中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/07/25(木) 23:46:02.27 ID:???
    サッカー・東アジア杯第3日、韓国が中国と0-0で引き分けた試合後、韓国の大手紙・中央日報の日本語版は、中国選手のラフプレーのせいで勝てなかったと言わんばかりの記事を配信し、日本のネットユーザーたちから「2002年W杯を忘れたのか?」などとつっこまれている。25日付で騰訊体育が伝えた。

    中央日報は試合後、韓国のユン・イルロク(尹日録)が中国のヤン・ハオ(楊昊)のタックルを受けて倒れている写真を載せ、「このタックルはひどすぎるのでは?」と報じたのみで、中国GK曽誠の顔面をスパイクで踏みつけた韓国人選手については何も触れなかった。

    これに対し、日本のネットユーザーたちから続々とツッコミが寄せられている。

    「カンフーサッカーとテコンドーサッカーの戦いでテコンドーが負けた」

    「このメディアは以前、中国対日本の試合後にも同じような写真を載せ、『彼らは踊っているのか?』とからかったことがある。だが、今回のこの写真の方がよほど『踊っている』ように見えるが」

    「写真を見る限り、中国選手が違反行為をしているようには見えない」

    「この部分だけ見て、中国選手が乱暴だと決めつけることはできない」

    「韓国人選手のラフプレーも相当なもの。他人のことばかり大げさに報じるべきではない」

    韓国は3年前、中国に0-3で完敗しており、今試合は韓国にとって雪辱戦となるはずだったが、試合前、韓国代表のスポークスマン、李在哲氏が「中国も近年、だいぶ進歩したと思うよ」と上から目線で話すなど、中国を見下していた。

    (編集翻訳 小豆沢紀子)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130725-00000018-xinhua-cn

    【中央日報が“中国選手の野蛮ぶり”を図解、日本のネットユーザーは「韓国だって!」-中国メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    9


    1: 影の軍団(第弐拾八期首席卒業生)ρ ★ 2013/06/23(日) 10:13:04.13 ID:???
    日本時間20日朝に行われたサッカー・コンフェデレーションズ杯で日本はイタリアに3-4で逆転負けした。
    日本国内では「勝たなければ意味がない」と更なる高みを目指して叱咤(しった)する声もあるが、中国国内では日本代表への賛辞が止まない。

    その一方で、来月の東アジア杯で「どうやって戦えというのか」と日本との対戦を恐れる声もあるようだ。

    中国メディア・網易は21日に配信した記事で、20日のイタリア戦で日本代表のプレーが世界から認められ、対戦国のイタリア人からも賞賛されたと説明したうえで「こんなことがアジアでできるのは日本しかいない」、「アジアのサッカー史に刻まれてもおかしくない試合」と褒めちぎった。

    そしてタイのU-23に惨敗を喫した中国代表が7月に東アジア杯で日本と対戦することを紹介し、多くの中国ファンが「こんな日本代表と一体どうやって戦うつもりなのか」とため息をついたと伝えた。

    記事は、日中の実力差を「ブラジル戦」で比較。昨年9月に親善試合でブラジルに0-8で惨敗したのに対し、日本はコンフェデ杯で「正規軍」と戦って0-3の結果だったことから「実力の差がどれほどあるのかは明らかだ」とした。

    そのうえで、中国代表が日本に付け入ることができる要素として「東アジア杯の日本代表はJリーグの選手主体となることが期待できる」という、なんとも情けない「望み」を示した。

    国内組中心の、中国ファンが期待する「非正規軍」の日本代表に対して、目も当てられないような結果に終わった場合、中国ファンの絶望感は頂点に達するかもしれない。相手の布陣がどうであろうと、中国代表の選手たちは「誠意」を見せる必要がある。
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0623&f=national_0623_018.shtml

    【中国 「東アジア杯、こんな強い日本とどうやって戦えというのか。実力の差がどれほどあるのかは明らかだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: うんこなうρ ★ 2013/06/16(日) 08:06:57.83 ID:???0
    【簡訳】
    貧弱と言えるポゼッション、チームワーク、そして何よりも戦う意思の欠如が中国代表もたらしたのは、
    ここ数年で最も屈辱的な敗北という結果でした。土曜(6/15)、彼らはアウェイに乗り込んだタイに1-5で敗れました。

    新華社は「ホセ・カマーチョはこの試合のためにほとんどの有力代表選手を招集したが、前半25分で既に2失点し、
    チームは貧相なディフェンスラインとしょうもないミスでコントロールできる状態にはなかった」と報じています。

    ※原文はソースをご覧ください。

    Thailand thrash China 5-1
    http://www.newstrackindia.com/newsdetails/2013/06/15/301--Football-Thailand-thrash-China-5-1-.html

    動画
    http://www.youtube.com/watch?v=mVcgm7lAnhA


    【タイ、アウェイに乗り込み5得点で中国粉砕…カマーチョ、チームをコントロールできず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/06/13(木) 12:32:08.48 ID:???0
    サッカー中国代表は11日、北京で行われた国際親善試合でオランダに0-2で敗れた。
    試合では危険なタックルをしたとして中国選手が一発退場となるなど、
    親善試合らしからぬ激しいプレーがみられた。複数の韓国メディアが報じた。

    試合中は中国の危険なプレーが目立った。前半10分、中国のチャン・リンポンは
    アルイェン・ロッベンを背後からスライディングで倒し、イエローカードを受けて
    相手にPKを与えた。ロビン・ファン・ペルシーがゴール左隅に決めて、先制点を
    奪った。

    だが、2分後には今度はチン・シェンが危険なタックルをして一発退場となった。
    親善試合で退場者が出ることはめずらしいが、レッドカードが出るほどの
    危険なタックルだった。

    中国代表の危険なプレーは世界的に知られている。
    2007年にはクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)との練習試合で乱闘を
    起こし、06年にはフランス代表のジブリル・シセを骨折させた。
    最近では、5月21日にソウルで行われたFCソウルと北京国安足球倶楽部との試合で、
    中国選手はタックルや反則技などを繰り広げ、仕舞いには試合に負けた腹いせに
    ロッカールームを破壊して中国特有の「少林サッカー」を見せつけた。

    ソースは
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0612&f=national_0612_064.shtml
    関連スレは
    【サッカー】粗暴な中国警備員にロッベンが激怒 / オランダ代表、故宮参観を拒否 (RecordChina)[13/06/10]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1370838358/l50

    YouTubeから、HIGHLIGHTS 国际友谊赛 中国 0:2 荷兰 全场集锦 CHINA PR 0:2 NETHERLANDS
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=h8LIFdXe6q4


    一発退場シーンは1分21秒くらいです。

    引用元: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371094328/

    【中国の「少林サッカー」再び…親善試合で危険なタックル (Searchina)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/04/03(水) 15:34:46.90 ID:???0
    2013年3月29日、成都日報は記事
    「中国サッカー協会関係者が暴露、中国プロサッカー選手の95%は年齢詐称、
    中国サッカー協会も以前改ざんに関与」を掲載した。

    今年は4年に1度の中国全国運動会の開催年。中国の省・市・自治区がメダル数を
    競い合う中国国内最大のスポーツイベントだけに他の自治体の選手の“イカサマ”を
    密告することもざらにあるという。
    そこで浮上してきたのがサッカー選手の年齢詐称問題だ。

    中国全国運動会は夏の開催だが、予選は間もなくスタートする。
    ピッチの上での戦いの前に始まったのが密告合戦だという。
    チームやメディア、さらには選手の保護者からのタレコミが相次ぎ、次々と
    疑わしい選手が浮上した。最終的に4人の選手が出場停止となった。
    4人は20~26歳でいずれもプロチームに所属している。
    ただし主力選手ではないということで罰金は課されなかった。

    実際には疑惑のある選手はもっと多かったようだが、中国サッカー協会が調べを
    進めていくと、若年層の代表歴がある選手に関しては中国サッカー協会自らが
    年齢詐称に加担していたという事実も発覚。これ以上手は付けられないと処分は
    4人にとどまったという。

    年齢詐称についてはサッカー協会やクラブがかかわっているだけではない。
    地方のチームが所属の条件として年齢詐称を求めているパターンが多い。
    年齢を詐称して“若き有望選手”に見せかけなければ、サッカーを続けることすら
    許されなかったという。

    処罰の公聴会に関わった、あるサッカー協会関係者は「サッカー選手の95%は
    年齢を詐称している!」と天を仰いだ。
    もしこの問題にまじめに取り組めば、ほぼすべてのサッカー選手が引っ掛かり、
    プロリーグの運営ができなくなってしまう状況だという。

    ソースは
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=70831&type=


    【サッカー】中国人選手の95%が年齢詐称、サッカー協会も改ざんに関与 (RecordChina)[13/04/03]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1364970886/



    【アンダー世代の試合って、勝ち負けよりも大事なことあるんじゃね??【サッカー】中国人選手の95%が年齢詐称、サッカー協会も改ざんに関与 [13/04/03]】の続きを読む

    このページのトップヘ