海外リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 22:32:17.55 ID:???0.net
    レアル・マドリーのクリスチアーノ・ロナウドが驚異的なペースでゴールを量産している。

    リーガ・エスパニョーラはここまで7試合に出場して15ゴール(歴代最速での15ゴール到達)、
    チャンピオンズ・リーグは3試合で3ゴール、UEFAスーパーカップで2ゴール。
    2011-12シーズンにリオネル・メッシがマークしたシーズン73ゴールを上回る超ハイペースで、年間100ゴールの大台にも届きそうな勢いだ。

    09年のR・マドリー加入後5年間で公式戦通算252ゴール、1シーズン平均50.4ゴールを挙げてきたロナウドが、フィニッシュにさらなる磨きをかけたのは、なぜか。

    「俺は9番(=CF)ではない」と常々語る本人の言葉とは裏腹に、プレースタイルが“CF化”しているのは間違いない。
    その要因として挙げられるのが、昨シーズンに負った左足の怪我の影響だ。ワールドカップで無理をしたこともあり、コンディションに不安を抱えたまま開幕を迎えた今シーズンは、いわばフィニッシュにより注力しているのだ。
    左ウイングの定位置に変わりはないが、ここぞというタイミングでスペースに入り込み、確実に仕留めるその様は、まさに円熟の点取り屋だ。

     3トップを組むカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルとのコンビネーションの深化も指摘できるだろう。
    ベンゼマの「B」、ベイルの「B」、クリスチアーノの「C」を取って「BBC」と呼ばれるこの3トップは、阿吽の呼吸でポジションチェンジを繰り返し、文字通り縦横無尽に相手の守備陣を翻弄している。
    ベンゼマとベイルのお膳立てから、「フィニッシュ特化型」にモデルチェンジしたロナウドが確実に決めるという構図だ。

     そう考えると、コンディションの不安からチームプレーの意識が高まり、それがゴール量産を促したとも言えるかもしれない。
    もちろんその背景には、状況に応じてプレースタイルを変えられる本人の卓越したサッカーインテリジェンス、自由にプレーする特権を与えているカルロ・アンチェロッティ監督の信頼、ロナウドとは対照的にCFからトップ下的な色彩を濃くしているベンゼマをはじめとする周囲の献身的なサポート体制があるのは言うまでもない。

     マンチェスター・ユナイテッドでブレイクして以来、スピードとパワーを前面に押し出したプレースタイルの限界が常に囁かれてきた。
    しかし、そうした声を嘲笑うかのように、年齢とともにプレーの幅を広げるロナウドは、30歳の節目を前にしてゴールスコアラーという新境地を開き、さらにそれを極めようとしている。その意味でも、10月25日のクラシコは楽しみだ。ロナウドのゴールが炸裂するのか――。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141023-00010006-sdigestw-socc

    【レアル・マドリードのクリスチアーノ・ロナウドが驚異的なペースでゴールを量産!年間100ゴールの大台にも届きそうな勢い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 00:13:08.95 ID:???0.net
    14/15 イタリア セリエA 第7節

     ベローナ 1-3 ミラン
    0-1 O.G.(ラファエウ・マルケス・ピント)(前21分)
    0-2 本田圭佑(前27分)
    0-3 本田圭佑(後11分) ← 今季6点目
    1-3 ニコラス・ロペス(後42分)
    ◇ ミランの本田圭佑は先発し後半40分までプレー

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634781
    http://www.raisport.rai.it/dl/raiSport/speciali/live/calcio/live.shtml?slug=hellas_verona_milan_20141019&comp=serie_a&year=2015
    先発フォーメーション図
    no title

    順位表
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=53
    得点ランキング
    http://www.legaseriea.it/en/serie-a-tim/campionato-classifica/marcatori?p_p_id=BDC_classifica_marcatori_WAR_LegaCalcioBDC&p_p_lifecycle=0&p_p_state=normal&p_p_mode=view&p_p_col_id=column-4&p_p_col_pos=2&p_p_col_count=5

    “大黒柱”本田が2戦連発、移籍後初の1試合2ゴール、今季7試合で6得点!!ミランは2連勝
    ゲキサカ 10月19日(日)23時52分配信

    [10.19 セリエA第7節 ベローナ1-3ミラン]
     セリエAは19日、第7節2日目を行った。日本代表MF本田圭佑の所属する
    ミランは敵地でベローナと対戦し、3-1で勝利した。
    本田は前半27分に2戦連続弾となる得点を記録。
    さらに後半11分にも移籍後初の1試合2ゴールとなる得点を決めた。

     Aマッチウイークのため、リーグ戦は2週間ぶり。
    ミランは10月4日のキエーボ戦(〇2-0)以来の試合となった。
    システムは4-3-3。本田は定位置の右FWで先発。
    頂点のFWフェルナンド・トーレスに変更はなかったが、
    左FWにはFWステファン・エル・シャーラウィが入った。
    また、出場停止のMFナイジェル・デ・ヨングに代わって
    MFマイケル・エッシェンがアンカーで先発した。

     ミランの先制点は思わぬ形から生まれた。前半21分、
    MFサリー・ムンタリのサイドチェンジのボールを受けた
    DFイグナツィオ・アバーテが右サイドからクロスを入れる。
    難しいボールではなかったが、DFラファエル・マルケスがクリアにいくと、
    なんとキックミス。結果的に豪快なボレーショートとなって、
    ベローナゴールを揺らした。

     さらに前半27分、エル・シャーラウィが狙い澄ました
    グラウンダーのスルーパスを通すと、右サイドから走り込んだ本田が反応。
    ややバウンドしたボールとなったが、左足ダイレクトで沈めた。
    本田は今季2度目の2試合連続弾を記録した。

     だがまだ止まらない。今度は後半11分、DFアディル・ラミのロングボールで
    DFの裏を取った本田。ドリブルで持ち上がり、GKと1対1の状況を作り出すと、
    冷静にゴール左隅に蹴り込む。本田の1試合2ゴールはミラン移籍後では初。
    今季は7試合で6得点と笑いが止まらない状態だ。

     本田が後半40分にお役御免となったミランは、同42分に
    FWニコラス・ロペスにゴールを許したため2試合連続のクリーンシートは失敗。
    しかし3-1で逃げ切り、今季2度目の2連勝を決めた。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141019-00170045-gekisaka-socc

    ★1が立った時刻 2014/10/19(日) 23:51:59.46
    前スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413730319/

    【本田圭佑がドッピエッタ(1試合2ゴール)! 今季6点目で得点ランクトップ、ミランの連勝に貢献】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 20:24:55.95 ID:???0.net
    ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、
    チームについて語った。ミランはすぐに欧州の舞台でも主役に戻ると話している。

    今季に入って週末の試合前にチームを激励し続けているベルルスコーニ名誉会長は、ミランを再びトップクラブにしたいと話している。

    「私は常にミランのことに従事していた。ミラネッロに行っていなかったときもね。だが、今はより時間があるし、ミランには素晴らしい雰囲気がある。
    勝利への意欲にあふれた新しい指揮官もいるんだ。私もミランをイタリア、欧州、世界の主役に戻すために貢献できることを願っているよ」

    フィリッポ・インザーギ監督やチームについて、次のように話している。

    「インザーギには8点をつけたい。とてもよく機能している。チームは強く改革された。まだ再建を始めたところだが、
    インザーギはすでに謙虚で、他人への敬意を持ち、この役割に必要不可欠なモチベーションを与えるという能力を持つことを示した」

    「チームへの採点は早すぎる。励ます意味で7点でも良いが、1月以降に完全な評価ができるだろう。
    1月の補強を考えているという意味か? 私は、プレーを構築し、実験していかなければいけないと言っているんだ。このチームは新しいし、時間が必要だからね」

    元ミランのパオロ・マルディーニ氏は先日、現在のミランは勝つためにつくられたチームではないと話している。

    「我々は勝つためのミランを再びつくるために仕事をしている。近年は優れた選手たちがいなくなった。中には我々の責任もおそらくあっただろう。
    今季は私もマーケットに関わった。繰り返すが、我々は信じなければいけない。そして、待てるようでなければいけない。しかし、もうリスタートは始まっているよ」

    セリエAはユヴェントスとローマの2強と見られている。ミランは3位が最高目標となるのだろうか?
    「我々はユーヴェとローマ以上に改革した。目標はすぐに欧州へ戻ることだ」

    一方で、ベルルスコーニ名誉会長は2016年にミラノで行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝を目指すとも話している。

    「サッカーにはサイクルがあると思う。成功の日々、休止の日々、それから再び勝利だ。だが、サポーターは安心してほしい。
    チームはすでに競争力を持っているし、すぐに欧州でも主役に戻る。2016年にはCLファイナルがミラノで行われるね。どうして自分たちがそこにいることを夢見ない?」

    10月13日(月)19時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141013-00000019-goal-socc

    【ミランのベルルスコーニ名誉会長「インザーギには8点をつけたい ミランはすぐに欧州でも主役に戻る」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 12:09:53.77 ID:???0.net
    昨シーズン、”サー”・アレックス・ファーガソン氏の後を受け、マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したデイビッド・モイーズ氏。

    残念ながら、彼の挑戦は成功と呼べるものではなかった。
    クロスボールを多用するサイド攻撃主体の戦術はチームにフィットせず、チームは最終的に7位と低迷。

    モイーズ氏は今年の4月、わずか9ヶ月でマンチェスターを追われることとなった。

     そのモイーズ氏が11日、イギリス『テレグラフ』でインタビューに答え、監督業への意欲を明かしている。

     51歳のモイーズ氏は自分自身を「監督としてはまだまだ若い」とし、「もう十分休暇は楽しんだよ。仕事に戻りたい」と監督業復帰への意欲を語る。

    「エヴァートンをから去った時にはすでに十分な準備はできていたと思う。だけど、私には9ヶ月しか時間がなかった」と、ユナイテッド時代を振り返る。
    「以前よりもさらに多くの知識や経験を得た。今ならユナイテッドのようなクラブでも十分に指揮を執れると思う」と自信をのぞかせている。

     新天地について話が及ぶと、プレミアリーグもしくは英国内のクラブを希望しているようだが、海外での指揮も視野に入れているという。

    「プレミアリーグには(ジョゼ・)モウリーニョや(アーセン・)ヴェンゲルといった素晴らしい監督がいるが、私たち(英国人)はもっと他の国に監督を送り出すべきだ。
    海外での経験は自身のキャリアをより豊かに出来るからだ」

     ユナイテッドで悪夢を経験したモイーズ氏。しかし、エヴァートンでは10年以上も指揮を執り、手腕が評価されていた名将の一人。彼の新たなスタートに注目が集まる。

    10月12日(日)10時31分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141012-00010006-footballc-socc

    【悪夢から覚めたマンU前監督モイーズ「監督に戻る準備はできている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/02(木) 09:20:34.86 ID:27U5GZR30.net
    3~4年前はメッシ率いる大正義バルサ報道で一色だったけど
    今はどこの欧州チームを推し出していいか日本メディアも試行錯誤してる感じだよな
    朝番組でレアルのハイライトを流したかと思えば同時間他局ではバイエルンやミランだったりほんとバラバラ
    バルサ全盛の頃には揃いも揃ってバルサのハイライト(主に華麗なパスワークからのゴールを厳選)だったのに
    本当に短い期間だけマンチェスターU(主に香川の影響)でメディアの足並みも揃いかけたがチームが低迷し即解散
    現在の候補はレアル・バルサ・バイエルン・ミラン(本田が出場し活躍した場合限定)・ドルトムント(香川以下同文)・マインツ(岡崎以下同文)くらいか?

    【一昔前の日本の海外サッカー報道「バルサ!バルサ!」 現在「??」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 01:36:26.21 ID:???0.net
    14/15 ドイツ ブンデスリーガ 第6節

     シャルケ 2-1 ドルトムント
    1-0 ジョエル・マティプ(前10分)
    2-0 エリック・マキシム・チュポ・モティング(前23分)
    2-1 ピエール・エメリク・オーバメヤン(前26分)
    ◇ シャルケの内田篤人はフル出場
      ドルトムントの香川真司は後半12分から途中出場
      丸岡満はベンチ入りも出場機会なし

    シャルケがルールダービー制し内田復帰後2連勝、香川は移籍後初の途中出場
    ゲキサカ 9月28日(日)0時22分配信

    [9.27 ブンデスリーガ第6節 シャルケ2-1ドルトムント]
     ブンデスリーガは27日、第6節2日目を行い、DF内田篤人の所属するシャルケはホームでMF香川真司、MF丸岡満の所属するドルトムントと対戦し、2-1で競り勝った。前節・ブレーメン戦(3-0)で今季初出場を果たした内田は右SBで2試合連続のフル出場を果たし、2連勝に貢献。
    香川は移籍後初のベンチスタートとなり、後半12分から途中出場した。
    丸岡はベンチ入りしたが、2試合連続で出番がなかった。

     前節のブレーメン戦で今季初勝利を挙げたシャルケがこの日もいい入りを見せた。前半10分、DFデニス・アオゴの左CKにDFジョエル・マティプが頭で合わせ、先制点。幸先よくリードを奪った。

     前半23分にも左CKのセカンドボールを拾ったアオゴがもう一度、左サイドからクロスを上げる。FWクラース・ヤン・フンテラールのヘディングシュートはGKロマン・バイデンフェラーに弾かれたが、こぼれ球をクリアしようとしたFWアドリアン・ラモスがキックミス。
    最後はMFエリック・マキシム・シュポ・モティングが左足で蹴り込み、2-0とリードを広げた。

     2点ビハインドを負ったドルトムントは苦しい試合展開を強いられたが、前半26分、シンプルなロングボールからラモスが右サイドを抜け出し、ゴール前にクロス。ファーサイドのMFピエール・エメリク・オーバメヤンが右足でゴール右隅に流し込み、1点を返して前半を折り返した。

     後半開始からオーバメヤンとMFケビン・グロスクロイツがポジションを入れ替え、オーバメヤンが左サイドで内田とマッチアップする形になったドルトムント。後半12分にはFWチーロ・インモービレに代わって香川がピッチに入り、4-4-2から4-2-3-1にシステムを変更した。

     後半33分にはMFミロシュ・ヨイッチのFKのこぼれ球を香川が右足で狙うが、決め切れない。同40分、香川が左足で絶妙な浮き球のパスを通すが、ラモスの胸トラップは大きくなり、GKラルフ・フェーマンに抑えられた。

     試合はそのままシャルケが2-1で逃げ切り勝ち。
    これで内田の先発復帰後、2連勝を飾った。
    一方のドルトムントは2試合ぶりの黒星で3戦勝ちなし(1分2敗)となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00139560-gekisaka-socc


    【「ルールダービー」制したのはシャルケ!内田篤人復帰し連勝 香川真司途中出場も…ドルトムント届かず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 07:12:02.29 ID:???0.net
    14/15 イタリア セリエA 第4節

     エンポリ 2-2 ミラン
    1-0 ロレンツォ・トネリ(前13分)
    2-0 マヌエル・プッチャレッリ(前21分)
    2-1 フェルナンド・トーレス(前43分)
    □ エンポリ、サッリ監督が退席処分(前47分)
    2-2 本田圭佑(後13分) ← 今季3点目
    ■ エンポリ、ミルコ・ヴァルディフィオリがイエロー2枚目で退場(後41分)
    ◇ ミランの本田圭佑はフル出場

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634748
    http://www.raisport.rai.it/dl/raiSport/speciali/live/calcio/live.shtml?slug=empoli_milan_20140923&comp=serie_a&year=2015
    先発フォーメーション図
    no title

    順位表
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=53

    本田が早くも今季3点目!!昇格組に苦しんだミランを同点弾で救う
    ゲキサカ 9月24日(水)6時46分配信

    [9.23 セリエA第4節 エンポリ2-2ミラン]
     セリエAは23日、第4節1日目を行った。日本代表MF本田圭佑の所属する
    ミランは敵地でエンポリと対戦し、2-2で引き分けた。

     今季初黒星を喫した前節から中2日、過密日程から
    ベンチスタートも予想された本田だが、定位置となっている
    右FWでこの日も先発。チェルシーから加入後初先発となった
    FWフェルナンド・トーレスらと3トップを形成した。
     昇格組のエンポリ相手に苦しい戦いを強いられた。
    前半13分にCKをDFロレンツォ・トネッリにヘディングで合わせれ失点。
    同21分には今度はFKサインプレーで崩されると、
    FWマヌエル・プッチャレッリに押し込まれ、
    いきなり2点のビハインドを背負った。

     その後もエンポリに攻勢を許すミラン。前半31分にはこちらも
    チェルシーから加入後初先発となったMFマルコ・ファン・ヒンケルが
    ひざを痛めて負傷交代。厳しい戦いを強いられた。
     しかし何とかギリギリのところで耐えると、迎えた43分、
    MFイニャツィオ・アバーテの右クロスをトーレスが頭で合わせる。
    前半のうちに何とか1点を返し、1点差で後半に突入した。

     そして後半13分、ショートカウンターからアバーテの
    スルーパスに反応した本田がボールを跨いでシュートコースを作ると、
    左足のコースを突いたシュートでゴールネットを揺らす。
    前節のユベントス戦こそゴールのなかった本田だが、
    今季3点目は貴重な同点弾となった。
     後半35分にはゴール正面で得たFKを本田が直接狙う。
    しかしシュートは惜しくもゴール右。本田は最後までプレーして
    勝ち越しゴールを目指したが、ミランは勝ち点1を獲得するにとどまっている。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00139453-gekisaka-socc

    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=53
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/serie
    FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/world_soccer/1072

    ★1が立った時刻 2014/09/24(水) 05:43:27.12
    前スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1411505007/

    【本田圭佑の今季3ゴール目は貴重な同点弾! トーレスも移籍後初弾、ミランは昇格組エンポリに苦戦しドロー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 22:54:16.16 ID:???0.net
    ドルトムント、アジアで“香川効果”狙う

    ドルトムントがアジアで“香川効果”狙う? ドイツ・ブンデスリーガ1部のドルトムントが今年の11月に国際市場開拓のためにシンガポールに事務所をオープンする。
    ドイツメディアが21日、報じた。クラブとして海外に拠点を設けるのは初で、アジアの市場を開拓する目的。

    ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は「マンチェスターU、Rマドリード、バルセロナ、バイエルンのようなビッグブランドになるのにはまだ長い道のりだとわかっている。
    でも、そんなに遠くはない」と話した。近くツアーを展開し、オフにアジアのチームと試合を行うプランもある。
    アジアマーケットは欧州のクラブにとって魅力的な市場のようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9277139/

    【ドルトムント、アジアマーケット開拓】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 23:35:25.78 ID:???0.net
    レスター・シティ 5-3 マンチェスター・U

    13分 0-1 ファン・ペルシー
    16分 0-2 ディ・マリア
    18分 1-2 ウジョア
    57分 1-3 アンデル・エレーラ
    63分 2-3 ニュージェント(PK)  
    64分 3-3 カンビアッソ
    79分 4-3 ヴァーディ 
    83分 ブラケット退場
    83分 5-3 ウジョア(PK)

    【マンUがネタクラブにwww 昇格組レスターに3-1から4点ぶちこまれる。バロテッリもLOL】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 21:41:01.75 ID:???0.net
    王者ユベントスとの大一番

     ACミランのフィリッポ・インザーギ監督が、ミランの公式チャンネルのインタビューに登場し、昨季リーグ8位と低迷した名門を開幕2連勝に導いた復活の方程式を明かした。

     20日にセリエA3連覇中のユベントス戦を控えた指揮官は、「ユベントス戦では現実的でなければならない。難しい試合だが、素晴らしい挑戦だ。
     ここ最近成長している。もっと安心できるほどの何かが必要だ。サポーターにチームを支えてほしいとお願いしたい。サンシーロでの試合だから」と語り、サポーターに来場を訴えた。
     「強く堅固な相手チームには、現実的なアプローチが必要になるが、しっかりと準備した」と言い、王者との一戦を前にして周到な準備を行ってきたことも明かした。

     さらに、インザーギ監督は開幕から連勝を飾り、チームが上向いてきた理由を分析した。選手に傾けてきた情熱が、ピッチ上で表出されていることが復活の一因となっているというのだ。

    「今チームが宿している情熱は重要だ。チームはやる気に満ち、いい精神力を持っている。すべてのポジションにどの選手を起用するか、選ぶのが難しいほど、みんなが頑張っている」

     ただし、開幕ダッシュには成功したが、まだチームは完成形には至ってない。指揮官は成長の余地が残されていると確信している。

    「まだパーフェクトではありえない。どこ(昨季の不振)から出発したのか考えると、よくやっていると思う。選手たちは集中しているし、彼らのしていることに満足している。
     より成長しなければならない。全ては選手たちのおかげだ。(8月31日の開幕戦)ラツィオ戦には、ユニホームに誇りを持って、それを見せてほしいと言ったが、
     結果が出ているのは、彼らやスタッフが懸命に、情熱をもって取り組んでいるから。結果は選手たちのおかげだ」

    かつての姿を取り戻し始めたロッソネロ

     そして、インザーギ監督は改めてミランへの忠誠と、愛を言葉にした。

    「われわれのコンセプトはミラニスタであること。会長から伝えてもらったことを、選手たちに伝えている。会長、バルバラ、ガリアーニもみんながいつも近くで結束している。感謝している。
    一番ポジティブなのは、選手たちみんなが懸命に全力を尽くしてくれていること」

     手、フロント、スタッフ、サポーター、全てに対する感謝を常に忘れない。現役時代に相手最終ラインで駆け引きを繰り返し、独特の嗅覚でゴールを量産した“スーペル・ピッポ”。
    そのプレースタイルは、独善的なエゴイストに映ってきた。だが、トップチームの監督1年目の現在は決して自らの功を誇ろうとしない。
    不振で批判の集まった日本代表MF本田圭佑を一貫してかばい、辛抱強く起用し続け、再生に導いた。

    戦術史上主義のカルチョの国では監督が偉大なる主役の1人だ。監督会見では功績や、相手の長所を封じ込めた戦略の偉大さを誇ることは日常茶飯事。
    だが、インザーギ監督は、それとは対照的に他人の献身を誇る。

    キーワードは情熱、信頼、そして、感謝。惜しみない愛を注ぎ込むピッポ哲学こそが、凋落したミランを再び戦う集団と変貌させた最大の要因なのかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140920-00010001-soccermzw-socc

    【インザーギが語るミラン復活の理由 合言葉は「情熱」「信頼」「感謝」】の続きを読む

    このページのトップヘ