コートジボワール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    1: サソリ固め(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/05/26(月) 22:05:39.71 ID:jDMczveu0.net BE:671521424-PLT(12346) ポイント特典
    コートジボワール“最速”の男。
    ジェルビーニョはいつも裸足だった。

    W杯には俊足の選手がゴマンと顔を揃える。

     コートジボワール代表で最速の男は誰なのか。

     アフリカ系選手はいずれも我の強いことで知られるが、
    大陸予選突破後に行なわれた代表チーム内の投票で、彼らは迷わなかった。
    FWジェルビーニョは、愛嬌たっぷりに白い歯を見せる。

    「一番速いのは俺だと認めてもらった。『代表で一番ブサイク』の称号も頂戴したけど、それも嬉しい。
    今の代表には、ユーモアだけじゃなく仲間意識もあるんだ」

    続きは下記ソースでどうぞ
    http://number.bunshun.jp/articles/-/820895

    【【世界史】 「コートジボワール」についてサッカー関連以外で知ってる知識を挙げてけ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 15:02:00.92 ID:???0.net
    コートジボワール代表で対戦相手を分析するスカウティング担当のロジャー・ババトゥ氏(35)が9日
    (日本時間10日)、スポニチ本紙の独占取材に応じ、14日(同15日)のW杯1次リーグ初戦で対戦する日本代表の要注意人物にMF山口蛍(23=C大阪)の名前を挙げた。
    バーミンガム(現イングランド2部)などで活躍した同氏は2年前に現役を引退。本大会に向けた分析を続け、日本に関しても2日のコスタリカ戦、6日のザンビア戦をスタジアムで視察。
    さらにDVDなどで「20試合以上見ている」という。そのババトゥ氏がザックジャパンで真っ先に挙げた名前が、A代表で頭角を現したばかりのボランチ山口だった。

    まず「山口は運動量が豊富で素晴らしい選手だ」と能力を絶賛。
    さらに着目したのが、相手の攻撃の芽を摘む的確なポジショニングだった。
    「ピンチをいち早く察してカバリングしている」。その上で同氏は「いかに彼を引っ張り出して、バイタルエリアを有効に使えるかが我々にとっては大きなポイントとなる」と強調した。その情報を伝え聞いたためなのか、非公開で行った9日の戦術練習でラムーシ監督は、トップ下のヤヤ・トゥーレがバイタルエリアでボールを受け、両サイドのアタッカーにボールを配給する形を何度も繰り返し確認していた。
    また同氏は日本の攻撃のキーマンとして香川を挙げた。
    「本田はインテリジェンスのあるプレーをしている。でも、それほど状態が上がっていないようだから攻撃陣で警戒すべき選手はスピードのある香川」と指摘。
    「エレファンツ」と呼ばれるアフリカ屈指の強豪が、1次リーグ突破の鍵を握る日本との初戦に向けて着々と準備を進めている。

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140611-00000078-spnannex-socc

    【コートジボワール代表スカウト「山口は運動量豊富で素晴らしい。攻撃のキーマンは香川」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 08:45:41.76 ID:???i.net
    2012年5月にコートジボワール代表の指揮官に就任したサブリ・ラムシ監督は、ブラジル・ワールドカップ本大会の出場権を獲得したにも関わらず、批判を受け続け、さらには同大会で容易なグループに入ったという考えと戦っている。
    ラムシ監督がフランス紙『レキップ』のインタビューに応じた。

    ――15日にレシフェで対戦する日本についてどう思いますか?

    「最近の2試合、キプロス戦(5月27日、1-0)とコスタリカ戦(6月2日、3-1)を見た。やはり日本は良いチームで、ワールドカップの常連であることが確認できた。
    日本はテクニックが高く、長友(インテル)や本田(ミラン)、香川(マンチェスター・U)など、欧州のビッグクラブでプレーする選手もいる。
    初戦はいつだって重要な意味を持つ。もし我々が勝てば、その先が楽になるだろう」

    ――日本の他に、コロンビア、ギリシャと同居するこのグループは、「コートジボワールにとっては楽」という意見もありますが?

    「その考えは間違っている。もしサッカーを知っているのであれば、このグループはオープンで各チームの力が拮抗しており、簡単ではないと言うだろう。
    4チーム全てがレベルの高いチームだよ。それぞれの国にはスタイルがあり、どのチームにも勝ち抜けの可能性がある。
    個人的には、コロンビアが最有力候補だと思う。ファルカオがいないとはいえだ。彼らは多彩な攻撃がストロングポイントだね。ギリシャも戦いづらい相手だ。守備が堅く、簡単にはプレーさせてくれない」

    ――過去2回のワールドカップと比べると、組み合わせには多少なりとも恵まれたのではないでしょうか?

    「我々の目標はグループリーグ突破だ。それは過去に一度も成し遂げたことのないことだよ。この2年で、私はチームに自分の考えややり方を浸透させてきた。
    ここまでは非常にうまくいっている。シオやディエ、アクパ・アクプロ、オリエ、ジャクパなど多くの若手を招集してきた。次の代表チームのためにね。
    もちろん、このチームにはヤヤ・トゥーレやドログバ、ジェルビーニョといったワールドクラスの選手たちがいる。
    しかし、この世代はまだ何も勝ち取っていない。その理由をしっかりと考えなくてはいけないだろう」

    ――あなたは監督に就任してからわずか3度しか敗れていないにも関わらず、絶えず批判を受けています。こうした批判をどう受け止めていますか?

    「ショックを受けることは当たり前だ。しかし、決して自分の考えを変えなかった。私が何をしても絶えず批判を受けていると感じることもある。
    このチームの監督を引き受けた時、経験不足を指摘されると思った。私は1度も監督の経験がなかったのだからね。私の年俸やチームのプレーの質についても批判された。
    コートジボワールでは、代表チームの存在はスポーツの枠にとどまらない。私を通して、連盟のシディ・ディアロ会長を攻撃していると感じたこともある」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140610-00198501-soccerk-socc

    【コートジボワールのラムシ監督、同組の日本を警戒「彼らはW杯の常連」 SOCCER KING 6月10日 15時48分配信】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 08:34:30.23 ID:???i.net
    コートジボワール代表は左太腿を痛めていた司令塔のヤヤ・トゥーレが日本戦で先発復帰する可能性が出てきた。
    既に全体練習にも合流。冒頭15分だけ公開された9日の練習では情報戦を仕掛けるためか、非公開になる直前に別メニュー調整に切り替えた。

     それでもその後はドログバ、ジェルビーニョら主力組と交じって戦術を確認。
    時折左太腿裏を気にするそぶりを見せるなどベストの状態にないことは明らかだが、標高約1000メートルのベースキャンプで高地トレーニングを積んでおり、日本にとってはやはり脅威となりそうだ。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/11/kiji/K20140611008341820.html

    関連
    【サッカー】コートジボワールの司令塔ヤヤ・トゥーレ、負傷か
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1402361824/

    【コートジボワールのヤヤ・トゥーレ、全体練習に合流!日本戦で先発復帰の可能性浮上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    40: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 05:21:42.15 ID:DE4CKsD+0.net
    ――日本を倒すために何をすべきだと考えているのか?

    ヤヤ「2010年の親善試合を覚えている。我々は2?0で勝ったが、非常に競った試合になった。そしてそれ以降、日本代表は大きく実力を上げた。
    彼らは優れた組織力を誇るチームだ。サッカーの世界でチームワークという言葉はよく使われるが、あのチームの中では、チームワークは文字通りの意味を持っている。彼らのサッカーは真の整合性、まとりを持っているよ。日本との初戦は、間違いなく戦術的な戦いになるだろうと僕は読んでいるんだ。
    彼らのプレー中の移動のうまさは際立っており、オフ・ザ・ボールで動いている選手が、ボールを運んでいる選手に多くの選択肢を提供している。さかんに動きまわって、運動量という面でも努力を惜しまない。我々が彼らに勝つには、おそらく特にミッドフィールドにおけるフィジカル的インパクトをかなり駆使して戦う必要があるだろう。日本は体格差という面で少し苦労する傾向のあるチームだから、彼らを苦しめるため1対1などフィジカルな対決にできるだけ持ち込み、彼らの組織的プレーをうまく分断するというのが、意図するところだ。
    いずれにせよ、 彼らは多くのボールを呼び込む動きに、シャドーの動き、おとりのプレーを織り交ぜながら、ボールをうまく操る素晴らしいサッカーマシンだ。
    彼らとの試合では、我々も大いに走ることになるだろうから、僕はただただ、大会前にしっかり体を休めて体調を整えられるよう願っているんだよ」

    コロ「そう、その上、日本戦は我々にとって大会最初の試合だから、出だしから僕らの野心を示して見せ、観客気分でいるようなまねをしないよう、心してかからねばならない。日本のようなチーム相手にそんなことをするというのは、重大なミスだ。最初から全開で、彼らにフィジカル的な勝負を強いる必要があると思う」

    ヤヤ「僕は、我々が1?0で勝つと予想しているんだ。そうなれば、僕らのW杯の進撃に弾みをつけ、そして決勝トーナメント進出のライバルを最初から引き離すための完璧なスタートとなるだろうね」
    http://brazil2014.yahoo.co.jp/column/detail/201406040009-spnavi?p=2

    【【悲報】ヤヤ・トゥーレ、日本をきちんと分析済み・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 04:38:45.11 ID:???0.net
    SOCCER DIGEST Web 6月9日 19時23分配信

    組織の機能性は低いが、「乗せないこと」が重要だ。

     日本代表のグループリーグ初戦の相手はコートジボワールだ。
    個の力に秀でるアフリカの雄に対し、日本はどう戦うべきなのか。
    元日本代表監督で、かつてはコートジボワールやナイジェリア、南アフリカの代表監督を歴任したアフリカ事情に明るいフィリップ・トルシエ氏に、コートジボワール攻略法を訊いた。

    ――◆――◆――

     コートジボワールは個人でプレーしたがる選手の集団で、組織力や一体感に欠けて「チーム」という感じではない。
    どの選手も1対1が好きで自分でボールを持ちたがり、自分で突破し、自分で動きたがる。
    個は強いが気分に左右されやすく、雰囲気が悪ければ機能しない面が強い。
    国の支援体制がない点も日本とは大きく異なる。

     スロースターターの傾向が強く、大会初戦での対戦は日本に有利だ。
    逆に言えば、ムードが良ければどんどん攻撃を繰り出してくる。
    きっかけを与えて自信を持たせ、乗せないことが重要だ。

     攻撃は大別するとふたつある。
    中盤でボールを奪って2列目のカルー、トゥーレ・ヤヤ、ジェルビーニョの3人に渡し、彼らが個々の判断で攻める。
    あるいは、CKやFKを含めてロングボールでボニ、ドログバらの頭に合わせるパターンだ。

     カルー、トゥーレ・ヤヤ、ジェルビーニョの3人とドログバは個人技に優れたアタッカーで要注意であることは言うまでもない。
    だが現在、リーダーとして存在感を放つのは、打開力が高く、マンチェスター・Cでリーグ優勝に貢献したトゥーレ・ヤヤだ。

     そしてカルー、ジェルビーニョを含む2列目の3人と、ドログバの関係は決して良くない。
    そのため、先発はドログバではなく、空中戦に強く、イングランドで激しいプレーに慣れているボニの可能性が高い。3月のベルギー戦では、ドログバは後半からの出場で良いプレーを見せていたので、ラムシ監督は同じように試合途中で起用してくるだろう。

     一方で控えに厚みがなく、実質的な戦力としては12~14人ほどだ。
    組織的な機能性が低いので、ボールを持ってもパスの失敗が多い。
    日本はそこで奪って素早く展開すれば、効果的なカウンターを仕掛けられる。
    相手の自信を打ち砕いて勝機に結び付けたい。

     参考にしたいのがコンフェデレーションズ・カップでのイタリア戦だ。
    あの試合、日本は序盤から非常にアグレッシブで強いプレッシャーをかけ続けた。
    今回も同様に、開始から約20分が重要だ。
    その時間で試合を決める意気込みで臨み、ボールを奪って素早くサイドに展開する。
    ショートパスを多用し、左右に振るコンビネーションプレーで相手を攪乱するのが狙いだ。
    ロングボールは最終ラインで奪われて、前出の3人のカウンター攻撃につなげられるので避けるべきだ。

    相手の攻撃トリオを抑え、リアクションプレーは厳禁。

     重要なのは、必ずシュートでプレーを終わらせること。
    というのも、相手GKはあまり巧くないので、初戦で綻びを見せる可能性がある。
    そもそも、コートジボワールには守備的なディシプリンはなく、ディフェンスはずぼらな面がある。
    とはいえ、気分ひとつで豹変するので、油断は禁物だ。
    コートジボワールも3大会連続出場と意気込みも強いうえ、日本を恐れるような性質ではない。

     特に、彼らの高い身体能力による動きや激しい当たりは要注意で、試合開始から日本は心して臨む必要がある。
    日本の強みである組織力や一体感を存分に活かしてプレーし、立ち上がりで気後れせず、リアクションプレーに走らないことだ。

     そして、イタリア戦と同じミスをしてはならない。
    あの試合で日本は前半が素晴らしく良かったのに、後半は動きが減って逆転を許してしまった。
    同様の展開となれば、待っているのはコートジボワール得意のカウンター攻撃だ。
    前半、素早いショートパスでペースを握ったら、後半はボールを保持して右左へ相手を振り、辛抱強くプレーして主導権をキープしたい。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140609-00010002-sdigestw-socc
    ※続く

    【トルシエ氏が語る「コートジボワール攻略法」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 15:15:02.04 ID:???0.net
    開幕目前となったサッカーW杯ブラジル大会。日本は、グループCで、コロンビア、ギリシャ、コートジボワールと対戦する。そんな中、各メディアの頭を悩ませているのが『コートジボワール』の少し長めの国名だ。コートジボワール戦に関する話題で記事見出しを考える際、国名だけで8文字とられてしまうと、表現の幅が狭まってしまう。一部、スポーツ紙などでは、すでに『コートジ』と略すなど、“対策”を行っているが、まだまだ浸透していない。

    .フランス語を公用語とするコートジボワール。その国名の意味は、フランス語で『コート(Cote)=海岸』、『イボワール(Ivoire)=象牙』(『d'』は『~の』)、つまり『象牙海岸』になる。日本でも、以前は『象牙海岸共和国』と呼んでいたが、同国政府からの要望により、呼称を変更した経緯がある。
    現地では、フランス語での略称は存在しており、頭文字をとって『CI』と表記することもあるそうだが、日本では全くと言っていいほど馴染みはない。

    駐日コートジボワール大使館によると「コートジボワールという国名に残念ながら、略称は存在しない。
    コートジボワールとそのまま表記してほしい」と、ばっさり。一方、在コートジボワール日本大使館関係者によると「関係者間で、何について話しているか分かっているという前提で、『コートジ』と略すことはあります。
    ただ、その前提がない中で、『コートジ』と言っても伝わらないのでほとんどの場合『コートジボワール』と
    表記します。公式としての略称はありませんので、各メディアの判断に一任することになります」と、説明した。

    文字数に余裕がある場合、『コートジボワール』と表現するのが理想だが、W杯での決戦が近づけば、『コートジ』と略されることが増えそうだ。

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140606-00000004-wordleaf-socc

    【コートジボワール、どう略せばいい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★@転載は禁止 2014/06/02(月) 08:09:42.33 ID:???i.net
    初戦の相手コートジボワール 最終メンバー23人を発表
    GOAL 6月2日 6時15分配信

    'Didier Drogba - Ivory Coast'
    コートジボワールサッカー連盟は1日、ワールドカップ(W杯)に向けた23人の最終メンバーを発表した。同代表は14日、グループC初戦で日本と対戦する。

    コートジボワールはディディエ・ドログバやヤヤ・トゥーレ、ジェルビーニョなど、主力が順当にメンバー入りを果たした。

    一方で、事前に発表されていた28人のメンバーから、日本でのプレー経験もあるセイドゥ・ドゥンビアや、ラシナ・トラオレなどが落選した。

    コートジボワール代表メンバーは以下のとおり。

    GK
    バリー(ロケレン)
    グボウオ(セウェ)
    マンデ(スタパエク)

    DF
    アクパ・アクプロ(トゥールーズ)
    ゾコラ(トラブゾンスポル)
    オリエ(トゥールーズ)
    コロ・トゥーレ(リヴァプール)
    バンバ(トラブゾンスポル)
    ボカ(シュトゥットガルト)
    ジャクパ(フランクフルト)
    ヴィエラ(チャイクル・リゼスポル)

    MF
    ティオテ(ニューカッスル)
    セレイ・ディレ(バーゼル)
    ディオマンデ(サンテティエンヌ)
    ヤ・コナン(ハノーファー)
    ヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・シティ)
    グラデル(サンテティエンヌ)

    FW
    ドログバ(ガラタサライ)
    ボニー(スウォンジー)
    ジェルビーニョ(ローマ)
    カルー(リール)
    シオ(バーゼル)
    ボリー(デュッセルドルフ)

    (C)Goal.com
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140602-00000037-goal-socc

    【コートジボワール代表 最終メンバー23人を発表。ドゥンビア、トラオレ落選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: おんさ ★@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 15:15:45.10 ID:???0.net
    W杯前、コートジボワール敗れる 2014年5月31日
    http://www.rappler.com/sports/by-sport/football/59305-palestine-tops-azkals-afc-challenge-cup

    (本文)
     【セントルイス共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の1次リーグC組初戦で日本と対戦するコートジボワールは30日、米国のセントルイスでボスニア・ヘルツェゴビナと国際親善試合を行い、1-2で敗れた。

     主力を温存したコートジボワールは守備陣のミスもあり、前半17分と後半8分にボスニアのFWジェコ(マンチェスター・シティー)に2点を決められた。

     得点は途中出場したFWドログバ(ガラタサライ)が、後半ロスタイムに自らの突破で得たFKを直接決めた1点にとどまった。

    【W杯前の親善試合、日本と同組のコートジボワール敗れる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★@\(^o^)/ 2014/05/29(木) 17:38:59.58 ID:???i.net
    Yトゥーレ 3度目W杯への思い激白「日本戦は運命を決める鍵」

    2010年6月4日の親善試合で日本代表の大久保(右)と競り合うヤヤ・トゥーレ

     W杯ブラジル大会が6月12日に開幕。あと14日に迫ったサッカーの祭典に向け、日本が1次リーグ初戦(6月14日)で対戦するコートジボワール代表のMFヤヤ・トゥーレ(31=マンチェスターC)に独占インタビュー。
    3年連続でアフリカ最優秀選手に輝いている司令塔が、3度目のW杯に懸ける思いを激白した。


     ――W杯の抱負を。

     「まずは1次リーグを突破しないと。僕らは一度も実現できていないからね。過去2大会のような死のグループではないから、今回は少し有利だと思う。でも、全ては初戦いかんだ」

     ――その初戦で日本と対戦する。どう思う?

     「正直に告白すると、日本というチームについてあまり知らないんだ。だから何が待ち受けているのかも、正確に予測できないでいる。10年W杯前に(親善試合で)対戦したことがあるけど、ドログバが負傷してしまって僕らにとっては嫌な思い出になっているね」

     ――その試合は2―0で勝った。

     「そう。でもそんなことは当てにならないと思う。公式戦は全く別物だからね。それに日本も進歩を遂げて、全く別のメンタリティーで今大会に臨んでくるだろう。僕らも同じだ。日本戦は、僕らのブラジルでの運命を決定づける鍵になり得る。ギリシャはフィジカルな対決になるだろうし、コロンビアはタレントぞろいだ」

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/05/29/kiji/K20140529008253170.html

    【ヤヤ・トゥーレ「死のグループではないから、今回は少し有利だと思う。日本については正直あまり知らない」】の続きを読む

    このページのトップヘ