ユース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    726: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/05/02(木) 12:52:30.11 ID:9Fx2LjeA0
    @sn_soccer: 国際化が進むアンダー世代の日本代表についてのコラムを掲載いたしました。各世代のカテゴリーに必ず一人はカタカナの名前を持つ選手が代表入りするようになり、下の世代では確実に変化が起きています

    “カタカナ名前”が日本代表で躍動する時代
    アンダー世代の国際化がもたらす可能性
    川端暁彦
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2013/columndtl/201305020001-spnavi



    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレpart4423

    【“カタカナ名前”が日本代表で躍動する時代  確かに最近のアンダー世代はハーフが多い気がする。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    700: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/04/22(月) 14:39:22.72 ID:sGINa1Tt0
    トッテナムのアカデミー所属のサイ・ゴダードは
    モンテギューのMVP(審判による投票で決定)になってる
    http://www.jfa.or.jp/national_team/topics/2013/167/20130404_01_7.jpg
    12


    こいつは大物かも

    http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1366551282

    【U16日本代表のサイ・ゴダードくんが、モンテギューのMVPを獲得】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/04/03(水) 15:34:46.90 ID:???0
    2013年3月29日、成都日報は記事
    「中国サッカー協会関係者が暴露、中国プロサッカー選手の95%は年齢詐称、
    中国サッカー協会も以前改ざんに関与」を掲載した。

    今年は4年に1度の中国全国運動会の開催年。中国の省・市・自治区がメダル数を
    競い合う中国国内最大のスポーツイベントだけに他の自治体の選手の“イカサマ”を
    密告することもざらにあるという。
    そこで浮上してきたのがサッカー選手の年齢詐称問題だ。

    中国全国運動会は夏の開催だが、予選は間もなくスタートする。
    ピッチの上での戦いの前に始まったのが密告合戦だという。
    チームやメディア、さらには選手の保護者からのタレコミが相次ぎ、次々と
    疑わしい選手が浮上した。最終的に4人の選手が出場停止となった。
    4人は20~26歳でいずれもプロチームに所属している。
    ただし主力選手ではないということで罰金は課されなかった。

    実際には疑惑のある選手はもっと多かったようだが、中国サッカー協会が調べを
    進めていくと、若年層の代表歴がある選手に関しては中国サッカー協会自らが
    年齢詐称に加担していたという事実も発覚。これ以上手は付けられないと処分は
    4人にとどまったという。

    年齢詐称についてはサッカー協会やクラブがかかわっているだけではない。
    地方のチームが所属の条件として年齢詐称を求めているパターンが多い。
    年齢を詐称して“若き有望選手”に見せかけなければ、サッカーを続けることすら
    許されなかったという。

    処罰の公聴会に関わった、あるサッカー協会関係者は「サッカー選手の95%は
    年齢を詐称している!」と天を仰いだ。
    もしこの問題にまじめに取り組めば、ほぼすべてのサッカー選手が引っ掛かり、
    プロリーグの運営ができなくなってしまう状況だという。

    ソースは
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=70831&type=


    【サッカー】中国人選手の95%が年齢詐称、サッカー協会も改ざんに関与 (RecordChina)[13/04/03]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1364970886/



    【アンダー世代の試合って、勝ち負けよりも大事なことあるんじゃね??【サッカー】中国人選手の95%が年齢詐称、サッカー協会も改ざんに関与 [13/04/03]】の続きを読む

    このページのトップヘ