ブラジル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 10:37:30.13 ID:???0.net
    アルゼンチンのサベジャ監督、ブラジルの大敗に「だからサッカーは美しい」

    2014年07月09日 10:25 発信地:サンパウロ/ブラジル

    【7月9日 AFP】サッカーアルゼンチン代表のアレハンドロ・サベジャ(Alejandro Sabella)監督が8日、ドイツが7-1でブラジルに圧勝したW杯ブラジル大会(2014 World Cup)準決勝について、「普通ではない」としながらも「なぜ(サッカーが)美しいのか」が示された試合だったと話した。

    ?サンパウロ(Sao Paulo)で記者会見に臨んだサベジャ監督は、「サッカー大国同士の対戦で、7-1という結果は普通ではない」と切り出した。

    「間違いなく普通の結果ではない。ドイツは強豪国だ。いつも決勝や準決勝に進出している。彼らの方が優位に立ち、そして勝った」

    「サッカーでは、こういうことが起こり得る。時に予想できないことが起こるんだ。だからこそサッカーは美しい」

    ?アルゼンチンは9日、サンパウロでオランダとの準決勝を戦い、その試合の勝者が、13日にリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で行われる決勝でドイツと対戦する。(c)AFP

    no title

    サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)準々決勝、アルゼンチン対ベルギー。ボールを
    手にするアルゼンチンのアレハンドロ・サベジャ(Alejandro Sabella)監督(2014年7月5日撮影)。
    (c)AFP/JUAN MABROMATA
    http://www.afpbb.com/articles/-/3020040

    【「だからサッカーは美しい」 アルゼンチン監督、ブラジルの1-7大敗についてコメント】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 木村カエレφ ★@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 08:35:29.16 ID:???0.net
    歴史的大敗にスコラーリ監督「普通ではないことが起きた」

     ブラジル代表を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、ブラジル・ワールドカップ準決勝敗退について言及した。『Football ESPANA』が伝えている。

     8日に行われた同大会の準決勝で、ブラジル代表はドイツ代表と対戦し、1-7で敗戦。試合後、自国開催となるワールドカップでの優勝を目指してきたスコラーリ監督は「この結果に対して許しを求めたい。このような敗北の中でさえ、サポートをしてくれたファンに感謝を示したいと思っている」と語った。

     また、同監督は「私は壊滅的な結果に対して責任がある」とコメント。
    さらに、歴史的大敗の原因について「今回の試合のことは、我々のプレーとは無関係だった。コントロールを失い、普通ではないことが起こった」と述べた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140709-00210200-soccerk-socc

    【歴史的大敗にスコラーリ監督「普通ではないことが起きた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 08:54:34.84 ID:???0.net
    2014年W杯は現地時間8日に準決勝が行なわれ、開催国のブラジルはドイツに1対7と惨敗し、母国優勝の夢が途絶えた。

    これまで史上最多5度の優勝を誇るブラジルだが、前回母国開催となった1950年大会では、決勝でウルグアイに敗れ優勝はならず。ショックを受けたサポーターが自殺するなど、「マラカナンの悲劇」と呼ばれた。

    それから64年。前回果たせなかった夢を実現するべく今大会に臨んだブラジル代表はベスト4まで駒を進めるも、準決勝のドイツ戦を前に、エースFWネイマールが負傷離脱。さらに守備の要である主将DFチアゴ・シウヴァが累積警告で出場停止となる。「図らずも離脱となったネイマールのためにも」と団結したブラジル代表だったが、待っていたのは厳しい現実。11分に先制を許すと、そこからドイツのゴールラッシュを許し、前半だけで5失点。後半にも2点を追加され、1対7という惨劇としか言いようのないスコアで敗れ、またも母国での優勝は果たせなかった。

    なお、ブラジルにとって1対7というのは史上最悪の大敗で、W杯のノックアウトステージで7失点を喫した初めてのチームという不名誉な記録を作ってしまった。スタジアムに詰め掛けたブラジルサポーターは、前半で5失点すると涙を流す人も多く、7点目が決まったときにはブラジルにはブーイングを、ドイツには拍手を送るなど自棄になっている様子も見せていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140709-00000011-ism-socc

    【マラカナン以上の惨劇 ブラジル、決勝トーナメントではW杯史上初の7失点という不名誉記録】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 07:07:59.42 ID:el4IYT4M.net
    どうなんや

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 07:08:15.42 ID:+TwPwfBM.net
    ドイツ

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 07:08:29.86 ID:il7BROLf.net
    ドイツやろなぁ

    【ブラジルの戦犯ってどいつ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 06:48:10.09 ID:???0.net
    FIFA ワールドカップ ブラジル2014 準決勝

     ブラジル 1-7 ドイツ  [ベロオリゾンテ]
    0-1 トーマス・ミュラー(前11分) ← 今大会5点目
    0-2 ミロスラフ・クローゼ(前23分) ← W杯通算16点目
    0-3 トニ・クロース(前25分)
    0-4 トニ・クロース(前26分)
    0-5 サミ・ケディラ(前29分)
    0-6 アンドレ・シュールレ(後24分)
    0-7 アンドレ・シュールレ(後34分)
    1-7 オスカル(後45分)

    http://brazil2014.yahoo.co.jp/game/?gid=2014070801
    http://www.fifa.com/worldcup/matches/round=255955/match=300186474/

    ◇ 決勝トーナメント表
    no title


    ◇ テレビ放送予定
    地上波:http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?138501-138501-fl#today
    NHK:http://www.nhk.or.jp/fifaworldcup2014/onair/

    【W杯準決勝 ドイツがブラジルに7-1歴史的圧勝!クローゼ新記録 攻守の要欠く「王国」、ホームで30分持たず崩壊】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/07(月) 20:48:42.52 ID:j0putNVI0.net
    ブラジルはネイマールいないらしい

    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/07(月) 20:49:14.83 ID:qs52WRLH0.net
    開催国補正でブラジルだろ

    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/07(月) 20:49:49.64 ID:GD86z3BE0.net
    完全にドイツ優勝

    【ブラジル対ドイツどっちが勝つと思う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 14:25:41.16 ID:???0.net
    4強のキーパーソンは――。

    サッカーW杯ブラジル大会は5日(日本時間6日)の準々決勝でアルゼンチンがベルギーを1―0で、オランダは延長0―0からPK戦の末に4―3でコスタリカを下し、ベスト4が出揃った。

    準決勝の組み合わせはブラジル―ドイツ(8日=同9日)、オランダ―アルゼンチン(9日=同10日)に決定。

    下馬評が高かった4チームが勝ち残り、サッカーの祭典はいよいよ最終局面を迎えた。
    果たして、栄光のファイナリストはどの国か? 本紙評論家の元日本代表MF前園真聖氏(40)が4強の行方を占った。


    アルゼンチンは調子を上げてきたFWイグアイン(26)のゴールを守りきって勝利しました。
    ですが、ここまでの戦いを振り返ると、万全の状態ではありません。
    エースのFWメッシ(27)とMFディマリア(26)の2人が違いを生み出せたから、何とか勝ち上がってこれたと言えるでしょう。

    ただし、準決勝に向けてはディマリアが負傷して、出場は絶望的。
    攻撃面ではメッシひとりに頼らざるを得ない状況です。
    彼のパフォーマンスは本当にスーパーで、すばらしいですが、ディマリアを失い、メッシ以外の攻め手が見当たりません。守備陣にも不安があるので、厳しい状況ですね。

    一方、PK戦を制したオランダは、今大会で相手に対応した戦いを見せています。
    これは「リアクション」と言いますが、自分たちのスタイルを貫くのではなく、相手の長所を消しながら試合を進めています。
    相手の戦い方に左右されることなく臨機応変にやれるのは、オランダ最大のストロングポイントでしょう。

    オランダが準決勝でメッシ対策をするなら、スペースを与えないようにある程度、自陣の守備を固めてカウンターに徹すればいい。特に前線にはFWロッベン(30)をはじめスピードのある選手が揃っています。
    チームに勢いもあるので、世界制覇に一番近いかもしれません。

    >>2以降につづく

    7月7日(月)16時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000027-tospoweb-socc

    【前園氏「決勝は「欧州決戦」になる可能性があるのでは…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 10:16:37.74 ID:???O.net
    「ブラジルW杯・準決勝、ブラジル-ドイツ」(8日、ベロオリゾンテ)

     イタリア1部(セリエA)インテルミラノで長友佑都のチームメイトだったブラジル代表DFマイコンが、代表レギュラーの座を奪い返した。
     2012-13年シーズンで所属したマンチェスター・シティでは「環境に慣れることができず、故障もあり難しかった。選手として消えていた」とスランプに陥った。

    しかし昨季セリエAに戻ったことで輝きを取り戻した。ローマのガルシア監督の信頼を受けて甦ったマイコンは「監督は素晴らしいチームを作りあげた。私は情熱と刺激を受けて生まれ変わった」と語る。

     準決勝ではFWネイマールとDFチアゴシウバを欠くが、復活を遂げた32歳のベテランは「まずW杯優勝、そしてローマでスクデット獲得だ」と地元でのタイトル獲りを誓っている。

    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/07/07/0007123250.shtml

    【【おっさん専用】マイコンが復活】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    BEIJING-CHINA-OCTdddd_639



    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 22:17:23.49 ID:???0.net
    「ブラジルW杯・準決勝、ブラジル-ドイツ」(8日、ベロオリゾンテ)

    ブラジル代表のMFオスカルに戦線離脱したFWネイマールの穴を埋める活躍が期待されている。
    7日付スペイン紙マルカによると、変更が予想されるブラジル代表の布陣で攻撃の鍵を握る存在になる報じている。

    ネイマールのみならず主将のDEチアゴシウバも出場停止で欠場するため、スコラリ監督はシステムを含めた戦い方の変更を模索。
    想定されるのは(1)トリプルボランチ、(2)センターバック3人起用の5バック構成、(3)ウィリアン(チェルシー、英)を先発させてのシステム維持、3パターンだという。

    いずれにしても、サイド、アタッカー、トップ下、最前線のFWとあらゆる起用パターンが可能なオスカルがチームの浮沈を握る存在になると考えられている。
    なおブラジルは準決勝ドイツ戦の開催地ベロオリゾンテ入りを1日遅らせて調整を進めている。

    7月7日(月)18時18分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000064-dal-socc

    【ブラジル代表のMFオスカルに戦線離脱したFWネイマールの穴を埋める活躍が期待】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 16:35:22.61 ID:???0.net
    データ分析専門家の庄司悟氏(62)が、ブラジル―コロンビア戦を徹底解析。
    ブラジルの1試合最多となる31回のファウルを勝因に挙げた。
    ブラジルは、これまで25で最多だったオランダ(1次リーグ、オーストラリア戦とチリ戦)
    の1試合(90分)ファウル数を上回る31を記録した。コロンビア側はトップ下のロドリゲス、
    右MFのクアドラドが各6、右サイドバックのスニガは5と、3人とも1試合では最多の数を受けた。
    コロンビアの最大の武器は、司令塔のロドリゲスを起点とし、
    スピードある右サイドの選手を使ったカウンター。ブラジルはボールを奪われた瞬間、
    もしくはキーマンにつながった瞬間に徹底的にファウルで止めた。
    その影響で、ブラジルの敵ボール時の走行距離は2万6940メートルにとどまった。
    勝利チームでは1次リーグF組でイランを倒したアルゼンチンの2万1992メートルに次ぐ短さだ。
    ただし、アルゼンチンのボール支配率は70%、今回のブラジルは51%。
    相手にカウンターで攻められると、その対応で必然的に敵ボール時の走行距離は増える。
    同じくらいボールを相手に持たれる展開でのこの走行距離は、
    いかにコロンビア得意のカウンターに持ち込ませず、“省エネ”の守備ができていたかということ。
    この意図的なファウルが徹底されていたからこそ、PKの1失点に抑えられたのだ。(データ分析専門家)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000117-sph-socc

    【ブラジルの勝因は最多 31ファウル】の続きを読む

    このページのトップヘ