日本代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/06/29(金) 00:58:47.68 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180629/k10011499751000.html‬

                                   ,.へ
      ___                             ム  i
     「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
     ト ノ                           iニ(()
     i  {              ____           |  ヽ
     i  i           /__,  , ‐-\           i   }
     |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
     ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
     i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. ‘´ハ   ,!
    . ヽ、    `` 、,__\              /” \  ヽ/
       \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―–―/::7   ノ    /
           ヽ.      ヽ::〈; . ‘::. :’ |::/   /   ,. ”
            `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r’”
         / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
         | 答 |     コ ロ ン ビ ア       │|
         \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

    【GL勝ち上がり みんなでコロンビアに感謝するスレ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 3倍理論 ★ 2018/06/25(月) 13:15:43.26 ID:CAP_USER9
    サッカー・ワールドカップ(W杯)で、日本は6月25日(日本時間)、世界ランキングでは格上のセネガルに2-2と引き分けた。1点を追う後半30分すぎに、同点のゴールを決めたのは本田圭祐だった。

    本田はこれまでの「ビックマウス」ぶりや、前のコロンビア戦で不用意なパスでピンチを招くなど、Twitterなどでは批判の声が上がっていたが、この日は一転、本田の活躍を評価し、「ごめんなさい」などと謝罪するツイートであふれる事態になった。

    後半33分。両チームの選手らが入り乱れる中、乾貴士がゴール前に蹴り込んだボールを本田が左足で合わせる。セネガルゴールに突き刺さる同点弾となった。

    本田はFW岡崎慎司と向き合って敬礼するパフォーマンスをし、喜びを表現した。

    強豪セネガルと引き分けに持ち込んだ得点になったことや、本田自身、W杯3大会連続のゴールだったことから、Twitterでは本田を称賛する投稿があふれた。その一方で、「本田さん、ごめんなさい」などと謝罪する投稿も続出した。

    本田は前のコロンビア戦にも途中出場。コーナーキックで大迫勇也の勝ち越し弾をアシストしたものの、パスをミスしてコロンビアにゴールまで攻め込まれる場面があり、批判が相次いでいた。

    また、本田は常々、「強気」の発言をしており、大会前に放送されたNHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも、「プロフェッショナルとはケイスケホンダ」などと断言。そのビッグマウスぶりとは裏腹に、大会前の代表戦では得点を決めることができず、不振が続いていた。

    そんな状況も相まって本田バッシングは起きたが、決勝トーナメント(ベスト16)進出を目指す上で負けられないセネガル戦で結果を出したことで、ファンらは本田の「有言実行力」を見直した格好だ。

    ただ、本田自身は冷静だった。コロンビア戦後の批判に対しても、「人の悪いところを粗探しして優越感にひたろうとしている人。悪口を言い合える仲間を見つけて安心する人。気持ちは分かるし、僕は味方ですからね」などと意に介さないツイートをしていた。

    試合後のインタビューで本田は、自身の得点について「外してたらまずいシーンだった」とした上で、「本音を言えば今日決めたかったんですけど。これがワールドカップの厳しさ」と淡々と語った。
    敬礼ポーズ、「やろうとは決めてなかった」

    本田が得点後、その喜びを表現した「敬礼」パフォーマンスは、Twitterユーザーの注目を集めた。

    このパフォーマンスは2015年のアジアカップでも岡崎と一緒に披露している。サッカー総合情報サイト「サッカーキング」によると、岡崎は試合後、「やろうとは言ってなかった」と、パフォーマンスは即興だったことを明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010000-huffpost-int

    【「あら探し」する人に「気持ちはわかる」と本田。そして有言実行の同点弾で男前上げる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 豆次郎 ★ 2018/06/25(月) 04:28:03.28 ID:CAP_USER9
    6/25(月) 4:16配信
    「大迫、半端ないって」の次は「ケイスケホンダ」がトレンド入り

     25日のロシアW杯1次リーグ・セネガル戦で、途中出場の日本代表MF本田圭佑(32=パチューカ)が貴重な同点ゴールを決めた。

     日本人初のW杯3大会連続ゴールを決めた本田に対し、ネットでは「やっぱり本田だ」「さすがです」などと称賛の嵐。ツイッターのトレンドも「本田さん」「本田圭祐」「ケイスケホンダ」と本田関連が上位を占めた。ちなみに「ケイスケホンダ」は、W杯開幕前に出演したNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、「あなたにとってプロフェッショナルとは」の質問に本田が「ケイスケ・ホンダ」と答えたもの。放送直後、やゆされたフレーズだったが、ネットでは「大迫、半端ないって」に続く盛り上がりとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000002-tospoweb-socc
    no title

    【「大迫、半端ないって」の次は「ケイスケホンダ」がトレンド入り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Bergenia ★ 2018/06/25(月) 06:37:35.46 ID:CAP_USER9
     「ロシアW杯・H組、日本2-2セネガル」(24日、エカテリンブルク)

     同点ゴールを決めた大阪府摂津市出身の本田圭佑が、大阪北部地震について初めてコメントした。

     試合後の取材で、地震についての話題に「まだ地震に対してコメントもしてないし、しかも地元ってところで、でもあえてしてなかったし、今もあえてする必要もないかなと思ってるんで」とこれまでコメントをしていなかった理由を説明した。

     「W杯終わったら帰るつもりやし、まず次に向けてしっかり準備したいなと思いがあるんで」と多くは語らなかったものの、「向こうの人たちが何か感じてもらえるなら、少しでも元気になってもらえるんであればうれしいですね」と思いやった。

     日本は2度リードを奪われながらも乾と本田のゴールで追いつきセネガルと引き分けた。勝ち点を4とし、ポーランドとの次戦で引き分け以上なら自力で決勝トーナメント進出を決める。ポーランドは、24日の試合でコロンビアに敗れたため、すでに1次リーグ敗退が決まっている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000034-dal-socc

    【本田圭佑、地元・大阪の地震に言及「少しでも元気になってもらえるんであれば」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2018/06/25(月) 07:31:46.23 ID:CAP_USER9
    [6.24 ロシアW杯グループリーグ第2節 日本2-2セネガル エカテリンブルク]

    先制ゴールを決めたセネガル代表FWサディオ・マネがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、試合後、記者会見に出席した。

    セネガルは前半11分、DFムサ・ワゲが右サイドの高い位置からクロス。ファーサイドでクリアしたMF原口元気のヘディングが小さくなり、
    こぼれ球を拾ったDFユスフ・サバリが右足でシュートを放つと、GK川島永嗣のパンチングが目の前のマネに当たってゴールマウスに吸い込まれた。

    得点シーンについて「私の足に当たってネットに入った」と指摘したセネガルの背番号10は「本当に足が当たったという感じだった」と、自身のW杯初ゴールを振り返った。

    2度リードしながらそのたびに追いつかれる展開に「ちょっと残念に思っている。勝てると思っていた」と悔しさを隠さなかった。
    「得点をして、同点にされて、後半も同じことが起きた。たくさんのチャンスもつくり、いいプレーをしたが、2点目も同点にされてしまった」。
    初戦を白星で飾ったチーム同士の第2戦は勝ち点1を分け合い、日本とセネガルが勝ち点4で並んだまま最終節を迎えることになった。

    「正直に言って、みんなガッカリしている」。そう率直に認めるマネは「(グループリーグ突破は)次の試合に懸かっている。
    準備をしないといけない」と自分たちに言い聞かせるように話した。

    6/25(月) 2:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-01655506-gekisaka-socc

    写真
    no title

    2018/06/25(月) 02:21:59.16

    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529860919/

    【<セネガルFWマネはドローに悔しさ隠さず>「勝てると思っていた」「正直に言って、みんなガッカリしている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2: 名無しさん@涙目です。(群馬県) [US] 2018/06/25(月) 01:53:09.97 ID:AF50Z9lV0
    ごめんなさい

    3: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [KR] 2018/06/25(月) 01:53:20.15 ID:6qp4T7Oe0
    信じてた ^^

    4: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [AU] 2018/06/25(月) 01:53:36.99 ID:EDYrzvP80
    先発は今のメンバーでいいよ
    本田はサブでいい

    5: 名無しさん@涙目です。(茸) [IT] 2018/06/25(月) 01:53:43.28 ID:S6eYbULn0
    ごめんなさい

    7: 名無しさん@涙目です。(庭) [DE] 2018/06/25(月) 01:53:57.01 ID:he7VdkuH0
    本田△

    8: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2018/06/25(月) 01:54:01.81 ID:nGZBAgUq0
    ありがとうでもこの使い方でええわ

    【お前らケイスケホンダに言うことあるよね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひかり ★ 2018/06/25(月) 02:08:03.48 ID:CAP_USER9
    日本代表は24日、ロシア・ワールドカップグループH第2節でセネガルに2-2で引き分けた。試合後、GK川島永嗣がフラッシュインタビューに応じた。

    コロンビア戦で白星スタートを切った日本は、セネガル戦で11分に川島のパンチングが甘くなったところをサディオ・マネに決められて先制されるも、
    34分にボックス左から乾貴士がファーサイドに決めて同点とする。後半も好勝負を演じた日本は、70分にムサ・ワゲにネットを揺らされるも、78分に
    本田圭佑が同点弾を記録し、2-2で試合を終えた。

    試合後、この試合で先発した川島は、「自分のミスから厳しい状況になってしまった。引き分けにできた良かった」とコメントし、以下のように続けた。

    「完全に自分のミスです。目の前が気になりすぎた。コロンビア戦もそうですけど、チーム一丸となって厳しい状況の中でも結果が出てチームメイトに
    感謝しています。試合の内容については自信も得られた。次は結果も大事なので切り替えたいです」

    なお日本は今後、ロシアW杯グループH最終節でポーランドと対戦する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010012-goal-socc

    【痛恨の2戦連続ミス、川島永嗣は「完全に自分のミス。目の前が気になりすぎた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: pathos ★ 2018/06/25(月) 02:10:53.47 ID:CAP_USER9
     日本は1点を追う後半33分、ゴール前の混戦から途中出場のMF本田が同点ゴールを決めた。本田はW杯開始前から言動やコロンビア戦でのボールロストなどで、ネット上で非難を浴びていただけに、ツイッターでは「ごめんなさい」ツイートがあふれかえった。

     日本人初の3大会連続ゴールが決まると、再び列島が沸き返った。決めたのは本田だった。すると本田に批判的なツイートや書き込みが多かったネットでは「ケイスケホンダさんごめんなさい」「謝らないと」「バカにしててごめんなさい」などの発信が相次いだ。

     ◆過去の本田語録

     ▼「Jリーガーでも目標を持ってやってる人と持ってない人がいるのが分かった」(2003年3月、高校時代に名古屋の練習に参加し)

     ▼「ベスト4というか、優勝を狙ってもいいと思ってるんで」(10年5月、南アW杯の目標を聞かれ)

     ▼「まあ(運気を)持ってるのかな」(10年6月、南アW杯初戦で得点を決め)

     ▼「心の中の『リトル・ホンダ』に聞いたら、ACミランでプレーしたいと言った。だからミランに来た」(14年1月、ACミラン加入会見)

     ▼「(背番号2の理由に)世界の輪、世界平和に憧れや夢を見ている部分もある。2というのはピース(サイン)」(17年7月、パチューカ入団会見)

     ▼「It’S never too late(決して遅すぎるなんてことはない)」(18年4月、ハリルホジッチ監督解任を受けて自身のツイッターで発信)

     ▼「プロフェッショナルとはケイスケホンダ」(18年5月放送のNHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000024-sph-socc

    【同点ゴールで「ケイスケホンダさん、ごめんなさい」ツイートあふれかえる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 3倍理論 ★ 2018/06/24(日) 18:41:30.70 ID:CAP_USER9
    女優の平愛梨さんが6月24日、「弟まで!! き、き、金、ぱ、ぱ、パツ!! 金髪!!!!」のコメントともにまばゆい髪色をした弟の写真をInstagramで公開しました。長友佑都さんが金髪にしたことに端を発して、平家にどんどんとスーパーサイヤ人が増殖していく。

     長友さんと同じイエローベースの金髪にした弟の姿に驚きを隠しきれない平さん。24日深夜キックオフのセネガル戦を応援するため期間限定で金髪にしたそうで、平さんは「愛を感じたよ」「ありがとう」と感謝の気持ちをつづりながらも、「仕事先 大丈夫かな」と姉らしく心配していました。

     14日に開幕したW杯ロシア大会の直前に「スーパーサイヤ人になってチームを救いたい」との思いから、金髪でイメチェンをはかった長友さん。18日には平さんも金髪に染めた写真をInstagramで公開。同じ気持ちで応援したいという気持ちをヘアカラーに込めたといい、「いつだって papaと同じ気持ち 私も魂込めて応援する」という熱い胸の内をInstagramでつづっていました。すてきな夫婦愛だ。

     また妹の平祐奈さんも、ウィッグなのかは定かではありませんが人生初の金髪に挑戦。主演ドラマ「ミューブ~秘密の歌園~」の役作りでホワイトベースのブロンドにカラーチェンジし、「ゆっにーぃの真似! なんつってー」とかわいらしくコメントしていました。

     気合いの入った弟の金髪にファンからは「平家族の愛半端ないですね!」「最高な家族」と感動する声や、「今からもうドキドキしてます ガンバレ日本」と応援するコメントが寄せられています。また、平さんたちの金髪フィーバーに「じゃ、私も今から金髪になりに行くかな」「僕も金髪し直します」と影響される人もいました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000029-it_nlab-ent

    【まるで超サイヤ人のバーゲンセールだ 平愛梨の弟まで長友佑都リスペクトの“ド金髪”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 3倍理論 ★ 2018/06/24(日) 15:54:18.78 ID:CAP_USER9
     日本代表は23日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦のセネガル戦を翌日に控え、試合会場のエカテリンブルク・アリーナで公式会見と公式練習を実施。MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)は練習後、同試合のカギについて「粘り強く戦うこと」と「隙きを突いていくところ」を挙げた。

     初戦でコロンビア代表に勝利した日本は、同じく白星スタートのセネガル代表と対戦する。宇佐美は、「90分通して集中がフルで続くとは思えないし、どこかでパッと切れるときがあると思うので、そこを粘り強く戦うこと。もちろん、すごく強い相手だし、個々にすごい能力を持った選手がたくさんいるので、しっかりケアをしながら、どういうところで粘り強く戦い、チャンスをつかんでいくか、またチャンスを与えないかってところに尽きる」と試合を見据えた。

     どちらのチームにとっても勝てばグループステージ突破に大きく前進する大事な一戦。「セネガルは間違いなく明日にぶつけてくると思うので、相手の勢いや熱意におされないように、チーム全体でしっかり準備したい」と宇佐美は警戒をしつつ、相手のわずかな「隙」に勝機を見ている。

    「なかなか1対1や高さ、スピートで勝っていくのは難しいと思うので、枚数で勝っていくというところになっていくと思う。(セネガルは)ボールウォッチャーになる瞬間があったり、わりとポジショニングを適当にやってしまっても、個の能力でカバーできる選手たちが多い。ポジショニングやマークを見ながらフッっと抜けるシーンがあると思うので、そういうところを上手く突いていく。動き出しでオフの時や、ボールを持ってオフの選手を使う時の隙きを突いていくところがピッタリ合えば、チャンスのシーンは出てくると思う」

     攻守に置いて重要となるセットプレーに関しても、「チーム全体を分析した感じでは隙はある」と続け、「圧倒的に個に自信を持っていたり、自分自身で跳ね返せるぞって自信を持っているぶん、枚数とかポジショニングとかマークとかを疎かにやってくる瞬間はあると思うので、CKに関しても粘り強く何度も重ねていくことが大事かなと思う」と分析した。

     会見では西野朗監督が、「基本的にスタメンはコロンビア戦をベースとして考えています」と明言。そのため宇佐美は初戦に続きベンチスタートが濃厚だが、「どっかのタイミングで代わって出た選手が結果を残さないといけない状況は絶対あると思うし、そういうときのためにしっかり準備しておくこと、出たい気持ちとか出たらどうするぞという気持ちを常に積み重ねておくことが大事」とW杯初出場へ静かに闘志を燃やし、「チームのために準備をし続け、チームのために何かしらアクションを起こし続けることが、必ずチームのためになると思うし、そういう行動を積み重ねていると自分にも返ってくると思う」と“総力戦”に意気込んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00782705-soccerk-socc

    【宇佐美貴史、大一番セネガル戦のカギは「粘り強さ」と「隙きを突く」】の続きを読む

    このページのトップヘ