海外リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/11/23(日) 01:31:02.25 ID:???0.net
    14/15 ドイツ ブンデスリーガ 第12節

     メンヘングラードバッハ 1-3 フランクフルト
    1-0 ハヴァルト・ノルトヴァイト(前5分)
    1-1 マーク・ステンデラ(後9分)
    1-2 アレクサンデル・マイアー(後12分)
    1-3 乾貴士(後28分)
    ■ メンヘングラードバッハ、グラニト・シャカがイエロー2枚目で退場(後45+2分)
    ◇ フランクフルトの長谷部誠と乾貴士はフル出場

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627028
    http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/spieltag/1-bundesliga/2014-15/12/2407328/livematch_borussia-mgladbach-15_eintracht-frankfurt-32.html
    順位表
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=56

    乾が今季初ゴール!!長谷部もフル出場で連敗ストップ
    ゲキサカ 11月23日(日)1時26分配信

    [11.22 ブンデスリーガ第12節 ボルシアMG1-3フランクフルト]
     ブンデスリーガは22日、第12節1日目を行い、
    MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトは
    敵地でボルシアMGと対戦し、3-1で逆転勝ちした。
    長谷部はボランチ、乾は左MFでフル出場。
    乾は後半28分に今季初ゴールとなる追加点を決めた。

     立ち上がりから主導権を握ったボルシアMGは前半5分、
    MFホーバル・ノルトベイトの左足ミドルが相手DFに当たってコースが変わり、
    先制点。劣勢の展開が続いたフランクフルトも前半28分に
    FWアレクサンダー・マイヤーが直接FKを狙ったが、
    GKの好セーブに阻まれ、前半を1点ビハインドで折り返した。

     それでも後半9分にMFマルク・シュテンデラ、
    同12分にマイヤーがゴールを決め、
    後半立ち上がりの連続ゴールで試合をひっくり返したフランクフルト。
    後半28分には相手GKのキックミスを奪ってパスをつなぎ、
    ゴール正面で受けた乾がPA手前から右足でゴール右隅へ流し込んだ。

     相手GKが一歩も動けなかった追加点。
    乾のブンデスリーガでのゴールは2シーズンぶりで、
    昨年3月31日のG・フュルト戦以来、約1年8か月ぶりとなった。
    10日のホンジュラス戦(6-0)で代表初ゴールを含む2得点を挙げた乾が
    代表の勢いそのままに待望の今季初ゴール。3-1の逆転勝利で
    連敗を4で止めたフランクフルトが5試合ぶりの白星を飾った。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00220245-gekisaka-socc

    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=56
    CSフジテレビ:http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/914200178.html
    FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/world_soccer/1071
    J SPORTS:http://www.jsports.co.jp/football/others/#sportsInfoBundesliga

    【乾貴士が今季初ゴール! 代表での勢い持続し貴重な追加点、長谷部誠とともにフランクフルト連敗脱出に貢献】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/15(土) 21:47:54.61 ID:???0.net
    ドルトムントのコロンビア代表FWアドリアン・ラモス(28)が、運転免許証の筆記試験で「替え玉」を送った。15日付の独紙ビルトが報じた。

    ラモスはコロンビアでの運転免許証は持っていたが、ドイツで運転するには書き換えが必要で、筆記と実技試験を受ける必要がある。

    黒人のラモスだが、免許証の書き換えの会場に現れたのは、白人で、同選手の代理人だったという。その時は誰も気づかなかったが、

    後日、ある職員が試験と同時刻にラモスが当時在籍していたヘルタの記者会見に臨んでいたことに気づき、調査した。

    試験を担当した職員は「テストを受けたのは褐色の肌の男性ではなかった」と話しており、通報に至ったという。

    この件でラモスには3万ユーロ(約420万円)の罰金が科せられた。同選手の弁護人は「ラモス氏がこの罰金を支払えば問題は解決する」とコメント。

    罰金だけで、減点をされることはないという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000087-nksports-socc

    【ラモス、運転免許証の筆記試験で「替え玉」!約420万円の罰金】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2014/11/06(木) 12:19:39.77 ID:???0.net
     チャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦(現地時間4日)、イングランドのリバプールは、スティーブン・ジェラード、マリオ・バロテッリら主力7人を温存。

     現地メディアによってはこれを“Bチーム”と報じるなど、ブレンダン・ロジャース監督の判断に対しては賛否両論といったところだ。

     しかし、それでもその“Bチーム”の面子を見てみると、決して無名の選手が並んでいるわけではない。

     ベルギー代表GKシモン・ミニョレをはじめ、チェルシーも獲得を狙っていたMFラザル・マルコビッチ、MFエムレ・ジャン、MFアダム・ララーナ、MFルーカス・レイバと、若手から中堅の実力者が揃う。

     現地時間5日の英紙『エクスプレス』が、この日のスタメン11選手の獲得に掛かった移籍金を公開。

     なんとその総額は1億1300万ポンド。現在のレートで日本円に換算するとおよそ200億円という額に。

    ララーナの2500万ポンド(約45億円)、マルコビッチの2000万ポンド(約36億円)といったあたりが一際高い数字となった。

     ちなみに、この日のリバプールのスタメンで唯一のイングランド人選手はララーナ。最も獲得にコストが掛かったのもララーナ。

     外国籍選手の増えたプレミアリーグでは「ホーム・グロウン・ルール」により、イングランドもしくはウェールズで育てた選手をチームに8人以上加える必要があり、イングランド人選手の移籍金が年々高騰している。

    http://www.footballchannel.jp/2014/11/06/post54555/

    【実力者揃いだったリバプール“Bチーム”、レアルに敗れるも移籍金総額は200億円以上!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2014/11/05(水) 08:04:13.71 ID:???0.net
    追加点演出の香川をクロップが抱擁、ドルトムントは4連勝でGL突破

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は4日、各地でグループリーグ第4節1日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)はホームでガラタサライ(トルコ)と対戦し、4-1で快勝した。香川はトップ下で先発し、後半11分にショートコーナーから追加点を演出。
    チームも4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

    勝てば他会場の結果に関係なくグループリーグ突破が決まるドルトムントは前半25分、MFマルコ・ロイスの左CKにDFソクラティス・パパスタソプロスが頭で合わせるが、クロスバーを直撃。
    同33分にはMFヘンリク・ムヒタリアンのヒールパスから香川が右足アウトサイドでミドルシュートを打ったが、ゴール左に外れた。

    均衡が破れたのは前半39分。DFルーカス・ピシュチェクの長いスルーパスにロイスが反応し、PA内に走り込むと、右足ダイレクトでゴールに流し込んだ。ドルトムントが先制に成功し、前半を1点リードで折り返した。

    後半7分過ぎ、ドルトムントが右CKを獲得し、香川がポイントに向かうと、ゴール裏のガラタサライサポーターから発煙筒がピッチに投げ込まれ、一時、試合が中断。それでも試合再開直後の後半11分、ショートコーナーからリターンを受けた香川の右クロスのこぼれ球をMFセバスティアン・ケールが頭で落とし、パパスタソプロスが右足ボレーで押し込んだ。

    2-0とリードを広げると、香川は後半18分にMFイルカイ・ギュンドガンと交代。
    ピッチを下がる香川をユルゲン・クロップ監督がベンチ前で力強く抱きしめるシーンも見られた。
    ガラタサライは後半25分、MFヴェスレイ・スナイデルの左CKにDFハカン・バルタが頭で合わせ、1点を返す。
    ここまで3試合連続で完封勝利をおさめていたドルトムントにとっては今季の欧州CLで初失点となった。

    ドルトムントは直後の後半26分、ロイスに代えてFWチーロ・インモービレを投入。
    すると同29分にカウンターからFWピエール・エメリク・オーバメヤンのラストパスを受けたインモービレが倒れ込みながらゴールに流し込み、3-1と突き放す。後半40分にはインモービレのクロスがオウンゴールを誘い、4-1とダメを押した。

    この得点直後、ガラタサライのサポーターから今度はドルトムントのサポーター席に発煙筒が投げ込まれ、再び試合が一時中断。騒然とした雰囲気の中、試合はそのままドルトムントが4-1で完勝を収めた。
    ブンデスリーガでは5連敗中で降格圏の17位に低迷しているが、欧州CLはこれで無傷の4連勝。2試合を残してD組2位以内が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141105-00194008-gekisaka-socc

    【ドルトムント・香川が魅せた! 交代時に クロップ監督と 熱い抱擁 でドルトムントは4連勝!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: TwilightSparkle ★@\(^o^)/ 2014/10/29(水) 21:15:51.86 ID:???0.net
    [2014年10月29日16時20分]

    マンチェスターCのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(26)は「簡単には倒れない男」として知られている。優勝を決めた11-12年シーズン最終戦・クイーンズパーク戦でのゴールも、ペナルティーエリア内で相手DFに足を引っ掛けられたが、ひるまずにシュートを打った結果だった。

     アグエロが英ミラー紙(電子版)に手記を寄稿し、「なぜわざと倒れないのか」ということを説明している。最近ではブラジル代表FWネイマールが「あまりに簡単に倒れすぎる男」として批判の対象となっているが、アグエロのサッカーへの取り組み、考え方がとても印象的なので、ここに一部を紹介したい。

      ◇  ◇  ◇

     僕にはわざと倒れたり、主審をあざむいたりすることが理解できない。そんなプレーはしたくないんだ。

     もちろん多くの選手がそれをやっているのは知っている。自分だって、スピードに乗って2~3人を抜いた後にタックルを受け、転倒を余儀なくされることもある。

     でも、そんなのは僕のプレーじゃない。それはプライドの問題だ。DFに追いつかれても、最後の最後までゴールを目指して進みたいからね。

     友人や家族から『なんで倒れないんだ? PKをもらえただろ?』って聞かれることもある。でも正直に言うと、どうやって倒れたらいいかも分からないんだ。だから、もしやったら、主審にバレてイエローカードだろうな。

     子供の頃の出来事が僕のプレースタイルを決定したのかもしれない。よく家の隣のデコボコな空き地でプレーをしていた。だから自然とバランスを取るのがうまく、倒れにくくなった。

     それに、空き地には主審はいないだろ! だから倒れても意味がないんだよ。プレー続行で、FKなんかもらえないからさ。

    >>2014年10月29日時点で一般公開が確認出来た記事の一部を引用しました、全文は元サイトでどうぞ
    ニッカンスポーツ・コム
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/column/chiba/news/f-cl-tp0-20141029-1388991.html

    【アグエロが簡単には倒れない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title



    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 13:04:41.75 ID:???0.net
    米メジャーリーグ・サッカー(MLS)は27日、デポルティボ・チーバスに代わり、2017年にロサンゼルスを本拠地とする新クラブが参入すると発表した。
    元日本代表DF加地亮が所属しているデポルティボは、活動を停止する見通し。

    デポルティボは04年、MLSの11番目のクラブとして誕生。
    しかし、同じロサンゼルスに本拠地を置くロサンゼルス・ギャラクシーに人気を奪われるなど、
    経営不振に陥っていた。

    http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014102800164

    【「チーヴァスUSA」が経営不振で活動停止、LAギャラクシーに人気奪われる・・・同じロサンゼルス本拠地の新クラブ参入を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 18:18:46.85 ID:???0.net
    インテルがヴァルテル・マッツァーリ監督を解任し、マンチェスター・Uで指揮を執っていたディヴィッド・モイーズ氏を次期監督に任命すると一部のメディアが報じている。

    モイーズ氏の姿がミラノで見られたという報道もあり、数週間以内に監督に就任するだろという憶測が飛び交っている。

    モイーズ氏は成績不振が原因でマンチェスター・Uを4月に解任された。
    イングランド以外のリーグで監督を務めた方が、評判の回復に役立つかもしれない。

    しかし、インテルで指揮を執るのはモイーズ氏にとっても大きなチャレンジになることだろう。

    成績不振に加え、マッシモ・モラッティ名誉会長が先週、辞任を発表した。

    長年にわたってインテルの会長を務めてきたモラッティ氏辞任の原因は、現在のオーナーであるインドネシアのエリック・トヒル氏がマッツォーリ監督に固執しているためと言われている。

    2014/10/26/
    http://www.ballball.com/ja-jp/article/47592-video-former-manchester-united-boss-david-moyes-on-inter-milans-radar/

    【マンチェスター・Uで指揮を執っていたディヴィッド・モイーズ氏、インテルの監督就任!?姿がミラノで見られたという報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 06:53:31.89 ID:???0.net
     セリエA第8節が26日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランとフィオレンティーナが対戦した。

     ミランは[4-3-3]の布陣を敷き、前節のヴェローナ戦からフェルナンド・トーレスを代えて、前線に左からステファン・エル・シャーラウィ、ジェレミー・メネズ、本田を配置。

    出場停止明けのナイジェル・デ・ヨングもスタメンに名を連ね、ホームで今シーズン初の3連勝を狙う。対するフィオレンティーナは、[4-4-2]の布陣で2トップにフアン・クアドラードとクマ・ババカルを並べ、敵地での勝利を目指す。

     7分、右サイドをイニャツィオ・アバーテが突破しペナルティエリア内に侵入するとグラウンダーのシュートを放つ。相手DFが弾いたボールを再びサリー・ムンタリがシュートに持ち込むが、得点には至らず。

     互いにフィニッシュまでの流れを作り出すことができない時間帯が続く。すると22分、ペナルティエリア手前でムンタリからの縦パスを受けたエル・シャーラウィが反転しながら強烈なミドルシュートを放つも、オフサイド判定。

    3分後、ミランがCKのチャンスを得る。メネズがファーサイドに上げたクロスをクリスティアン・サバテがヘディングで中央に折り返したところに、デ・ヨングがヘディングで合わせシュート。ミランが先制に成功する。

     フィオレンティーナは27分にクアドラード、33分にはヤスミン・クルティッチがペナルティエリア手前の位置からシュートを放つが、枠を捉えることができない。その後も果敢にゴールに迫るが、ミランが粘りの守備を見せ、1-0で前半を折り返す。

     ハーフタイムでの交代はなく後半を迎えると、52分、ドリブルで上がったメネズがゴール正面で放ったシュートは、相手GKにキャッチされる。

    56分、エル・シャーラウィのトラップが大きくなったところをマティアス・フェルナンデスが奪い、ミドルシュートを放つが、クリスティアン・アッビアーティが防ぐ。

     63分、ミランが右サイドからのFKを獲得する。メネズが上げたクロスをアレックスがヘディングで落とす。ゴール前にデ・ヨングが詰め寄るもネットを揺らすことができない。

    すると、フィオレンティーナが一気にカウンターを仕掛ける。ペナルティエリア手前の空いたスペースでパスを受けたヨシップ・イリチッチが左足で強烈なミドルシュートをゴール右隅に叩き込み、試合を振り出しに戻す。

     ミランは71分、73分とエル・シャーラウィが積極的にシュートを放つが、枠を捉えることができない。フィオレンティーナもババカルのシュートでゴールを脅かすも、追加点は奪えず。

    ミランがメネズに代えてトーレス、フィオレンティーナがババカルに代えてミラン・バデリを投入する。86分、途中出場のファン・マヌエル・バルガスが左足でミドルシュートを放ったが、ゴール左に逸れる。最後まで互いに追加点を狙ったが、ゴールは生まれず試合は1-1で終了。

    本田はフル出場している。

     次節、ミランはカリアリと、フィオレンティーナはウディネーゼと対戦する。

    【スコア】
    ミラン 1-1 フィオレンティーナ

    【得点者】
    1-0 25分 ナイジェル・デ・ヨング(ミラン)
    1-1 64分 ヨシップ・イリチッチ(フィオレンティーナ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141027-00245164-soccerk-socc

    【本田、3戦連発ならずもフル出場!…ミランは後半に追いつかれ連勝ストップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 18:27:08.04 ID:???0.net
    26日の対戦を前にチェルシーのモウリーニョ監督の成績は自分より勝っているとファン・ハール監督は認めた。
    マンチェスター・Uのルイス・ファン・ハールが過去にジョゼ・モウリーニョ監督と対戦したのは1回のみであるが、その試合で敗れている。

    2010年のチャンピオンズリーグ決勝でモウリーニョ監督率いるインテルがファン・ハール監督のバイエルンを2-0で破り優勝を飾った。

    26日のチェルシー戦を前にファン・ハール監督は、2010年の対戦について言及した。
    「我々が対戦したのは、その1試合だけだ。ハワード・ウェブ主審がPKを取らなかったので我々が負けた」

    決勝戦で勝利を収めていれば、バイエルンは三冠を達成するところだった。
    また、ファン・ハール監督はチャンピオンズリーグで優勝を2度飾った監督となり、モウリーニョ監督の1回を超えていたはずだった。

    終了後はモウリーニョ監督に「おめでとう」と声をかけた。それだけだ。試合のことは何も言わなかった。(ルイス・ファン・ハール監督)

    ファン・ハール監督がバルセロナを率いていた時にモウリーニョ監督はアシスタント・コーチを務めていた。2人はお互いのスタイルをよく知っている。
    マンチェスター・Uで優勝を飾るために、チェルシーに勝利を収めたいとファン・ハール監督はライバル心を燃やしている。

    「モウリーニョ監督は4カ国でリーグ優勝を果たしている。私がマンチェスター・Uで優勝を飾れば、彼に並ぶことになる」

    「ジョゼが監督するチームはどこでも、組織が素晴らしい。いい監督だということだ。世界でもトップクラスの監督だろう。
    私より素晴らしい監督かもしれないが、この試合は我々が勝つ」

    http://www.ballball.com/ja-jp/article/47585-louis-van-gaal-jose-mourinho-inter-milan-2010-champions-league-final/

    写真 弟子モウリーニョ監督に成績で下回っているファン・ハール監督
    no title


    キックオフ:25:00 / 試合会場:オールド・トラフォード マンチェスター・ユナイテッド×チェルシー
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10625838

    【弟子のモウリーニョ監督に成績で下回っているファン・ハール監督「私より素晴らしい監督かもしれない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 22:32:17.55 ID:???0.net
    レアル・マドリーのクリスチアーノ・ロナウドが驚異的なペースでゴールを量産している。

    リーガ・エスパニョーラはここまで7試合に出場して15ゴール(歴代最速での15ゴール到達)、
    チャンピオンズ・リーグは3試合で3ゴール、UEFAスーパーカップで2ゴール。
    2011-12シーズンにリオネル・メッシがマークしたシーズン73ゴールを上回る超ハイペースで、年間100ゴールの大台にも届きそうな勢いだ。

    09年のR・マドリー加入後5年間で公式戦通算252ゴール、1シーズン平均50.4ゴールを挙げてきたロナウドが、フィニッシュにさらなる磨きをかけたのは、なぜか。

    「俺は9番(=CF)ではない」と常々語る本人の言葉とは裏腹に、プレースタイルが“CF化”しているのは間違いない。
    その要因として挙げられるのが、昨シーズンに負った左足の怪我の影響だ。ワールドカップで無理をしたこともあり、コンディションに不安を抱えたまま開幕を迎えた今シーズンは、いわばフィニッシュにより注力しているのだ。
    左ウイングの定位置に変わりはないが、ここぞというタイミングでスペースに入り込み、確実に仕留めるその様は、まさに円熟の点取り屋だ。

     3トップを組むカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルとのコンビネーションの深化も指摘できるだろう。
    ベンゼマの「B」、ベイルの「B」、クリスチアーノの「C」を取って「BBC」と呼ばれるこの3トップは、阿吽の呼吸でポジションチェンジを繰り返し、文字通り縦横無尽に相手の守備陣を翻弄している。
    ベンゼマとベイルのお膳立てから、「フィニッシュ特化型」にモデルチェンジしたロナウドが確実に決めるという構図だ。

     そう考えると、コンディションの不安からチームプレーの意識が高まり、それがゴール量産を促したとも言えるかもしれない。
    もちろんその背景には、状況に応じてプレースタイルを変えられる本人の卓越したサッカーインテリジェンス、自由にプレーする特権を与えているカルロ・アンチェロッティ監督の信頼、ロナウドとは対照的にCFからトップ下的な色彩を濃くしているベンゼマをはじめとする周囲の献身的なサポート体制があるのは言うまでもない。

     マンチェスター・ユナイテッドでブレイクして以来、スピードとパワーを前面に押し出したプレースタイルの限界が常に囁かれてきた。
    しかし、そうした声を嘲笑うかのように、年齢とともにプレーの幅を広げるロナウドは、30歳の節目を前にしてゴールスコアラーという新境地を開き、さらにそれを極めようとしている。その意味でも、10月25日のクラシコは楽しみだ。ロナウドのゴールが炸裂するのか――。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141023-00010006-sdigestw-socc

    【レアル・マドリードのクリスチアーノ・ロナウドが驚異的なペースでゴールを量産!年間100ゴールの大台にも届きそうな勢い】の続きを読む

    このページのトップヘ