その他Jクラブ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/19(木) 06:28:42.70 ID:CAP_USER9
    C大阪が関西空港から1次キャンプ地のタイへ出発した。

    神戸が獲得交渉中の元ドイツ代表FWポドルスキについて、

    尹監督は「チームでうまく働けるかは、やってみないと分からない。セレッソも経験したでしょ」
    と元ウルグアイ代表FWフォルランが15年シーズン途中で退団した例を挙げ、活躍に疑問符。

    タイでは「休日も選手のコンディションを見て決める」
    と、29日の帰国まで無休の可能性も示唆した。

    スポーツ報知 1/19(木) 6:07配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000015-sph-socc

    写真
    no title

    【神戸ポドルスキは懐疑的「セレッソも経験したでしょ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/13(金) 12:58:21.81 ID:CAP_USER9
    3季ぶりにJ1に昇格したC大阪が13日、大阪市内で早朝練習を行った。

    まだ夜が明け切っていない舞洲練習場。午前6時50分開始の練習に合わせて選手、スタッフが続々と到着した。
    ピッチに最初に姿を現したのはMF山口蛍(26)で、練習前にはFW柿谷曜一朗(27)らと輪になって、リフティングを楽しんだ。

    ランニングや体幹トレーニングなど軽めのメニューで約30分間体を動かして練習は終了し、
    選手らは用意された朝食を摂った。練習場には早朝にもかかわらず、熱心な4人のサポーターが見学に訪れていた。

    今季から指揮を執る尹晶煥監督(43)は「若い選手が多いのでプロ意識を高めた方がいい。
    プロとして生活リズムを取り戻すため」と早朝練習導入の目的を語っていた。

    このあと、午前9時40分、午後3時の3部練習が行われる予定となっている。

    デイリースポーツ 1/13(金) 8:23配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000033-dal-socc

    写真
    no title


    ・C大阪 大熊清氏がチーム統括部長に就任「現場とフロントのパイプ役に」

    C大阪で昨季は指揮を執った大熊清氏は、クラブのGM的な立場といえるチーム統括部長に就任し、
    強化を担当するフットボールオペレーショングループの部長に森島寛晃氏が就任した。

    今後は大熊氏と連係しながら、今まで以上に補強や編成などに携わっていく森島氏。
    「タイトルに向けてチームが成長していけるように。現場とフロントのパイプ役になれたら」と所信を表明した。

    スポニチアネックス 1/13(金) 10:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000084-spnannex-socc

    写真
    no title

    【<セレッソ>大熊清氏がチーム統括部長に就任!午前6時50分から早朝練習!熱心な4人のサポーターが見学】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/05(木) 13:55:18.80 ID:CAP_USER9
    絶対的エースと気鋭のドリブラーがまさかの流出。
     
    大宮は1月5日に家長昭博が川崎へ、泉澤仁がG大阪へ移籍すると発表した。
     2014年にマジョルカ(スペイン)から加入した家長は、日本トップクラスのテクニックとキープ力、観る者を魅了する創造性で絶対的エースとして君臨した。
     
    泉澤は阪南大在学中の13年に特別指定としてプレーし、14年に加入。切れ味鋭い突破力が武器のドリブラーで、得点もアシストもできる万能アタッカーとして成長を続けていた。
     両者は大宮公式サイトで以下のようにコメントしている。
     
    家長昭博
    「2016シーズンを最後に、大宮アルディージャを退団することになりました。大宮アルディージャでの3年間を思い返すと、チームメート、
    クラブスタッフ、ファン・サポーターの皆さま、たくさんの方に支えていただき頑張ってこれたんだと、あらためて深く思います。
    皆さま、本当にありがとうございました。これからも大宮アルディージャの幸運を祈り、応援しています。本当にありがとう」
     
    泉澤仁

    「まず、ファン・サポーターの皆さまの前で挨拶することができず、文章での報告になってしまったことを申し訳なく思っています。
    このたび、大宮アルディージャを離れることになりました。大宮ではプロ生活をスタートさせることができ、降格、J2優勝・J1昇格、クラブ史上最高順位など、
    いろんな経験をさせていただきました。この3年間はかけがえのない時間ですし、ここでサッカーができたことは幸せで、誇りに思っています。
     
    ファン・サポーターの皆さまにはチャントも作っていただき、試合時の声援は本当に力になりました。大宮は、とても思い入れがある大切なクラブです。
    今回の決断に至るまで大変悩みました。しかし、いろんな選択肢がある中で、新たな地でチャレンジしてみようと決めました。
     
    天皇杯・決勝の舞台に皆さんを連れていけなかったことが心残りではありますが、いつかまた、成長した姿を皆さんに見せられるよう頑張ってきます! 3年間、ありがとうございました」
    また、16年に栃木に期限付き移籍していた川田修平は完全移籍に移行。小島幹敏は水戸へ育成型期限付き移籍、川田拳登は群馬へ育成型期限付き移籍となる。

    SOCCER DIGEST Web 1/5(木) 13:11配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00021685-sdigestw-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170105-01635439-gekisaka-000-view.jpg

    大宮MF家長昭博が川崎Fへ完全移籍!「本当にありがとう」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-01635438-gekisaka-socc

    大宮MF泉澤はG大阪へ、GK川田は栃木へ完全移籍、若手2選手は育成型レンタル
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-01635439-gekisaka-socc

    【G大阪】大宮からMF泉沢を完全移籍で獲得「1日でも早く、認めていただけるように」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000077-sph-socc

    【<大宮アルディージャ>衝撃走る! 家長昭博が川崎フロンターレへ、泉澤仁がガンバ大阪へ移籍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/01/02(月) 19:32:25.90 ID:CAP_USER9
    セレッソ大阪はJ1昇格プレーオフ決勝でファジアーノ岡山に勝ち、2017年シーズンからJ1復帰を果たした。

     大熊清監督としてみれば重要なミッションを達成したわけだが、J2の他クラブを圧倒する戦力を保持しながら、リーグ戦では4位。2位以内に与えられる自動昇格を実現できなかった。最後にプレーオフで帳尻を合わせたものの、不満の残るシーズンだったと言えよう。

     開幕前、セレッソには煌びやかな選手が集まり、ぶっちぎりでのJ1昇格を予感させた。スイスから柿谷曜一朗、川崎フロンターレから杉本健勇が戻り、中国で活躍したリカルド・サントス、ブルーノ・メネゲウら7名のFWを獲得。玉田圭司、田代有三ら既存の選手もおり、豪華な顔ぶれになった。

     MFもドルトムントから丸岡満が戻り、ツエーゲン金沢からは清原翔平、ブラジルからソウザを獲得。質量ともに分厚い攻撃陣は、J1で上位を戦えるぐらいのメンバーがそろっていたのだ。
    柿谷の負傷、ブルーノの移籍で不調に陥った2016年。

     序盤は、その勢いを感じさせるスタートだった。

     開幕8試合で6勝2分、特に開幕から4試合はすべて1-0で勝利し、勝負強さを感じさせた。ところが6月に柿谷が負傷で戦線離脱し、7月に20試合でチーム最多の6得点を挙げていたブルーノ・メネゲウが再び中国へ移籍。攻撃の2枚看板がいなくなると様子がおかしくなった。

     何より、ブルーノの穴はダイレクトに成績に影響した。山口蛍が復帰したもののブルーノが移籍した直後から8月末までの成績は3勝4敗2分。サイドで攻守に貢献し、なおかつフィニッシュの精度が高い選手の穴を埋めることができなかったのだ。

    かみ合わなかった山口とソウザのダブルボランチ。

     また、セレッソに帰還した山口が、ソウザとダブルボランチを組むことになったが、ふたりのコンビネーションが今ひとつだった。全体のバランスを失い、バイタルエリアを相手に自由に使われることが増えた。

     さらには8月、ホームで行なわれた横浜FC戦で2点差をひっくり返されて2-3で敗戦するなど守備陣も自信を失って、大事な夏に勝ち点を稼げなかったのだ。

     秋も、もたついた。

     10月2日、上り調子だった清水エスパルスと対戦。先制し、後半44分まで1-0でリードしていたにもかかわらず、そこから2失点して逆転負けを喫した。そのショックを引きずり、10月は1勝1敗3分と低迷。自動昇格争いから脱落した。

     ちなみに昨シーズンも1勝2敗1分で順位を4位に落とした鬼門の月での低迷がプレーオフで響き、最終的には3位のアビスパ福岡を上回れなかった経緯がある。
    11月のラスト3試合3連勝で持ち直した感はあったが。

     それでも、J1昇格を逃した2015年と2016年の最大の違いは、11月の戦いだった。

     2015年は1勝2敗1分と調子に乗りきれない中でプレーオフを迎え、決勝の福岡戦で敗れた。だが、今年は11月のラスト3試合は3連勝で終えた。もともとユース組と外様組との間に微妙な壁があるチームだが、最後はJ1昇格に向けて勝ちあがろうと選手だけの決起集会を開いたりして一体感を生んでいた。そういう姿勢がプレーオフのぎりぎりの戦いに生きた感がある。

     それでも、圧倒的な戦力を保持しながらも蓋を開けてみたら、ぎりぎりひやひやの昇格だったことは確かである。

     一体、どこに原因があったのだろうか。

    大熊監督は個の力を引き出しきれなかった。

     まず、適材適所で選手の個の力を100%引き出すことができなかった大熊監督の責任が大きい。

     たとえば、ボランチの組み合わせである。ソウザと山村和也のコンビは悪くなかった。しかし山口とソウザはともに前への意識が強く、守備への切り替えが遅れたりして、ピンチを招くことが多かった。

     そのためソウザを前線のポジションに置くこともあったが、組み合わせから選手の良さを引き出し、チームを機能させることができていなかった。また、丸岡ら若手と玉田らベテランをうまく起用し、チーム全体の底力を上げていく采配も見られなかった。柿谷で言えば1トップで輝きを見せるタイプだが、あえてトップ下に置くなど選手の特性とポジションのミスマッチも多かった。

    【柿谷よ、ジーニアスからリーダーに!C大阪が昇格即優勝を果たすために。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/14(水) 08:32:50.15 ID:CAP_USER9
    10年ぶりのJ1復帰を目指す東京Vが、J2C大阪からJ3長野に期限付き移籍中の元日本代表MF橋本英郎(37)を獲得することが13日、明らかになった。

    6月にG大阪から東京Vへ期限付き移籍で加入した元日本代表MF二川孝広(36)とはG大阪時代のチームメートで気心が知れており、
    かつてG大阪で監督を務めた竹本一彦ゼネラルマネジャー(GM、61)の人脈をフルに生かした補強となった。

    橋本は2010年まで日本代表に選出され、国際Aマッチ15試合に出場した百戦錬磨のベテランボランチ。
    7月から期限付き移籍したJ3長野では加入後のリーグ戦全13試合にフル出場しており、健在ぶりを見せた。
    二川とともに昨年から竹本GMが獲得リストの上位に挙げており、同GMにとっては念願かなっての獲得となる。

    また、二川、橋本と同じG大阪ユース出身で、現在もG大阪でプレーするMF内田達也(24)にも獲得オファーを出している。

    ボランチとセンターバックでプレーできる内田はかつて"宮本恒靖二世"と呼ばれた逸材で、
    FW宇佐美貴史(24=アウクスブルク)らとともに09年U―17ワールドカップ(W杯)ナイジェリア大会に出場した"プラチナ世代"の一人。

    加入となれば手薄なボランチとセンターバックを埋める貴重な戦力となりそうだ。

    東京Vでは浦和から元日本代表DF永田充(33)が完全移籍で加入することが決定的となっており、
    当初は完全移籍に移行する方向で話を進めていた二川については、G大阪側の希望でG大阪と契約を延長した上で東京Vへのレンタル延長となる見込み。

    東京VからJ2町田へ期限付き移籍中のDF畠中槙之輔(21)は来季チームに復帰するが、MF南秀仁(23)はJ2山形への移籍が濃厚、
    J2千葉へ期限付き移籍中のFW菅嶋弘希(21)は千葉へのレンタル期間延長となる見通しとなっている。

    一方で、J2C大阪からGK武田博行(33)が加入することが決定的で、J2町田のGK内藤圭佑(29)獲得にも動いている。
    10年ぶりJ1復帰、そして名門復活へ。徐々に来季陣容が固まって来た。

    スポニチアネックス / 2016年12月14日 8時3分
    http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20161214_0079/

    写真
    no title

    【<東京ヴェルディ>元日本代表MF橋本英郎獲得へ 二川と“元G大阪コンビ”でJ1昇格だ!©2ch.net 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/12/11(日) 17:03:19.91 ID:CAP_USER9
    来季からJFLに昇格するFC今治の岡田武史オーナー(60)が、日本代表監督時代の教え子でもあるG大阪MF遠藤、MF今野を"勧誘"した。

     10日に大阪・吹田市内での練習試合後に歓談。岡田オーナーは「今治に来てくれって誘ったよ。でも遠藤には『3年後に』って言われたよ。あのやろう、3年後なら動けないだろう」と現在36歳の遠藤の"返答"に苦笑い。練習試合は0―2で敗れた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-00000010-sph-socc

    【FC今治 岡田オーナー、G大阪・遠藤勧誘も「3年後って言われたよ。あのやろう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/12/09(金) 18:05:30.63 ID:CAP_USER9
    ピッチでは「チームファースト」を貫いたが…。

    [クラブW杯開幕戦]鹿島アントラーズ 2-1 オークランド・シティ/2016年12月8日/横浜国際競技場
     
     鹿島の中心は、この日も小笠原満男だった。
     
     序盤から押し込むチームにあって組み立て/仕掛けの中心に君臨。とりわけサイドへのロングレンジのパスが冴えに冴え、西大伍、山本脩斗という両SBのオーバーラップを幾度となく引き出した。
     
     また、守備でも素早い出足の潰しを見せ、相手のカウンターの芽を摘み続けた。
     
     しかしチームは50分にまさかの先制点を許し、63分には金崎夢生との途中交代を告げられる。1点を追うチームがMFを下げてFWを入れるのはセオリー通りであり、延長戦もある試合で体力的に不安がある37歳がお役御免になるのは致し方がない部分もある。
     
     金崎が用意する左サイドではなく、より近かった右サイドからピッチを去った小笠原。オーバーにはアピールしなかったが、その表情は明らかに悔しそうだった。「もっとやれる」、「もっと戦いたい」とそう言っているようだった。
     
     思えば、5日前の浦和戦(チャンピオンシップ決勝第2戦)では、73分に交代を告げられ、「なんで俺と!?」と明らかに不満を露わにしていた。試合後、チームメイトの昌子源はあのシーンを「満男さんのあんな姿見たら、残った僕らは絶対に負けられない」とポジティブに捉えていたが、本人は「あれ(ジェスチャー)はやってはいけない」と反省していた。
     
     その言葉通り、この日は大袈裟にはアピールしなかった。そして、試合後のTVインタビューでは、「良い試合をしたかったんですけど、今日のような試合をしていたら勝っていけないと思うので、(次は)しっかり戦っていきたい。(3日後のマメロディ・サンダウンズ戦は)日程的なものも含めての勝負、勝ちに行きたいと思います」と殊勝に語った。
     
     しかし、記者陣が待つミックスゾーンは足早に素通り。誰が声をかけても、決して止まることはなかった。
     
     浦和戦の反省を活かし、ピッチでは"チームファースト"を貫いた。しかし、ミックスゾーンでの表情を見る限り本心はフル出場できなかったことが心底悔しかったのではないか。
     
     これまで15個のタイトルを勝ち取ってきた37歳がこれだけの強い気持ち、勝利への執着心を見せるのだ。鹿島が、強いわけである。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161209-00021085-sdigestw-socc

    【クラブW杯 小笠原満男の苦い表情に見た「鹿島の強さ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/12/06(火) 17:36:24.31 ID:CAP_USER9
    来季J1に昇格するC大阪は6日、DF中沢聡太(34)と来季契約を結ばないと発表した。

     中沢はクラブを通して「どんな時も温かく支えてくれたみなさんの声援に幾度となく励まされ、勇気をもらった。来シーズンはともには戦えないが、C大阪がJ1で旋風を巻き起こすことを強く願っている」。サポーターに対しては「またどこかでお会いした時は大阪の明るいノリで思いっきり絡んできて下さい。テンション高くしてお待ちしております」とコメントした。

     中沢は負傷による長期離脱に苦しみ、今季はJ2で3試合の出場にとどまっていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-01748236-nksports-socc

    【C大阪、中沢聡太と来季契約せず 今季出場は3試合】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/12/06(火) 16:47:38.90 ID:CAP_USER9
     サッカーJ2の京都サンガFCは5日までに、石丸清隆監督(43)を今季限りで解任することを決めた。石丸監督は来季まで契約が残っていたが、クラブ関係者によると、J1昇格を逃した責任や攻撃面の課題、選手からの求心力などを総合的に判断した。後任については、日本人監督に絞って交渉を進めている。
     石丸監督は大阪府出身。選手時代にサンガで活躍し、2003年元日の天皇杯優勝に貢献した。15年7月に前監督の解任を受けてヘッドコーチから昇格した。今季は18勝15分け9敗のリーグ5位でJ1昇格プレーオフに進み、準決勝で敗れた。昨季17位に終わったチームの守備を立て直したものの、総得点はリーグ10位タイの50にとどまった。
     サンガはまた、京都市山科区出身の平井直人GKコーチ(38)、古辺考功フィジカルコーチ(45)と来季の契約を更新しないことも決めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000000-kyt-spo

    【京都サンガ、石丸監督を解任へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/05(月) 16:51:19.38 ID:CAP_USER9
     来季J1に昇格するC大阪は5日、新監督としてクラブOBで韓国Kリーグ蔚山の尹晶煥氏(43)が就任することを発表した。

     元韓国代表MFの尹晶煥氏は00~02年に選手としてC大阪でプレー。01年にチームがJ2に降格した際にも残留し、1年でのJ1復帰に貢献した。

     引退後はJ1鳥栖のコーチなどを務め、11年から鳥栖の監督に就任。豊富な運動量を前面に出したスタイルで、12年には5位に押し上げた。14年2月から蔚山の監督を務めていた。

     C大阪がJ1昇格を決めた4日のJ1昇格プレーオフ決勝の岡山戦も視察に訪れていた尹晶煥氏は「こんにちは。ユン・ジョンファンです。まず、セレッソ大阪の昇格を心よりお祝いいたします。今までセレッソ大阪の事を忘れた事はなく、このように監督としてこのチームに戻って来る事が出来て本当に嬉しく感謝しています。たくさんの方々に愛していただけるように、また、もっと多くの喜びと希望を与えられるように頑張ります。早く選手たちと打ち解けて一つになれるように努力し、来シーズンはさらにチームに良い結果を残せる様に最善を尽くします。たくさんの声援と応援を宜しくお願いします」とクラブを通じてコメントした。

     また、監督と強化部門トップを兼任していた大熊清氏(52)が監督を退任することも合わせて発表された。

     大熊氏は「J1昇格という厳しい山を越えることができたのは、ファン・サポーターの皆さま、チームを支えていただいたスポンサー、関係者の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。セレッソ大阪は新しいスタートラインに立ち、昨シーズンの悔しさ、今シーズンの喜びを忘れず、これからもチーム一丸となって戦いますので、引き続き熱い応援の程、よろしくお願いいたします」とクラブを通じてコメントした。

    デイリースポーツ 12/5(月) 16:46配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000077-dal-socc

    3: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/05(月) 16:52:57.46 ID:CAP_USER9
    J1復帰が決まったC大阪は5日、来季監督にクラブOBで元韓国代表MFの尹晶煥(ユン・ジョンファン)氏(43)が就任することを発表した。

     同氏はクラブ広報を通じて「まず、セレッソ大阪のJ1昇格を心よりお祝いいたします。早く選手たちと打ち解けて一つになれるように努力し、来シーズンはさらにチームを良い結果を残せるように最善を尽くします」とコメントした。

     あわせて、今季は強化部門トップを兼務した大熊清監督が監督から退任することも発表された

    スポニチアネックス 12/5(月) 16:31配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000128-spnannex-socc

    【<セレッソ大阪>新監督としてクラブOBで韓国Kリーグ蔚山のユン・ジョンファン氏が就任することを発表!】の続きを読む

    このページのトップヘ