ガンバ大阪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 北村ゆきひろ ★ 2017/11/15(水) 05:43:22.87 ID:CAP_USER9
    ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁(37)が、今季限りで退団する可能性があることが14日、分かった。契約は18年まで残っているが、
    出身地九州のクラブで来季のJ1昇格が決定した長崎と福岡、99年から2年間在籍したJ2京都が違約金の支払いも含めて獲得調査に乗り出している。

    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201711140000744.html

    【G大阪遠藤退団も 長崎、福岡、京都が獲得調査 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2017/10/11(水) 17:44:24.57 ID:CAP_USER9
    大阪・吹田市は11日、J1のG大阪が本拠地としている「市立吹田サッカースタジアム」で公募していたネーミングライツの結果を発表した。

    応募者数は1者で、G大阪の親会社であるパナソニックが落札した。愛称は「Panasonic Stadium Suita」になる。契約期間は18年1月1日から22年12月31日までの5年間で、年額2億1600万円。

     吹田市は8月21日から9月28日まで公募していた。今後は優先交渉権者のパナソニックと看板設置や愛称の略称、ネーミングライツ料の納入方法など具体的な協議を行い、仮契約を締結する。

    仮契約は吹田市議会11月定例会で、ネーミングライツに伴う関連予算案の議決により、本契約としての効力が生じる。

    10/11(水) 16:04配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000177-sph-socc

    【吹田スタジアム、パナソニックスタジアムに!ネーミングライツ落札 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2: Egg ★ 2017/10/04(水) 21:03:17.92 ID:CAP_USER9
    ■セレッソ大阪 2-2 ガンバ大阪 [ヤンマースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/leaguecup/2017/100402/live/#live

    [G]赤崎秀平(16分)
    [C]リカルド・サントス(23分)
    [C]木本恭生(36分)
    [G]井出遥也(86分)


    2017JリーグYBCルヴァンカップ準決勝の第1戦が4日に行われ、セレッソ大阪とガンバ大阪が対戦した。

     "大阪ダービー"となった準決勝。第1戦はC大阪がホーム・ヤンマースタジアム長居にG大阪を迎えて行われた。試合が動いたのは16分。G大阪は赤崎秀平がPA外から右足を振り抜くと、これをC大阪のGK丹野研太が取り切れず。赤崎の移籍後初ゴールが決まり、G大阪が先制に成功した。リードを許したC大阪もすぐさま反撃に出る。23分、リカルド・サントスがPA外から右足で狙うと、これがやや前に出ていたGK藤ヶ谷陽介の頭上を越えてゴール。試合を振り出しに戻した。

     その後試合は1-1のまま終盤へ。すると81分、C大阪は途中出場の清武弘嗣のFKから木本恭生が頭で合わせて逆転に成功。しかし、G大阪も食らいつく。86分、途中出場の井出遥也が右サイドからの低いクロスに合わせて同点に追いついた。試合はこのまま2-2で終了。第1戦は引き分けに終わったが、G大阪が2点のアウェイゴールを手にした。

     第2戦は8日にG大阪のホーム・市立吹田サッカースタジアムで行われる。

    10/4(水) 20:55配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00651583-soccerk-socc

    [第2戦]

    10月8日(日)

    G大阪 14:00 C大阪 [吹田サッカースタジアム]
    川崎F 15:00 仙台 [等々力陸上競技場]

    チケット
    https://www.jleague.jp/sp/ticket/leaguecup/oct.html

    【<YBCルヴァンカップ 準決勝 第1戦>G大阪、C大阪とドロー! アウェイゴール奪って引き分け!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: プエルトリコ ★@無断転載は禁止 2017/09/29(金) 22:34:32.48 ID:CAP_USER9
     ガンバ大阪DF三浦弦太(22)が悔しさをぶつける。

     29日、大阪・吹田市内で30日のホーム横浜F・マリノス戦に向けて練習。28日に発表された10月の親善試合に臨む日本代表メンバーから外れてしまった三浦は「悔しい気持ちはあるけど、やることは変わらない」と切り替えた。

     6月に初招集され、前回のW杯最終予選オーストラリア戦ではベンチでW杯出場決定の瞬間を見守った。だが、クラブに帰ってからはコンディション調整に苦戦。これまでプロ生活では昨年J2で29試合に出場したのが最高で、プロ5年目でチーム唯一のフル出場を続ける今季は代表との並行に疲労もたまっていた。長谷川監督は「鹿島戦(23日)は良かったので、あの試合のようなパフォーマンスを続ければ、また選ばれると思う」。

     この日は、指揮官からルヴァン杯準決勝(10月4日=アウェー、8日=ホーム)に向けて仕切り直すよう助言を受けた。三浦は「今はルヴァン杯で頑張ろうという気持ちになっている」。悔しさを糧にして、22歳はピッチに立つ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00015301-nksports-socc

    【G大阪三浦、代表落選の悔しさ「ルヴァン杯頑張る」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 07:43:48.46 ID:CAP_USER9
    ガンバ大阪が来季の新監督候補の筆頭に、元セレッソ大阪監督のレビークルピ氏(64=ブラジル)を挙げていることが15日、分かった。

    過去3度、C大阪を率いた同氏は、ドルトムント香川らを育て優勝争いの経験もあり、MF堂安ら有望な若手を輩出するG大阪が、戦力の底上げを図るには適任といえる。
    6月からブラジル1部サントスで指揮を執っているが、再び日本で指導することを希望しているといい、
    違約金を支払えばサントス側との契約解除も可能。ブラジル入りしている強化担当者が近く接触する予定だ。

    G大阪は将来的にはJ3G大阪U-23宮本恒靖監督(40)を昇格させる方針で、新監督はその土台作りも任される。
    強化担当者はブラジル滞在中に同じく候補者の元鹿島監督のオズワルド・オリベイラ氏(66)やトニーニョ・セレーゾ氏(62)とも接触する予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00003969-nksports-socc
    9/16(土) 7:36配信

    【G大阪新監督にクルピ氏筆頭候補、現在サントス指揮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/13(水) 06:37:04.67 ID:CAP_USER9
     G大阪の次期監督候補に元韓国代表監督の洪明甫(ホン・ミョンボ)氏(48)がリストアップされていることが12日、分かった。4つのタイトルをもたらし今季限りで退任する長谷川健太監督(51)に匹敵する実績があるとして、候補の1人に挙げられているという。

     洪氏はJ1柏などでプレーし、指導者としては韓国代表を率いて2012年ロンドン五輪で銅メダル獲得に導き、14年W杯も指揮した。

     一方、有力候補とされる元鹿島監督のトニーニョ・セレーゾ氏(62)に接触するため、クラブ幹部がブラジル入り。条件面などを確認するなど慎重に絞り込みを進める。

    9/13(水) 5:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000501-sanspo-socc

    【<G大阪>監督候補に洪明甫氏が浮上!有力候補とされるトニーニョ・セレーゾ氏に接触するため、クラブ幹部がブラジル入り。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 05:13:56.10 ID:CAP_USER9
    サッカー日本代表MF井手口陽介(21)=G大阪=の獲得を目指し、イングランド1部(2部相当)リーズ・ユナイテッドがオファーを出していることが10日、分かった。
    同リーグ関係者によると、G大阪との契約解除に必要な違約金1億円(推定)を払う考えで、井手口も海外移籍に前向きなことから、
    早ければ今冬の移籍市場で契約が成立する可能性が高い。
    オーストラリア戦(8月31日・埼玉)で貴重な追加点を挙げ、ハリル・ジャパンをロシアW杯出場に導いた若き主力が海を渡る。

    イングランド関係者によると、リーズ・ユナイテッドは今夏の移籍市場でもMF井手口の獲得を目指したが、
    Jリーグのシーズン中だったことや、移籍可能期限の問題などで契約には至らなかったという。
    その後も調査を続ける中で、ハリル・ジャパンで中盤の主力として定着しつつある「原石」への評価は高くなる一方。今冬の獲得を見据えてオファーを出した。

    井手口はG大阪との契約を来季以降も残しているが、リーズは契約解除に必要な違約金約1億円(推定)を払う考え。獲得への本気度がうかがえる。
    また、井手口もすでに海外移籍に備え、英会話の勉強を開始。
    G大阪でチームメートだったFW堂安律(19)が今年6月、オランダ1部フローニンゲンに移籍が決まった際に
    「タイミングが合えば。しっかり挑戦したい」と前向きな姿勢を示しており、契約がまとまる可能性は高い。

    リーズは1919年に創設された歴史あるクラブ。
    イングランドのトップリーグがプレミアリーグに移る前年の91~92年シーズンに優勝を果たした。
    03~04年シーズンにプレミアリーグから降格後は2部、3部相当のリーグで戦う。
    今夏から元日本代表MFの藤田俊哉氏(45)=写真=が選手編成などを担当する強化部のスタッフとして在籍していることは、井手口にとってもプラス材料だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000037-sph-socc
    9/11(月) 5:02配信

    【G大阪 井手口、イングランド1部リーズ移籍へ! ロシアW杯に導いた日本代表MF】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/09(土) 06:21:00.50 ID:CAP_USER9
    G大阪が、今季限りで退任する長谷川健太監督(51)の後任候補として、元鹿島監督のトニーニョ・セレーゾ氏(62)を調査していることが8日、分かった。

    元ブラジル代表MFのセレーゾ氏は2000~05年、13~15年7月まで鹿島を率いた。
    00年の国内3冠を含めて8年半で計5つのタイトルを獲得。J1通算141勝は外国人監督で歴代3位だ。
    現在はフリーで、本人は日本で指揮を執ることに意欲を示している。
    この日、大阪・吹田市内でG大阪の山内隆司社長(60)が「(Jリーグを知っている指導者は)選択肢の一つ。
    (長谷川監督を)超えられる監督。アジアで勝てるところを目指したい」と描いた理想の監督像に近い実績の持ち主だ。

    J3のG大阪U―23を率いる元日本代表主将の宮本恒靖監督(40)やG大阪ユースの実好礼忠(のりただ)監督(44)、
    ほかの外国人監督らも候補で、今後は本格的に人選を進めていく。

     ◆トニーニョ・セレーゾ(本名カルロス・アントニオ・セレーゾ)=Antonio Carlos Cerezo=1955年4月21日生まれ。62歳。
    現役時代はブラジル代表で活躍し、80年代には日本代表ジーコ監督、ソクラテス、ファルカンと「黄金の中盤」を形成。
    ASローマ、サンプドリア時代はセリエA初制覇も達成した。
    鹿島は2000~05年、13~15年7月まで2度率いた。00年の国内3冠を含め8年半で5冠。J1通算141勝は外国人監督で歴代3位。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000340-sph-socc
    9/9(土) 5:04配信

    【G大阪 新監督候補に元鹿島・セレーゾ監督を調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/08(金) 07:56:12.83 ID:CAP_USER9
    G大阪は7日、長谷川健太監督(51)の今季限りでの退任を発表した。J2に降格した13年から5年。クラブ史上初の3冠獲得など、計4タイトルをもたらした名将からの"卒業"を決意、新たな道を歩む。

     今季限りの退任は既定路線だった。山内隆司社長はクラブを通じて、「新たなステージに向けてステップを踏み出す時と考え、熟考のうえ、長谷川監督からの卒業はこのタイミングだと判断しました」とコメントを発表。だが8月中旬に水面下で2年契約延長を打診された長谷川監督はスポニチ本紙の取材に「俺にも考えるところはある」と勇退に含みを持たせていた。

     J2に降格した13年から指揮。1年でJ1復帰、翌14年にはクラブ史上初の3冠(リーグ、ナビスコ杯、天皇杯)を獲得した。翌15年も天皇杯を連覇。ただ16年は無冠に終わった。そのオフ、指揮官が残留を希望したMF阿部(川崎F)とMF大森(神戸)を簡単に放出。シーズン終了後、長谷川監督は「第一希望の選手を獲得してくれたことがない」とメディアの前で漏らすなど、フロントとの温度差が浮き彫りになった。

     さらに今夏も指揮官は引き留めたにもかかわらず、U―20日本代表のMF堂安(フローニンゲン)の海外移籍を容認。戦力が出ていくばかりの現状に、不満を漏らすことは一度や二度ではなかった。また単身赴任を5年間続け、家族が生活する関東に戻りたいという思いもあった。

     後任人事は未定ながら外国人指揮官を第一候補にリストアップしているもようで、神戸を今夏解任されたネルシーニョ氏(67)などが挙げられているとみられる。一時代を築いた名将が去り、G大阪が新たなステージへと踏み出すことになる。

     ◆長谷川 健太(はせがわ・けんた)1965年9月25日、静岡市出身の51歳。現役時代は清水で活躍、国際Aマッチ出場は27試合4得点。05年から6季、清水を率いて、13年にG大阪監督に就任。1年目でJ1に復帰、14年にクラブ史上初の3冠。15年シーズンに天皇杯2連覇を果たした。

    9/8(金) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000041-spnannex-socc

    【サッカー】<ガンバ大阪の長谷川健太監督>今季限りで退任…J1昇格1年目で優勝を達成©2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504777972/

    【長谷川監督、今季限り退任 後任候補にネルシーニョ氏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/03(日) 21:04:39.02 ID:CAP_USER9
    ■G大阪 2-0 ヴィッセル神戸 [吹田S]
    https://www.jleague.jp/sp/match/leaguecup/2017/090301/live/livetxt/#live

    ★2試合合計:2-0

    [G]長沢駿(46分)
    [G]泉澤仁(64分)


    ルヴァン杯準々決勝第2戦が3日に行われ、ガンバ大阪がホームでヴィッセル神戸を2-0で下した。3年連続で決勝に進んでいるG大阪は、これで4年連続の4強進出となった。

     G大阪と神戸の"阪神ダービー"は、リーグ戦も含めると3連戦になる。その中日となる決戦。神戸の本拠地ノエビアスタジアム神戸で行った第1戦は0-0の引き分けだったため、勝った方が勝ち上がり(得点を奪っての引き分けなら神戸)という分かりやすい試合になった。

     メンバーは国際Aマッチデーのために両チームの守護神、G大阪の日本代表GK東口順昭、神戸の韓国代表GKキム・スンギュが不在。G大阪はCBのDF三浦弦太も日本代表に招集されている。

     ただ第2戦、勝負強さというか、地力に勝ったのはやはりG大阪だった。そして第1戦は後半アディショナルタイムからの出場で"温存"されていた37歳MF遠藤保仁が元気一杯に攻撃のタクトを振るう。

     互いにシュートが枠に飛ばず、前半をスコアレスで折り返した試合だったが、後半1分、左サイドでCKを獲得すると、遠藤がニアサイドで競り合ったFW長沢駿の頭にピタリと合わせるキックを蹴る。

     後半早々に先制したG大阪は同19分、高い位置での遠藤のパスカットから右サイドをDFオ・ジェソクがオーバーラップ。ボールは逆サイドでフリーで待っていたMF泉澤仁まで届き、リードが2点に広がった。

     神戸は後半16分にFWハーフナー・マイク、リードが広がった同24分にはFW田中順也を入れて勝負に出る。前線を厚くした神戸だったが、頼みのFWルーカス・ポドルスキも見せ場を作ることは出来なかった。

     試合はこのまま2-0でG大阪が勝利し、4年連続4強を決めた。準決勝の相手はセレッソ大阪に決定。10月4日に第1戦はC大阪のホーム。同8日の第2戦はG大阪のホームで行う。

    9/3(日) 20:58配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-01643687-gekisaka-socc


    【サッカー】<ルヴァン杯準々決勝>前回優勝の浦和レッズ、敗退!2試合合計:2-2。アウェーゴールに泣く
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504439007/

    【サッカー】<ルヴァン杯準々決勝>鹿島が怒涛の追い上げで逆転勝ちも…2戦合計5-4で逃げ切った仙台がクラブ史上初の4強入り!
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504436616/

    【<ルヴァン杯準々決勝>G大阪が神戸寄せ付けず4年連続4強】の続きを読む

    このページのトップヘ