京都

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 18:09:17.71 ID:CAP_USER*.net
    2010年以来のJ1復帰を目指すJ2京都が、チームを大幅に刷新した。5年連続で昇格を逃した結果、今季は下部組織で育った若手4人がJ1クラブに流出した。「想定外。1年でも早くJ1に上がらないと、こういうことが起きてしまう」と野口裕司強化部長。危機感が募る中、期限付き移籍からの復帰4人を含めて16人の大量補強を行い、J2脱出へ準備を進める。

     12、13年は3位に入りながら昇格プレーオフで敗れ、14年は9位。昨季は17位に沈んだ。
    オフにはMFの駒井善成(23)が浦和、原川力(22)が川崎、伊藤優汰(23)が新潟、FW宮吉拓実(23)が広島と、下部組織出身の主力が次々と移籍。野口強化部長によると、ある選手は「将来は海外でのプレーや日本代表入りという夢があり、そのためにはJ1にいないといけない」と明かしたという。

     育成に力を入れる方針を維持しつつ、再建を目指すクラブが補強で狙うのが選手間の競争による戦力底上げだ。
    山中大輔社長は、厚い選手層で昨季のJ1を制した広島を例に、「誰かがけがをしても次が出てくる。あれが理想」と言う。
    柏のGK菅野(すげの)孝憲(31)、名古屋のDF牟田雄祐(25)、本多勇喜(25)らJ1の主力級選手を積極的に獲得。チームの顔ぶれはがらりと変わったが、山中社長は「伸び幅の大きい選手を取った。今のメンバーで3年間やろうと思っている」と手応えを口にする。

     「本当に必要とされていると感じた」とJ1からの移籍を決めた牟田が「まずはチーム内の競争に勝ち、試合では泥臭く勝利に貢献したい」と言えば、菅野も「チームとともに個人でも成長したい」と意気込みは十分。
    クラブが目標に掲げるのは18年のJ1優勝。その第一歩として、まずは昇格の壁に挑む。【細谷拓海】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000045-mai-socc

    【<J2京都>背水の大量補強 6年ぶり脱出なるか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 09:35:05.53 ID:CAP_USER*.net
    J2京都サンガFCが、J2長崎の韓国代表FWイ・ヨンジェ(24)を獲得することが18日、関係者への取材で分かった。

    186センチ、78キロでスピードも備える大型ストライカー。
    浦項高(韓国)からワトフォード(イングランド)FCナント、レッドスター93(ともにフランス)を経て、2014年7月から長崎に加入し、リーグ通算で49試合に出場し10得点。
    今季のサンガ戦でもスピードを生かしてゴールを決めておりJ1クラブも関心を示す中、サンガ入りが決まった。
    またサンガは同日、ブラジル1部リーグのパルメイラスからブラジル人MFアンドレイ・ジロット(23)が期限付き移籍で加入すると発表した。
    「伝統あるサンガでプレーできる機会を与えていただき本当に感謝している。J1昇格に向け、自分の持っている力をすべて出すことを約束する」とコメントした。
    GK清水圭介(27)、下部組織出身のDF大西勇輝(19)と来季の契約を更新することも発表した。
    清水は今季加入して22試合に出場し、正GKとして活躍した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00000001-kyt-spo
    京都新聞 12月19日(土)9時20分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00000001-kyt-spo.view-000
    サンガに加入が決まったイ・ヨンジェ

    【韓国代表FWイ・ヨンジェ獲得 京都サンガ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 18:29:15.76 ID:CAP_USER*.net
    浦和レッズは8日、京都サンガF.C.からMF駒井善成を完全移籍で獲得したことを発表した。

     現在23歳の駒井は京都の下部組織出身で2011年にトップチームに昇格。その後、5年間の在籍でJ2リーグ通算171試合出場、15得点を記録した。

     移籍に際し駒井は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

    「はじめまして、京都サンガF.C.から完全移籍で加入することになりました駒井善成です。浦和レッズという素晴らしいクラブへの加入が決まり、大変嬉しく、光栄に思っています。

    1日も早くチームに溶け込み、しっかりと自分の持ち味を発揮して、勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

     また、京都のクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

    「今回、浦和レッズに移籍することを決断しました。自分自身、京都サンガF.C.以外でプレーしたことはないですし、ユース出身者として、このクラブでの自分の立場も理解していただけに、今回の移籍という決断を下すまでには本当に悩みました。

    ただ、厳しい環境に身をおき、熾烈な競争に勝ち抜いていくことで、サッカー選手としてだけでなく、1人の人間としてもさらに成長していけるのではないかという思いが強く、今回の決断に至りました。

    ユースからトップに昇格させて頂いてからの5年間、チームをJ1昇格へ導けなかったことは本当に心残りで、ファン・サポーターの皆さまには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

    正直、不安な気持ちやプレッシャーもありますが、京都で教わったことを胸に、これからも謙虚に頑張っていきたいと思います。長い間、本当にありがとうございました」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-00378016-soccerk-socc

    【浦和、京都からMF駒井を完全移籍で獲得!「厳しい環境で成長したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/15(日) 10:27:13.46 ID:???*.net
    クラブ史上ここまで苦労したシーズンはなかった。J2京都のことである。14日の栃木戦で1―0の勝利を収め、何とかJ2残留。
    毎年のようにJ1昇格候補に挙げられながら、むしろ迫っていたのはJ3降格だった。

    2010年を最後に5年間J2暮らし。スポンサーには京セラ、任天堂と巨大な後ろ盾を持っている。
    クラブは立命館と提携した「スカラーアスリートプロジェクト」を06年に立ち上げ、スイス1部ヤングボーイズFW久保や浦和からオファーが届いたMF駒井ら優秀な下部組織出身者を輩出している。
    他のJ2クラブと比較するまでもなく恵まれた環境下にある。それが現状ではJ2でも中位以下に成り下がっている。

    なぜか。答えの一端を今季途中から就任した山中大輔社長(57)が明かしてくれた。就任前は知識はもとより、サッカー観戦もできないほど多忙なサラリーマン生活を送っていたという。
    そんな中、クラブの社員に「このクラブのスタイルは何ですか?」と問いただした。誰も明確な答えを挙げられなかった。

    大木監督時代(11~13年)はショートパスを多用して狭いエリアを崩すサッカーだった。バドゥ監督時代(14年~同年6月)は攻撃的サッカーを掲げた。
    その後、川勝監督が引き継ぎ、今季から和田監督が就任。堅守速攻のサッカーを掲げたが頓挫し、コーチから昇格した石丸監督が"負けないけど勝てないサッカー"を作った。

    確かに、これでは一体どこに向かっているのか分からない。

    もっとも、指揮官次第でサッカーの方向性が変わる―。多くのJクラブを担当し、それが常であることも分かっている。ただ唯一違ったのが14年に担当した鹿島だ。
    鹿島の関係者に話を聞いていると、よく「ウチは帰る場所があるから」という言葉を耳にした。ジーコイズムともいうべきサッカーの方向性であり、苦境に陥れば原点に戻って立て直す。
    大崩れしない真理だと思った。それと同じフレーズを、言葉は悪いが"サッカー素人"の山中社長は口にした。

    「自分たちのサッカーとはこういうモノだというのを作らないといけない」。来季クラブは3年計画の初年度として新プロジェクトを立ち上げる。
    18年に亀岡市に設立される新スタジアムでJ1を迎えるために、まずはシッカリと足元を固める意向だ。

    まずは「京都愛」に溢れた人選を進めていく。今季J1で指揮を執っている監督からの"売り込み"があったが、それを断った事実からも本気度がうかがえる。

    きっと昇格を5年間も待たされているサポーターの反発はあるだろう。だが昇格しても、
    すぐにJ2に降格するエレベータークラブでは意味がない。鹿島のような「常勝軍団」をつくるため、今少しの辛抱は必要だ。

    スポニチアネックス 11月15日(日)9時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00000078-spnannex-socc

    【苦戦のJ2京都「自分たちのサッカー」確立で鹿島のような常勝軍団目指す!エレベータークラブでは意味がない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/11/01(日) 22:43:39.80 ID:???*.net
    任期満了に伴う京都府亀岡市長選が1日、行われ、無所属新人の桂川孝裕氏(52)が初当選を果たした。
    【 2015年11月01日 22時18分 】


    ◆京都新聞
    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20151023000134


    京都・亀岡市長選、1日に投開票
    スタジアム建設の是非争点

    任期満了に伴う京都府亀岡市長選は1日、投開票される。
    ともに新人の法律事務所顧問の高向吉朗候補(67)と、前京都府議の桂川孝裕候補(52)=自民、民主、公明推薦=がいずれも無所属で立候補しており、府が同市内で進める球技専用スタジアム建設の是非を争点に論戦を展開している。

    高向候補は、治水や上水道水源、国の天然記念物アユモドキ保全に問題があるとしてスタジアム中止を主張する。子育て支援と高齢者福祉の拡充、国道9号の渋滞緩和などを打ち出す。
    桂川候補は、スタジアムがスポーツ観光の振興や市民の健康増進の拠点になると強調。子育て・教育環境の充実や、農業の振興などを打ち出し、市民連携による地域活性化を訴える。

    24日現在の有権者数は7万3631人。
    2015年10月30日 22時20分配信


    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20151030000148

    【【京都府亀岡市長選】スタジアムによるスポーツ観光の振興など訴え、桂川孝裕氏が初当選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/09/24(木) 20:02:18.74 ID:???*.net
    京都府が亀岡市に建設を計画している球技専用のスタジアムについて、基本設計の段階で、スタジアムの建物の面積が亀岡市の条例の基準を超えていることがわかりました。
    条例の範囲内に収めるためには建物を計画より3割近く小さくする必要があり、府では、「面積を縮小し、条例に対応していく」と話しています。

    京都府は、JR亀岡駅の近くに2万人を収容できる球技専用スタジアムの建設を計画していて再来年度、平成29年度中の完成を目指しています。
    このスタジアムは亀岡市が整備を進めている都市公園の中に建てられるため、市の条例に基づいて建物の面積を公園全体の12%以内に抑える必要があります。

    ところが、京都府の基本設計では、公園全体の面積に対するスタジアムの建物の割合は約16.6%で亀岡市の条例の基準を超えていることがわかりました。
    条例の範囲内に収めるためには建物の面積を現在の2万3100平方メートルから1万6680平方メートルへと3割近く小さくする必要があります。

    これについて京都府のスポーツ施設整備課では「基本設計を業者に発注した段階では面積の基準があることは把握していたが、十分検討できていなかった。今後、観客席の形などを設計会社と協議するなどして面積を縮小し、条例に対応していく」と話しています。


    ◆NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/2015148371.html?t=1443087217

    【京都府、亀岡市に建設予定のスタジアムの面積が市の基準を超える 3割縮小し、条例に対応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 23:16:03.13 ID:???*.net
    [9.13 J2第31節 千葉 1-1 京都 フクアリ]

    仕事人が価値ある一発を決めた。
    前半で千葉に1点のリードを許した京都サンガF.C.は後半8分にFW大黒将志をピッチへと送り込んだ。
    なかなかシュートチャンスは訪れない。しかし、35歳のベテランストライカーはワンチャンスをモノにして、チームに勝ち点1をもたらした。

     残された時間がわずかとなった後半42分。左サイドを突破したMF伊藤優汰から
    グラウンダーのクロスが送られると、DFキム・ヒョヌンがコントロールミスをして、
    ボールは大黒の目の前にこぼれて来る。すると、右足で流し込んで値千金の同点ゴールが生まれた。
    「今日は残り時間もあったので、一回はチャンスが来ると思っていました」。
    その一回のチャンスで結果を残すあたりは、さすがだろう。

     ここ数試合は途中出場が続いているものの、4試合で4得点と脅威の決定力を示している。
    得点シーン以外はなかなかボールを呼び込めなかったが、「(周囲と)微妙に合わないこともありますが、
    それは問題ありません。続けていれば、そのうち合ってくると思います。僕はだいたいフリーになっているので、
    ボールさえくればあとは決めるだけです」と点取り屋は意気込みを示した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-01077605-gekisaka-socc

    【脅威の決定力…途中出場で4戦4発の京都FW大黒「ボールさえくれば決めるだけ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/25(火) 10:40:36.45 ID:???*.net
    ここからの巻き返し―。
    サッカーJリーグ、京都サンガFCを運営する京都パープルサンガ(京都市下京区)の新社長に
    サンガのメーンスポンサー、京セラ出身の山中大輔氏が就いた。
    7月就任した石丸清隆監督とともに、J2で下位に沈むチームの逆襲を期す。
    山中氏は57歳。京セラディスプレイ社長などを歴任した。

    サンガは15日、大分トリニータとの“逆天王山”を逆転勝ちし、J3降格圏をひとまず脱出した。
    山田啓二京都府知事を表敬訪問した山中社長は「(新監督就任後は)練習量が増え、選手も応えている。
    サッカーは素人だが経営面から支援したい」と抱負を述べた。
    山田知事も「(京都府亀岡市に建設予定の)新スタジアムもようやく設計段階まで来たが、
    サンガが強くならないと盛り上がらない」と地元チームの復活にエールを送った。

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1420150825hlak.html?news-t0825

    【J2京都サンガ、巻き返しに意欲-社長に京セラ出身・山中大輔氏が就任】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/06(木) 08:19:34.93 ID:???*.net
    J2京都の今井浩志社長(55)が不振の責任を取って辞任することが5日、分かった。

    複数の関係者によると、近日中に正式発表される。後任社長はメーンスポンサーの京セラから出向してくる予定だ。

     6年ぶりのJ1昇格を目標に掲げて臨んだ今季。最下位・岐阜と勝ち点5差の19位と低迷(5日現在)する。

    7月10日に和田前監督を解任して、石丸新監督をコーチから昇格させた。監督人事権を持つ今井社長は和田前監督が4月に辞任の意向を提出した際も“却下”。

    結果として低迷の一因となる監督交代時期の遅れを作ったとはいえ、引責による任期途中での退任は異例のケースだ。

     今井社長は10年1月に就任。同年、J1・17位で降格して以来、J2にとどまったままだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150806-00000068-spnannex-socc

    【京都サンガの今井浩志社長…任期途中で異例の引責辞任!J2で19位と低迷】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    参考記事:名波監督「お尻に火がついたほうがやれる」

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 08:36:53.96 ID:???*.net
    21位へ転落した。20位の京都サンガF.C.は東京ヴェルディに0-1で敗れると、2連敗。
    J3との入れ替え戦に回る21位へ順位を落とした。最後までゴールを奪えず、攻撃面に課題を残すなかでの零封負けとなった。

    試合後、京都の石丸清隆監督は「3連戦だったとはいえ、予想よりも早くに足が止まった印象。
    前半の中頃から攻守の切り替えなどでヴェルディさんに主導権を取られた。
    もう少し足が動くと思ったが、あれだけ運動量が上がらないとしんどいなというゲームだった」と険しい表情を浮かべた。

    先発したFW宮吉拓実とFW有田光希の2トップは沈黙。サイドは押し込まれて前に出れず。苦し紛れのクロスなど単調な攻撃が続いた。
    後半34分には途中出場したFW大黒将志が縦パスに抜け出て、GKをかわすも決定機を決めきれず。0-1で試合は終わった。

    試合後の会見では攻撃面の課題を口にした石丸監督。「個々のクオリティや2トップの距離感も整理しないといけない。
    全ての攻撃が単調で、他のチームからしたら、京都の攻撃は守りやすかったと思う」と話すも「しかし、そこまで着手できていないのが今の現状」と苦笑い。

     それでも「個々のクオリティは高いので、イメージを共有できれば得点シーンは増えてくるかなと考えている。
    主導権を握りながらボールを動かして、最後のフィニッシュで相手の判断を上回るところまでもって行きたい。すぐにはいかないと思うが、そこまでもっていきたい」と先を見据えた。

    下から2番目の21位という順位は、開幕前に描いていたものと大きく離れてしまった。
    しかし、指揮官は「順位を見ても尻に火がついた状態なので。上がっていくしかない」とキッパリ。

    MF原川力も「理想と現実のギャップはある。でも、そこのギャップを近づけていけるように」とあくまで前を向いた。

    「深刻な状況ですけど、やっている選手が下を向いても仕方がない。やることをやっていれば結果はついてくるはず。
    元々一人ひとりは上手いし、もっとできると思う。自信を無くすのは一番いけないこと。自信だけは失わないようにやっていきたい」。

    背番号10は自らを奮い立たせるようにポジティブな言葉を繰り返した。

    ゲキサカ 7月27日(月)6時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00865579-gekisaka-socc

    順位表
    http://www.jleague.jp/standings/j2/

    【京都石丸監督「尻に火がついた状態」】の続きを読む

    このページのトップヘ