ジェノア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/08/20(木) 21:45:09.39 ID:???*.net
    インテルミラノに所属する日本代表DF長友佑都(28)が、ジェノアへの移籍を承諾したと、
    20日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトの電子版が報じた。同電子版によると、1年間の期限付き移籍だという。

     長友には今夏、ガラタサライ(トルコ)やサンプドリア移籍が報じられるなど、イタリアでは情報が交錯。
    本人は「インテルに残りたい」と残留を希望していた。しかし、今夏のプレシーズンでは右MFやボランチ、
    トップ下など、本職のサイドバックでプレーさせてもらえず、マンチーニ監督の構想から外れていた。

     それでも長友は必死に指揮官へアピールした。8日に行われたビルバオとの練習試合後には「いろいろなポジションをやらせてもらいましたけど、
    自分のやるべきこと全てやった。この1カ月何の悔いも残ってない」と話していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150820-00000121-nksports-socc

    【インテル長友、ジェノア期限付き移籍を承諾と伊紙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 22:29:52.22 ID:???*.net
     イタリア紙報道 48時間以内で去就問題決着も

     インテルの日本代表DF長友佑都に対し、セリエAジェノアが獲得への動きを見せている。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が伝えている。

     ジェノア側は長友を「アウトサイドを固定できる存在」として高く評価。インテルに身分照会を申し入れ、ポルトのMFフアン・フェルナンド・キンテーロらと並んで調査をしているという。

     記事では、早ければ48時間以内に決着がつく可能性もあるとされている。長友自身は、かねてから残留を熱望するインテルの一員として中国でのプレシーズンツアーに帯同している。
     日本が誇るダイナモの身辺が、にわかに騒がしくなってきた。

     ジェノアは、「キング・カズ」こと三浦知良が1994年に日本人として初めてセリエAの扉を開いたチームとして知られる。
     長友は同じジェノバを本拠地とするサンプドリアからのオファーを断ったと報じられているが、
     地元メディアは「放出する必要のある選手」とダイナモに関してインテルでの厳しい見通しを明らかにしている。

     昨季は故障に泣いた長友は万全なら豊富な運動量と圧倒的なスピードでサイド全域を支配できるポテンシャルを持っている。
     冒険家コロンブスを生んだ港町で青と赤のウェアに袖を通すことになるのだろうか。

     Soccer Magazine ZONE web 7月21日(火)20時54分配信
     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150721-00010013-soccermzw-socc

    【インテルの日本代表DF長友佑都、ジェノア電撃移籍急浮上! 身分照会済ませた】の続きを読む

    このページのトップヘ