日本代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 3倍理論 ★ 2018/06/20(水) 00:23:13.92 ID:CAP_USER9
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 日本2―1コロンビア(19日、サランスク)

     日本代表の戦いぶり、勝敗のポイントとなったプレー、選手について、スポーツ報知北海道版で評論家を務める元日本代表FW・吉原宏太氏が、Web限定の特別評論で詳しく解説します。

     香川や乾がよく頑張った。日本の良さは勤勉なところ、諦めない精神。本田が少し前に取り組もうとしていた「個の強さ」は、なかなか世界で通用しない。大スターはいないが、全員でまとまって走って、相手に対して諦めず体を張ったディフェンスが素晴らしかった。

     決勝点となった大迫のゴールは、体勢が崩れていたヘディングだったが頭だけゴールに向けていた。きれいなゴールではないが、ああいう得点は盛り上がる。

     試合開始早々に相手が10人になって、選手たちはやりにくかったと思う。サッカー選手からすると10人相手に戦うのは難しい。パスの出しどころが増えるので、どこが一番効果的か絞りづらくなってしまうからだ。前半、消極的な場面も見られたので、ベンチからもう少し「ドリブルで仕掛けろ」など指示があっても良かったかなと思う。そうすればもっと早い段階で仕留められたのかなと思う。

     次戦へ向けて、出場した選手はまずしっかり休んで欲しい。攻撃面ではサイドで人数をかけている分、そこを工夫すればもうひとランク上の攻撃ができる。ただクロスを入れるだけでは、どこのチームも屈強なディフェンダー相手に苦戦している。ただ上げるだけでなく、ゴロやライナー、上げる振りをして切り返すなど工夫してサイド攻撃で点が取れれば、大きなアドバンテージになる。

     また悪い流れになったときに引きがちなので、自信を持って前でボールを取りに行くディフェンスをして欲しい。

     今日の勝利は大きい。もし負けていると、第3戦でコロンビアに勝ってもらいたいのに決勝トーナメントを見据えて控え選手起用するなど、日本にとってますます良くないことが起きたかもしれない。1次リーグ突破の可能性を60%くらいまで引き寄せたと思う。(元日本代表FW)

     ◆吉原 宏太(よしはら・こうた)1978年2月2日、大阪・藤井寺市出身。40歳。和歌山・初芝橋本高では第74回全国高校サッカー選手権で得点王に輝く。卒業後、96年、当時JFLの札幌に加入。2000年にG大阪へ移籍後、大宮、水戸でプレーし、12年オフに引退。ポジションはFW。J1通算228試合出場58得点、J2通算130試合33得点、JFL通算39試合14得点。日本代表1試合出場無得点。現在はテレビ解説やイベント出演などで活躍するほか、J1札幌のサッカースクールで子供たちの指導にもあたっている。2013年からスポーツ報知北海道版で「宏太’sチェック」という評論を務めている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000003-sph-socc

    【<吉原宏太チェック>香川や乾がよく頑張った サイド攻撃工夫でもう1ランク上のチームなれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2018/06/20(水) 05:55:20.23 ID:CAP_USER9
    「ポジショニングでの優位性を持たなければいけないことを伝えた」
    [ロシアW杯グループH] 日本2-1コロンビア/6月19日/モルドビア・アレーナ(サランスク)
     
    日本代表は6月19日、ワールドカップの初戦でコロンビアを2-1で下し、見事に番狂わせを演じてみせた。
     
    「スタートから非常にアグレッシブに入れた。そして数的優位な状況で試合を進めることができた」と語ったのは西野朗監督だ。さらに指揮官は、前半と後半を具体的に振り返る。

    「選手にはハーフタイムには数的優位がすべて優位な状況ではなく、ポジショニングでの優位性を持たなければいけないことを伝えた。
    なんとなく攻守にアドバンテージがあるような戦い方で、得点をしてからコロンビアにポジショニングでの優位性を与えて、優位に進めることができなかった前半でした。

    そして、前半以上に動き、優位なポジショニングを取ったことで、ポゼッションもかなり高まり、
    ファルカオをはじめ相手の前線の選手たちのエネルギーを失わせた。そうやって自分たちでボールをコントロ-ルできた後半だったと思います」
     
    アップセットを起こせた主な要因は、間違いなく開始3分で退場者を出したコロンビアのハプニングだ。
    とはいえ、それだけではない。巧みなメンバー選考をした指揮官の手腕も実は大きく働いていたと言える。
     
    「数的な優位というのは決してゲームの中で優位ということではない」と言う西野監督は、このコロンビア戦のメンバー選考に最後まで頭を悩ませた。
    「今まで『すべて初戦のコロンビアに対して』と言ってきました。自分の中で固定したメンバーで今日を迎えたわけではなく。いろいろテストをしたうえでメンバーやシステムを決めたいと思っていました。
    パラグアイ戦までシステムも選手もトライしたなかで、最後は中盤での攻防で優位に立てるか立てないかで、今日のキャスティングを決めた」という。
     
    コロンビア戦のスタメンでとりわけ興味深かったのが中盤の構成だ。2ボランチに長谷部誠、柴崎岳。右サイドハーフに原口。そして12日のパラグアイ戦で活躍した香川と乾をそれぞれトップ下と左サイドハーフに配置した。
     
    「柴崎、香川、乾、そういう自分でもグループでもボールをある程度うまく扱える選手。そういう選手が必要だった。
    リアクションだけにならず、『ディフェンス、ディフェンス』という展開で試合を進めて、最後にカウンターで決め切る時には、また別のキャスティングだったと思いますが、
    コロンビア戦では中盤である程度イニシアチブを取りたいというところで、この中盤の構成にした」
     
    試合後、ポゼッションに長けた3選手を先発起用した意図を明かした。単に自陣にブロックを敷いてカウンターを狙っていただけでは、10人のコロンビアの攻撃でさえ最少失点に抑えられたかは分からない。
    中盤での主導権を握ろうとしたからこそ、ボールを握る時間が生まれ、数的優位を活かせたのだろう。指揮官が土壇場で見せた大胆采配は、称賛されてしかるべきものだ。

    サッカーダイジェスト 6/20(水) 4:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00042513-sdigestw-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<西野監督>「選手がタフに戦ってくれた」自身のW杯初勝利にもダンディーに選手たたえる
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529417477/

    【<西野監督が明かした“テクニシャン同時起用”の狙い>「柴崎、香川、乾が必要だった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: さあ名無しさん、ここは守りたい 2018/06/19(火) 23:10:54.25 ID:1LMB95sO
    すいませんでしたくらい言えるよね?

    すいません全敗だと思ってました。

    2: さあ名無しさん、ここは守りたい 2018/06/19(火) 23:11:32.86 ID:/q5jC+CJ
    10vs11でこんなハラハラする試合見られるとかさすがやで!

    3: さあ名無しさん、ここは守りたい 2018/06/19(火) 23:11:42.00 ID:DCOOzeky
    ケイスケホンダには言わん

    【お前ら西野監督とケイスケホンダさんに酷いこと言ったよね(´・ω・`)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 3倍理論 ★ 2018/06/19(火) 23:57:28.68 ID:CAP_USER9
    [6.19 W杯H組第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

     日本代表は19日、ロシアW杯グループリーグ第1節でコロンビア代表と対戦し、2-1で勝利した。前回大会8強、FIFAランキング16位のコロンビアを倒す金星。4年前のブラジルW杯で敗れたリベンジも果たし、2大会ぶり3度目のグループリーグ突破へ白星発進した。

     iOS版およびAndroid版で配信中の『ゲキサカアプリ』では、ユーザーが『採点機能』を使って出場選手を採点。キックオフから試合終了30分後まで受け付けられた採点の平均点が発表された。

     最も評価が高かったのは、決勝点を挙げてマン・オブ・ザ・マッチに選出されたFW大迫勇也で『7.19』だった。次いでMF柴崎岳が『6.75』、MF香川真司が『6.38』となっている。なお、一番低かったのは、GK川島永嗣で『4.79』だった。

     以下、出場メンバーの採点結果

    【先発】
    GK 1 川島永嗣:4.79
    DF 3 昌子源:6.28
    DF 5 長友佑都:6.21
    DF 19 酒井宏樹:5.98
    DF 22 吉田麻也:6.18
    MF 7 柴崎岳:6.75
    MF 8 原口元気:6.34
    MF 10 香川真司:6.38
    MF 14 乾貴士:6.12
    MF 17 長谷部誠:5.82
    FW 15 大迫勇也:7.19
    【途中出場】
    MF 4 本田圭佑:5.49
    MF 16 山口蛍:5.55
    FW 9 岡崎慎司:5.58

    ※最高点8.5、最低点3.5の0.5点刻みで出場者全員を採点した平均点

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-01655291-gekisaka-socc

    【みんなで採点!! 日本の“運命の初戦”、最も評価が高かったのは文句なしで…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2018/06/19(火) 23:11:17.91 ID:CAP_USER9
    「ロシアW杯・H組、コロンビア1-2日本」(19日、サランスク)

     やはり、この男は何かを持っているのだろうか…。W杯初采配となった西野朗監督が、初勝利を挙げた。試合開始早々に相手に退場者が出たという要素もあったが、「選手がタフに戦ってくれた。その結果だけなので」と、選手をたたえた。

     日本は前半6分に香川真司(ドルトムント)がPKを決めて先制し、1-1とされた後も後半28分に大迫勇也(ブレーメン)が決勝ヘッドを決めた。南アフリカ大会のデンマーク戦以来、2大会ぶりとなるW杯での勝利を挙げ勝ち点3を手にした。また、W杯では

     西野監督は戦前不利と見られながらも、下馬評を覆す勝利を挙げた。アトランタ五輪で自らが率いたチームがブラジル代表を撃破した“マイアミの奇跡”の再現する“サランスクの奇跡”を実現させた。

     西野監督は「落ち着いて選手が入ってくれて。先制できたのが非常にリズムをつくれた要因だと思います」と冷静に振り返った。「リアクションだけにならずに、自分たちのボールを持てる、そういう中でゴールを目指していく、そういう中盤の構成を考えました。柴崎あたりがゲームメークをしてくれた」。W杯初采配で初勝利となった「選手がタフに戦ってくれた。その結果だけなので」と冷静に、ダンディーに選手たちをたたえた。

    6/19(火) 23:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000150-dal-socc

    【<西野監督>「選手がタフに戦ってくれた」自身のW杯初勝利にもダンディーに選手たたえる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: pathos ★ 2018/06/19(火) 23:32:41.88 ID:CAP_USER9
    ロシア・ワールドカップのグループH、日本代表対コロンビアが19日に行われた。日本代表は前半開始早々に香川真司がPKを決めて先制。一時は同点に追いつかれたが、後半に入って本田圭佑のCKから大迫勇也が頭で押し込み勝ち越し。そのままリードを守りきり、2?1でW杯初戦を勝利で飾った。

    試合後のフラッシュインタビューで本田は以下のように語った。

    「結果だけ見ると勝ち点3を取れたので、満足いく結果だったと思います。一方で内容はそこまで良かったとは感じていないですし、相手が10人の中でアドバンテージを活かしきれなかったと思っています」

    「結果を出すということだけにこだわって準備してきました。自分に与えられた時間は限られていましたが、決勝点に絡めて満足しています。欲を言えば自分自身が決勝点を上げられればと思いますが、チームが勝つことが大事なので満足しています」

    「(勝利は)そこまで大きいとは思っていないです。あと2試合あるうちの一つは勝たなければいけないので。ただあと一つ勝てばいいという状況を作れた。最低限、結果を出して予選突破を目指してやっていければと思います」

    今後、日本は24日にセネガル、28日にポーランドと激突。決勝トーナメント進出をかけて2試合を戦う。

    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000049-goal-socc

    【ケイスケホンダ「内容はそこまで良かったとは感じていないですし、(勝利は)そこまで大きいとは思っていないです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 3倍理論 ★ 2018/06/19(火) 23:15:28.12 ID:CAP_USER9
    本田が2010年から3大会連続でのアシストを記録、アジア人で初の快挙

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、1次リーグH組で日本がコロンビアに2-1で勝利した。2010年の南アフリカ大会以来、2大会ぶりの白星。大事な初戦で勝ち点3を手にした。

     前半3分にコロンビアMFカルロス・サンチェスがレッドカードで退場。数的優位に立った日本は同6分にMF香川真司のPKで先制した。同39分に直接FKを決められ同点とされたが、後半28分に途中出場のMF本田圭佑のCKに合わせたFW大迫勇也が頭で決めて勝ち越し。最後までリードを守り切った。

     決勝点をアシストした本田は、これで3大会連続。英国のデータ分析会社「オプタ」の公式ツイッターによると、アジア人選手がW杯3大会でアシストを決めるのは史上初の快挙。また、最近の日本の8得点のうち6得点にも本田が絡んでいることを紹介している。

     トップ下では香川が先制ゴールと輝き、後半25分から代わって出場した本田も好アシストをマーク。日本が誇る2選手が存在感を発揮した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180619-00026885-theanswer-socc

    【本田圭佑、W杯3大会アシストはアジア人初快挙! 途中出場で大迫の決勝弾お膳立て】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 3倍理論 ★ 2018/06/19(火) 22:59:37.33 ID:CAP_USER9
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 コロンビア―日本(19日、サランスク)

     日本は後半28分、CKから大迫のヘディングゴールで再びリードを奪った。するとツイッターでは「大迫半端ないって」と怒とうの勢いでつぶやかれた。

     「大迫半端ないって」の元ネタは大迫が鹿児島城西高3年の全国高校サッカー選手権で前人未到の10得点10アシストを決め準優勝。準々決勝では2得点された滝川二高の主将が「大迫、半端ないって!」と号泣したことだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000173-sph-socc

    【大迫半端ないって。アイツ半端ないって。W杯で勝ち越しゴール決めるもん。そんなん出来ひんやん、普通。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2018/06/19(火) 23:08:24.14 ID:CAP_USER9
    昌子はその実力を世界にアピール
    no title


    [ロシアW杯グループH] 日本2-1コロンビア/6月19日/モルドビア・アレーナ(サランスク)

    【日本代表・総評】

    C・サンチェスの退場、PK獲得といくつもの運を味方につけて香川のPKで先制。その後も追いつかれるも、守備の強度は後半に入っても維持され、大迫のゴールで勝ち越した。最も重要なグループリーグ初戦で白星を飾れたのはなにより大きい。
     
    【選手採点・寸評】
    GK
    1 川島永嗣 5.5
    13分のファルカオのシュートはナイスキャッチも、39分にキンテーロにFKから同点弾を許す。この試合を観ていた全国民が思ったはずだ。「止められなかったのか」と。
     
    DF
    3 昌子 源 6.5
    前半は吉田との連係も悪くなく、無難な出来。良い意味で目立たなかった。Jリーガーとして世界のステージでアピールした。
     
    5 長友佑都 7.5
    MAN OF THE MATCH
    18分のJu・クアドラードとの1対1の対応は見事。39分のクリアミス、乾へのパスミスなどはあったが、“やってやる”という気持ちが十分に伝わってくる戦いぶりだった。

    no title


    19 酒井宏樹 6
    原口と良い距離感を保ち、前半に限れば裏を取られるシーンはほとんどなかった。後半も崩れず、シュートに絡む積極性も光った。
     
    22 吉田麻也 6
    エリア内での守備に気を使い、最終ラインをある程度統率できた。前半に2回FKからファルカオにシュートを打たれた点は課題だが、及第点には間違いなく届く働きだった。
     

    5 長友佑都 7.5 MAN OF THE MATCH 18分のJu・クアドラードとの1対1の対応は見事。39分のクリアミス、乾へのパスミスなどはあったが、“やってやる”という気持ちが十分に伝わってくる戦いぶりだった。

    MF
    7 柴崎 岳 7(79分OUT)
    CBの吉田が倒れた直後のピンチ(20分)で上手くボールを奪い返す。運動量もあり、司令塔的な役割までこなすマルチな働きだった。
     
    8 原口元気 7
    闘争心剥き出しのファイトで味方を鼓舞。プレーに粗さは目に付いたものの、根本的な“走る、戦う”を大舞台で体現していた。
     
    10 香川真司 6.5(69分OUT)
    大ブーイングを受けながらも前半6分にPKを冷静にゲット。守備にも奔走しつつ、チームの勝利のために最後まで走り抜いた。
     
    14 乾 貴士 6
    中途半端な位置でボールを取られてカウンターを許すなど単調なプレーが前半は目に付いた。ただ、後半アディショナルタイムにチームを救う守備が光った。
     
    17 長谷部誠 6
    22分の乾へのパスは勿体なかった。コロンビアのゴールにつながるファウルも減点対象も、後半は中盤のバランスを取れていた。
     
    FW
    15 大迫勇也 7(85分OUT)
    2分の決定機逸はいただけない。さらに32分の左サイドからのシュートは枠外だが、値千金の勝ち越しゴール、ハメスのシュートブロックは高く評価したい。
     
    本田は大迫の勝ち越しゴールをアシスト。さすがプロフェッショナル‼
    no title


    交代出場
    MF
    4 本田圭佑 6.5(69分IN)
    投入直後のシュートはGKの正面も、そのあとのCKから大迫の勝ち越し弾をアシスト。さすが“プロフェッショナル”‼
     
    MF
    16 山口 蛍 -(79分IN)
    2-1でリードというデリケートな状況でピッチに入るも比較的落ち着いていた。少し低目の位置でルーズボールに目を光らせていた。
     
    FW
    9 岡崎慎司 -(85分IN)
    大迫に代わりCFへ。万全なコンディションではなかったが、試合終了のホイッスルが鳴り終わるまで戦い抜いた。
     
    監督
    西野 朗 6.5
    先発に抜擢したCBの昌子が期待に応えるパフォーマンス。ボールポゼッションの質も悪くなかったことを踏まえると、狙い通りの試合展開か。
     
    取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
     
    ※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
    ※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
    ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

    【<日本2-1コロンビア|採点&寸評<>長友と原口の闘争心に拍手!神様、仏様、大迫様!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2018/06/19(火) 00:20:39.53 ID:CAP_USER9
     コロンビアの知将は決戦前日に、日本の現状について知り尽くしていることを明かした。19日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグH組、日本対コロンビアの前日記者会見にホセ・ぺケルマン監督とGKダビド・オスピナが出席。長年にわたってチームを率いる指揮官が要注意人物として挙げたのは、MF乾貴士だった。

     W杯前最後の親善試合エジプト戦を1-1のドローで終えたとはいえ、前回大会でベスト8に入ったコロンビアはこのグループで“強者”と見られている。とはいえ、「ロシアに来て最高の状態でない選手もいるかもしれないが、医療スタッフからも報告は受けている。明日のスタメンには多くの可能性があるが、最後の試合から少し変更があるかもしれない」と慢心を感じさせない言葉とともに出たのは、4年前にも対戦した日本についての現状認識だった。

    「日本はとてもタフなチームだ。日本をよく知っている。経験のある選手がいて、ここ数試合で監督が代わった。システムが変わり、選手が変わり、どういうシステムで来るかも分からない。新しいエネルギーもある」

     バヒド・ハリルホジッチ前監督から西野朗監督に体制変更し、4-1で完勝した4年前と比べて新戦力が加わっていることは織り込み済みのようだ。かつて対戦した相手とともに触れたのは、あのアタッカーの名前だった。

    「乾は素晴らしいプレーを見せてクリエイティブ」

    「本田や吉田、川島、長友、遠藤、長谷部などタレントもいる。乾は素晴らしいプレーをエイバルで見せてクリエイティブだ。とても警戒している。質の高い選手がいるが、相対する準備はできている。ワールドカップでは、全ての対戦の勝敗がどう転ぶか分からない」

     誰よりも長いコメントで触れたのは乾だ。同じスペイン語圏ということもあってか、2016-17シーズン最終節にはバルセロナ相手に2ゴールを奪い、翌17-18シーズンにもリーガで5ゴールを奪うなどコンスタントな活躍を見せるテクニシャンを要注意人物と見ているようだ。

     ぺケルマン監督は「ブラジルではハメス・ロドリゲスや(ファン・)キンテーロは非常に若かったが、今は経験がある」とチームの熟成度に自信を見せている。対戦相手のキーマンを抑えつつ、南米屈指の破壊力を見せる――。言葉の節々からプライドを感じさせた。

    フットボールZONE 6/18(月) 23:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00112827-soccermzw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180618-00112827-soccermzw-000-6-view.jpg

    【<コロンビア代表のペケルマン監督>「日本をよく知っている」「本田や吉田、川島、長友、遠藤、長谷部などタレントもいる」】の続きを読む

    このページのトップヘ