久保武司

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 7代目副将軍 ★@\(^o^)/ 2016/06/24(金) 22:32:44.61 ID:CAP_USER9
    サッカーJリーグで、現在の前・後期制から、2014年まで行われていた1ステージ制への再移行案が浮上している。

    21日に都内のJFAハウスで行われた定例理事会で、村井満チェアマンや理事たちが報道陣を避けるように地下2階の駐車場から出入りしていた。
    最重要議題である来季のテレビ放映権に関する新契約案と1ステージ制への再移行案を話し合っていたからだ。

    Jリーグでは15年から前・後期の2ステージ制を実施。ポストシーズンゲームで年間王者を決めている。
    だが村井チェアマンは「将来的には1ステージ制に戻す」と公の席で明言してきた。

    世界のサッカー界で1ステージ制が主流の中、2ステージ制を導入した理由は、リーグの財政危機だった。
    14年までの1ステージ制下では観客動員が減少。解消策として試合数を増やし増収を狙ったが不発。
    苦肉の策として2ステージ制に移行し、ポストシーズンも導入した。

    2年目の今季は動員の伸びは順調で収益面も良好。そこに財政不安が解消できそうな案件が浮上。
    来季からのテレビ放映権に関する新契約だ。

    今季はスカパー!、NHKなどと契約を交わし合計で年間50億円(推定)を得ている。
    さらに来季に向けてデジタル・スポーツコンテンツの配信では最大手のパフォーム(本社・ロンドン)とスカパー! NTTの3社と交渉中。
    間もなく合意する見込みで年間の放映権料は計80億円(同)となるもよう。
    財源が確保できるメドがついたことで、1ステージ再移行案が急浮上したわけだ。

    2ステージ制には多くのクラブからブーイングが起きている。
    今季は第1ステージ終了後から第2ステージ開幕までのブレーク期間が1週間しかない。
    故障者を抱えるクラブにとってはチーム状況を整える時間が少なすぎるからだ。
    1ステージ制への再移行はリーグ、クラブともに両得。歓迎されるはずだ。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    2016.06.24
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20160624/soc1606241550001-n1.htm

    【大ブーイングのJリーグ「2ステージ」まもなく終了? 財源確保メドで再移行案浮上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 21:21:10.47 ID:???*.net
    来年のリオデジャネイロ五輪出場を目指す手倉森ジャパンが、どうにもパッとしない。

     7月1日に仙台で行われる、U-22(22歳以下)コスタリカ代表との国際親善試合に臨む代表メンバー21人が22日に発表されたが、名前と顔が一致しない選手ばかりが名を連ねた。
    手倉森誠監督(47)は「所属チームで活躍したり、J3(U-22選抜)で成長が見て取れた選手」を招集したと明かした。

     3月の同五輪1次予選に出場したメンバーのうち呼ばれたのは11人のみ。
    J1、J2からは集めきれず、クラブで出場機会のない選手で編成さるJ3のU-22選抜の主力を集めた苦肉の策だ。
    だが顔ぶれが地味なだけにメディアの注目度も低い。発表会見の会場では空席が目立った。

     チームも話題も盛り上げる必要がある指揮官は「ハリル・ジャパンは縦のスピードが上がってきている。
    U-22もそのスピードは積まなければいけない。
    攻撃の優先順位として縦の速さにトライする」と宣言したが、そのハリル流戦術がアジアレベルで不発に終わっているから悩ましい。

     ハリル・ジャパンは、16日のW杯アジア予選シンガポール戦でスコアレスドロー。相手のベタ引き守備を崩せず、23本ものシュートを放ちながら無得点に終わった。

     U-22代表も来年1月の五輪最終予選(カタール)に向けて、アジアのベタ引き戦術を打ち破る“マジック”が必要だが、手倉森監督は「鞄に入れている油性マジックしかない」と苦笑い。

     最終予選で“手ぶらもり・ジャパン”で終わらないためにも、コスタリカ戦での勝利とマジックの用意が必要だ。
    (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20150626/soc1506261550001-n1.htm

    【お寒い手倉森J メンバーもギャグもパッとせず…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 11:45:26.38 ID:???*.net
    八百長疑惑で解任したアギーレ監督の後任を探している日本サッカー協会は、2億円台の年俸で話を受けてくれそうな欧州人指揮官にオファーしフラれ続けている。
    そんな現状に「日本人監督待望論」が浮上している。

    今回の後任人事の主導的立場にある霜田技術委員長は「日本人は候補にいない」と明言。
    さらにJリーグで指揮を執っている監督は候補から除外したとも話している。

    だが、“日の丸”を背負うことができる日本人監督は、きら星の如くそろっている。

    その筆頭が、昨季に日本人初のJリーグ3冠監督に輝いたG大阪・長谷川健太監督(49)。
    クラブの親会社であるパナソニック幹部は「日本協会からオファーがくれば喜んで協力します。
    だって、名誉なことですから」と、会社としてオファーを心待ちにしていると強調した。

    また毎年のように浦和に主力選手を引き抜かれながら好成績を収めている広島・森保一監督(46)の評価も高い。
    「たとえ日本代表としてのオファーがこなくても、2020年東京五輪代表監督として期待する声がある。
    選手をまとめる力は十分」(協会関係者)という人材だ。

    これまで指揮した新潟、湘南に続き、松本をJ1に昇格させた反町康治監督(50)にも「今の代表を若手中心に切り替えるなら、監督は彼しかいない」(別の協会関係者)という声がある。

    アノ人の再登板の可能性もゼロではない。日本代表を2度W杯に導いた岡田武史氏(58)だ。
    現在は愛媛県の社会人チーム「FC今治」のオーナーを務めており、「2度と代表監督をやることはない」と話しているが
    「日本代表のピンチを救ってくれという大義名分があれば可能性はある」と同氏に近い関係者は力説する。
    こうした協会関係者の「声」を聞くと、新しい日本代表が誕生する予感を覚える。

    日本サッカーの事情を全く知らない外国人監督に年間2億円、任期4年で10億円あまりの報酬を払ったあげくW杯で惨敗-。
    これまでの悪しき慣習を再び継承するなら、それこそ貴重なお金の無駄なバラマキだ。 

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20150212/soc1502120830002-n1.htm
    2015.02.12

    【ポストアギーレ、なぜ外国人にこだわるのか G大阪・長谷川監督、広島・森保監督、松本・反町監督…日本人監督待望論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 17:31:31.02 ID:???0.net
     ドイツ・ブンデスリーガ、シャルケのDF内田篤人(26)は、今月の国際親善試合(10日・ジャマイカ戦、14日・ブラジル戦)に臨むアギーレ・ジャパンからの招集を見送られた。

     ドイツで5季目に突入した内田は、クラブでは堂々のレギュラーとして活躍中だ。
    右膝蓋腱炎症の影響で出遅れていたが、先月27日にホームで行われた、日本代表MF香川が所属するドルトムントとのルール・ダービーにフル出場。チームの勝利にも貢献した。

     だが、好調を維持しているにも関わらず、日本代表からお呼びがかからない。
    この不思議な事態について、アギーレ監督は「呼んでいない選手については一切話さない」。
    霜田技術委員長は「監督がメンバーリストにない選手の話はしないと言っている以上、私の口からコメントのしようがない。僕らも彼とコミュニケーションはとっています」と話したが、実は内田本人が代表入りを辞退しているのだ。

     しかし、その内田に代わる選手がいない。本来なら内田が適任であるアギーレ・ジャパンの右サイドバックは空席状態。指揮官は9月のキリンチャレンジ杯(ウルグアイ、ベネズエラ戦)で精彩を欠いた、海外組のDF酒井宏(ハノーバー)を「努力して戻ってきてほしい」として、今回は招集していない。

     代表主将もFW本田(ACミラン)が暫定で務めているが、チーム関係者からは「篤人が主将になったら絶対にチームはまとまる」と待望論が出ている。内田はまだ26歳。
    W杯ロシア大会では30歳になっており、選手としては、まさに旬の時期だ。

     チームに熱意と誠意さえあれば、代表入りを辞退する選手の気持ちを翻意させることは可能なはずだ。内田の代表復帰は新生チームにとってはかりしれない好影響をもたらすのだから。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20141007/soc1410071550001-n1.htm

    【内田篤人、好調維持も代表入り辞退…チームからは主将待望論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/16(水) 21:27:44.14 ID:???0.net
    サッカーW杯ブラジル大会は、ドイツ代表が圧倒的な強さで4度目の優勝を果たした。
    今後は同国のプレースタイルが世界のサッカーの主流となることは間違いない。

    そんな潮流の中、日本代表の次期監督にはスペインリーグで名をあげたメキシコ人のハビエル・アギレ氏(55)の就任が確実な情勢だが、本来、日本は“先進国”ドイツからサッカーのイロハを学ぶなど、同国とのパイプは実に太いものがある。

    それなのに、世界最強国出身の日本代表監督候補の名前が挙がらないのはどういうことなのか? (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    ドイツが優勝を果たした14日、日本サッカー協会では注目の二者会談が開かれた。
    次期監督候補の人選を一任された原博実技術委員長が大仁邦弥会長に「次期代表監督の人選」について中間報告を行った。

    会談後、原委員長は最有力候補であるアギレ氏との交渉について
    「まだ何も決まっていません。仮契約? それもない」と交渉中であると強調したが、“アギレ監督”誕生は秒読み段階に入っている。

    その一方で日本協会では「アギレって誰? 性格もわからない」と話す幹部が多く“アギレ監督”にウエルカムな状況ではない。
    さらには「どうしてドイツ人にしないんですかね」(Jリーグ関係者)という声があがっているのだ。

    日本サッカーは、ドイツなくしては語れない事実がある。1960年、日本協会は4年後に開催の東京五輪にむけて、ドイツからデットマール・クラマー氏を臨時コーチとして招聘。同氏は初歩的技術の練習を徹底させ釜本邦茂、杉山隆一らを育成。
    日本代表を東京五輪で8強に導いた。“日本のサッカーの父”である。

    また、浦和レッズはホルガー・オジェック、ギド・ブッフバルトらドイツ人監督を招きチームを強化。
    ビッグクラブにのし上がった。ドイツとは切っても切れない縁があるのだ。

    >>2以降につづく

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20140716/soc1407161550001-n1.htm

    【日本代表、ドイツ人監督の名はなぜ挙がらない!夕刊フジ編集委員・久保武司】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 大梃子φ ★ 2013/12/19(木) 00:55:17.16 ID:???0
    お気楽ザック監督、W杯イヤー前に2カ月休暇 協会公認の休みとはいえ…
    2013.12.18

     サッカー日本代表ザッケローニ監督(60)が、19日からクリスマス休暇を含む2カ月近い冬休みに入ることになった。
     ザッケローニ監督は就任以来、長期の冬休みをとってきた。「お願いだから休んでいただきたい」と日本サッカー協会側が契約書に明文化している公認の長期休暇。これまでの歴代日本代表の外国人監督でトラブルがあったからでもある。
     2006年4月、ジーコ氏が腸閉塞で緊急入院。07年11月にはオシム監督も自宅で脳梗塞で倒れ指揮官を退いている。日本協会は再発防止のため、ザッケローニ監督が就任して以来、長期の冬休みを用意してきた。
     また休暇期間中は、指揮官が試合の視察をすることも禁止している。来年1月には溺愛する日本代表MF本田圭佑のACミランでのデビュー戦があるが、イタリアの自宅でテレビ観戦ということになる。
     しかし、これでは日本代表監督は気楽な稼業といわれても致し方ない。
     指揮官は16日、歴代の日本代表監督が臨む毎年末恒例の日本海外特派員協会と日本記者クラブでの会見に臨んだ。だが「私は優勝宣言とかするタイプの監督ではないので」と、今年最後のお勤めでも景気のいい話は出なかった。
     また、3年以上も日本に滞在したにもかかわらず、お世辞にもうまいといえない『日本語』についても「イタリア人スタッフを4人連れてきたから、どうしてもイタリア語中心の会話になってしまう」と強調した。
     「私は日本代表の監督ではないと思っている、日本人のサッカー選手全員の監督として理解してほしい」と力説していたが、指揮官は19日に離日予定。22日に行われる天皇杯準々決勝はもちろん、来年元旦の決勝にも日本代表監督がいないむなしさを、今季もJリーガー全員が実感することになる。
    (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20131218/soc1312180722000-n1.htm
    日本代表監督は気楽な稼業なんですか
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/images/20131218/soc1312180722000-p1.jpg
    353

    【お気楽ザック監督、W杯イヤー前に2カ月休暇 協会公認の休みとはいえ…(夕刊フジ・久保武司)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 大梃子φ ★ 2013/11/15(金) 18:57:40.89 ID:???0
    日本代表選手間ミーティングにひそむ危険性 「もうチームとして終わっている」
    2013.11.15

     ベルギー遠征中の日本代表が現地で選手だけのミーティングを行うことを決めている。司会は主将の長谷部誠(29)=ニュルンベルク=とGK川島永嗣(30)=スタンダール=の2人だ。

     2戦全敗に終わった先月の欧州遠征でも、代表メンバーたちはザッケローニ監督ら首脳陣とスタッフにも席を外してもらい、選手間ミーティングを2度行った。
    ある代表選手によれば「確かに2回やりましたよ。もちろん内容はいえませんが」とコメント。その時も長谷部&川島の2人が司会をして主力組だけではなく控えや若手全員に「意見をいってほしい」と議論は活発だったという。

     これまで日本代表がW杯に向けた選手間ミーティングを行い、劇的にチーム状況が変化したのは、W杯初出場を目指していた97年フランス大会最終予選で当時の加茂周監督が更迭されたときだ。さらに06年ジーコジャパンと10年岡田ジャパンの際と計3回開かれていた。
    W杯南アフリカ大会のスイス直前合宿でGK川口能活(磐田)の呼びかけで行ったミーティングでは、罵声が飛び交う緊迫したムードとなった。

     今回も司会役を買って出た長谷部が主導しており「監督が考えも伝えてくるだろうし、自分たちの考えもまとめていく」と話している。

     だが、何度も選手間ミーティングばかり開いていては、本音不在の“学級会”に終わってしまう危険性がひそんでいる。「監督不在のミーティングを欧州遠征で何度もやること自体、もう代表チームとしては終わっている」(元日本代表OB)という声も。繰り返されるミーティングほど成果がない-のは、ビジネスの世界では定説だが。
    (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20131115/soc1311150729002-n1.htm

    【何度も開かれる選手だけのミーティング…「もうチームとして終わっている」(夕刊フジ・久保武司)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 大梃子φ ★ 2013/09/17(火) 12:37:43.35 ID:???0
    Jリーグ2季制に反対の声 80%近いファン無関心も

     Jリーグは17日に定例理事会を行い、2015年から前・後期制で行われる2季制を正式に決定する。

     同理事会では観客動員の苦戦が続く現状を打破するため、チャンピオンシップの復活など試合数を増やすことなどを決める。また今回の改革により15億円ちかくの増収が見込まれている。

     だが、この増収分を「リーグのPRや選手育成の原資にする。クラブには配分しない」(Jリーグ・大東和美チェアマン)方針であることから反発の声が。先週末のJリーグでは浦和をはじめ川崎、広島、仙台、清水の各サポーターが「反対!」の意志を示す横断幕を試合中に掲示。Jリーグ20年の歴史においても珍しい光景となった。

     選手たちからも不満の声が多く上がった。J2横浜FCのFW三浦知良(46)は「メリットとデメリットがある」と複雑な表情。元日本代表DF坪井慶介(33)=浦和=は04年に横浜Mとチャンピオンシップを戦ったが「シーズン最多の勝ち点を取ったのに優勝できなかった。個人的には1ステージ制の方がいい」と反対する。

     あまりにも時期尚早だ。各クラブの承認は得たが選手やファンの「声」は完全に無視した形。「改めて(話し合う)機会をつくりたい」(Jリーグ中西大介 競技・事業本部長)としているが、事実上の“強行採決”といっていい。

     2季制決定については「どちらでもいいんじゃない?」と80%近いファンが無関心という現実もあるが、Jリーグ側がきちんとした「対応」をしないと、自らまいた火だねは収まりそうもない。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20130917/soc1309171207000-n1.htm
    2季制には多くの反対の声があがっている
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/images/20130917/soc1309171207000-p1.jpg

    12

     

    【Jリーグ2季制に各クラブのサポーターから反対の声…ただファンの声は「どちらでもいい」が80%近く(夕刊フジ・久保武司)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: れいおφ ★ 2013/09/15(日) 02:00:25.52 ID:???0
    Jリーグが17日の定例理事会で2015年からのJ1リーグ戦に、11年ぶりに2季制を導入することを決定する。

    現行の1季制人気は08年を境に右肩下がり状態。今季は1試合平均1万6000人台までに落ち込んでいる。
    「1万5000人台を切れば赤字クラブが一気に増大する」(Jリーグ関係者)という試算があることから踏み切った“増収作戦”だ。

    前後期のリーグ戦で順位を決定。「前期優勝クラブvs後期2位、後期優勝vs前期2位」の組み合わせで
    行うポストシーズンゲームで勝ち残ったクラブが、年間最多勝ち点クラブとチャンピオンシップで戦う。

    なぜ2季制にするのか。要するに「金」である。試合が増えれば収入は増える。
    見込まれる増収額は未公表だが前後期の冠スポンサー+テレビ放映権で約15億円は確実に増えるとみられる。

    放映権料は2億円といわれ、新ポストシーズン全試合をゴールデンタイムで生放送することが“条件”だが、
    すでにその1社にTBSが内定している。

    同社のこれまでの業績では手をあげるのは厳しかったが、背中を押したのが「半沢直樹」だ。
    「倍返し」で諸悪を蹴散らしながら右肩上がりの視聴率をたたき出す“半沢効果”のおかげで
    Jリーグをアシストすることができるようになった。

    だが、見込まれる増収分はクラブには分配されずPRなどに回るという。
    17日の理事会で決定されるが、あまりにも早急に決まったことで多くの反対意見がある。
    Jリーグがすがった“半沢効果”だが、どこから『倍返し』が飛んでくるかわからない状況だ。 

    (夕刊フジ編集委員・久保武司)
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20130914/soc1309140731001-n1.htm

    【Jリーグ、ポストシーズン全試合をゴールデンタイムで生放送・・・TBSが半沢マネーで放映権購入 (夕刊フジ・久保武司)】の続きを読む

    このページのトップヘ