セルジオ越後

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/23(木) 19:36:10.33 ID:???*.net
    いっそのこと、リオ五輪世代中心のチームを組んでも良かった。

    義務を“こなし”に行くだけの大会。今回のメンバーを見れば、そういう印象が強くなるよね。
    3試合を差し支えなく戦えれば、それでいい。そんな思惑が透けて見えるんだ。
    日本としては諸事情で参加せざるを得ないけど、そこまで重きを置いていないってこと。
    ハリルホジッチ監督も言っていたように、カレンダー的にも「いかがなものか」と思うよ。

    事前に50人のリストが発表されたけど、その時点でチームは、名目上“若手”や“育てる”というキーワードを使っている。
    でも、北朝鮮、中国、韓国と戦うだけで、なにが見えてくるというんだろう。そもそも、“若手”という言葉自体が不自然に聞こえるね。

    日本では、“若手=年齢を重ねればレギュラーになれそうな選手”というニュアンスで使われる。
    ただ、世界的に見れば若くても代表で中心を担う選手はたくさんいるんだ。
    育てる名目で代表に呼ばれるような選手なんて、所詮はその程度のレベルの選手だと言われているようなものだよ。

    今回、レッズの武藤やガンバの米倉、ベルマーレの遠藤といった初選出の選手もいる。
    ではなぜ、彼らは国内の親善試合では呼ばれなかったのか。答は簡単。国際Aマッチであるその試合には、欧州組が呼べるからだ。

    新戦力はまず国内の試合で試すべきなのに、そこでは興行を重視する。
    そして、欧州組が呼べない今大会に限っては急に育成云々と言い出す。
    チーム作りに一貫性がないし、旨みの少ない東アジアカップ用の“方便”と受け取られても仕方ないんじゃないかな。

    また、今大会で活躍した選手が、その後も代表に定着できるかは疑問だ。
    たった3試合でどれだけチャンスがもらえるかも未知数だし、相手の実力によって発揮できるパフォーマンスにも差が出てくる。
    主力不在の東アジア勢相手に結果を残したとしても、ここから急にトップまで駆け上がる姿は想像つかないよ。

    ベストメンバーを組まないで臨む大会は、評価自体が難しいからね。選手としてもそうだし、チームとしても、例え3試合に全勝したところで大きな名誉にはつながらないし、
    全敗しても大ダメージとはいかないだろう。その意味でも、価値が見出しにくい。

    いっそのこと、リオ五輪世代中心のチームを組んでも良かったんじゃないかな。彼らはこれまでなかなかベストメンバーが揃っていないし、
    来年1月のアジア最終予選まで実戦の機会も少ない。国内組だけでもいいから、ここで“本当の五輪代表”を見たかったんだけどね。

    見どころはほとんどない大会だけど、せめて新しく呼んだ選手が活躍してくれることを祈っているよ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150723-00010007-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 7月23日(木)19時14分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150723-00010007-sdigestw-socc.view-000

    【セルジオ越後が選手選考を一刀両断。「“育てる”なんて、ただの方便に聞こえるよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/04/02(木) 18:58:20.63 ID:???*.net
    チュニジア、ウズベキスタンとの2連戦で日本代表がリスタートした。

    とはいえ、ハリルホジッチ新監督に与えられた準備期間は少なく、強化というよりも日本サッカー協会による“新監督お披露目イベント”といった意味合いが強い。
    どんな名将でも、これほど短期間で自分の色をはっきりと打ち出すのは難しいし、結果や内容に一喜一憂する必要はない。

    日本代表のメンバーは通常、試合登録の23人に2、3人を追加した25人程度の選手が招集される。
    ところが、ハリルホジッチ監督は代表メンバーとして31人を呼び、さらに12人のバックアップメンバーを選出した。

    ただ、その顔触れを見れば、今までの代表の主力に加えて、協会の技術委員会がリストアップしたと思われる若手、そしてハリルホジッチ監督本人が視察に行った試合で目立っていた選手をプラスした感じで、大きな驚きはない。

    スポーツ紙などが「サプライズ」と報じたベテラン遠藤の落選についても、“妥当”な判断だろう。
    長年、代表の中盤を支え、日本代表最多キャップ152試合を誇る彼もすでに35歳。
    3年後のロシアW杯を目指そうというチーム状況を考えれば、誰が監督になってもそうするんじゃないかな。
    実際、ハリルホジッチ監督の前任のアギーレも、就任当初は遠藤を招集していなかったわけだからね。

    ただ、ハリルホジッチ監督が「ものすごく大事な試合で遠藤が必要な時は呼びたい」と含みを持たせていたようにこの先、遠藤がずっと代表に呼ばれなくなるかといえば、そんなことはないと思う。

    確かに、昔に比べれば運動量は落ちた。守備でも相手についていけなくなっている。90分間プレーするのは厳しいなと感じることも増えてきた。
    それでも、遠藤は試合のリズムを変えられる貴重な存在だ。そもそも彼はフィジカルで勝負していない。

    自分が走らなくても精度の高い長短のパスで周囲を生かせる。ペナルティエリア内に入ってシュートを打つとか、相手の裏へ抜け出すようなプレーをしない代わりに少し下がった位置で全体の流れを見る。

    そして、前にいる選手が相手の圧力を受ければサポートに入ってボールを受け、そこからまた冷静に攻撃を組み立てる。
    スピードがなく、ワンテンポ遅れて見えるかもしれないけど、だからこそ展開が早く、皆が縦に急ぐ今のサッカーでは遠藤のそうした“タメ”をつくるプレーが効果的なんだ。

    特に「もっと動け」「もっと走れ」と、たくさん走ることがやたらと評価される日本の部活サッカーの中では、なかなか育ちにくいタイプの選手。海外の選手でたとえるなら、イタリア代表のピルロに似ているね。

    所属のG大阪で今野や明神など守備の得意な選手とボランチのコンビを組むことで持ち味を発揮しているように、代表でもそういう選手と組めば、まだまだ活躍できる。今の代表メンバーで“ポスト遠藤”の1番手といわれる柴崎にとっても、いいお手本になるだろう。

    だから、ロシアW杯本大会はともかく、W杯予選を戦っていく中で彼の力が必要になるときが来てもなんら不思議はない。もっとも、それは日本代表が人材不足ということの裏返しでもある。遠藤にはまだまだ頑張ってほしいんだけど、少し複雑な気持ちになるね。

    (構成/渡辺達也)

    週プレNEWS 2015年4月2日 11時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9961106/

    【セルジオ越後、遠藤保仁の日本代表復帰に複雑な思い「必要な時がくる。試合のリズムを変えられる貴重な存在」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 16:33:58.44 ID:???*.net
    日刊スポーツ評論家のセルジオ越後氏(69)が、31日の日本-ウズベキスタン戦(味スタ、午後7時25分)をUストリームで生解説することになった。

    番組名は「セルジオ・松木チャンネル~ウズベキスタン戦生解説~」(http://www.ustream.tv/channel/monsterstudio)で、午後7時オンエア。

    越後氏は、サッカー解説者・松木安太郎氏、MCを務めるモデル・タレントの松原渓とともに「鋭く」「熱く」でも「勝手に」物を申す。
    ウズベキスタン戦のテレビ放送を見ながら、副音声的に楽しめる内容になっている。

    日刊スポーツ 3月30日(月)23時12分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000091-nksports-socc

    【セルジオ越後氏、ウズベキスタン戦を松木安太郎氏とともに、Uストリームで生解説!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 23:12:25.33 ID:???*.net
    “無駄”な興行試合を減らせたら評価できる。

    3月12日にJFA理事会が開かれ、正式にハリルホジッチの日本代表監督就任が承認されたね。
    14時から始まった理事会の冒頭で、真っ先に決まったようだ。しかも、その直後にハリルホジッチに連絡を入れて、本人はすでにフランス時間夕方の便で日本に向かったという。まったく、呆れた“手際の良さ”だよ。

    霜田技術委員長がハリルホジッチの名前を明かした5日の時点で、すでに就任が決まっていたんだよ。
    理事会で反対意見が出ないと分かっているから、こんなに周到な準備ができたんだ。なんのための理事会か、分からないよね。
    意見も出さずに承認するだけなら、わざわざ理事会なんて開かなければいい。まさにお飾り機関だよ。

    会見では霜田委員長がスタッフ陣も発表したようだけど、この人選も疑問だ。コーチとフィジカルコーチはハリルホジッチのリクエストに応えているのに、GKコーチはアギーレ体制からの留任なんだ。ハリルホジッチが、よく承諾したものだよ。
    前任者が選んだコーチが留任するなんて、普通ならありえない人事だ。予算の都合なのかと疑われても仕方がないよね。

    しかも、霜田委員長によれば、ハリルホジッチとの契約期間や年俸は、「守秘義務だから明かせない」そうだ。
    またワールドカップまで丸投げなんてことはないだろうけど、仮にそうだとしたら突っ込まれるのが怖いのかもしれない。
    「ザッケローニ時代のミスを繰り返すのか」とね。

    もし、丸投げじゃないなら、ハリルホジッチと話を付けて発表すればいい。雇い主は日本協会なんだから、それくらいできるでしょ。
    監督に気を遣っているのならお門違いだ。協会がなにより優先すべきなのは、日本のファンへの説明だからね。

    まあ、先週も言ったけど、誰が代表監督になっても日本は変わらないよ。協会の体制が変わらない限り、4年サイクルで同じことを繰り返すだけだ。

    ハリルホジッチへの期待をあえて挙げるとすれば、ピッチ内よりもピッチ外かな。彼は気骨のある人物のようだから、協会の不条理な体制を糾弾してほしい。

    例えば、マッチメイクだ。次の国内2連戦の相手は、チュニジアとウズベキスタンでしょ?
    相手がレギュラーならまだしも、アウェーの日本にどれだけ本気のメンバーが来るのか分かったものじゃない。
    アジアカップでダウンしたイメージを取り戻すには格好の相手という感じで、やっぱり興行の色が濃いんだ。

    こういう“無駄”な興行試合を減らすだけでも、日本代表の強化はずっとマシになる。
    ハリルホジッチの人脈を活かしてヨーロッパやアフリカの強豪とマッチメイクするとか、そこまで踏み込んでくれたら評価できるよね。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150312-00010013-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3月12日(木)22時25分配信

    【セルジオ越後がハリルホジッチ就任を斬る!「期待するのはピッチ外の改革だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2014/11/06(木) 15:16:41.33 ID:???0.net
    欧州各国リーグの開幕から約2ヵ月、ともに今季の巻き返しを期待されていた本田(ACミラン)と
    香川(ドルトムント)が明暗を分けているね。
    昨季、新天地ACミランで不調だった本田は、開幕からゴールを積み重ねている。
    FKの場面でキッカー役を頑として譲らずに直接ゴールを決めた試合があったけど、彼の日本人らしからぬずぶとさが、いい方向に出ているようだ。新監督、チームメイトからの信頼も厚く、以前は辛辣(しんらつ)な批判を浴びせていた現地メディアからも称賛を受けている。
    かく言う僕も、本田には厳しい評論をしてきたけど、今の彼の活躍は素直に認めたいし、うれしいこと。
    今後も、悪いときにはしかるべき指摘や批判をするつもりだし、いいときはしっかり褒めたいね。

    ただ、本田について言えば、手放しで絶賛するのはまだ早い。ユベントスやローマなど上位チームとの対戦でもゴールを奪えるか。そして、シーズン最後まで継続性のあるプレーをできるか。
    本人も当然わかっていると思うけど、彼の真価が問われるのはこれからだよ。
    一方の香川は苦戦している。古巣ドルトムントへの復帰は、僕もいい選択だと思っていたんだけど、なかなか難しいね。チーム状況が予想以上に悪かった。かつて香川が輝いていたときの強いドルトムントではない。
    低迷するチームにあって、香川自身も調子を戻せずにいる。本田のようにずぶとい性格ではないし、復活にはまだまだ時間がかかりそう。このままチームが低迷を続ければ、批判の矛先がいつ彼に向いてもおかしくない。
    その香川に限らず、今季は本田以外の欧州組がそろって厳しい状況にある。
    インテルの長友はここ2、3年、ずっとレギュラーとして頑張ってきたけど、最近は小さなケガやコンディション不良が目立つようになってきた。サイズが小さく(身長170cm)、フィジカルと運動量が生命線となる選手だけに、ちょっと心配だね。
    そのほかでは、岡崎(マインツ)が相変わらず頑張っているけど、さすがに開幕からのゴールラッシュは
    止まってしまった。ドイツにいるほかの日本人選手も、いずれも目立った活躍をできていない。
    また、これまで不動のレギュラーだった川島(スタンダール・リエージュ)がベンチ外になったのをはじめ、吉田(サウサンプトン)、柿谷(バーゼル)、ハーフナー(コルドバ)、田中(スポルティング・リスボン)
    らは定位置をつかめていない。

    これが今の日本サッカーの現実と言ってしまえばそのとおりなんだけど、2ヵ月後に開幕が迫ったアジア杯(オーストラリア)を考えると、さすがに心配になってくる。
    このコラムでは何度も言っているように、僕はたとえ欧州組だろうと、所属クラブで試合に出ていない選手を代表に呼ぶのは反対。だったら、Jリーグでアピールしている選手をどんどん試すべきだと思っている。

    ただ、困ったことに、今のJリーグを見渡しても欧州組を押しのけてレギュラーの座を奪えそうな選手は見当たらない。
    代表に呼ばれて当然と思わせるプレーをしているのは、G大阪を牽引(けんいん)する宇佐美くらいのもの。

    このままではアジア杯は本当に危ない。欧州組、国内組ともに、ここからの奮起に期待したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9437739/

    【セルジオ越後「欧州組を押しのけレギュラーの座を奪えそうな選手は、G大阪の宇佐美」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: うつむきおじさん ★@\(^o^)/ 2014/10/25(土) 07:32:21.34 ID:???0.net
    今回、アジアで敗れたU-19代表だけでなく、年代別代表の強化に対する最近の協会の姿勢はひどいよね。昔はオリンピック代表が頻繁に国際試合をやっていたけど、なでしこブームで女子の試合が増えてから、彼らの強化試合が少なくなってしまった。
    例えば、キリンチャレンジカップの前座試合。年代別代表で国際試合ができる貴重な機会を、興行のために売り飛ばしてしまったんだ。選手が育たないのは当たり前だよ。

    A代表を強くするのが協会の最も大事な仕事。
    だったら、無駄なハイヤーや自社ビルにお金を使うのではなく、若年層の強化に資金を投じるべきだよ。
    J3にU-22のチームを作ってボトムアップするのも理念としては分かるけど、費用対効果が小さすぎる。
    U-22選抜から将来的にA代表に入ってくる選手がどれだけいるの? 
    だったら、もっとオリンピック代表の活動費を増やして遠征のひとつでもやるべきだ。

     4大会連続でU-20ワールドカップ出場を逃したU-19代表の結果を見ても、協会は動かないのかな。結果が出なければ、責任者を代えるべきだし、強化のトップである霜田技術委員長が出てきて改善案を示すべきだ。
    でも、またうやむやにして問題は先送りでしょ。日本サッカーの将来は真っ暗だね。

    全文はこちらから
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=5914

    【日本サッカーの将来は真っ暗・・・4大会連続でU-20W杯出場を逃したU-19代表 セルジオ「若年層の強化にこそ資金を投じよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/14(火) 23:37:14.08 ID:???0.net
    国際親善試合が14日行われ、日本代表とブラジル代表が対戦。
    バルセロナ所属のFWネイマールが4得点を挙げる活躍で、ブラジルが4-0と日本に大勝した。

     試合後、サッカーキングの取材に応えたサッカー解説者のセルジオ越後氏は、以下のようにコメントした。

    「世界のトップレベルとの差はワールドカップからさらに開いたね。積み重ねもないし、反省もない。ブラジルには全く身にならない試合だったね。練習試合にもなってないよ。8点取られていてもおかしくなかった。あんなに冷静なドゥンガ監督を見たのは初めてだね。こんな試合で勝利ボーナスまでもらっちゃって嬉しいんじゃない?」

    「日本は立っているだけで何もしなかった。リーダーもいないし、気迫もないし、チームになっていない。若い選手に注目と言うけど、ネイマールも22歳だよ? 代表は成長する場所じゃないよ」

    「ハーフナーはなんで呼ばれた? クラブで試合に出ていないし、この試合でも使わない。渡航費はアギーレ監督が払ってほしいね。
    本田はやる気が全然なかった。ブラジルではものすごく叩かれるよ。柴崎はボールを失って失点したけど、Jリーグの感覚だと大丈夫と思っているんだろうね。
    リーグが成長していないってことだよ」

    10月14日(火)23時32分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00241803-soccerk-socc

    【セルジオ越後氏激昂!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 06:35:16.15 ID:???0.net
    ブラジル・ワールドカップを経て開幕を迎えた2014?15シーズンの欧州リーグ。
    ここまで、際立った活躍を見せている日本人選手はミランの本田圭佑、そしてマインツの岡崎慎司だ。

    前者は5試合で3得点2アシストを記録し、後者は5試合5得点で得点王ランキングのトップに位置している。

    グループリーグ敗退でブラジルW杯を終えた日本代表。
    セルジオ越後氏は主要メンバーの本田について「ミランでかなり厳しい立場に置かれるだろう」と語っていた。
    ここで今、改めて、本田の活躍、加えて岡崎の活躍を、同氏がどう見ているかを聞いてみた。

    「ミランの本田圭佑とマインツの岡崎慎司が活躍している。本田はここまで3ゴールをあげ、岡崎も5ゴールをあげ、ともに得点ランキングで上位につけている(※セルジオ越後氏に話を聞いたのはセリエA第4節、ブンデスリーガ第5節終了時点)」

    「W杯前後の不調から、僕は本田がミランでかなり厳しい立場に置かれると言ってきたけど、
    その指摘を覆すような結果は素晴らしいね。監督の信頼を得ているのが何より大きい」

    「イタリアメディアは開幕前から一転して本田に対して賛辞の嵐だ。日本人的には超がつくほどの手のひら返しに見えるかもしれないけど、これは強豪国のメディアでは当たり前のことだ。選手やチームは生ものであり、評価も同じ。
    ある試合で良ければ褒め称えるし、次の試合で悪ければ一転して叩く。
    それでもコンスタントに結果を出し続ける者だけが、スーパースターとしてビッグクラブでプレーできる」

    「イタリアのメディアが厳しすぎるのか、日本のメディアが優しすぎるのか。
    どちらのほうが選手が、そしてサッカー文化が成長するのかを考えなければいけないね。

    海外に移籍しただけで、試合に出場しただけでスター扱いする時代から、次のステージに進まなければならない。
    それは海外でプレーしている選手たち自身が一番理解しているんじゃないかな」

    「ブラジルW杯では、アジアと世界の差がさらに開いていることが証明されてしまった。日本はW杯のメインキャストの中に入れなかった。
    今までと同じ姿勢では、どんどん差が開いてしまうということだ。

    選手が本場のプレッシャーの中でレベルを上げているなら、日本のメディアもファンも、同じように見るレベルを上げていかないと、日本サッカー全体のレベルが上がっていかないよ」

    2014-09-29 18:46:01
    http://www.walker47.jp/article/detail/1_5429219d2ccdd

    【セルジオ越後、日本のメディアもファンも、見るレベルを上げていかないと、日本サッカー全体のレベルが上がっていかないよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 00:35:50.05 ID:???0.net
    一部抜粋

    国内合宿ばかりのU-21代表。強化は大丈夫?

    アギーレ監督の就任会見があった同じ8月11日、U-21日本代表の福岡合宿が始まった。
    このチームは2年後のリオデジャネイロ五輪の出場を目指すオリンピック代表だ。

    9月にはアジア大会に出場する予定で、チームの立ち上げは今年1月にオマーンで開催されたU-22アジア選手権だった。
    それからすでに7か月が経っているけど、これまで3日間の国内合宿を二度行なっただけで、強化マッチを1試合もこなしていない。
    これでは早く立ち上げた意味がないんじゃないかな。

    僕が危惧しているのは、オリンピックの予選方式が変わったことだ。
    これまでの予選は長期間かけてのホーム&アウェーだったから、予選を戦いながらメンバーを入れ替え、チーム作りを進めていく作業ができた。

    それが、今回は一か国での集中開催だ。一発勝負の趣が強くなった。しかも、ベスト4に入らなければ、オリンピックへは出場できない。
    ベスト8でイラクや韓国といった強敵と当たって敗れたら、出場権を逃してしまうんだ。だから、本番までなるべく多くの実戦をこなし、チームの強化に努めなければならないんだ。

    今年は9月、10月、11月にA代表の強化試合が6試合も組まれていて、すでにウルグアイ、ベネズエラ、ジャマイカ、ブラジルとの対戦が決まっている。
    同じくアジア大会に出場するなでしこジャパンも年内に強化マッチを3試合戦う。それなのに、なぜU-21代表の強化マッチがないのか。

    例えば、A代表の試合の前座として、あるいはその前日に、U-21代表の試合を組むという案があってもいい。
    A代表の強化も大事だけど、オリンピック代表世代が伸びなかったら、A代表の底上げは図れない。それはザックジャパンを見て、よく分かったはずだ。

    今年から始まったJ3にJリーグU-22選抜が参加している。でもこのチームは、所属クラブで出場機会を得られていない選手の寄せ集めに過ぎない。
    現に今回の福岡合宿(=アジア大会のメンバー候補)にはJリーグU-22選抜の常連はほとんどいない。

    もちろん、出場機会の少ない若手に実戦経験を積ませるのは大事だけど、U-21代表の強化には、対外試合や海外遠征が不可欠だ。
    それをしないことには、チーム力の向上は望めない。

    3大会続けて出場を逃しているU-20ワールドカップのように、このままではオリンピックへの出場も逃しかねないよ。

    8月14日(木)19時8分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140814-00010003-sdigestw-socc&p=2

    【セルジオ越後、国内合宿ばかりのU-21代表。強化は大丈夫?このままではオリンピックへの出場も逃しかねないよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 18:09:14.19 ID:???0.net
    SOCCER DIGEST Web 7月17日(木)16時34分配信

    協会は「4・5枠」という甘い条件にあぐらをかいているんだ。

    『週刊サッカーダイジェスト』の人気コーナー「セルジオ越後の天国と地獄」をサッカーダイジェストWebで公開中!

    ※週刊サッカーダイジェスト7.29号(7月16日発売号)より抜粋。

    ――◆――◆――

     連日のように、日本代表監督の後任人事がメディアを賑わせているね。アギーレとの交渉が最終段階で、すでに協会は、先方が要求するスタッフのリクエストを受け取ったという。そのなかには、アギーレの次男を入閣させる案件もあるようだ。

     前回のコラムでも言ったように、後任人事よりも、この4年間の総括が先だよね。今回のワールドカップで1分け2敗に終わったのは、ザッケローニ監督だけの責任ではないんだ。代表監督の経験がないザッケローニに4年間も指揮を任せた人がいたから、今回の結果につながったんだからね。

     コンフェデ杯での惨敗をはじめ、指揮官を代えるタイミングはいくつもあったのに、クビを切れなかった。それこそが、最大の問題なんだ。

     今のままでは、次のワールドカップに出られないかもしれないよね。アジア勢が1勝もできなかった影響で、ロシア大会のアジア枠が減らされる可能性がある。そうなったら日本は危ないよ。例えば、3枠になったら、どうなるか考えてみてよ。日本が韓国やオーストラリア、イランなどに確実に勝てる保証はないよね。

     日本がワールドカップに出場できるようになったのは、アジアの出場枠が増えてからだ。「ドーハの悲劇」で敗退した94年アメリカ大会も、初出場を果たした98年フランス大会も、日本はアジア予選で3位だった。ただ、94年はアジアの出場枠が2。98年は3・5に増枠したおかげで出場できた。以降の06年ドイツ大会、10年南アフリカ大会、そして今回のブラジル大会のアジア枠は4・5だ。これで出場できないほうがおかしいよ。

     協会は4・5という甘い条件にあぐらをかいているんだ。仮にアジア枠が2になったら、もっとシビアに監督人事を考えるでしょ? ワールドカップで勝てないのも、根っこは同じ。世界で勝ちたいと言っても結局は口だけで、行動はずっと変わっていないんだ。

     ワールドカップが終わると、すぐに次の話題作りに走って、自分たちの責任にはまったく触れない。
    同じことを繰り返している組織に日本サッカーの未来が託されているなんて、悲劇でしかないよ。

     危機感がないと成長は鈍る。日本だけでなく、たいした努力もせずにワールドカップに出場してしまった今回のアジア勢の惨敗が良い例だ。ワールドカップに出場して満足するのではなく、本大会で結果が出なければ責任を取る。それくらいの気持ちで強化に当たらなければ、日本は世界で勝てるようにならないよ。

     ベスト4に進出したブラジルは、1-7の敗戦で大きく変わろうとしているのに、グループリーグで1勝もできなかった日本は今のままでいいの? そんなわけはないよね。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140717-00010003-sdigestw-socc#!bgFN3w

    【セルジオ越後「ブラジルは大きく変わろうとしているのに日本は今のままでいいの?」】の続きを読む

    このページのトップヘ