海外リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/11(月) 08:25:06.42 ID:CAP_USER9
    大挙して駆け付けた日本人サポーターの熱狂ぶりも。

    壮絶な幕切れとなったドイツ・ブンデスリーガ2部、フォルトゥナ・デュッセルドルフ対ウニオン・ベルリンの一戦。前者の宇佐美貴史、後者の内田篤人がそれぞれ74分、75分にピッチに投入され、いきなり日本人対決も実現した。試合は終了間際に逆転ゴールを挙げたデュッセルドルフが3-2でモノにし、首位を堅持している。
     
     右サイドの上がり目に配置された内田が1得点に絡んだ一方、84分に2-2とする同点ゴールを挙げたのが宇佐美。左サイドからのロングスローがファーサイドに流れ、鋭く呼応した日本代表MFが右足アウトサイドで蹴り込んだのだ。
     
     鮮烈のホームデビューに対し、賛辞が後を絶たない。
     
     デュッセルドルフの公式ツイッターでは、「ゴールは嬉しかったが、チームが勝ったことが重要。もっともっと良くしていきたい」という試合後の本人のコメントを紹介しつつ、宇佐美のフォトギャラリーを掲載。さらにクラブ公式サイトは「ウサミが綺麗にインパクト。見せ場を逃さなかった」と背番号33を称えた。
     
     ドイツ老舗サッカー専門誌『Kicker』の電子版は、「なんら違和感なく試合に溶け込み、仕事をやってのけた。華々しいデビューだ」と速報。かたや大手スポーツ紙『Bild』は「ウサミは冷静にボール(の行方)を見極め、難なく同点弾を決めた。フンケル(監督)の期待にいきなり応えてみせたのだ」と記している。
     
     さらに欧州スポーツサイト『Vavel』では、日本人対決に言及。「ウチダとウサミは同時にピッチに投入され、日本人同士のバトルが始まった。ウチダはまずまずの出来だったが、より衝撃を与えたのはウサミだろう。見事に打ち勝ったのだ」と描写している。
     
     最後に地元紙の『Express』は、会場に駆け付け大勢の日本人サポーターの熱狂ぶりを伝えた。「試合開始の何時間も前から並び、待ちわびたウサミがボレーでゴールまで決めたのだ。日本人ファンは歓喜に沸き、ウサミも感無量の表情だった」とし、「1-2になった時、自分の出番だと思った」という宇佐美のコメントも掲載している。

    9/11(月) 5:40配信  サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00029860-sdigestw-socc

    写真
    no title

    【<宇佐美貴史の鮮烈デビューに地元紙が興奮!>「華々しいスタート」「ウチダに打ち勝つ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/11/20(日) 21:44:52.91 ID:CAP_USER9
    かつてインテル・ミラノでプレーした、オランダ代表MFウェズリー・スナイダー(32=ガラタサライ)が伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトの取材に応じ、仲が良い日本代表DF長友佑都(30)について語った。

     スナイダーは「ミラノにいたころの一番いい思い出は?」と聞かれると「ユート・ナガトモだ。すごいやつだ」と即答した。そして「ある日彼に電話して『トルコにプレーしに来いよ』と言ったら『イスタンブッロ(イスタンブールの間違え)はどんなところ?』と聞かれた」などと思い出を語った。

     その上で、スナイダーは「冗談はさておき、日本人がイタリアに長年住むのは難しいと思う。彼は全く違う世界からやって来たし、言葉も話さなかった。最初は僕が、それからカッサーノが彼を助けた。もはやユートは長いことインテルに居続けている」と熱く語った。

     スナイダーは、Rマドリードを放出された09年夏にインテル・ミラノに加入し、即、中心選手として活躍。09-10年にはイタリアのクラブとして史上初のセリエA、イタリア杯、欧州チャンピオンズリーグの3冠獲得を達成するのに、に大きく貢献した。一方、長友は10年W杯南アフリカ大会後に、J1東京からセリエAチェゼーナに移籍し、11年1月にはインテルに加入した。

     契約問題のこじれなどで、スナイダーが13年1月にインテル・ミラノを退団し、ガラタサライに移籍したが、長友は今もインテルでプレーを続けている。そのことを心からたたえた。(波平千種通信員)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-01740865-nksports-socc

    【元インテルのスナイダー「長友はすごいやつだ」絶賛】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/22(土) 23:05:21.81 ID:CAP_USER9
    敵地フライブルク戦でもベンチメンバーを外れる

    アウクスブルクの日本代表FW宇佐美貴史が、22日の敵地フライブルク戦でリーグ戦5試合連続のメンバー外となる危機的状況に陥った。

    今季12位のアウクスブルクは、韓国代表FWチ・ドンウォン、MFク・ジャチョルが先発に名を連ねるなか、宇佐美は今季リーグ戦6試合目のベンチ外に。
    今季の出場時間は8月27日の開幕戦ヴォルフスブルク戦の試合終了直前の8分間に止まっている。
    さらに10月のワールドカップ・アジア最終予選直前に故障し、ハリルジャパンに合流することができなかった。

    今夏アウクスブルクに移籍した宇佐美にとっては2度目の欧州挑戦となっているが、出場時間数がACミランFW本田圭佑の19分間を下回る危機的状況となっている。
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は宇佐美の才能に惚れ込み、ブンデス再挑戦を決意した際には「嬉しい。変わらざるを得ない状況を自分で作った」と歓迎していたが、予想外の苦境に直面している。

    ハリル監督が全幅の信頼を寄せる秘蔵っ子は、すでにアウクスブルクのディルク・シュスター監督の構想外となってしまったのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161022-00010030-soccermzw-socc
    Football ZONE web 10月22日(土)22時34分配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929628.html
    試合スコア

    【ブンデス第8節 アウクスブルクで今季出場わずか8分間… 宇佐美が屈辱の5戦連続メンバー外で構想外危機】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 23:22:13.10 ID:CAP_USER9
    采配ミスにも不満

    バイエルンは今季からジョゼップ・グアルディオラからカルロ・アンチェロッティへと指揮官が代わったが、
    これに最も喜びを表したのはバイエルンFWフランク・リベリだった。

    リベリはアンチェロッティの下で再び自由にやれるとコメントし、
    前指揮官のグアルディオラよりもアンチェロッティの方を好んでいることを明かした。

    では、リベリはグアルディオラのどういったところに不満を感じていたのか。

    スペイン『as』によると、リベリはグアルディオラについて
    「グアルディオラは若い指揮官で経験が足りていない」とコメントしており、経験の浅さからくる采配ミスにストレスを溜めていたようだ。

    リベリが例に出したのは昨季のチャンピオンズリーグ準決勝アトレティコ・マドリード戦だ。
    バイエルンは相手のサウール・ニゲスのスーパーゴールもあり、3季連続で準決勝敗退の屈辱を味わうことになった。

    リベリはこの準決勝について「チャンピオンズリーグの準決勝ではミスは許されない。ミュラーは先発じゃなかったし、
    ボアテングは負傷から回復しているところで、スタンドから見ているべきだった」とグアルディオラの采配への疑問を口にしている。

    この試合では1stレグでFWトーマス・ミュラーがベンチスタートとなり、リベリはこうした判断に疑問を感じていたようだ。

    また、グアルディオラ独特の哲学についても
    「彼は話しすぎるんだ。フットボールとはもっとシンプルなものだ」とコメントし、理論的すぎるスタイルに合わなかったことを明かしている。

    グアルディオラはこれまでもズラタン・イブラヒモビッチなど数名の選手との関係が崩れてしまったが、
    バイエルンではリベリが不満を溜めていた。

    リベリはアンチェロッティのようは指揮官が必要だったと歓迎しているが、自由なアンチェロッティの下で再び復活を果たすのか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 7月28日(木)17時13分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00010029-theworld-socc

    写真
    no title

    【<リベリー>元上司を痛烈批判!「グアルディオラは話しすぎる。フットボールはもっとシンプルなものだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 16:44:49.27 ID:CAP_USER9
    9歳で世界最高峰の育成組織であるバルセロナのカンテラ入りを果たした久保建英君。

     そのきっかけとなったのは、小学2年生の時に参加した日本での「FCバルセロナキャンプ」だった。

     このバルサキャンプの仕掛人であり、6年にわたり久保選手をサポートしてきた浜田満氏が明かす「世界のトップにたどり着ける選手の条件」とは?
    久保君はなぜバルサから派遣されたコーチたちの目に留まったのか?

     2011年、日本人として初めてバルセロナの下部組織『カンテラ』の一員になった久保建英君。そのきっかけとなったのは、バルサ入りの2年前に日本で行われた「FCバルセロナキャンプ」だった。

     小学校1~6年生まで約200人が参加したキャンプで、小学校2年生だった久保君は参加者の中で1人に与えられるMVPに選出される。なぜ久保君はバルセロナから派遣されていたスペイン人コーチたちの目に留まったのか。

     バルサキャンプの責任者を務める株式会社アメージング・スポーツ・ラボ・ジャパンの浜田満氏が明かす。

    「バルサキャンプの評価基準は“バルサの特徴を持っているか”です。バルサには確固たるスタイルがあるので、それを高いレベルで理解して、プレーで表現できる選手がMVPに選ばれます」

     では、バルサの特徴とはどんなものなのか? 浜田氏はバルセロナのメソッド部門のディレクターを務めるジョアン・ビラ氏の言葉を引用して説明してくれた。

    「バルサの選手の特徴は、性格が良く、覚えるのが早く、学習意欲があること。何よりサッカーIQが高く、テクニックがあること。個人競技では才能が重要な要素になる。だが、団体競技では、賢いことが決定的な要素になる。

     今、何をしているのかを理解できること。そして最高の選手はただ理解するだけではなく、それをピッチで表現できる。

     グアルディオラ、チャビ、イニエスタ…彼らは自らも最高の選手であるだけでなく、周りにいる選手をも素晴らしい選手に変えられる」(ジョアン・ビラ氏)

    浜田氏が続ける。

    「確かに久保君は当時から素晴らしい才能を持っていましたが、今、思い返せば、まさにこのジョアン・ビラ氏のコメントは久保君にそのまま当てはまります」

     久保君について、浜田氏には忘れられないエピソードが3つあるという。

     一つ目はバルサキャンプのMVP特典で、FCバルセロナスクール選抜の一員としてベルギーで行われた国際大会に出場した時のことだ。

     オランダのフェイエノールトとの試合で相手に押し込まれる展開になった。センターフォワードとして出場していた久保君にはコーチから「最大限に深みをつくれ。もっと高い位置をとれ。相手の最終ラインと同じ高さに残って下がってくるな」と指示が出ていた。

     だが、久保君は中盤に下がってボールを受けようとした。試合後、浜田氏は「コーチが下がってくるなと言っていたのは聞こえていたの?」と質問した。久保君の答えは浜田氏の予想の上をいくものだった。

    「コーチが言っていることは分かっていたけど、僕ら(8歳)のキック力だと高い位置にいてもボールが届かないから、意味がないと思って下がったんです」

     浜田氏は「そのプレーが正解かどうかはさておき」と前置きした上で、「日本人は監督に言われたことに疑問を持たず、言われたことをそのままうのみにする傾向があります。監督の指示に対して、さらに自分の視点を加えた上で判断できる8歳の選手はいないでしょう」と脱帽する

     二つ目はベルギーでの大会を終えて、スペイン・バルセロナに向かう機内でのこと。浜田氏は離陸後、久保君の隣で小説を読み始めた。すると、久保君が「浜田さん、本を見せてもらえますか?」と言ってきたのだ。

     大人向けの小説だし、軽く読んで返してくるだろう…そう思って本を渡したところ、久保君は普通に読みながら、分からない単語があると、「空き巣ってどういう意味ですか?」と、一つひとつ聞いてきた。このようなエピソードは他にもたくさんあるという。

    「久保君は言葉の意味だけではなく、分からないことがあると常に大人に質問する子でした。接していて、いつも感じるのですが、言語能力の高さをベースに持っている上に、物事を理解する力、さらに洞察力、そしてそれを行動に移す力がすごいと思います」

    【“日本のメッシ”久保建英をバルサに導いた男が明かす「世界のトップにたどり着ける選手の条件」とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/06/24(金) 20:35:31.14 ID:CAP_USER9
    ガンバ大阪からアウクスブルクに移籍する日本代表FW宇佐美貴史の背番号が39番に決まった。
    アウクスブルクがツイッターで発表している。

     宇佐美は一度目の海外挑戦からG大阪に復帰した2013年から背番号39を使用。
    G大阪の公式サイトによると、21日に会見を行った宇佐美は、「ガンバで今背負っている39番を背負いたい。
    アウクスブルクでもし背負うことができれば、ごろあわせでサンキューという意味にもなるんで、
    感謝の気持ちを伝えながらプレーをするということも自分らしいかな」と希望を語っていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-01628615-gekisaka-socc

    【アウクスブルク宇佐美の背番号が希望通りの39に決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/06/09(木) 05:07:53.74 ID:CAP_USER9
    サッカーのドイツ1部リーグ、アウクスブルクが今夏、日本代表FW宇佐美貴史(24)=G大阪=の獲得に乗り出すことが8日、明らかになった。
    関係者によると、この日までに獲得に向けた正式レターが届いたという。今後、細かい条件を詰めていく。

    G大阪の幹部は「複数のクラブが興味を持っているとは聞いているが、正式なものはきていない」としているが、「本人の気持ちもあるので」と、宇佐美の意向を優先する姿勢だ。

    宇佐美は1-2で逆転負けしたボスニア・ヘルツェゴビナ戦から一夜明け、大阪府吹田市内で回復トレーニングに励んだ。今後については「何とも言えない」と多くを語らなかった。

    初めての海外移籍は19歳のとき。ドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンへ所属し、その後は同国のホッヘンハイムに移ってチャンスをうかがったが、出場機会に恵まれなかった。

    13年夏にG大阪に復帰後も、「もう一度海外に挑戦したい」と話している。現在の正式オファーはアウクスブルクのみだが、再び海外に挑戦する可能性は十分にある。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000002-dal-socc
    デイリースポーツ 6月9日(木)5時0分配信

    【宇佐美にアウクスブルク正式オファー!G大阪は本人の意向を優先する姿勢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/13(金) 11:36:00.98 ID:CAP
    ■レスターから勇気をもらったと語るマノラス

    今季レスター・シティが起こした奇跡は世界中のサッカー選手に勇気と希望を与えることになった。現在ナポリとセリエAの2位争いを繰り広げているローマDFコスタス・マノラスもその1人だ。ローマは今季途中から指揮官に就任したルチアーノ・スパレッティの手腕もあり、後半戦に驚異の巻き返しを見せた。今では2位ナポリに勝ち点差2に詰め寄っており、2位フィニッシュも夢ではない。

    伊『Gazzetta dello Sport』によると、マノラスはレスターのように何が起こるか分からないのがフットボールだと強調し、ミランとの最終節に望みを託していると語った。また、2004年にEUROを制した母国ギリシャ代表にも触れており、今回のレスターの優勝の方が難易度が高かったとコメントした。

    「ローマが2位に食い込むのは非常に難しいね。だけど、僕たちは最後までトライしなければならない。なぜなら、サッカー界では何が起こるか分からないからね。レスターが良い例さ。彼らのやったことは特別なことだ。ギリシャ代表が制したEURO2004は短期決戦だったから、今回のレスターの方が凄いと思うね。僕たちはミランに勝つつもりだ。ナポリは格下のフロジノーネとの対戦だけど、僕たちはまだわずかな希望を抱いているよ」

    当時ギリシャ代表が強豪国揃いのEUROを制したこともサプライズで、衝撃の大きさはレスターと同じくらいかもしれない。セリエAの2位を確保することはレスターの起こした奇跡とは比べ物にならないが、チームにとっては来季への自信になる。ローマの選手たちにはレスターのような奇跡を信じてミラン戦を戦ってもらいたい。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00010002-theworld-socc

    【ギリシャ代表のEURO2004制覇とレスターの優勝はどちらが凄い?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/05(木)23:28:35 ID:TFP
    過去20年に4チームしか優勝してないンゴwwwww

    2: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/05(木)23:31:23 ID:TFP
    5位までに入れるチームがまあ強豪だとして、
    こんだけしかおらん…
    no title

    131: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/06(金)00:46:53 ID:7kl
    >>2
    言われてみれば大相撲の上位独占のほうがひどい

    159: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/06(金)01:02:55 ID:7kl
    >>131
    過去二十年間、力士の優勝回数
    >>36 白鵬
    >>25 朝青龍
    >>11 武蔵丸
    >>10 貴乃花
    >>7 日馬富士
    >>7 魁皇
    >>3 千代大海
    >>3 曙
    >>3 栃東
    >>3 若乃花
    >>1 出島
    >>1 把瑠都
    >>1 旭天鵬
    >>1 武双山
    >>1 照ノ富士
    >>1 琴光喜
    >>1 琴奨菊
    >>1 琴欧洲
    >>1 琴錦
    >>1 貴ノ浪
    >>1 貴闘力

    意外とばらけてた

    162: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/06(金)01:06:45 ID:FRx
    >>159
    鶴竜も入れてやって!!!!!!!

    166: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/06(金)01:09:21 ID:7kl
    >>162
    ごめん
    よく気づかれた
    ということは誰かの優勝を一回多く数えてしまったか

    168: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/06(金)01:13:33 ID:7kl
    >>159 の訂正
    過去二十年間、力士の優勝回数
    >>36 白鵬
    >>25 朝青龍
    >>11 武蔵丸
    >>10 貴乃花
    >>7 日馬富士
    >>5 魁皇
    >>3 千代大海
    >>3 曙
    >>3 栃東
    >>3 若乃花
    >>2 鶴竜
    >>1 出島
    >>1 把瑠都
    >>1 旭天鵬
    >>1 武双山
    >>1 照ノ富士
    >>1 琴光喜
    >>1 琴奨菊
    >>1 琴欧洲
    >>1 琴錦
    >>1 貴ノ浪
    >>1 貴闘力

    魁皇のところに鶴竜の優勝回数が混ざってた

    3: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/05(木)23:31:52 ID:TFP
    間違えたンゴwwwwwwwwww
    no title

    【プレミアリーグの上位独占がひどいって聞いたから調べてきたンゴwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/  2016/05/04(水) 00:00:55.71 ID:CAP_USER9
    かつて“狂犬”と呼ばれた元イタリア代表のジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が、現代のサッカー界に根付くパスサッカーを信奉する風潮に疑問を投げかけている。

    現役時代にミランやイタリア代表で活躍したガットゥーゾ氏は、スイスのシオンで選手兼監督を務めて指導者とのキャリアをスタートさせた。その後イタリアのパレルモ、ギリシャのOFIクレタを率いて、現在イタリア3部ピサで指揮を執っている。

    選手として闘志あふれるプレーでファンを魅了し、ミランで数々のタイトルを勝ち取ったガットゥーゾ氏だが、パスをつなぐサッカーを嗜好するチームが増えたことには苦言を呈している。イタリアメディアへのコメントを、スペイン『アス』が伝えた。

    「バルセロナとペップ・グアルディオラが社会に神話を残してしまった。監督たちに対しても計り知れない影響力があった」

    「ほかの文化をコピーすることで、我々(イタリア人)は守備の文化を失ってしまったんだ。だけど、今でも良い仕事をしている監督は存在する。過去50年で提起されてきたことのすべてがゴミ箱に捨てればいいわけじゃない。(ディエゴ・)シメオネや(ジョゼ・)モウリーニョのフットボールは一体何を与えてきたんだい?」

    ガットゥーゾ氏は若者の習慣が以前とは異なることも付け加えている。

    「今日、我々の選手たちは1週間に10時間練習するだけだ。オランダの選手たちは、1日10時間をゲームに費やしているみたいだけれどね。こういう状況で、プレイステーションや携帯の天才が生まれるのは当然だ。そして、フットボールに怪物が生まれる可能性は低くなってくる」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00000031-goal-socc

    【サッカー】「サッカーは基本的に一つの動作だけ成り立つスポーツではないので、子どもの頃から色々な競技をたくさんやったほうがいい」©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1461993343/

    【<“狂犬”ガットゥーゾ>パスサッカーを信奉する風潮に疑問!「ペップの神話が社会に浸透してしまった」】の続きを読む

    このページのトップヘ