アギーレ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 15:55:46.17 ID:???0.net
    まずはベネズエラ代表に「失礼しました」と謝らないといけないですね。
    ブラジルW杯予選でアルゼンチンを破るなど躍進著しいとはいえ、どうしても「野球の盛んな国」というイメージを払拭できないでいたからです。

    日本戦ではプレスも効いていたし、球際もハードでした。非常に良いチームだったね。ただし、アギーレ日本代表にとって、勝ち切らないといけない試合だった。

    2失点ともにミスから生まれた。ストライカーというのは、こと南米系の選手に顕著だが、ペナルティーエリア内でシュートを打てないと判断した場合、
    次善の策として「うまく倒れてPKを奪おう」と考える。

     DF水本(29)は経験も豊富だが、対応が遅れたせいで「相手選手を追い掛ける」ようになった。そういう状況でスライディングタックルを仕掛け、
    相手が倒れると審判に与える印象が、どうしても悪くなってしまう。

     さほど触れてなくても「倒した」というコトになる。南米的ズル賢さといえばそれまでだが、水本に限らず、DFは肝に銘じないといけない。

     チーム最年長のGK川島(31)は、まさか油断していたわけでもないだろうが……。正面だったし、
    もしかしたら「キャッチした後のプレー」を思い浮かべてしまい、ボールを一瞬“見切って”しまったのかもしれない。
    しかしながら、絶対にやってはいけないミスを犯してしまった。あれはベテランのすることではなかった。川島には猛省を促したい。

    ■FW武藤は体幹がしっかりしている

     先制したFW武藤、2点目のMF柴崎ともに22歳。ベネズエラ戦は武藤にとって代表2試合目だったし、柴崎は代表デビュー戦だった。
    とても良いゴールだったが、それよりも、ゴールまでの過程が素晴らしかった。

     武藤はクリアボールを拾うとドリブルで相手ゴール前に迫り、左足で20メートルミドルをズバッと突き刺した。タックルに体勢を崩される場面もあったが、
    あそこで踏ん張ったのが大きい。体幹がしっかりしているのだろう。アギーレ・ジャパンの中で面白い存在になる。

     2点目は、自陣で武藤と柴崎がコンビプレーでボールを前に運び、ボールを受けたFW岡崎(28)が左サイドを突破して中に折り返し、
    ファーサイドに進入した柴崎が右足ボレーで決めた。低く抑えた絶妙なシュートだった。

     このところの日本代表は、あくまで海外組最優先だったが、アギーレ監督はJリーガーたちを評価し、しかも躊躇しないで若手にチャンスを与えた。
    アギーレから「バランス感覚の良さ」を感じる。楽しみな指揮官だ。

    日刊ゲンダイ 9月13日(土)10時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140913-00000014-nkgendai-socc

    【釜本邦茂氏「アギーレ監督はJリーガーたちを評価し、しかも躊躇しないで若手にチャンスを与えた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 07:19:07.36 ID:???0.net
    視線は次の“改革”に向いていた。アギーレ監督がFW陣の大刷新を検討していることが判明。
    けがの影響で招集を見送った香川、原口に加え、ハーフナー、宇佐美を新候補にリストアップしていることが分かった。

    「次の招集リストをごらんになれば誰が良くて、良くなかったか分かると思う」
    9日のベネズエラ戦後、“失格者”の存在をほのめかした指揮官は、早くも言葉を実行に移す準備を進めていた。

    5日のウルグアイ戦は0-2、ベネズエラ戦は2-2と1分け1敗で船出。4失点は全てミス絡みと守備の課題は明確だ。
    一方の攻撃は初ゴールしたFW武藤、MF柴崎の印象が強いものの、個の能力が求められる4-3-3の新布陣&堅守速攻の新戦術で新たな形を作れなかった。
    ベネズエラ戦では大迫と柿谷が前半だけで交代し、皆川は出番すらなかった。

    そこで浮上するのが1メートル94の長身が武器のハーフナー、日本屈指の突破力を誇る宇佐美。今回の2試合でも招集レターを送付した香川、原口とともに、強烈な「個」を持つ4人がまとめて招集される可能性が高まった。

    関係者によると、アギーレ監督は11日も東京都内でコーチ陣と会談するなど意欲的。U-21代表が参加するアジア大会も視察し、さらなる新戦力発掘を進める意向という。
    連覇を目指す来年1月のアジア杯へ、“アギーレ改革”が加速する。

    ★守備陣は

    2試合4失点の守備陣は、全てミス絡みと原因は明らかだ。左利きのセンターバック(CB)の希少性から初招集されたDF坂井(鳥栖)がウルグアイ戦で2失点に絡み、経験不足を露呈。
    ベネズエラ戦では左のCBに吉田(サウサンプトン)が入り、左足での安定したフィードを見せただけに、今後は利き足にこだわらない人選になりそうだ。昌子(鹿島)、塩谷(広島)らが候補。
    U-21にも植田(鹿島)、岩波(神戸)ら好素材が多い。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140912/jpn14091205030002-n2.html

    【【ヤバイ!】アギーレ監督「個」の力持つ4人まとめて招集も ハーフナー、宇佐美をリストアップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 10:35:13.13 ID:???0.net
    「日本代表合宿」(6日、札幌市内)

     サッカー日本代表は7日、国際親善試合・ベネズエラ戦(9日・横浜国際)に向けて、試合会場で約1時間半、公開練習を行った。
    ゲーム形式で行われた練習ではハビエル・アギーレ監督(55)が、セットプレーの戦術について選手たちに“初カミナリ”を落とすなど、情熱的な指導を行った。

     まるで芸人のような動きだった。右CKの時、ショートコーナーを受けたMF柴崎が後方のDF酒井高の位置を確認後、中央のMF細貝へとボールをつないだ。するとアギーレ監督は笛を鳴らして駆け寄った。

     激しい口調で指示を出すと、かぶっていたキャップをピッチへとたたきつけた。帽子を拾い上げると、回転こそさせなかったものの、ダチョウ倶楽部の上島竜平の鉄板ネタ『くるりんぱ』をほうふつとさせるように帽子をかぶった。

     周囲は一瞬凍り付いたものの、指揮官が笑顔を見せると「怒っているようで怒っていない。
    監督のコミュニケーションの一つ」(DF長友)と悟ったという。

     ショートコーナーは「ウルグアイ戦の前に一つの形としてやっていたもの。大きな問題ではない」と柴崎。

    過剰なリアクションもアギーレ流指導の一つ。練習中にファンが掲げたメキシコ国旗にサインするなど、喜怒哀楽が豊かな指揮官はベネズエラ戦での初勝利を目指す。

    デイリースポーツ 9月8日(月)6時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00000011-dal-socc



    【アギーレ監督が帽子たたきつけ“初ギ~レ”まるで上島竜平の『くるりんぱ』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/05(金) 23:12:46.01 ID:???0.net
    日本対ウルグアイ。新スタイルの意図は見えたが、攻守で課題。チームレベルとしてもゼロからのスタート【どこよりも早い採点】

    フットボールチャンネル 9月5日(金)21時22分配信

    意図を見えたが攻守に噛み合わず

    川島永嗣  4.5 失点シーンはノーチャンスか。
    吉田麻也  5  W杯の時よりは安定感が増した。
    長友佑都  5.5 変わらぬ突破力と運動量。
    森重真人  4.5 まずまずだったが、全体の運動量が落ちたときにもっと踏ん張りが必要。
    酒井宏樹  4.5 得意のクロスをあまり発揮できず。
    坂井達弥  2  失点につながる致命的なミス。試合勘のない選手をなぜ突然招集したのか。
    細貝萌   5  守備面では高い貢献も、この位置では攻撃面、特に組み立てでもっと高いレベルが求められる。
    田中順也  5  悪くはなかったがもっと中央を攻める意識があっても良かった。
    本田圭佑  5  守備では奮闘したが攻撃では孤立。特に右サイドだった前半。ボールの集まるポジションでなければ良さは活きない。
    岡崎慎司  5  岡崎らしさはあった。だが、彼が組み立て役では攻撃の広がりが少ない。なぜCKのキッカーだったのか。
    皆川佑介  5.5 決定機は外したが体の強さは見られた。ただ、これでは合格点とは言えないだろう。

    武藤嘉紀  5  最初は少し緊張して消極的だったが、徐々に攻撃に絡む。惜しいシュートも。
    柿谷曜一朗 4.5 インパクト残せず。
    酒井高徳  -  出場時間短く採点不可。
    森岡亮太  -  出場時間短く採点不可。

    アギーレ  5  新たなメンバー、フォーメーションでゼロからのスタートであることを改めて
    示した。ポゼッションの意図も激しい守備の意図も見えた。ただ、良く言えばバランス、悪く言えばどっちつかず。まだストロングポイントは見えない。

    植田路生

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140905-00010014-footballc-socc

    【どこよりも早い採点 日本 0-2 ウルグアイ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/09/05(金) 21:55:36.82 ID:???0.net
     「キリンチャレンジカップ、日本0-2ウルグアイ」(5日、札幌ド)

     メキシコ出身のハビエル・アギーレ新監督率いる新生サッカー日本代表は5日、札幌ドームでウルグアイ代表との国際親善試合、キリン・チャレンジカップに臨んだ。
    アギーレジャパンは0-2で敗れ、黒星スタートなった。

     初陣を勝利で飾れなかったアギーレ監督は守備のミスを敗因に挙げた。
    「ウルグアイは非常に強いチームなのでミスをおかしては勝てない。今日は守備のミスが2つあり、それが試合を決定づけた」と言い切った。前半34分のDF坂井(鳥栖)のトラップミス、後半26分のゴール前の混戦でのDF酒井宏(ハノーバー)の甘いクリアが失点につながった。

     指揮官は無得点に終わった試合を振り返り、「デビュー戦の選手を含め、良かったと思える選手が何人かいた。良かった点は選手が90分戦い続けたこと。
    武藤の最後のチャンスまで戦い続けた」と前向きにもとらえた。その上で「修正点はたくさんある。たとえば守備の集中力など」とここからチーム改革にも着手する。

     アギーレ日本はウルグアイ戦後、9日に日産スタジアムでベネズエラ代表と対戦する。

    デイリースポーツ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00000080-dal-socc

    【黒星発進のアギーレ監督、守備ミスに苦言「試合を決定づけた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/09/05(金) 21:55:45.27 ID:???0.net
    KIRIN CHALLENGE CUP 2014

     日本 0-2 ウルグアイ  [札幌ドーム]
    0-1 エディンソン・カバーニ(前34分)
    0-2 アベル・エルナンデス(後26分)

    ◆ 日本  アギーレ監督
    GK 1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
    DF 5 長友佑都(インテル/イタリア)
       15 坂井達弥(サガン鳥栖)
       21 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ) → 3 酒井高徳(シュツットガルト/ドイツ)(後42分)
       22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    MF 6 森重真人(FC東京) → 10 森岡亮太(ヴィッセル神戸)(後44分)
       8 田中順也(スポルティング・リスボン/ポルトガル) → 11 柿谷曜一朗(バーゼル/スイス)(後31分)
       13 細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
    FW 4 本田圭佑(ミラン/イタリア)(Cap)
       9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
       19 皆川佑介(サンフレッチェ広島) → 14 武藤嘉紀(FC東京)(後13分)

    ◆ ウルグアイ  オテロ監督代行
    GK 1 フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ)
    DF 2 ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリード/スペイン)
       3 ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード/スペイン)(Cap)
       16 マキシミリアーノ・ペレイラ(ベンフィカ/ポルトガル) → 13 マティアス・アギーレガライ(エストゥディアンテス/アルゼンチン)(後31分)
       22 マルティン・カセレス(ユベントス/イタリア) → 5 カミロ・マジャダ(ダヌビオ)(後39分)
    MF 7 クリスティアン・ロドリゲス(アトレティコ・マドリード/スペイン) → 6 アルバロ・ペレイラ(サンパウロ/ブラジル)(後28分)
       14 ニコラス・ロデイロ(コリンチャンス/ブラジル)
       17 エヒディオ・アレバロ・リオス(ティグレ/メキシコ)
       18 マティアス・コルホ(ウニベルシダ・デ・チレ/チリ) → 20 アルバロ・ゴンサレス(ラツィオ/イタリア)(後24分)
    FW 9 ディエゴ・ロラン(ボルドー/フランス) → 8 アベル・エルナンデス(パレルモ/イタリア)(後20分)
       21 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス) → 11 クリスティアン・ストゥアニ(エスパニョール/スペイン)(後13分)

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/f-sc-tp2-20140905-1362107.html

    KIRIN LOVES SOCCER:http://www.kirin.co.jp/csv/soccer/

    ★1が立った時刻 2014/09/05(金) 21:19:08.12
    前スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1409920649/

    【キリンチャレンジ 日本、ウルグアイに0-2で敗れる 初選出4人起用も…得点なく、アギーレジャパン初戦を飾れず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 10:14:47.62 ID:???0.net
    ◇ナビスコ杯準々決勝第1戦 G大阪1―1神戸(2014年9月3日 神戸ユ)

     “神戸キラー”が貴重なアウェーゴールをもぎ取った。G大阪のFW宇佐美が前半11分、MF倉田のパスから右足で先制弾。
     これで神戸戦は、公式戦出場6試合すべてで計8得点の荒稼ぎとなり「きょうこそ止まると思ったけど。何でなんですかね」と頬を緩ませた。

     それでもエースとして、勝てなかったことを悔やんだ。「最低限の結果だとは思うけど、こっちが決め切れなかった分、勝ちを引き分けに持っていかれたかな」。
     追加点を奪えなかったことを反省しつつ、スコアレスドローでも勝ち上がりが決まる7日のホームでの第2戦へ向け「勝ちにいく」と言葉に力を込めた。

     リーグが再開した7月以降、公式戦11試合で8得点。2試合連続でのノーゴールはなく、コンスタントに結果を残してきた。それでも新生日本代表には選ばれなかった。

     悔しさをバネに決めた落選後の初ゴールは、課題を克服する形でもあった。パスを受ける前に相手DFを確認しながら、巧みなポジショニングでフリーでシュート。
     足りないと言われてきたオフ・ザ・ボールの動きが光り、「こういう形で点を取れればラクになる」と納得の表情を浮かべた。

     「次の代表へのアピールはもう始まっている。どの試合を、どういう形で見てくれるのかは分からないけど、良さを出せるように頑張りたい」

     得点力という最大の武器を手に、自らの力でタイトルと代表切符をつかみ取る。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000089-spnannex-socc

    【G大阪のFW宇佐美 神戸戦6試合連発「次の代表へのアピールは始まっている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 10:41:36.22 ID:???0.net
    アギーレ代表監督が選んだ代表初招集のJリーガー5人が、大きな波紋を呼んでいる。

    スポーツ各紙は「誰にでも代表入りのチャンスがある。Jリーガーのモチベーションは一気に高まった」と大騒ぎだが、Jリーグの現場からは、「代表チームは、その時点でベストの選手が選ばれるもの。B級品ばかりを選んだアギーレの目は節穴なのか?」という声が噴出しているのだ。

    確かに、Jリーガー5人の誰もが「A代表にふさわしい」と納得するような選手は皆無である。

    広島の身長186センチFW皆川佑介(22)はエアバトルに強く、前線からの守備にも定評があるとはいえ、まだまだ粗削りだ。
    鳥栖の身長185センチFW豊田陽平(29)と比較すると格段に見劣りする。皆川のJ1通算出場時間は238分。通算450分以下に適用される「年俸480万円以下」の格安選手でしかない。

    新潟の右SB松原健(21)は、9月19日からのアジア大会(韓国・仁川)に出場するU-21日本代表から21日に落選したばかり。
    それが“飛び級”でA代表入り。新潟関係者も「喜びたいところだけど……ウチのマツケンは運動量だけ。ポカも多い。A代表に呼んで大丈夫か?」と困惑することしきりである。

    「A代表のコーチを兼任する手倉森誠U-21代表監督が、アギーレに『アジア大会のメンバーからは外したが、松原も戦力のひとりと考えている。
    国際経験を積ませたい』と猛プッシュ。これがマツケンのサプライズ招集の真相です」(放送関係者)

    ■レフティーというだけで?

    鳥栖のCB坂井達弥(23)は、今季Jリーグ出場が4試合だけ。先発した23日の大宮戦をリカルドGKコーチが視察。
    25日の代表スタッフ会議で名前を挙げ、そこで「坂井はレフティーです」とアギーレ監督に報告するとそれだけで「呼ぼう!」ということになった。

    実はアギーレ監督はレフティー好き。代表歴1試合のポルトガルリーグのMF田中順也(27)、同1試合のC大阪MF扇原貴宏(22)が選ばれたのも、やはりレフティーが決め手になった。サッカーライターの平野史氏がこう言う。

    「代表監督は、助っ人を買い漁って多国籍軍をつくれるクラブの監督とは違い、限られた選手をやりくりしながらチーム強化をやるしかない。
    それだけに誰を選ぶのか? という目利きが、非常に重要となってくる。今回の初招集選手たちを見ていると、アギーレの目は大丈夫かと思わないではいられません」

    お披露目試合のウルグアイ戦とベネズエラ戦で、アギーレ監督が大恥をかかなければいいが。

    日刊ゲンダイ 8月31日(日)10時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00000013-nkgendai-socc

    【初召集Jリーガーは実力未知数…アギーレの選考に疑問の声噴出「B級品ばかりを選んだアギーレの目は節穴なのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 19:54:03.43 ID:???0.net
    ◇メンバー23人発表会見の一問一答

     就任後初めての日本代表メンバー23人を発表した会見に臨んだサッカー日本代表のアギーレ監督の一問一答は次の通り。

     --初選出の選手が5人入った。

     ◆私は過去のリストを見てメンバーを選ぶことはしない。過去の代表に入っていたことを基準にするのではなく、選手を選んでいきたい。

     --このメンバーで実際に、どういうサッカーをピッチの上で見せていきたいか。

     ◆相手よりボールを持ち、相手より攻撃をしかけ、しかしバランスのとれたチームを見せたいと思う。

     --Jリーグを視察した印象は。

     ◆Jリーグの試合はたくさん見た。まだ若いリーグで成長し続けている。もうひとつ感じたのは、フェアプレー。激しい、汚いプレーは少なく、カードも少ない。
     非常に高貴な、クリーンなプレーだと思う。

     --1試合目と2試合目で、メンバーを変えるのか。

     ◆できるだけ多くの選手を見たい。これは選手たちがパスしないといけないテストでもある。(10月、11月も含めた)6試合をパスした選手たちがアジアカップに進む。

     --最初のミーティングでどういう声をかけるか。

     ◆ゼロから始まる新しいプロジェクトだと伝える。ロシア(W杯)で誇りを持って戦えるチームになるため、4年という、長い時間があると伝える。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00000068-mai-socc

    【<一問一答>日本代表アギーレ監督「過去は基準にしない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 15:37:17.67 ID:???0.net
    日本代表のハビエル・アギーレ監督は28日、都内で記者会見を行い、9月5日のウルグアイ戦(札幌ド)、同9日のベネズエラ戦(日産ス)に臨む日本代表メンバーを発表した。
    FW皆川佑介(広島)、FW武藤嘉紀(F東京)、MF森岡亮太(神戸)、DF坂井達弥(鳥栖)、DF松原健(新潟)がA代表初選出となった。

     アギーレジャパンの初陣に向けた初の代表メンバー発表。今年6月に開催されたブラジルW杯メンバーからはDF内田篤人(シャルケ)、MF山口蛍(C大阪)、MF青山敏弘(広島)が負傷の影響で招集を見送られたほか、直前の公式戦で脳震盪で途中交代したMF香川真司(マンチェスター・U)も招集されなかった。
    そのほか、MF清武弘嗣(ハノーファー)、FW大久保嘉人(川崎F)、FW齋藤学(横浜FM)、MF遠藤保仁(G大阪)、DF今野泰幸(G大阪)、DF伊野波雅彦(磐田)、GK権田修一(F東京)が外れた。

    以下、日本代表メンバー

    ▽GK
    川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
    西川周作(浦和)
    林彰洋(鳥栖)

    ▽DF
    水本裕貴(広島)
    長友佑都(インテル)
    森重真人(F東京)
    吉田麻也(サウサンプトン)
    酒井宏樹(ハノーファー)
    坂井達弥(鳥栖)
    酒井高徳(シュツットガルト)
    松原健(新潟)

    ▽MF
    長谷部誠(フランクフルト)
    細貝萌(ヘルタ・ベルリン)
    田中順也(スポルティング・リスボン)
    森岡亮太(神戸)
    扇原貴宏(C大阪)
    柴崎岳(鹿島)

    ▽FW
    岡崎慎司(マインツ)
    本田圭佑(ミラン)
    柿谷曜一朗(バーゼル)
    大迫勇也(ケルン)
    皆川佑介(広島)
    武藤嘉紀(F東京)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00138618-gekisaka-socc

    【アギーレジャパンが初のメンバー発表!! G大阪宇佐美は選出されず!】の続きを読む

    このページのトップヘ