ガンバ大阪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/11(土) 20:20:36.78 ID:CAP_USER9
    G大阪の長谷川健太監督(51)が10日、ACL1次リーグのアデレード・ユナイテッド(豪州)戦(22日、アデレード)とJ1開幕の甲府戦(26日、吹田S)に、ともにベスト布陣で臨む考えを明かした。中3日の間に帰国を挟む強行日程だが、「休ませることは考えていない」と明言した。

     大阪―アデレード間の直行便は運航しておらず、敵地への移動は2度の乗り継ぎで丸1日を要する見込み。帰国時の乗り継ぎは1回だが、23日朝に現地を出て午後9時すぎに大阪に戻る厳しい日程になる。

     それでも08年以来のアジア制覇と国内3冠を目指すG大阪にとってはタイトル奪還への試金石。主将のMF遠藤保仁(37)も「ACLにハードスケジュールはつきもの。チーム力が試される」と受けて立つ構えだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000007-sph-socc

    【G大阪敵地アデレード戦&本拠・甲府戦、中3日でもベスト布陣】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/10(金) 20:01:57.33 ID:CAP_USER9
    過去8回のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦っているガンバ大阪が、初めて出場した2月7日のACLプレーオフ。市立吹田サッカースタジアムで行われるG大阪の試合としては過去最少となる観衆8149人の前で、かつてのアジア王者はマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムに3?0で快勝し、本選への切符をつかみ取った。

    「まず本選に進めてホッとしています」と試合後の記者会見で安堵(あんど)の表情を浮かべた長谷川健太監督だが、その言葉は紛れもなく本音だろう。クラブの格と地力を考えれば、下馬評は圧倒的に有利な状況ではあったが「僕らが力は上かもしれないが、サッカーは何が起こるか分からないし、普通に戦って普通に勝てるようにしていきたい」(遠藤保仁)。今季もキャプテンを務める大黒柱の言葉通り、ガンバ大阪は90分を無難に乗り切った。

     ただ、今季最初の公式戦には、昨年までのG大阪になかった「普通でない」一面が随所で顔をのぞかせていた。就任5年目を迎えた長谷川監督が今季、本格導入を目指すのは遠藤をアンカーに配置するダイヤモンド型の中盤だ。

    長谷川監督「ヤットが輝いてこそG大阪」

    政界などで流行中の言葉を用いるならば、背番号7のアンカー起用は「遠藤ファースト(第一)」である。

    「遠藤というすごい選手をどう生かしていくのか。ヤット(遠藤)が輝いてこそG大阪だと思うので、どういう形がいいか模索したいと思う」。天皇杯準々決勝で敗れ、無冠が決定した昨年12月末、指揮官は早くも来季に向けた構想を口にした。

     2013年の就任以来、初の無冠に終わり、ACLでも未勝利のままグループステージ敗退。「新スタ」元年に苦汁を舐め続けた昨季、長谷川監督はチーム内で最大の存在感を見せる遠藤保仁というパズルの置き所を試行錯誤していた。

     本職である2ボランチの一角では守備力に不安があることを露呈。リーグ戦の1stステージ中盤以降は、その戦術眼を生かすべくトップ下に配置。4?2?3?1を基本布陣に巻き返しを見せたG大阪ではあるものの、バイタルエリアで個の打開力を持たない遠藤のトップ下起用は、いわば苦肉の策だった。

     2ndステージ17節の川崎フロンターレ戦では2点のビハインドから一気呵成(かせい)の逆転勝利(3?2)。試合途中に遠藤をアンカーに配置した采配が奏功した格好だったが、「やっぱりビルドアップがスムーズになる。今野(泰幸)と(井手口)陽介だと守備面では非常にいいんだけれど、つなぎの部分に関してはヤットとは、一日の長どころかだいぶ差がある」と長谷川監督は振り返った。

    今年1月28日に37歳を迎えたチームの顔は、フィジカル面で下り坂に差し掛かっているものの依然、その戦術眼とキック精度はチーム一。遠藤を中盤の底に配置することで、より攻撃的なスタイルを模索する長谷川監督だが、そのリスクも重々承知である。

    「ヤットの守備の危なさを両脇のMFでどれだけ軽減できるか。今野と陽介がいるからこそ、ああいう形に踏み切った」と指揮官が新布陣のキーマンに掲げたのは今野と井手口の2人である。

     ジョホール・ダルル・タクジム戦では新加入のファビオが、中盤を飛ばして最前線にボールを配給。かつての名センターバック山口智さながらのパスセンスを披露したり、三浦弦太も対角へのロングフィードで起点となるなど存在感を発揮。相手を押し込むサッカーを志向する上で不可欠な高いライン設定を保ち続けたが、新布陣の明暗を握るのはやはり、中盤の機能性に他ならない。

     守備力に関しては日本トップレベルの力を持つ今野と井手口であるが、新布陣で求められるのはインサイドハーフの役割だ。

    「まだ頭で考えてしまっていて、自然に体が動いていない」と攻撃時の役割に戸惑いを見せる井手口とは対照的に、ジョホール・ダルル・タクジム戦で貴重な先制点を絶妙のピンポイントクロスでお膳立てしたのは今野だった。

    「去年まではちょっと出し惜しみをしていた。もっと得点だったり、アシストだったりに絡まないといけないポジションで、自分も楽しみ。チャレンジしようと思っているのでワクワクしている」と今野は新境地への期待感を口にする。

    【G大阪、新シーズンは「遠藤ファースト」 キーマンは両脇を固める今野と井手口】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/10(金) 19:29:54.72 ID:CAP_USER9
    J1G大阪は10日、21日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)H組初戦・アデレード(豪州)戦に向けてトレーニングを行った。

     敵地は季節が真逆で移動に丸1日を要す。長谷川監督は「移動に24時間近くかかるみたい。季節も向こうは夏なので、少しでも慣れるようにしないと」と早くも訪れるハードスケジュールに悩ましげだった。そのACLプレーオフで移籍後初得点をあげたDF三浦は「それでもしっかりとパフォーマンスできるように準備したい」と意気込んでいた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000546-sanspo-socc

    【G大阪・長谷川監督、ハードスケジュールに悩ましげ 「移動に24時間近くかかるみたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 備長炭Z ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/09(木) 00:49:49.69 ID:CAP_USER9
    AFCチャンピオンズリーグ2017(ACL) プレーオフ・ラウンドの観客数

    ※左のチームがホーム

    <東地区>
    2017年2月7日19:30 上海上港(中国) 3-0 スコータイ(タイ)
    【観客数】2万5860人(5万6800人収容) 上海体育場, 上海
    http://the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10673&stageid=421&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary
    https://en.wikipedia.org/wiki/Chinese_Super_League

    2017年2月8日19:45 上海緑地申花(中国) 0-2 ブリスベン・ロアー(オーストラリア)
    【観客数】2万3980人(3万3000人収容) 上海虹口足球場, 上海
    http://the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10674&stageid=421&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary
    https://en.wikipedia.org/wiki/Chinese_Super_League

    2017年2月7日19:00ガンバ大阪(日本) 3-0 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
    【観客数】8149人(3万9694人収容) 市立吹田サッカースタジアム, 吹田
    http://the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10672&stageid=421&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%E7%AB%8B%E5%B9%E7%B0%E3%B5%E3%83%E3%AB%E3%BC%E3%B9%E3%BF%E3%B8%E3%A2%E3%A0

    2017年2月7日19:30 蔚山現代(韓国) 1-1(PK4-3)傑志(香港)
    【観客数】2843人(4万4474人収容) 蔚山文殊サッカー競技場, 蔚山
    http://the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10671&stageid=421&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary
    https://ko.wikipedia.org/wiki/K%EB%A6%AC%EA%B7%B8_%ED%B4%EB%9E%EC%8B%9D

    <西地区>
    2017年2月7日19:00 エステグラル(イラン) 0-0(PK4-3) アル・サッド(カタール)
    【観客数】7万4560人(9万人収容) アザディ・スタジアム, テヘラン(イラン)
    http://the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10669&stageid=421&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%9A%E3%AB%E3%B7%E3%A2%E3%B3%E3%BB%E3%AC%E3%AB%E3%95%E3%BB%E3%97%E3%AD%E3%AA%E3%BC%E3%B0

    2017年2月7日20:15 アル・ワフダ(UAE) 3-0 アル・ワフダート(ヨルダン)
    【観客数】1万0061人(1万2000人収容) アール・ナヒヤーン・スタジアム, アブダビ(UAE)
    http://the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10667&stageid=421&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A2%E3%A9%E3%93%E3%A2%E3%B3%E3%BB%E3%AC%E3%AB%E3%95%E3%BB%E3%AA%E3%BC%E3%B0

    2017年2月7日18:00 アル・ファトフ(サウジアラビア) 1-0 ナサフ・カルシ(ウズベキスタン)
    【観客数】7439人(1万9096人収容) アブドゥッラー・ビン・ジャラウィー・スタジアム, アル=ハサー(サウジアラビア)
    http://the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10668&stageid=421&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary
    https://en.wikipedia.org/wiki/Saudi_Professional_League

    2017年2月7日18:15 アル・ジャイシュ(カタール) 0-0(PK1-3) ブニョドコル(ウズベキスタン)
    【観客数】1150人(1万5000人収容) アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム, ドーハ(カタール)
    http://the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10670&stageid=421&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AB%E3%BF%E3%BC%E3%AB%E3%BB%E3%B9%E3%BF%E3%BC%E3%BA%E3%AA%E3%BC%E3%B0

    日程・結果│AFCチャンピオンズリーグ2017│AFC
    http://the-afc.com/afcasfeeds?view=all&id=195&type=Stage#ui-tabs-2
    AFCチャンピオンズリーグ2017 - Wikipedia
    https://ja.wikipedia.org/wiki/AFC%E3%81%E3%A3%E3%B3%E3%94%E3%AA%E3%B3%E3%BA%E3%AA%E3%BC%E3%B02017

    ※まとめ
    全8試合のうち、観客数7万人台が1試合、2万人台が2試合、1万人台が1試合、1万人未満が4試合。
    全8試合の平均観客数は1万9255.25人。

    >>2-10あたりに、UEFA-CL2016-17プレーオフ・ラウンドの観客数など)

    【ACLプレーオフの観客数 エステグラル(イラン):7万4560人 上海上港:2万5860人 G大阪:8149人(※UCL-POのセルティック:5万2659人)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/10(金) 17:40:12.91 ID:CAP_USER9
    Jリーグ1部(J1)18クラブの先陣を切って、G大阪が今シーズン初めての公式戦を戦った。サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)本大会出場を懸けたプレーオフ、マレーシア・チャンピオンのジョホール・ダルル・タクジムを迎えての一戦である。

     以前は日本から4クラブがストレートに32クラブによる1次リーグに出場していたACL。しかし2015年に規約が変わり、1クラブはプレーオフからの出場となった。ホームでの1戦制という有利な条件だが、日程的には非常に難しい。

    ■前半の2点、新システムが奏功

     15年は柏がタイのチョンブリを迎えて延長の末、3-2でようやく出場権を獲得。昨年はFC東京がやはりチョンブリと戦い、9-0で勝利を収めた。そして今年は、G大阪がジョホールを3-0で破って本大会出場の切符をつかんだ。

     昨年の天皇杯で準々決勝(12月24日)まで戦い、1月中旬にトレーニングを始めて約3週間、G大阪の長谷川健太監督は、この試合で勝つためのメンバーを早くから絞り、何よりも優先してその11人を鍛えるという形でトレーニングを行ってきた。

     GKは東口順昭。DFは右から呉宰碩(オ・ジェソク)、三浦弦太、ファビオ、藤春広輝、MFは右から井手口陽介、遠藤保仁、今野泰幸が並び、トップ下に倉田秋が位置して、FWのアデミウソンと長沢駿をサポートする形。昨年の天皇杯準々決勝で導入した「4-3-1-2」と呼ばれるシステムだ。ただ、倉田は自由に動き回り、2人のFWと並ぶ3トップのような形になる時間も短くなかった。

     試合は26分に左から今野が入れたクロスをアデミウソンがヘディングで決めて先制し、その3分後にはやはり左サイドを破って藤春が送ったグラウンダーのクロスを長沢が左足でたたき込んで2-0とした。

     この2点には、G大阪の新システムの成功が早くも表れていた。ボランチの左サイドを務めた今野が果敢に左外に上がり、押し上げてくる藤春と2人がかりで突破、チャンスをつくったのだ。

     先制点のときには、藤春が内側に入り、その外側に流れた今野のところに相手に当たったボールが来て、その今野のクロスが得点を生んだ。そして2点目のときには、藤春がスピードを生かして突破する。今野がニアポスト前まで走り、長沢をフリーにした。

     今野の活発な動きで、G大阪の左サイドが非常に強力な武器になったのは間違いない。ただ右サイドは、呉宰碩も井手口も攻撃面はいまひとつで、効果的な突破はほとんどなかった。

    ■倉田が生き生き、変幻自在に

     もう一つ、新システムの効用は、倉田が生き生きとプレーできていたことだ。前述したようにかなりの自由を与えられており、トップ下だけにとどまらず、2人のFWの間に割って入ったり左右に流れたりと、変幻自在なプレーで相手の守備陣を混乱させた。

     「年末の天皇杯前から練習してきたポジションなので、自然に体が動くようになった。手応えを感じている」

     ジョホール戦の後、最優秀選手(MVP)の表彰を受けた倉田はこう語っている。

     前半の2得点は、いずれも倉田のドリブルとパスが左サイドの突破を生んだもの。本人は「得点もアシストもなかった」と不満げだったが、今後の対戦相手はこの倉田をどう抑えるかが重要なポイントとなるだろう。

    DFラインでは、清水から移籍してきた21歳の三浦と、横浜FMから移籍してきた27歳のファビオが攻守両面で活躍した。

     三浦は持ち前のヘディングの強さだけでなく、70メートル級の斜めの超ロングパスで左サイドに位置するFWに何回もチャンスを与えた。70分には、MF遠藤の右CKを豪快にヘディングでたたき込み、早くも移籍後初ゴールを記録した。

     そしてファビオは1対1の守備の強さとともに落ち着いたボールキープと縦への鋭いパスで攻撃の起点となった。G大阪は昨年まで多くの試合に出ていたDF岩下敬輔(福岡に移籍)と西野貴治(千葉に移籍)を放出し、三浦とファビオを獲得したのだが、「収支」は大きなプラスとなったようだ。

    【攻撃的な新システムに手応え 今季のG大阪に注目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/09(木) 22:19:20.80 ID:CAP_USER9
    今季よりガンバ大阪の背番号「10」を背負うMF倉田秋が、今季初の公式戦から攻撃の要としてプライドをみせつけた。ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)を3-0で下してアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)本大会出場を決めた7日のACLプレーオフで、MVPであるプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)に選ばれた。(上阪正人)

     チームが主に「4-3-1-2」のシステムで戦った7日のACLプレーオフではトップ下の位置に入り、ドリブルでインサイドへの突入を何度も図り、相手守備陣に揺さぶりをかけ続けた。

     しかし、試合後の自己採点は辛かった。「アシストもゴールもしていないから良くなかった。10番を付けるからにはチームを勝たせないといけない。きょうは満足していない」。自分自身への厳しい評価は、今季に臨む強い覚悟の表れだ。

     中学からクラブの下部組織で力をつけ、主にサイドハーフでプレーしてきた28歳は「チームの顔になって、先頭に立ってやっていきたいという気持ちが出てきた」と自らクラブに志願し、今季から背番号「10」を付けてチームを引っ張る。

    クラブの功労者・二川の番号を継承

     G大阪の背番号「10」は、1993年のJリーグ開幕から長らく外国人選手の番号として定着していたが、2003年からはMF二川孝広(J2東京V)が昨年6月までつけた。二川はG大阪の下部組織出身のスター選手で、決定的な得点機を演出する絶妙のスルーパスを武器に長らくチームを支えた。

     倉田は「天才のフタさん(二川)と全く一緒のプレーはできないけど、たどり着けるように精いっぱいやっていく」と意気込む。

     昨季は全34試合に出場したが、2得点、3アシストに終わった。「去年はいいところまでいって点を取れなかった。ゴールとアシストにこだわり、いっぱい走って決定的な仕事をする10番になりたい」と今季に臨む覚悟を口にした。

     今季も37歳のベテラン遠藤を主将にチームはスタートを切ったが、初戦から倉田の他、同じ28歳のFW長沢やDF藤春がゴールやアシストで存在感を示した。

     「おれらの年代が中心になってやっていきたい」と意気込む倉田。文字通りのチームリーダーにのし上がれるか。

    http://www.sankei.com/west/news/170209/wst1702090005-n2.html

    【志願してG大阪の10番を背負ったMF倉田秋 先代・二川に「たどり着きたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/08(水) 12:27:19.28 ID:CAP_USER9
     [ACLプレーオフ]G大阪3-0ジョホール・ダルル・タクジム/2月7日/吹田S
     
     2017年初の公式戦でスタメンに抜擢された三浦弦太は、臆することなく自分のカラーをチームに落とし込んだ。
     
     事前のスカウティングで、ジョホール・ダルル・タクジム(JDT)はアルゼンチン人ンFWのブライアン・フェレイラとゴンサロ・カブレラの個人技を主体に、クロスからチャンスを作り出すという情報は入っていたという。
     
     そこで三浦は、対人の強さを生かして前線に起点を作らせず、SBの裏のスペースもしっかりとカバー。まだ実戦3試合目と日が浅いファビオとの連係も、身振り手振りを交えながらコミュニケーションを図り、お互いを補完し合った。カウンターを受ければ大声を張り上げて周囲に指示を出し、守から攻に切り替わるとすかさず両手を広げて高いライン設定を促す――。そんな三浦の姿は、何とも頼もしかった。
     
     しかし、三浦が丹羽大輝や金正也といったライバルとの違いを見せたのは攻撃面である。ビルドアップでは、距離の近いファビオやアンカーの遠藤保仁だけでなく、より高い位置のSBやインサイドハーフを目がけて、縦パスにトライ。それをスイッチに、2トップとトップ下が連動して、相手のゴールに迫るシーンが何度も見られた。三浦の存在によって、昨季にはなかった攻撃のバリエーションが生まれていると、監督や選手たちは口々に言う。
     
    「フィードの部分で、三浦とファビオが良い"攻撃のスイッチ"になってくれた。昨年はCBからパスが出ることが少なかったので、三浦の広角の長いボールとか、ファビオのバイタルにつけるボールとかに彼らの良さが出たと思います」(長谷川監督)
     
    「良いポジションを取れば、パスがどんどん出てくるので、すごくやりやすかった」(今野泰幸)
     
     さらに70分には、セットプレーから豪快なヘディングシュートで移籍後初得点をマーク。クリーンシート+ゴールというデビューに、本人も「出来すぎですね」とはにかんだ。
     
    S OCCER DIGEST Web 2/8(水) 11:52配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170208-00022372-sdigestw-socc

    【最高のデビューを飾ったDF三浦弦太が関西の雄にもたらす新たな可能性「ガンバは、プレーしていて気持ちがいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/07(火) 20:51:58.57 ID:CAP_USER9
    【スコア】

    ガンバ大阪 3-0 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) (吹田サッカースタジアム)

    【得点者】

    [G]アデミウソン(26分)
    [G]長沢駿(29分)
    [G]三浦弦太(70分)

    Jリーグ公式
    http://www.jleague.jp/match/acl/2017/020701/livetxt/

    AFC公式
    http://www.the-afc.com/afc-champions-league-2017/match-report/competition/774/season/2017/matchid/902838

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・プレーオフが7日に行われ、ガンバ大阪とジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が対戦した。

     G大阪は昨季のACLでグループステージ敗退に終わっており、今季はリベンジに燃える。だが、まずはこのプレーオフを突破しなければ本戦出場権を獲得することはできない。本拠地・市立吹田サッカースタジアムで勝利が必須の一戦には、GK東口順昭、DF藤春廣輝、DF三浦弦太、DFファビオ、DFオ・ジェソク、MF今野泰幸、MF遠藤保仁、MF井手口陽介、MF倉田秋、FWアデミウソン、FW長沢駿の11名が先発起用された。

     序盤から試合の主導権を握ったG大阪は26分、左サイドを駆け上がった今野の絶妙なクロスをペナルティエリア中央のアデミウソンがフリーで合わせる。このヘディングシュートがゴール右下に決まり、先制に成功した。

     勢いに乗るG大阪はさらに29分、倉田からのパスでエリア内左に抜け出した藤春がグラウンダーで折り返すと、これをゴール前の長沢が左足ダイレクトで叩き込み、貴重な追加点を奪った。

     前半はこのままG大阪の2点リードで折り返す。

     後半も敵陣に押し込む時間が続くG大阪は70分、遠藤が蹴った右CKを三浦がヘディングでゴール左下に突き刺し、決定的な3点目が決まった。

     リードを広げたG大阪は最後までジョホール・ダルル・タクジムに反撃を許さず、試合はこのまま3-0で終了。マレーシア王者を下したG大阪がACL本戦出場を決めた。

     なお、G大阪は本大会で、アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)、江蘇蘇寧(中国)、済州ユナイテッド(韓国)と同じグループHに入る。

    SOCCER KING 2/7(火) 20:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00550208-soccerk-socc

    ■ACL組み合わせ

    [グループH]
    1.アデレード・U(豪州)
    1.江蘇蘇寧(中国)
    1.済州ユナイテッド(韓国)
    1.ガンバ大阪(日本

    第1節 2月22日(水)
    アデレード・U vs ガンバ大阪
    済州ユナイテッド vs 江蘇蘇寧

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

    【G大阪、マレーシア王者に3発快勝でプレーオフ制す!新CBが最高や!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/06(月) 22:21:04.21 ID:CAP_USER9
    J1のG大阪が6日、大阪・吹田スタジアムでのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区プレーオフの前日練習に臨んだ。

     ジョホール・ダルル・タクジム(JDT、マレーシア)は昨季までマレーシア・スーパーリーグで3連覇した難敵。前日会見でG大阪の長谷川健太監督(51)は「組織されているチーム。昨季、無敗で優勝しただけはある。初めの15分が大事になる」と警戒した。

     昨季は1次リーグで敗退した。08年の優勝を知る主将で元日本代表MF遠藤保仁(37)は「2016年は何も出せずに終わった。ふがいない結果だった。ACL(本戦)に何としても行きたい。もう一度とは言わず2、3度と取りたいタイトル」と必勝を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000191-sph-socc

    【G大阪ACLプレーオフJDT戦へ長谷川監督「初めの15分が大事になる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/06(月) 21:20:44.21 ID:CAP_USER9
     7日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフでG大阪と対戦するジョホール・ダルル・タクジム(JDT、マレーシア)が試合会場の吹田スタジアムで最終調整を行った。

     練習前に行われた会見で、モラ監督は「我々にとって不利な条件は気温だ。かなり寒い」と渋い表情。

     マレーシアは平均気温が27~33度の常夏だが、7日の予想最低気温は3度と冷え込む。ACL予選2回戦のバンコク・ユナイテッド(タイ)戦ではPK戦に持ち込む粘りの守備を披露したマレーシア王者だが、G大阪だけではなく気温との戦いも待ち受けている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000126-spnannex-socc

    【敵はG大阪だけにあらず JDT指揮官渋い表情「かなり寒い」 7日ACLプレーオフ】の続きを読む

    このページのトップヘ