ハリルホジッチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 09:59:47.79 ID:???*.net
    ガンバ大阪の宇佐美貴史が6戦連続のゴールを記録、クラブとしては7人目のタイ記録である。
    今季の宇佐美はオフ・ザ・ボールで良いポジションを占めての得点、本人いわく「難易度の低いゴール」を増やすことで得点量産を狙っている。

    4月29日の松本山雅戦のゴールもパトリックからの折り返しをシンプルに合わせたゴールだった。
    ドリブルシュートや豪快なミドルばかりでなく、ペナルティーエリアへ質の高い動きで走り込んで
    フリーになってワンタッチでシュートする得点を狙う今季の宇佐美は、鬼に金棒といった様相である。

     G大阪ではパトリックと2トップを組んでいるが、日本代表では4-2-3-1の左サイドハーフで起用された。
    宇佐美は左サイドでのプレーも得意なので攻撃面では問題ない。

    ただ、サイドハーフは守備に戻る距離も長く、運動量と守備力が要求される。
    G大阪での得点力に期待するなら、トップ下のほうが生きるのではないか。

    ハリルホジッチ監督が指揮を執っていたアルジェリアも、ワールドカップブラジル大会では4-2-3-1を使っている。
    トップ下に起用していたのはタイデルとブラヒミだった。

    タイデルは柴崎岳をパワーアップしたようなパサー、ブラヒミは香川真司と似たキープ力のあるトリッキーなタイプである。
    守備を重視したベルギー、ドイツ戦はタイデル、攻撃重視の韓国、ロシア戦ではブラヒミを先発させていた。
    一方、4試合すべてに先発した唯一のアタッカーは右サイドハーフのフェグーリで、ゲームも作れて運動量も豊富、点もとれるという万能型の選手である。

    ハリルホジッチ監督は宇佐美の得点力を生かしたいのか、それとも攻守両面での貢献を要求していくのか、
    それによって起用方法も違ってきそうである。(西部謙司=スポーツライター)

    2015年4月30日
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/nishibe/kiji/K20150430010266660.html

    【ハリルホジッチ監督は宇佐美をどこで起用するのか?得点力を生かしたいのか、それとも攻守両面での貢献を要求していくのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    20150306093029b5e


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/21(火) 19:11:30.564 ID:43JaEnsb0.net
    1 ハリルホジッチ
    ーーーーー越えられない壁ーーーーーー
    2 岡田(南アフリカ時)
    3 トルシエ
    4 オシム
    5 ザック
    6 岡田(フランス時)
    7 アギーレ
    8 フランス岡田以前の監督
    9 ジーコ

    歴代監督をランキングするとこんな感じだよな

    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/21(火) 19:12:32.817 ID:cSDxFiwFd.net
    やりたいことがはっきりしてるから

    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/21(火) 19:12:39.724 ID:9znqmV/r0.net
    新監督が就任するたびにそう言われるよな

    【ハリルホジッチって歴代の監督でも群を抜いて名将だよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 16:07:16.21 ID:???*.net
    J1、J2の40クラブの社長が参加して行うJリーグの合同実行委員会が14日、東京・文京区のJFAハウスで行われ、ゲストとして招かれた日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(62)がJリーグに対して強烈な“ダメ出し”を行った。

    ハリルホジッチ監督は報道陣にも公開された会の冒頭、「ちょうど1カ月前に就任した。日本代表のレベルアップのために来た」と切り出すと、約30分間に渡ってノンストップで話し続け、Jリーグについては「球際の強さを向上しないといけない。日本には球際が強い人がいない」「(相手守備陣の)背後へのパスが少ない。足元へのパスを求めすぎている」「横パスやバックパスが多い」などと指摘した。

    また、次代のエースとして期待がかかるG大阪の日本代表FW宇佐美貴史(22)に対してはただ1人、個人名を挙げてレベルアップを要求。
    指揮官は「何人かの選手はまだ(自身が求めるサッカーに)適応できていない。それらの選手に厳しい要求をしていきたい。
    例えば、1人いますね。宇佐美です」と話すと、「彼にはかなり期待をしています。でも彼はたくさんのことを変えないといけない」と厳しい口調で言い切った。

    Jリーグの村井満チェアマン(55)によると、現役の日本代表監督が実行委員会に参加するのは初めて。
    ハリルホジッチ監督のスピーチの後には、非公開で質疑応答が行われた。

    サンケイスポーツ 4月14日(火)15時51分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150414-00000519-sanspo-socc

    【ハリル監督が強烈“ダメ出し” 宇佐美名指しで「たくさんのこと変えないと」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 07:15:24.42 ID:???*.net
    2006年のオシム監督以来となる就任からの2連勝を飾ったハリルJAPAN。
    「日本代表は明らかに進化した」と喜ぶファンは多いが、大きな宿題が残されたままだ。フリーキック(FK)のキッカー問題である。

    2010年の南アフリカW杯以降、日本代表のFKは左利きのFW本田圭佑と右利きのMF遠藤保仁の2人が担ってきた。
    しかし、ハリルホジッチ監督就任で遠藤が代表から落選した今、右利きのキッカーが「空席」となっている。

    もちろん、左利きの本田にも「指定席」は確保されていない。
    3月31日のウズベキスタン戦前にハリル監督は日本代表のFKについて、「ここ数年、ほとんど入っていない」とダメ出し。南アW杯のデンマーク戦、2013年の親善試合・ウルグアイ戦と、この5年間で2度しか決めていない本田を念頭に置いていることは明らかだ。

    注目されたウズベキスタン戦では本田はFKを一切蹴らずに、FW乾貴士やMF柴崎岳、FW香川真司らが蹴った。サッカージャーナリストの河治良幸氏がいう。

    「ハリル監督はFKを誰に託すかまだ決めかねているようです。今後、代表メンバーを絞り込んでいく中で決めるのではないでしょうか。ザッケローニ監督もアギーレ監督も本田選手と遠藤選手のどちらが蹴るかは本人たちに任せていましたが、ハリル監督は細かく指示を出すタイプなので、今後は選手同士で相談して決めるようなことはないでしょう」

    2010年の南アW杯前のオランダ戦では、FKを獲得した際、MF中村俊輔と本田が「どちらが蹴るか」で互いに折れず、中村が強引に蹴るという場面があった。
    そのFKを決められなかった中村はW杯でスタメン落ちし、本田はデンマーク戦で「ブレ球FK」を決めて名実ともに日本代表のエースにのしあがった。

    しかし本田のFKはその後めっきり入らなくなった。

    「南アW杯当時のボールはブレ球を蹴りやすい構造だったが、今は変化が出にくいボールが使用されている。FKが決まらなくなったのもそのせいだといわれています。ブレ球に頼らないキックを練習していますが、成果が出ていない」(スポーツ担当記者)

    かといって本田の存在を脅かすキッカーも今のところ現われていない。
    現メンバーで有力候補は右利きのMF柴崎とMF清武弘嗣、左利きのDF太田宏介らがいる。しかし、「同じ左利きの太田と本田では、明らかに本田が上」(同前)だ。

    前出・河治氏は「ライバルは本田選手自身」と見る。

    「パスを繋ぎながら相手の間隙を縫ってシュートに持ち込む本田選手のスタイルに、スピードを重視するハリル監督は違和感を持っている。自分の攻撃スタイルを変えなければスタメン落ちだけでなく代表落ちもあり得る。FKキッカーどころの話ではありません」

    今こそ本田にハリル戦術に対応するための「ブレ」が求められている。

    ※週刊ポスト2015年4月17日号

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150410-00000005-pseven-soci
    NEWS ポストセブン 4月10日(金)7時6分配信

    【本田圭佑 5年で2度しか決めていないFKにハリル監督評は】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 05:47:16.26 ID:???*.net
    日本協会は6日、東京都文京区のJFAハウスでU―22、18、15日本代表のコーチ陣を集めたスタッフ会議を開催した。
    A代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(62)も出席して、冒頭10分の予定を大幅に上回る1時間近く熱弁。
    今後はコーチ陣からの質問をいつでも受け付ける姿勢を示し、全カテゴリーが強化方針を共有することを確認した。

    “事件”は会議室で起きていた。ハリルホジッチ監督が就任後、初めて開催された全カテゴリー合同のスタッフ会議。
    指揮官は「冒頭5~10分話してほしい」とのリクエストを受け、20人を超えるコーチ陣の前で指導方針などについて語り始めた。
    だが、予定の10分を超えても終わる気配はなく、逆にヒートアップ。
    熱弁を終えた時には1時間近くが経過していた。

    霜田技術委員長は「情報を共有して皆で強い日本代表をつくっていきましょうということ」と説明。
    木村育成担当ダイレクターは「話に熱があるので非常に伝わる」と感心した。
    合同スタッフ会議は今回が2回目。
    昨年12月の第1回に出席したアギーレ前監督は、あいさつ程度で終えていただけに熱血ぶりは際立った。

    内容は球際の強さや攻撃の優先順位など、3月23~31日のA代表合宿で選手に伝えたことと同じ。
    指揮官は「勝利にこだわるために、ディテールにこだわろう」と訴えた。
    次の会議を控える出席者も多かったため、会議は予定から約1時間オーバーの3時間で打ち切り。
    一方的に話し続けたため質問などを受け付ける時間はなかった。

    それでも話し足りない指揮官は、理解を一層深めるため、今後、カテゴリーを問わずに、コーチ陣といつでも話し合いの場を設ける方針も打ち出した。
    霜田技術委員長は「監督は毎日、日本協会にいると言っているので、いつでも話はできる」と指摘。
    木村育成担当ダイレクターは「聞きたいことはいっぱいある。その勇気があるか」と語った。

    日本協会内には、指揮官の要望通りリニューアルされた監督室もあり、受け入れ態勢は万全。
    ハリル塾の門戸は365日、いつでも開かれている。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/07/kiji/K20150407010125310.html
    2015年4月7日 05:30

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/07/gazo/G20150407010125360.html
    全カテゴリー合同のスタッフ会議に出席し握手をかわすハリルホジッチ監督

    【ハリル監督 熱すぎマシンガントーク!会議10分予定が1時間】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/04(土) 08:04:34.40 ID:???*.net
    <J1:G大阪3-1名古屋>◇第4節◇3日◇万博

    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(62)が大阪・万博記念競技場で行われたG大阪-名古屋戦を視察した。

    開始30分前に通訳とともに会場入り。熱心に試合を見ながらも、寝不足なのか、あくびばかりしていた。
    宇佐美と永井の得点を見届けて、後半23分には席を立った。
    報道陣の問いかけには、自ら手で質問を遮って、無言のまま会場を後にした。

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1456560.html
    [2015年4月4日7時29分 紙面から]

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/photonews/photonews_nsInc_1456560-0.html

    依頼です
    ◆芸スポ+スレッド作成依頼スレッド★777(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1427878795/

    【あくびハリル監督、ゴール見届け途中で退席】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/04(土) 05:46:33.45 ID:???*.net
    J1第4節 G大阪3―1名古屋 (4月3日 万博)

    若きエースが躍動した。G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(22)はホームの名古屋戦で2ゴールを決めて3―1の勝利に貢献し、チームを暫定首位に導いた。先月31日のウズベキスタン戦で代表初ゴールを決めたばかりだが、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(62)が視察した一戦で再び結果を出した。
    名古屋の日本代表FW永井謙佑(26)も意地の一撃を決めて、代表生き残りへの執念を見せた。

    歓喜の代表初ゴールに続き、代表指揮官の前で宇佐美が再びまばゆいばかりの輝きを放った。

    まずは前半46分、左サイドからのシュート性のクロスが相手DFに当たって先制点に。
    最初はオウンゴールと発表されたが公式記録では得点と認められた。
    「(シュートかクロスかは)ごまかしときます」と笑いを誘いつつ「コースに入ってましたし、自分のゴール」と胸を張った。
    後半4分には米倉のクロスを右足で突き刺して追加点。
    名古屋FW川又、永井と3人の日本代表FWがそろったピッチで圧倒的な実力を見せつけた。

    先月27日の国際親善試合チュニジア戦で代表デビューを飾り、同31日のウズベキスタン戦で初ゴール。
    待望の舞台を与えてくれたハリルホジッチ監督の視察に燃えた。
    「来るというのは知らなかったんですけど、試合前に奥さん(蘭夫人)から聞きました。
    いらんこと言われたと思いましたけど」と冗談交じりに話しながらも「代表で要求されていることをガンバでも落とし込んでいきたい」とさらなるアピールを誓った。

    “代表効果”は随所に垣間見えた。走行距離は今季初めて10キロを超えた。
    代表で提示されたデータを基に課題と認識し「増やしていかないといけない」と誓ったスプリント回数も最多の25回を記録。
    後半ロスタイムにも決定機をつくるなど、最後まで走り抜いた。

    合宿ではストライカーの岡崎に積極的に質問を重ね、相手の裏を取る動きだしの必要性などを聞いただけでなく献身性も学んだ。
    岩下は「岡崎の守備での貢献度を感じたと言っていた」と証言する。
    本田からは「Jリーグでも点を取れ」とハッパをかけられた。さまざまな収穫を手に一回り大きくなって帰ってきたガンバのエース。
    東京へ戻る新幹線の都合で後半25分にスタジアムを後にしたハリルホジッチ監督は無言だったが、宇佐美は新生日本代表のエース候補に堂々と名乗りを上げた。

    ≪得点ランクトップ浮上≫宇佐美(G大阪)が2ゴール。今季4得点とし、得点ランクトップに立った。
    J1でのマルチゴールは昨季第33節・神戸戦以来、通算3度目で、名古屋戦は自身初ゴール。
    昨季のリーグ戦は10得点で優勝に貢献したが、最終2~6位(浦和、鹿島、柏、鳥栖、川崎F)の上位からはゴールがなかった。
    名古屋戦初ゴールで、宇佐美が公式戦で得点していない現J1は仙台、鹿島、湘南、新潟、鳥栖の5チーム。
    今季は優勝を争うライバルからのゴールが求められる。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/04/kiji/K20150404010107970.html
    2015年4月4日 05:30

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/04/gazo/G20150404010108290.html
    <G大阪・名古屋>ハリルホジッチ監督見ましたか!後半4分、宇佐美はゴールを決め喜ぶ

    【宇佐美 ハリル監督の前で2発!連勝飾り得点ランクトップ浮上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 06:52:00.61 ID:???*.net
    「良い雰囲気を作れ、良い競争も生み出せたと思う」

    ――試合の率直な感想をお願いします。

    「今日の試合に関して、非常に満足しています。選手たちは本当に良い試合をしてくれました。
    良いリズムで試合を進め、そしてアグレッシブさもかなりありました。

    我々のプレーはかなり速かったと思います。時々ちょっと速すぎた場面もあり、特に前半はパスが上手く調整できていないところもありました。
    ちょっとグラウンドが滑りやすくて、かなりボールも走っていました。ただ、選手たちを褒めたいと思っています。

    スタートから勇気とやる気を見せてくれました。2点を奪い、もっと取れる可能性もありました。
    この勝利は私にとって本当に大事なものです。合宿でともに過ごし、合理的な変化を起こしてきました。

    ただ、すぐにすべてに満足するわけではありません。この道はまだまだ続きます。
    2試合目の準備もしなければなりません。
    次の試合は違うメンバーで臨もうと思っています。多くの選手に(出場の)機会を与えたいです」

    ――今日の起用法の狙いを教えて下さい。

    「皆さんにお伝えしたとおり、機会をまず設けたかった。本田や香川、内田のクオリティはすでに知っています。
    なので、他の選手に機会を与えました。最初から出たメンバーを含めて、やる気とアグレッシブさを見せてくれました。
    良い雰囲気を作れたと思っています。そして、良い競争も生み出せたと思っています。

    我々のクオリティというのは、組織的に戦うということです。日本代表はこのやり方で戦うのが良いと思います。
    そうすれば相手に対して、多くの問題を起こせるでしょう。
    今日対戦したチュニジアは素晴らしいチームでしたが、我々のほうが勝っていたと思いますし、(今後も)向上していくはずです。

    次の試合ですが、まだ十分に知らない選手にもプレー機会を与えたいと思っています。
    映像で観ただけでは満足していません。6月に公式戦(ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選)がありますから、
    それに向けて、日本代表に入れる充分な資質を持った選手を見つけなければいけないので、直接見て、多くのことを発見したいのです」

    ――「球際の強さ」を練習やミーティングなどで要求していました。
    今日の試合を見て、どう感じましたか?また、攻撃面で改善すべき点を挙げてください。

    「ハイレベルのフットボールではご存知のとおり、アグレッシブさと球際の強さが要求されます。
    今回の合宿でも、その点を集中してやっていきました。
    このチームに求めたいのは、戦いに対して、メンタリティとか勇気をさらに高いレベルに持っていってほしいということです。

    向上させたい点はたくさんあります。ボールを奪った後のゲーム支配にはまだ満足していません。
    奪ってから最初のパスがまだ十分な精度になっていません。
    奪った後に、まだまだ短いパスを使いすぎかなと。もっと長いパスで狙いたいなと思っています。
    今回はスピードを求めましたが、テクニックも少し欠けているかな、と。ただ、グラウンドがかなり滑りやすくて、パスがとても速くなっていました。

    選手たちは我々が要求したことを忠実にやろうとしてくれましたし、その姿勢をキープしてほしいと思います。
    彼らには『本当に素晴らしい試合をした』と言いたいです。
    もう一度皆さんに言いますけども、対戦相手はFIFAランキング25位です。それを考えたうえで、選手をもっと褒めてあげてください。
    この勝利を褒めてあげてほしいですし、見せたクオリティも褒めてあげてください。

    ただ、もっと得点が欲しかったです。バーにも当たりましたし、ポストにも当たりました。
    宇佐美らも素晴らしく、本当に素晴らしい組織プレーがありました。最後のフィニッシュのところが足りなかったかなと思っています」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150328-00010002-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3月28日(土)1時41分配信

    4: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 06:54:02.72 ID:???*.net
    「大きな一歩を踏み出した。このチームはもっと伸びる」

    ――選手を交代せずに後半をスタートさせました。どんな指示を送ったのでしょうか?

    「本田と香川が入ったことでゲームの空気が変わりました。彼らはクオリティの高さを見せてくれました。
    (香川が)ドルトムントでプレーしているのは偶然じゃないということです。日本代表のキーとなる選手だと思っています。

    もちろん彼らにも厳しい要求をしました。もっと高いレベルに行けると思っているからです。
    この試合では素晴らしいパフォーマンスでした。ふたりが自分の能力をすべて出せば、ゲームが変わるというのを見せてくれたと思います。

    テクニックだけじゃなく、ディシプリン、それから丁寧さ、勇気、ディフェンスのアグレッシブさ、
    そういったところも見せてくれました。チーム全員がこれを見せなければいけないと思っています」

    ――監督が攻守で要求したことを何パーセントくらい達成できたのでしょうか?

    「ディフェンス面は、ミーティングで話したことも踏まえてかなりトレーニングをしました。
    各選手に非常に正確なアドバイスをしました。特にどこを説明したかというと、前に行きながらの守備です。

    下がりながらのプレスではなくて、合理的な変化、アプローチをしました。今までは引き過ぎたんじゃないかな、と。
    今度はリスクを負いながら、前に行きながら守備をしようと話したのです。
    おそらく今日は、相手が危険なシチュエーションをあまり作れなかったんじゃないでしょうか。

    ゲームを理解するというところもかなり要求しました。各自のゾーンの役割があって、そこで相手選手に近付いて行けと要求しました。
    相手選手がターンをするような状況を作るな、そういう指示をしました。
    毎日毎日、このアドバイスをしました。とにかく、アプローチしろと。

    今日はボールを奪うところでは全員が参加できました。
    ただし、奪った後に少し難しいことをしようとしたところはありますけども、3回のトレーニングしかしていませんから、
    何パーセントだったのかを言うのは難しいです。合理的な変化をいろいろなところで起こせたと思っています。
    本当に大きな一歩を歩み出しました。このチームはもっと伸びると思っています。

    3日間練習しただけの最初の試合ですので、もうちょっと待って下さい。
    時間をかけてやっていきたいと思います。このチームは能力があります。今日は良いレベルの試合を見せてくれました」

    【チュニジア戦会見 ハリルホジッチ監督「選手たちは要求したことを忠実にこなそうとしてくれた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 22:59:00.78 ID:???*.net
    ◇国際親善試合 ○日本2-0チュニジア●(27日・大分銀行ドーム)

    試合開始時点でピッチに立ったのは、永井や川又ら経験の浅いメンバーばかり。
    本田や香川はベンチスタートで、「新しい選手を使う」と宣言していたハリルホジッチ監督の意思が色濃く出た。
    しかし、結果を残したのは経験豊富な選手たちだった。

    両チーム無得点の後半途中から本田や香川、岡崎といった以前からの主力がピッチに立つ。
    本田、香川らは息のあったパス回しで好機をつくった。
    後半30分過ぎ、中央の香川のパスを受けた左の本田がクロスを上げると、岡崎がしっかり押し込み、その直後も本田がゴール。決定力の違いを見せつけた。

    しかし、若手も指揮官の意図を表現しようと必死だった。「(ボールへの)タッチ数を制限することもしようと思う」と就任会見から言っていたようにワンタッチ、ツータッチでボールを回す。
    前半12分には、長谷部の縦パスを永井がワンタッチで右に流すと、サイドに回った清武がダイレクトにクロス。代表戦初出場の川又のヘディングは得点にこそならなかったが、少ない手数であっという間にゴールに迫った。

    ハリルホジッチ監督は「いろいろな変化を起こしたが、よい試合になると思っている」と期待していた。得点という結果を残したのは以前からの選手だが、新しい選手との融合は今後の楽しみになる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000155-mai-socc
    毎日新聞 3月27日(金)22時40分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000155-mai-socc.view-000
    前半、ボールを競り合う川又

    【若手スタメン起用も、主力組決定力の差】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 22:56:32.86 ID:???*.net
    キリンチャレンジカップ 2015が27日に行われ、日本代表とチュニジア代表が対戦。
    日本は岡崎慎司と本田圭佑のゴールで、2-0と勝利を収めた。

    初陣を白星で飾ったヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後、「非常に満足している。本当に良い試合をしたと思っている」と語った。

    「本当に多くの良いリズムで変化を起こした。そして、アグレッシブもかなり与えたと思っている。我々のプレーはかなり早かったと思う」と、満足感を示した指揮官。
    白星発進を切ったことで、ハリルホジッチ監督は「選手を本当に褒めたいと思う。本当にスタートから勇気とやる気を見せてくれた。そして、彼らに本当にブラボーと言いたい」と、選手を労った。

    日本は31日に行われるJAL チャレンジカップ 2015でウズベキスタン代表と対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00295906-soccerk-socc
    SOCCER KING 3月27日(金)22時36分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00295906-soccerk-socc.view-000
    初陣を快勝で飾ったハリルホジッチ監督

    【初陣で快勝のハリルホジッチ監督「選手にブラボーと言いたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ