチームなのだ。

    ロングボールとセットプレーで点を取る。

     攻撃面でのデータも特徴的だ。

     ・総ゴール数……38ゴール 18チーム中14位
    ・セットプレー(PKはのぞく。以下同じ)からのゴール数……17ゴール リーグトップ
    ・総ゴールのうちセットプレーが占める割合……45% リーグトップ
    ・シーズンのCK獲得数……119本 リーグ最下位
    ・ビッグチャンスの数……147回 18チーム中17位(キッカー誌の集計)

     攻撃で相手を崩すようなシーンはほとんどなく、4-4-1-1の布陣で最前線に置かれた屈強なセンターフォワードのバグナーめがけたロングボールとカウンター。それらが流れのなかの攻撃の主なパターンだった。そして、数少ないセットプレーからゴールを狙うことに最大の情熱と力を注いでいた。

     昨季のブンデスリーガで最も戦力に乏しいチームとしての戦いを徹底したからこそ、周囲の評価を覆し、1部に残留出来たわけだ。
    宇佐美の技術が活きるサッカーになる展望は?

     宇佐美のテクニックとドリブルを活かせるようなサッカーとは正反対の、弱者の戦い。それが、シュスター監督がはじめてブンデスリーガ1部に臨んだシーズンで採用し、成果をおさめた戦術だ。

     もちろん、アウクスブルクの選手層はダルムシュタットに比べれば厚い。選手の質も上だ。そしてアウクスブルクの選手たちには、バインツィアル監督のもとで築き上げたサイドからの攻撃がある。

     「これからはボールを多く使った練習を取り入れていく」とシュスター監督は語り、ダルムシュタット時代とは違うサッカーへの色気も見せる。

     ただシュスターが、自身にとって唯一の成功体験である弱者のサッカーをアウクスブルクで採用しても、何ら不思議ではない。むしろロジカルな選択だとさえいえる。

     シュスター監督の得意とするサッカーの特徴を考えると、宇佐美の特長が活かされるかについては疑問が残る。彼とて、ドイツに守備力を磨きにきたわけではないだろう。

     この移籍はミスマッチではないか。そう言われても不思議ではない。事実、今回の移籍は成功が確約された類のものではない。

    【宇佐美貴史の移籍後の命運を占う。アウクスの監督は“超”守備的戦術。】の続きを読む

    このページのトップヘ