グアルディオラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 11:11:59.13 ID:???*.net
    UCLさえ獲れば最強に

    やはりバイエルン指揮官ジョゼップ・グアルディオラは怪物だった。

    24日に行われたケルン戦を4-0で快勝したバイエルンは、リーグ戦10戦全勝。
    33得点4失点という脅威的な成績で首位を独走している。まだ序盤戦だが、すでにリーグ戦の流れは決まりつつある。

    そんな最強バイエルンはデータの面でもすごいチームになっており、スペイン『スポルト』によると、グアルディオラ政権のバイエルンは公式戦64勝7分7敗で勝率82%を誇る。これは同クラブ最高の成績となっており、過去に同クラブを率いた指揮官と比べてもグアルディオラ政権のバイエルンは強い。

    グアルディオラに続く2位が87戦56勝18分13敗でフェリックス・マガト(64%)、3位が253戦158勝53分42敗でオットマー・ヒッツフェルト(63%)、同じく3位が221戦138勝49分34敗でユップ・ハインケス(63%)、4位が299戦184勝68分47敗でウド・ラテック(62%)となっている。

    これまでリーグ戦で2連覇を果たしているグアルディオラのバイエルンに足りないのは、チャンピオンズリーグのみだ。過去2大会とも準決勝で敗退しており、2013-14シーズンのレアル・マドリード、昨季のバルセロナ相手の敗北がグアルディオラのイメージを落とすことになった。
    今季のUCLさえクリアできればグアルディオラのバイエルンは最強の称号を得ることになるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00010009-theworld-socc

    【グアルディオラのバイエルンの勝率が凄かった! 歴代最強のチームへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 09:03:00.80 ID:???*.net
    アー中のパリSGFWズラタン・イブラヒモビッチがインタビューに応じ、他クラブの選手や監督への評価を語った。英紙『ミラー』が報じている。

     インタビュアーが名前を挙げ、それに対してイブラが一言で返答するという形で取材は行われた。

    スウェーデン代表FWはバルセロナFWリオネル・メッシを「エクセレント」と賞賛。レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドについては「グッド」に留まった。

     過去、インテルでともに過ごしたことがあるチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督については「パワー」と表現。

     しかし、バルセロナ時代から確執が伝えられており、以前から公の場で罵倒してきたバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督については、「良い監督だが、人としては酷い」と語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150728-00870949-gekisaka-socc

    【イブラヒモビッチ、ペップは「良い監督だが人としては酷い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 18:06:43.46 ID:???*.net
    2月3日に行なわれたバイエルン対シャルケ戦の前半17分。バイエルンのセンターバック、ジェローム・ボアテングが、ペナルティエリア内で犯したファウルにより一発退場となった。

    PKを得たシャルケ。ライン上では両チームの選手たちが位置取りのためにうごめき、審判がそれをコントロールしようとしている。いたってよくあるシーンが繰り広げられていた。

    ふとバイエルンのベンチ前に目をやると、グアルディオラがシュバインシュタイガーを呼び何やら話をしている。
    一人少なくなった後の戦い方、システムについて話し合いをしていることは想像に難くない。
    ベンチ前から少し視野を広げると、そこにはPKのプレイに加わらないのであろう、内田篤人が立っていた。

    しばらくすると、内田はゴール前ではなく、バイエルンの話し合いに参加するかのようにそのベンチ前に寄っていった。
    グアルディオラが「あっちに行け」とばかりに内田の頭をはたく。表情までは見えないが、内田は「てへへ」とでも言いたそうな素振りでその場を去った。
    ほどなくしてシャルケのチュポモティングが放ったPKは外れた。

    内田がそのときの行動を説明する。
    「あそこにいたら、(グアルディオラとシュバインシュタイガーの)話が聞こえてきてさ。4-4-1にしようとか話していた。
    だからベンチに近づいていったら、監督に『ゴー・ホーム!』って言われたよ」

    相手の作戦会議への参加を試み、追いやられたというわけだ。もちろん、本気でスパイをしようとしたわけではない。

    「(グアルディオラは)めっちゃ、笑っていたよ。そういうユーモア、必要でしょ? 日本人にも」
    振り返った内田はとても嬉しそうだった。

    記者席がちょうどバイエルンベンチの真上にあったため、そのシーンをつぶさに見ることができた。
    他の日本人選手にはちょっと考えられない余裕と図太さ、そして内田が自ら認めたユーモアの精神に遭遇した、珍しい光景だった。

    2月5日(木)14時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150205-00010003-sportiva-socc

    【グアルディオラ「ゴー・ホーム!」 ウッシー「てへへ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 21:19:13.38 ID:???0.net
    サッカーは、ピッチ外の勝負からも目が離せない。

    ピッチ内の選手同様、ピッチ外の監督も戦っている。近年の一番のライバル関係は、ジョゼ・モウリーニョとペップ・グアルディオラによるものだろう。

    それぞれレアル・マドリーとバルセロナで覇権を争ったリーガエスパニョーラを離れ、プレミアリーグとブンデスリーガへと戦いの場を移したが、その敵対関係に変わりはない。UEFAの監督会議の場でも、やりあったようだ。

    『CBS』などによると、会議の席でグアルディオラはエンターテイメント性の追求を目指し、パスを速く回せるよう芝をさらに短く刈り込むことと試合前の水の散布を提案。

    これに対してモウリーニョは「それぞれのプレイスタイルがあり、それは尊重されるべきだ」と話したという。

    返したグアルディオラは「サッカーの美しさは、監督次第だ。モウリーニョはスペクタクルよりも結果を重視するように、私には思える。彼にはそれがすべてだと、私には分かっている」と話したという。

    もちろん、モウリーニョが黙っているわけがない。スペイン『エル・コンディデンシアル』は、以下のような発言を、モウリーニョのものとして伝えている。

    「自分がしていることを楽しんでいれば、髪がなくなることはない。彼の頭はハゲている。グアルディオラはサッカーを楽しんでいないんだ」

    それぞれのサッカー哲学があっていい。とにかく、2人のやり合いがスペクタクルであることも間違いない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 9月12日(金)18時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00010001-theworld-socc

    ペップ・グアルディオラ
    http://www.fcbayern.de/jp/teams/first-team/pep-guardiola/index.php

    【モウリーニョ「グアルディオラがハゲているのはサッカーを楽しんでいないから」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 21:45:07.43 ID:???0.net
    バイエルンの指揮官ジョゼップ・グアルディオラ氏が、ピッチ外における規律をさらに高めようとしている。

    27日、ドイツ紙『ビルト』が伝えたところによると、同監督はチームの結束を強化するため、今シーズンから新たに“罰則規定カタログ”を作成。
    時間厳守や、クラブ指定の服装着用などといった一般的なことにとどまらず、トレーニングで使用した練習着を所定の場所に返すこと、練習や試合後30分以内に食事を取ることなども義務付けられているという。

     さらに選手たちは毎朝練習前、リハビリトレーナーのトーマス・ヴィルヘルミ氏を前にして計量に臨み、オーバーウエイトだった場合にも罰金が科せられるとのことだ。

     その金額だが初犯は250ユーロ(約3万4000円)で、高額所得者の選手たちにとってあまり痛手ではないと思われるが、2回目は500ユーロ(約6万8000円)、3回目は750(約10万2000円)ユーロと、規則を破るたびに250ユーロずつ値上がりしていく。
    そして取り立ての役目は、主将DFフィリップ・ラームが担うようだ。

    ただし、それらはあくまで細部にこだわったもの。チーム全員が揃って食べる朝食に遅刻した場合は500ユーロ(約6万8000円)、深夜の外出が発覚すれば2000ユーロ(約27万3000円)、トレーニングへの遅刻は6000ユーロ(約82万円)など、従来通りの高額な罰金も存在している。

    『ビルト』によると、グアルディオラ監督がバルセロナを指揮していた当時は、金額も今のものよりはるかに高かったとのこと。
    バイエルン所属選手たちのほうが、バルセロナの選手たちよりも規律を守れているということなのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00225765-soccerk-socc

    【グアルディオラ監督が「罰則規定カタログ」を作成、練習遅刻は罰金約82万円 取り立ての役目は、DFフィリップ・ラーム】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 00:56:21.56 ID:???0.net
    Bミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督は、自身のプレースタイルの象徴ともされる“ティキ・タカ(ボールに触れる、ボールをつなぐサッカー)”を「嫌悪している」という。

    これは年間200日をグアルディオラ監督とともにする、マルティ・ペラルナウ記者の書籍における同監督の発言だ。
    グアルディオラ監督は同記者に対して「“ティキ・タカ”を嫌悪している」と話し、その理由の一つとして次のように語った。

    「ボールポゼッションはチームのポジショニングを整え、対戦相手の秩序を乱す道具でしかない。15本のパスがなければ、良質な攻守のトランジションは不可能だ。不可能なんだよ」

    またグアルディオラ監督は、同書籍の中でバルセロナを退団した理由も述べている。

    「(バルセロナ前会長サンドロ・)ロセイがチームの改編を助けなかったために、私が退団を決断したというのは真実ではない。消耗は限界にきており、チームのために何を提供できるかが明確ではなかったんだ。チームの改編など頼みはしなかった。退団を決断したのは私だ」(Goal.com)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140805/bun14080510320003-n1.html

    【バイエルン・ミュンヘンのグアルディオラ監督“ティキ・タカ”を嫌悪 「ポゼッションは相手の秩序を乱す道具でしかない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ