ベルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 09:26:16.84 ID:???0.net
    ベルギー5得点快勝 ルカクがハットトリック

    26日に行われた国際親善試合でベルギーはルクセンブルクと対戦し、5ー1で勝利した。

    開始3分、ベルギーは高い位置でのボール奪取からフェライニのパスを受けたルカクが幸先良くゴールネットを揺らすと、その後もエースが好調をアピール。
    13分に同点弾を許したが、23分と54分にもルカクがゴールを挙げ、ハットトリックを達成した。

    71分にシャドリの鮮やかなゴールで3点差としたベルギーは、終盤にデ・ブルイネのPKで締めくくり、5ー1で大勝。後半にはジャヌザイのデビューもあり、本番に向けて着々と準備を進めている。

    ワールドカップでグループHのベルギーは、アルジェリア、ロシア、韓国と同組。
    同日の国際親善試合でロシアはスロバキアに1ー0で勝利している。

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140527-00000036-goal-socc
    'LUKAKU BELGIUM LUXEMBOURG 26052014'
    no title

    【ベルギー5得点快勝 ルカクがハットトリック…国際親善試合】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: DJかがみんφ ★ 2013/11/21(木) 20:09:11.36 ID:???0
    (金子達仁=スポーツライター)

    大迫が生んだ勝利だった。オランダ戦における彼のゴールがなければ、チームは完全に自信を喪失していただろうし、監督の更迭以外に再生の道はなくなっていた。
    壊れかけたチームを踏みとどまらせた薩摩隼人の一撃があったがゆえの、この日、ベルギー戦での勝利だった。多くの選手、ファンは、再び世界への希望を見いだしたことだろう。

    だが、まだ本物ではない。まったくもって、本物ではない。

    結果よりも内容を重んじていたはずの監督は、2点差のリードで迎えた終盤、露骨な守備固めに入った。総攻撃に出てくるであろうホームチームと真っ向から打ち合えば、当然、被弾のリスクは高まる。
    けれども、その果てにつかんだ勝利がもたらすものは、ガードを固めてかろうじて逃げ込んだ勝利よりもはるかに大きなものとなっていた。

    なぜ日本はベルギーからリードを奪うことができたのか。馬鹿(ばか)げているとしかいいようのないミスから失点したにもかかわらず、逆転することができたのか。
    たとえ過程の段階でミスが出ようとも、徹底してポゼッションにこだわるサッカーをやったから、だった。
    勇気をもって敵陣に踏み込んでいくサッカーをやったから、だった。

    >>2に続く

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/2013/kiji/K20131121007054480.html

    2: DJかがみんφ ★ 2013/11/21(木) 20:09:24.87 ID:???0
    >>1の続き

    だが、監督が動いたことで、それまでのサッカーは消えた。
    あれほど圧倒していた相手に、あれほど押しまくられてしまった残り15分――。
    残念、としか言いようがない。メキシコにも負けないぐらいポゼッションに対するこだわりをみせたこの日の日本は、最後の最後で、メキシコならば絶対にやらないことをした。クリアで逃げるサッカーである。自らフィフティー・フィフティーの状況を作り出してしまうサッカーである。

    日本にとってのポゼッションは、まだ哲学ではない。信念でもない。苦しくなれば投げ出してしまえる程度のものでしかない。

    まだ、本物ではない。

    監督が本物を目指しているのかどうかもわからない。

    この試合は、今年最後の試合であると同時に、W杯前最後の真剣勝負でもあった。
    そこでああいう逃げきり方に走ってしまった以上、来るべき本番でも日本は同じことをやらざるをえない。他の逃げきり方……というか勝ちきり方を経験しないまま、しようとしないまま、終わってしまったからだ。

    オランダを圧倒し、ベルギーに勝ったことは高く評価できる。危機的状況が回避されたのも間違いない。
    だが、一度は世界一を目指すと選手が公言し、それを信じたファンもいた国ならば、ベルギー戦の残り15分に怒らなければならない。あの時間の戦いぶりを黙殺し、「勝ったからよかった」と浮かれる国からは、W杯で世界を驚かせるチームは出てこない。

    【守備堅めに逃げた日本 まだ、本物ではない(金子達仁)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    52: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/11/21(木) 13:35:08.71 ID:YmN2frAI0
    ベルギーのヘット・ラートステ・ニュース紙のステファン・ケイニャレ記者(38)がベルギー―日本戦を取材し、日本の印象を語った。サッカー部署のチーフを務めている同氏は驚きを交えながらザックジャパンを高く評価した。

    日本は非常に良かった。驚いたのはフィジカルコンディションだ。ベルギーの前回の試合は木曜日で、日本は土曜日。にもかかわらず日本の方がフレッシュだった。

    世界を見ても、日本のようなスタイルのサッカーをしているチームは多くない。
    個人的には「ミニ・バルセロナ」と呼びたいくらいだ。スピードがあり、パスをつないでいく攻撃的なサッカー。
    だから、日本の人々は目先の結果が出ないことがあったとしても、ザッケローニ監督をサポートするべきだと思う。

    印象的だったのは香川だ。彼は欧州で高いレベルで経験を積んでいる最中で、それが彼を向上させている。
    香川が日本のサッカーを体現している選手だと思う。サッカーの哲学や魂、さらにスピードやアジリティー(敏しょう性)といった日本の特徴のことだ。

    攻撃的にいけば失点する可能性が高まるし守備的なサッカーをすれば魅力的ではなくなる。
    サッカーとはそういうもの。攻撃的で魅力的なサッカーをして、なおかつ失点もしないなどということはありえない。日本のサッカーは見ていて楽しい。最大限、良いサッカーをしていると思う。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/11/21/kiji/K20131121007052440.html

    【ベルギー人「日本のサッカーは攻撃的で見ていて楽しい」 ガンバサッカー最高やん!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 絶対生かすマン(140103)φ ★ 2013/11/20(水) 10:30:15.24 ID:???
    互角の展開の中で、あり得ないミスから得点が生まれた。

    抜け出したルカクを止めるべく川島永嗣が不用意な飛び出し。あっさりとかわされると中へ折り返され、
    ミララスが酒井高徳を抜き去り、ガラ空きのゴールへ流し込んだ。

    オランダ戦と同様、どうしようもないミスからの失点。川島の対応は残念なものだったが、判断ミスは
    能力的な問題と言える(改善してほしいが)。それ以上に酷かったのが酒井高徳。

    まったく危機感がなく、やすやすと敵にボールを奪われた。

    あの場面は何がなんでもクリアしなければならない。ましてや本人はレギュラーではない身分。
    ポジションを奪うために気持ちの強さは感じらなかった。長友佑都との差は大きい。

    苦言から入ったが、日本は強豪ベルギーにアウェイで逆転勝ち。試合自体は大きく評価出来るものだった。

    アザールが90分いるとどうなるかは見たいところではあったが、日本もサイドバックは二人とも二番手、センターバックにも森重真人を起用していた。大きな影響はないだろう。

    では、何が良かったのだろうか。

    まず、前線からのプレスが非常に効いていた。日本の選手がボールを持ったベルギーDFに寄せると、オランダほどではないが、パスの出しどころに困っていた。良くないパスが出たところを効果的に奪うことが出来ていた。

    強豪に対しての前からのプレスは前から出来ていた部分ではあった。ただ、コンフェデ以降、1トップを変更したことであまり機能的なものではなくなっていた。

    オランダ戦やベルギー戦では柿谷曜一朗と大迫勇也はザック流を身につけ、これまで武器としていたものの錆がとれ、磨きがかかった。

    「全文、詳細はソース」で

    ソース:Yahoo!ニュース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131120-00010000-footballc-socc&p=1


     
    どこよりも早い採点

    川島永嗣 5.5 判断ミスで失点招いた。その後は好守も。
    吉田麻也 6 前半はミス目立つも後半は安定。
    森重真人 5.5 一対一の強さを見せるが、珍しく落ち着かずキックミスも。
    酒井高徳 4.5 残念だった失点シーンでの無気力プレー。
    酒井宏樹 6 同点ゴールをアシスト。良さを発揮した質の高いクロスだった。
    山口螢 6.5 守備範囲広く、フィジカルの強い相手にも負けなかった。
    長谷部誠 7 献身的な守備、展開力でチームにリズムをもたらした。
    本田圭佑 8 試合をコントロールし続けた。圧倒的なキープ力、打開力。
    清武弘嗣 5.5 攻撃の潤滑油にはなったが、違いを生み出すには至らず。
    香川真司 7.5 屈強なDF陣にも止められず、仕掛け続けた。
    柿谷曜一朗 7 素晴らしい先制点、そしてアシスト。連携面も向上した。

    遠藤保仁 6.5 後半からの投入でチームに新たな武器をもたらした。
    岡崎慎司 7 献身的なプレス、裏への飛び出しで相手の脅威に。
    大迫勇也 6 ファーストDFとして機能。投入後は守備的になったため彼にとって難しさはあった。
    細貝萌 6 潰し役として機能。
    今野泰幸 ― 出場時間少なく採点不可。

    ザッケローニ 7 チームに変化をもたらし、課題に取り組んだ。内容の良さが勝利という結果を生んだ。



     

    【【どこよりも早い採点】日本はなぜ勝てたのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    166: 名無しさん@恐縮です 2013/11/20(水) 08:32:54.86 ID:ugnwR76R0
    https://livedoor.blogimg.jp/ronsoku2/imgs/8/a/8a0c95f1.jpg
    1


    かわしま は ふしぎなおどり を おどった!!!








    しかし るかく には きかなかった!!

    【かわしま は ふしぎなおどり を おどった!!!  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/11/20(水) 08:22:14.09 ID:???i
    ベルギー戦快勝をセルジオ越後氏も賞賛「MVPは本田。皆の不安の眼差しがチームを変えた」
    SOCCER KING 11月20日 8時10分配信

     19日に日本代表対オランダ代表戦が行われ、日本が3─1で勝利した。ホームに大観衆を集めたベルギーに対し、日本はミスから先制を許したが、前半のうちに柿谷のヘディングゴールで追いつくと、後半に入り本田が逆転ゴールをゲット。さらに柿谷のアシストから岡崎が決めてリードを2点に広げ、セットプレーから2失点目を許したもののそのまま逃げ切った。

     結果だけでなく内容もポジティブだった試合に、普段は辛口でならす解説者のセルジオ越後氏も次のように賞賛した。

    「今日は本当にいい試合だった。内容だけでなく結果を求めた中で、きちんと結果もついてきたのは素晴らしい。この遠征は1勝1分けの勝ち点4。
    10月の遠征が1試合目だとすれば、来年の本大会でグループリーグ突破の可能性を示した、というところだ。ベルギーは高さがあってフィジカルコンタクトに強かったけど、日本の良さであるダイレクトプレーに弱かった。そこがピタリとはまった。怖さがあったのはセットプレーだけだったね。それ以外で日本が崩されたというシーンはないし、特にベルギーのダブルボランチは攻守に全然機能していなかった」

    続く
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131120-00149368-soccerk-socc

    4: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/11/20(水) 08:22:50.71 ID:???i
    「今日の試合で一番素晴らしかったのは間違いなく本田だ。ゴールシーンだけでなく、守備での貢献度が高かった。すごい運動量だったよ。気持ちの伝わるプレーだった」

    「課題は、やはり失点の多さだ。10月からの4試合で、7失点。全試合で先制を許している。攻守のバランスの話にもつながるが、ここは放置してはいけないだろう。この遠征で日本代表が蘇った要因の一つとして、メディアやファンがようやく監督やチームに対して懐疑の眼差しを向け、疑問の声を上げたこともあるだろう。それによって選手たちの目の色も変わった。だから勝っても課題は残して、そこは追求していかなければならない。大事なのはW杯本番で勝つことだからね」

    以上

    【ベルギー戦快勝をセルジオ越後氏も賞賛「今日は本当にいい試合だった。MVPは本田」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/11/20(水) 06:59:30.48 ID:???0
    国際親善試合

     ベルギー 2-3 日本  [ブリュッセル]
    1-0 ミララス(前15分)
    1-1 柿谷曜一朗(前37分)
    1-2 本田圭佑(後8分)
    1-3 岡崎慎司(後18分)
    2-3 アルデルワイレルト(後34分)

    ◆ ベルギー  ヴィルモッツ監督
    GK 1 ミニョレ(リバプール/イングランド)
    DF 2 アルデルワイレルト(アトレティコ・マドリード/スペイン)
       3 ヴァンブイテン(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ) → 13 ムニエル(クラブ・ブルージュ)(後34分)
       4 ヴェルマーレン(アーセナル/イングランド)(Cap)
       5 フェルトンゲン(トッテナム/イングランド)
    MF 6 ヴィツェル(ゼニト/ロシア)
       10 アザール(チェルシー/イングランド) → 8 フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)(後0分)
       19 デンベレ(トッテナム/イングランド) → 16 デフール(ポルト/ポルトガル)(後27分)
    FW 11 ミララス(エヴァートン/イングランド)
       14 メルテンス(ナポリ/イタリア) → 7 デブルイネ(チェルシー/イングランド)(後17分)
       20 ルカク(エヴァートン/イングランド) → 25 フォッセン(ゲンク)(後31分)

    ◆ 日本  ザッケローニ監督
    GK 1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
    DF 3 酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ) → 15 今野泰幸(ガンバ大阪)(後41分)
       6 森重真人(FC東京)
       21 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
       22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    MF 4 本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
       8 清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ) → 9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ)(後0分)
       10 香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) → 13 細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)(後37分)
       16 山口螢(セレッソ大阪) → 7 遠藤保仁(ガンバ大阪)(後0分)
       17 長谷部誠(ニュルンベルク/ドイツ)(Cap)
    FW 11 柿谷曜一朗(セレッソ大阪) → 18 大迫勇也(鹿島アントラーズ)(後18分)

    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/soccer/japan/jpn_20131119_01

    ★1が立った時刻 2013/11/20(水) 06:55:00.31
    前スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1384898100/

    【欧州遠征 日本、ベルギーに3-2逆転勝利! 柿谷同点ヘッド、本田右足に岡崎 敵地で世界ランク5位に勝ち切る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/09/07(土) 05:57:30.95 ID:???0
    FIFAワールドカップ ブラジル2014 欧州予選

    ◆ A組
    スコットランド 0-2 ベルギー  セルビア 1-1 クロアチア  マケドニア 2-1 ウェールズ

    ◆ B組
    イタリア 1-0 ブルガリア  チェコ 1-2 アルメニア  マルタ 1-2 デンマーク

    ◆ C組
    ドイツ 3-0 オーストリア  アイルランド 1-2 スウェーデン  カザフスタン 2-1 フェロー諸島

    ◆ D組
    エストニア 2-2 オランダ  ルーマニア 3-0 ハンガリー  トルコ 5-0 アンドラ

    ◆ E組
    スイス 4-4 アイスランド  スロベニア 1-0 アルバニア  ノルウェー 2-0 キプロス

    ◆ F組
    北アイルランド 2-4 ポルトガル  ロシア 4-1 ルクセンブルク
    (9/7)イスラエル - アゼルバイジャン

    ◆ G組
    ボスニア・ヘルツェゴビナ 0-1 スロバキア  リヒテンシュタイン 0-1 ギリシャ  ラトビア 2-1 リトアニア

    ◆ H組
    イングランド 4-0 モルドバ  ポーランド 1-1 モンテネグロ  ウクライナ 9-0 サンマリノ

    ◆ I 組
    フィンランド 0-2 スペイン  グルジア 0-0 フランス
    (休み)ベラルーシ

    試合速報:http://eurosport.yahoo.com/football/multiplex/34799.html
    順位表:http://www.fifa.com/worldcup/preliminaries/europe/standings/

     欧州のW杯出場枠は13。 まず各組1位の9か国が決まり、
    2位のうち成績上位の8か国によるプレーオフにより、残り4か国が決まる。
    (I組のみ1国少ないため、他の組は最下位との対戦成績を除外して2位同士を比較する)

    【W杯欧州予選 スペイン、ドイツ、イタリア、ベルギーなどが本大会へ前進 オランダ全勝ならず ポルトガル逆転勝ち】の続きを読む

    このページのトップヘ