ベン・メイブリー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2014/06/02(月) 20:31:40.32 ID:???0.net
    「Foot!」の公開収録 ベン・メイブリー氏「いい時の日本代表はイングランド以上」

    人気サッカー番組「Foot!」の公開収録が、FooTNiK大崎で行なわれた。
     5月31日、『J Sports』で放送されている人気サッカー番組「Foot!」の公開収録が、FooTNiK大崎で行なわれた。

     MCの倉敷保雄氏が、ベン・メイブリー氏、アデマール・ペレイラ・マリーニョ氏をゲストに迎えて、2014年W杯の話題を中心に、白熱のトークを展開。グループリーグの展望を語るとともに、優勝予想なども行なわれた。

     イングランド人のベン氏は、日本代表について、好不調の波は激しいが、いい時はイングランド以上のサッカーを展開すると高い評価を与えている。

     この収録の模様は、「デイリーサッカーニュース Foot! "ESPECIAL"Foot!Meeting 2014」と題して
    6月6日(金)22時からJ SPORTS 2で、90分の特別版として放送される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140602-00000025-ism-socc
    人気サッカー番組「Foot!」の公開収録が、FooTNiK大崎で行なわれた。
    no title

    【ベン・メイブリー氏「いい時の日本代表はイングランド以上」…「Foot!」公開収録】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    428: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/05/25(土) 00:45:59.99 ID:XLFc/NBY0
    英国ユーモアって何やねんww


    内容と全く関係あらへんタイトルも英国ユーモアの一種やねん
    http://www.jsports.co.jp/press/article/N2013052416001402.html



    内容と全く関係あらへんタイトルも英国ユーモアの一種やねん

    Text by ベン・メイブリー 


    毎度まいど。

    J2からJ1への復帰を図る上で、最もややこしい課題の一つとして、やっぱりJ1で勝てるサッカーとJ2で勝てるサッカーが違うってことが挙げられるね。

    ガンバ大阪の降格が決まったら、J2の実況もよくやっている『Foot!』のナレーション担当、永田実さんとちょっとお話したんやけど、

    「J1とJ2は結構、内容的に違うよ。J1だったら中盤でゆっくりパスを回したいなら、相手のエリア付近までだいたい思い通りにさせて貰えるけど、 J2だとハーフウェイ付近でも相手が激しく来る。ピッチの状態もJ1ほど良くないから、これまでと同じサッカーにこだわると、意外と難しいかもしれない」

    というふうにコメントしてくれた。さすが、永田さんは声が恰好良いだけやなくて、いつもうまいこと仰るわ。

    これはガンバにとって、特に大きいかもしれへん。去年も気になった(=腹が立った)ことやけど、残留を争いながらも、J1の強いチームのつもりでプ レーしとった。どうしても勝たなあかん試合でうまくいかんでも、余裕がありそうにゆっくりパス回しとった。土壇場でも勝てる自信があるのもええことやけ ど、結局勝たれへんかったらいつか現実に合わせる必要があるやろう。

    ほんで今シーズンの序盤もかなり、イメージ通りのサッカーをするのに苦労したと思う。勝ち点は一応重ねたとはいえ、内容はめっちゃフラストレーティ ングで、ガンバらしくない1対0とか0対0という結果が続いた。レアンドロも、第9節の松本山雅戦まで8出場で3得点という、彼にとっては非常に少ない ペースやった。

    これは最近ちょっと変わって、弱い相手に恵まれたとも言えるけどカターレ富山には4対0、ザスパクサツ群馬には5対1で圧勝することが出来た。今は 総得点が29でヴィッセル神戸を上回ってトップやし、レアンドロも第10節となった富山戦以降は6出場で7得点と好調。みんな、少しずつJ2で求められた サッカーに慣れてきている感じもする。

    せやけど、そこに不安もあんねん。もし、J2で勝てるチームへと変化してきてるんやったら、J1で勝てるチームはもう崩されるかな?

    (以下詳細はリンクにて)




    <前回のコラム>次はザスパクサツ群馬か。今度またチーム名が変わったらえらいことになるわ。ザスパクサツグンマ関東、とか




    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレpart4449

    【ベン・メイブリーのコラムを見て、自分の浅薄さを少し反省するの巻。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    62: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/05/17(金) 18:40:10.87 ID:7bcYvFpVO
    http://www.jsports.co.jp/press/article/N2013051717541002.html  

    57


    >逆に、僕は昔からガンバとある共通点を感じて、結構アルディージャが好きやねん。

    >その共通点は何かって言うと、アルディージャもガンバと同いように、東京を拠点とする全国マスコミには無視されがちってことや。

    >僕、ほぼ10年前から日本に来て以来ずっと変に思ってんのは、日本の地上波テレビとか新聞を見ると、
    >関西勢は殆ど取り上げてもらえず、いつも浦和レッズとか、鹿島アントラーズとか、横浜Fマリノスとか、
    >ほんで一度もJリーグ優勝してないのに首都のFC東京といった、関東のいわゆるビッグクラブのことばっかり言うてるでしょ?



    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレpart4441


    【ベン・メイブリーのコラム 〜言ってることは理解できるが、コラムのタイトルと記事の内容の無関係さにワロタ〜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    600: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/05/10(金) 16:26:09.19 ID:W/5BRvnD0
    ベン・メイブリーコラム
    まあ、2ドローで無敗キープより、1勝1敗の勝ち点のほうがええやろ

    http://www.jsports.co.jp/press/article/N2013051016001302.html




    604: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/05/10(金) 16:33:12.92 ID:W/5BRvnD0
    ベンさんコラム

    僕の苦しみながら見てきたガンバを参考に、ユナイテッドのえらいさんに3つのアドバイスを差し上げたいと思います。

    1. 第一候補がアカンかった場合、ウィキペディアも含めて誰も知らない奴を呼ぶな

    ジャーナリストとして恥ずかしかったことに、ジョゼ・カルロス・セホーンという名前は一度も聞いたことがなかった為、
    取り敢えずウィキペディアで調べようと思ったけど、日本語はもちろんのこと、英語の記事すら当時載ってへんかった。
    あれはヤバい。全く凡人の僕だって一応、日本語版で「書きかけ項目」ぐらいあるみたいやから、セホーンってどんだけ無名やねん?!
    と思いながら、知り合いのブラジル人記者に連絡してみた。
    彼曰く、「まあ、セホーンはある意味で経験豊富とは言えるけど、監督歴は4部ぐらいのちいちゃなクラブばかりやから、どう考えてもガンバで成功出来ると思えへん」。だって。

    2. 不要とした選手は、必要とするな

    前年まで大いに貢献してきた、山口智や橋本英郎、イ・グノなどの流出について聞いてみると、
    金森氏は「みんながそんなことをよく言っていますが、忘れないで下さい。戻ってくる選手も同じぐらい多いです。従って、メンバーが弱くなったとは、私は全く思っていません」と答えてくれた。
    せやけどさぁ…倉田秋の活躍ぐらいは期待できたけど、寺田紳一とか丹羽大輝とかは、元々出した理由があったやろ!
    それぞれ2年、何と5年もずっとレンタルで出しっぱなしやった。ほんまに必要な選手やったら、そんなことはせえへん。

    3. 責任分担ははっきりと

    ガンバには結局、呂比須とセホーンが2人で1セットとして来ることになったけど、滅茶苦茶な状態ばかりもたらしてしまった。
    その解任時にGoal.comで関西在住の仲間、永田淳が書かれたように、「周囲に『2人のどちらが指揮を執るのか?』という疑問を残したままチームは始動した。
    これによって、チームが5連敗を喫し、開幕戦から新加入の今野泰幸が常に
    「え?!僕は何故こんなに守備が出来へんチームに来たのかい?!」っていうような表情をしとった。
    ユナイテッドのディフェンダー、フィル・ジョーンズとリオ・ファーディナンドは、うまくいってるときでも良く変顔すんねんから、ガンバと同じような失敗を繰り返したら、恐ろしいことになるわ。

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレpart4433


    【ベン・メイブリーのコラムが正論すぎて笑えるとともに、いかにセホーンが酷かったかを改めて考えさせられて愕然とするの巻。】の続きを読む

    このページのトップヘ