モウリーニョ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 22:39:12.76 ID:???*.net
    日刊スポーツ 4月10日(金)22時25分配信

     チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督(52)が、東京FW武藤嘉紀(22)へのオファーについてあまり興味を示していないようだと英ガーディアン紙(電子版)が伝えた。

     同監督は「私がオファーをするわけじゃないから、それ(オファー)については考えていない。彼のことはそれほど知らないしね」と話したという。

     続けて「現代サッカーには商業的な部分が少なからず必要だ」と、武藤の獲得にビジネス的な側面があることを示唆。その上で「サッカーチームである以上、良い選手であるか有望株でなければ買わない。チェルシーの一員になれる力がなければ連れてこない」と説明した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150410-00000095-nksports-socc

    【モウリーニョは武藤に「それほど知らない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/02(日) 06:53:45.10 ID:???0.net
    ■「ピアノの名手は練習でピアノの周りを走ったりはしない」

    監督の成功には、チームの主力と共にスタッフの活躍が付き物。「スペシャル」が代名詞のジョゼ・モウリーニョも例外ではない。
    昨夏に復帰を果たしたチェルシーには、母国ポルトガル時代からの忠誠心旺盛なチームスタッフ2名が帯同している。

    GK担当のシルビーノ・ロウロと、フィットネス担当のルイ・ファリアだ。
    彼らの肩書きが、前回チェルシー時代の「GKコーチ」と「フィットネス・コーチ」ではなく「アシスタント・コーチ」である事実からは、
    再招聘されたモウリーニョの発言権と、両者に対する指揮官の敬意が窺える。

    特にファリアは、モウリーニョの信頼が最も厚い補佐役だ。監督とスタッフとしての始動開始は、ロウロのポルト時代よりも古いウニオン・レイリア時代に遡る。
    2001年以来の「片腕」を、モウリーニョは「メソドロジー(方法論)のスペシャリスト」と呼ぶ。

    ここで言う「方法」とは「モウリーニョ流」に他ならない。その1つが、「ボールありき」の練習法。
    モウリーニョ語録の中には、「ピアノの名手は練習でピアノの周りを走ったりはしない。腕を磨くためにはピアノを弾く。

    同じく、サッカーの名手になるための最善の練習方法はサッカーをすることだ」という発言があるが、
    これはモウリーニョのポリシーであると同時にファリアの持論でもある。ファリア自身は次のように表現している。

    「私が指導するのはサッカー選手であって、マラソン選手ではない。だから、同じペースで2時間走り続けるような練習メニューなど必要ないんだ。
    彼らに求められるのは、必要な時にボールをコントロール下に置きながら走ることさ」

    またモウリーニョは、対戦相手に応じて綿密に組まれた練習メニューを「言われたからこなすのではなく、最適なメニューだと選手に自覚してもらった上で消化させる」
    ことを基本とする。この点に関してもファリアは貢献する。

    ■フィットネス指導の域を越える"スペシャル・ツー"

    チェルシーでの前回モウリーニョ体制当時、クラブの歴史を知る元選手として助監督を任されたスティーブ・クラークは、
    「短時間だが高密度の練習メニューを熱烈に指導するポルトガル人スタッフの姿勢に目を見張った」と言っていた。

    勝利にこだわる指揮官が次の試合に勝つために組んだメニューを、「勝つためには次のセッション、次のエクササイズをこなすことが不可欠だ」と、
    選手たちに説きながら指導していたスタッフの代表格が、当時はまだ29歳のファリアだった。

    過去には、「モウリーニョ流」での勝利に懸けるファリアの情熱が、試合会場でオーバーヒートしてしまったこともある。
    昨季終盤のサンダーランド戦、モウリーニョに抑えられていなければ、審判に飛びかからんばかりの勢いで判定に激怒した姿は記憶に新しい。

    04年からのモウリーニョ体制プレミアリーグ戦ホームゲーム無敗が途絶え、昨季の優勝争いで手痛い敗北を味わった一戦での暴走だった。
    今季も、アーセン・ヴェンゲル監督がモウリーニョに手を出した先のアーセナル戦で、敵軍助監督のスティーブ・ボールドと口頭で激しくやり合っている。

    誉められた行動ではないが、共に闘い、仲間のためには危険を顧みない12歳年下の「アシスタント」に、モウリーニョはかつての自分と同じ匂いを嗅ぎ取っているのだろう。
    実際、ファリアは指揮官と最も密なチームスタッフだ。対戦相手の偵察や、レンタル移籍中の若手の観察に赴く際には、往々にしてスタンドの隣席にファリアの姿がある。
    運転手を兼ねて帯同することさえある。

    チェルシー帰還後のモウリーニョは、本職であるフィットネス指導の域を越えて貢献し続けるファリアを、「スタッフの中でもやはり特別な存在だ」と認めている。
    そして、「我がメソッドの完璧な理解者であり、彼の協力があるからこそ私なりの練習メニューがある」と評価している。

    ビッグゲームでの様々な局面でさえも、練習で"リハーサル済み"であることが多い"スペシャル・ワン"。
    頼れる補佐役であり続けるファリアは、差し詰め"スペシャル・ツー"といったところだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141031-00010009-footballc-socc

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 18:27:08.04 ID:???0.net
    26日の対戦を前にチェルシーのモウリーニョ監督の成績は自分より勝っているとファン・ハール監督は認めた。
    マンチェスター・Uのルイス・ファン・ハールが過去にジョゼ・モウリーニョ監督と対戦したのは1回のみであるが、その試合で敗れている。

    2010年のチャンピオンズリーグ決勝でモウリーニョ監督率いるインテルがファン・ハール監督のバイエルンを2-0で破り優勝を飾った。

    26日のチェルシー戦を前にファン・ハール監督は、2010年の対戦について言及した。
    「我々が対戦したのは、その1試合だけだ。ハワード・ウェブ主審がPKを取らなかったので我々が負けた」

    決勝戦で勝利を収めていれば、バイエルンは三冠を達成するところだった。
    また、ファン・ハール監督はチャンピオンズリーグで優勝を2度飾った監督となり、モウリーニョ監督の1回を超えていたはずだった。

    終了後はモウリーニョ監督に「おめでとう」と声をかけた。それだけだ。試合のことは何も言わなかった。(ルイス・ファン・ハール監督)

    ファン・ハール監督がバルセロナを率いていた時にモウリーニョ監督はアシスタント・コーチを務めていた。2人はお互いのスタイルをよく知っている。
    マンチェスター・Uで優勝を飾るために、チェルシーに勝利を収めたいとファン・ハール監督はライバル心を燃やしている。

    「モウリーニョ監督は4カ国でリーグ優勝を果たしている。私がマンチェスター・Uで優勝を飾れば、彼に並ぶことになる」

    「ジョゼが監督するチームはどこでも、組織が素晴らしい。いい監督だということだ。世界でもトップクラスの監督だろう。
    私より素晴らしい監督かもしれないが、この試合は我々が勝つ」

    http://www.ballball.com/ja-jp/article/47585-louis-van-gaal-jose-mourinho-inter-milan-2010-champions-league-final/

    写真 弟子モウリーニョ監督に成績で下回っているファン・ハール監督
    no title


    キックオフ:25:00 / 試合会場:オールド・トラフォード マンチェスター・ユナイテッド×チェルシー
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10625838

    【弟子のモウリーニョ監督に成績で下回っているファン・ハール監督「私より素晴らしい監督かもしれない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 21:19:13.38 ID:???0.net
    サッカーは、ピッチ外の勝負からも目が離せない。

    ピッチ内の選手同様、ピッチ外の監督も戦っている。近年の一番のライバル関係は、ジョゼ・モウリーニョとペップ・グアルディオラによるものだろう。

    それぞれレアル・マドリーとバルセロナで覇権を争ったリーガエスパニョーラを離れ、プレミアリーグとブンデスリーガへと戦いの場を移したが、その敵対関係に変わりはない。UEFAの監督会議の場でも、やりあったようだ。

    『CBS』などによると、会議の席でグアルディオラはエンターテイメント性の追求を目指し、パスを速く回せるよう芝をさらに短く刈り込むことと試合前の水の散布を提案。

    これに対してモウリーニョは「それぞれのプレイスタイルがあり、それは尊重されるべきだ」と話したという。

    返したグアルディオラは「サッカーの美しさは、監督次第だ。モウリーニョはスペクタクルよりも結果を重視するように、私には思える。彼にはそれがすべてだと、私には分かっている」と話したという。

    もちろん、モウリーニョが黙っているわけがない。スペイン『エル・コンディデンシアル』は、以下のような発言を、モウリーニョのものとして伝えている。

    「自分がしていることを楽しんでいれば、髪がなくなることはない。彼の頭はハゲている。グアルディオラはサッカーを楽しんでいないんだ」

    それぞれのサッカー哲学があっていい。とにかく、2人のやり合いがスペクタクルであることも間違いない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 9月12日(金)18時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00010001-theworld-socc

    ペップ・グアルディオラ
    http://www.fcbayern.de/jp/teams/first-team/pep-guardiola/index.php

    【モウリーニョ「グアルディオラがハゲているのはサッカーを楽しんでいないから」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 22:26:36.29 ID:???0.net
    チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、「戦術タイム」をプレミアリーグに導入すべきだと主張した。
    イギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

    モウリーニョ監督は、ブラジル・ワールドカップでの「給水タイム」のように、試合の前半と後半にそれぞれ1回、監督が試合を止めることができれば、サッカーがより面白くなるだろうと、次のように語った。

    「レスター戦を振り返ると、開始10分に試合を止めたかったね。(それが行えたら)面白いと思う」

    「(ブラジル)ワールドカップで審判が給水のために試合を止めたとき、ルイス・ファン・ハールは、チームのシステムを変えて、試合に勝つことができたんだ。だからいつか、私は試合を止めることができるチャンスがあるだろうね」

    「フットボールはルールを変えるのにとても時間がかかる。ゴールライン・テクノロジーの導入に何年待ったと思うんだ。監督が前半と後半で1度づつ、試合を止める機会を与えるようなルールが導入されるとき、まだ私がサッカー界に残っていることを願うよ。なぜなら、それは試合をもっと面白くできるからね」

    チェルシーは、30日に行われるプレミアリーグ第3節でエヴァートンと対戦する。

    SOCCER KING 8月25日(月)20時14分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00225076-soccerk-socc

    【モウリーニョ監督がプレミアリーグに“戦術タイム”導入を提案】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 12:17:52.80 ID:???0.net
    チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、
    ブラジル・ワールドカップに出場しているブラジル代表キャプテンのDFチアゴ・シウヴァについて言及した。

    5日、スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

    4日に行われた準々決勝のコロンビア戦で今大会2枚目の警告を提示されたT・シウヴァは、累積警告で8日に行われる準決勝ドイツ戦の欠場が決定。

    また、同試合で負傷退場したネイマールは腰椎骨折と診断され、残りのワールドカップの試合を欠場することになり、ブラジル代表は主力2選手を欠いた状況でドイツ戦へ臨むこととなった。

    モウリーニョ監督は、T・シウヴァのドイツ戦欠場はブラジル代表にとって大打撃であると語る。
    「ネイマールはブラジルにとって必要な存在だ。だが、チアゴ・シウヴァはネイマールと同等、もしくはそれ以上に重要な存在だ。ブラジルは守備的に戦っていて、彼はチームに絶大な安定感をもたらしている」とT・シウヴァの重要性を改めて強調した。

    同選手の代役に関しては「コロンビア戦ではエンリケが出ていたので、1つのオプションとしてあり得る。
    しかし、ドイツを相手にするのであれば、ブンデスリーガで戦い、対戦相手を熟知しているバイエルンのダンテが選ばれるだろう」と予想している。

    7月6日(日)18時19分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140706-00209473-soccerk-socc

    【モウリーニョがドイツ戦を展望「ネイマールよりT・シウヴァが必要」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 17:26:34.18 0.net
    あるいはシメオネか?
    simeone1-500x365


    2: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 17:27:09.34 0.net
    アンチロッティ
    344664_hp


    3: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 17:28:28.73 0.net
    コンテでしょうな

    inっddex


    【現サッカー界で最も有能な監督は誰なのか?グァルディオラかモウリーニョかクロップか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 21:32:44.63 ID:???0.net
     チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ポルトガル代表のDFペペを酷評した。
    ペペは17日に行われたドイツ戦で、MFトーマス・ミュラーとボールを競り合い、軽い接触で大袈裟に倒れたドイツ人選手に激昂。頭突きを食らわせ、前半37分の時点で主審に退場を命じられていた。すでに0-2とビハインドだったポルトガル代表は、その後、10人での戦いを強いられると、さらに2失点を喫して、初戦を0-4で落としている。

     ポルトガル人であるモウリーニョは、我慢が出来なかったのだろう。12-13シーズンまで率いていたレアル・マドリーでは、ともに仕事をしていたブラジル出身のDFを痛烈に批判した。

    『ESPN』によると、モウリーニョは「事実として、彼はもともとポルトガル人ではない。
    だからこそ、彼は余計にポルトガル代表としてあるべき振る舞いをするべきだったが、そうしなかった」と、一刀両断。そして、「おそらくあれは一発でレッドカードをもらうようなプレーではなかった。だが、妥当な判定といったところだ。明らかな暴力ではなかったにせよ、まずいボディーランゲージが何回もあった。あれが審判にああいう決断をさせてしまった」と、試合開始直後からのペペの振る舞いを否定した。

     さらにモウリーニョは、「10人で長い時間をプレイするということは言うまでもなく大きなハンディキャップだ」と、早い時間帯の退場がチームに及ぼすデメリットを口にし、ポルトガル代表が強豪相手には勝てていないことを指摘した。

    「今までのW杯やユーロでのポルトガルのパフォーマンスを分析すると、ポルトガルはトップレベルのチームが相手の時は、良い成績を残せていない。だから、私は『ポルトガルはドイツを倒せる』とか、『クリスティアーノ(・ロナウド)が3点も4点も取れる』とは思わないし、そう言ったら嘘になってしまう」

     厳しい言葉を並べたスペシャル・ワンだが、母国を思うからこその発言のようだ。
    「ただ、私はもっと拮抗した試合になると思っていた。長時間を10人でプレーすることが難しいのはわかっているが、それでも4-0という結果は失望に値する」と、結果に不満の様子だ。

     批判を受けたチームは、23日のアメリカ戦、27日のガーナ戦でモウリーニョを喜ばせる結果を出せるか。

    ゲキサカ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140618-00136515-gekisaka-socc

    【モウリーニョが頭突きで退場のDFペペを痛烈批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/06/03(火) 17:24:58.74 ID:???0.net
    イングランド・プレミアリーグ、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、ブラジルW杯のグループリーグを突破するチームを予想した動画が話題になっている。

    日本が所属するグループCでは、コートジボワールとギリシャが勝つと考えているようだ。

    モウリーニョ監督は、グループCについて「コロンビアはとてもいいチームだ」と言及しているだけで、あまり関心を持っていない様子だが、勝利チームについては、1位にコートジボワール、2位にギリシャと予想した。

    ■モウリーニョ監督が予想するグループリーグ突破チーム

    【グループA】ブラジル、メキシコ
    【グループB】スペイン、オランダ
    【グループC】コートジボワール、ギリシャ
    【グループD】イタリア、イングランド
    【グループE】フランス、スイス
    【グループF】アルゼンチン、ナイジェリア
    【グループG】ドイツ、ポルトガル
    【グループH】ロシア、ベルギー

    守備的なカウンターサッカーでも知られるモウリーニョ監督のスタイルとも類似点が
    多いギリシャのプレースタイルや、かつてチェルシーでも活躍したFWディディエ・ドログバ
    など、コートジボワールによく知る選手が所属していることも、
    名前が挙がった要因の一つと考えられる。

    日本については、一言も言及することなく“スルー状態”だったが、
    モウリーニョ監督にとっては、日本代表の戦力を知った上での本音が現れた態度
    なのかもしれない。
    アジア勢がグループリーグで全滅するという予想をみせたモウリーニョ監督。
    日本代表には、この予想を覆す活躍を期待したいところだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8898375/

    動画
    http://sports.yahoo.com/video/mourinhos-madness-picks-final-16-032608132.html

    【日本はGL敗退?モウリーニョ監督、W杯GL突破チームを予想・・・グループCは「1位コートジボワール、2位ギリシャ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2014/01/26(日) 09:50:38.37 ID:3BNw/ee80
    04-05 チェルシー 4-3-3

                  ドログバ
    ロッベン                       ジョー・コール
              ランパード   エッシェン
                  マケレレ
    ギャラス    カルバーリョ     テリー     フェレイラ

                   チェフ

    09-10 インテル 4-3-1-2

           エトー    ミリート
              スナイデル
        モッタ        スタンコビッチ
             カンビアッソ

    サネッティ   ルシオ  サムエル    マイコン

            ジュリオ・セーザル

    11-12 レアル・マドリード 4-2-3-1デンマーク

                      ベンゼマ
    クリスティアーノ・ロナウド      エジル         ディ・マリア
                シャビ・アロンソ   ケディラ

    マルセロ         カルバーリョ   ペペ      セルヒオ・ラモス

                      カシージャス

    【ジョゼ・モウリーニョの歴代戦術で最強はどれか】の続きを読む

    このページのトップヘ