CS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/04(金) 15:46:22.51 ID:CAP_USER*.net
     2日のチャンピオンシップ(CS)決勝第1戦で敗れたG大阪は3日、大阪・吹田市内で調整。
    5日の第2戦では2点差以上もしくは4点以上での勝利が必要となり、FWパトリック(28)は先発復帰が濃厚。
    スーパーサブとなる長身FW長沢駿(27)との“ツインタワー”をオプションに、長谷川健太監督(50)は
    “超攻撃的布陣”で点を奪いにいく。

     絶対に得点が必要な最終決戦、休養十分の助っ人FWに“先手”を託す。あすの決勝第2戦でFWパトリックは先発復帰が濃厚。ホームでの悪夢の敗戦から、奇跡の逆転連覇を目指す。

     「先制されたら3点を取らなきゃいけなくなる。逆に先制できればプレッシャーをかけられると思う。90分あるし、どのタイミングでどういう選択をするか、しっかりと考えていきたい」

     一夜明けて長谷川監督が次戦の青写真を浮かべた。2日のホームでの第1戦では、11月28日の準決勝・浦和戦で120分を戦い抜いたパトリックの疲労も考慮して、FW長沢を先発で起用。
    前線からの守備も得意な長身FWは、相手DFのミスを突いて先制点を奪うなど見事に役割を果たした。
    しかしこれは慎重を期してゲームに入るための一手。2点差以上もしくは4点以上が必要となる次の敵地決戦では絶対に先制点が欲しい。序盤から攻めの姿勢を見せるために、今季J132試合で12ゴールを挙げたブラジル人FWの存在は不可欠になりそうだ。

     さらに、得点を奪いきれない時間が続けば、“ツインタワー”2トップの起用の可能性も。
    終盤、広島DFの動きが鈍くなることは間違いない。そこで1メートル89のパトリックと1メートル92の長沢が並び立てば、これ以上ない脅威。まさにG大阪の誇る通天閣&あべのハルカスが、広島ゴール前にそびえ立つことになる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151204-00000004-sanspo-socc

    【奇跡の逆転連覇へ!G大阪、CS決勝第2戦はツインタワー攻撃だ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 19:39:40.18 ID:CAP_USER*.net
    逆転優勝へ、選手に感情のコントロールを求める

     G大阪の長谷川健太監督は2-3で敗れた広島とのJリーグチャンピオンシップ(CS)決勝第1戦で、後半41分にDFオ・ジェソクが退場となり、最終盤に10人での戦いを強いられた試合展開を嘆いた。「少し感情が表に出すぎたのかな」と選手たちに感情のコントロールを求めた。
     
     オ・ジェソクは広島MF清水航平との接触プレー後、両手で相手の胸を突き飛ばしレッドカードを提示された。この時点では2-1でリードしていたG大阪だったが、そこから2点を失い逆転負けを喫した。試合を振り返った長谷川監督は、この退場シーンが試合のターニングポイントになったと認めている。

    J1退団・戦力外選手一覧

    「そうですね……。まあ、やっぱり退場が結果的には響いたのかなという感じがします。 それまでは我慢強く戦えていたと思いますけど、少し感情が表に出すぎたのかなというふうに思います、最後は」

     今季初先発となったFW長沢駿の先制点や、1-1と同点にされた直後にMF今野泰幸が勝ち越しゴールを奪った点については一定の評価を与えたが、オ・ジェソクの退場で流れは一変したと指摘。昨季、チームを三冠王者に導いた指揮官は「同点に追いつかれた後もしっかりと冷静に戦えれば、2-2で終われたというふうに思いますが、少しアディショナルタイムで焦ったのか、慌てたのか、若干落ち着きがなくなってしまった」と、選手に感情のコントロールを求めた。

     CS決勝の第2戦は中2日、今度は広島のホームでの対戦となる。タイトルのためには2点差以上の勝利、または4点以上を奪っての勝利が必要となるなど窮地に立たされた。それでも長谷川監督は諦めることなく、「もう(敗戦から)切り替えること。そこが一番大事だと思います」と、リーグ連覇へ執念を燃やしていた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151203-00010004-soccermzw-socc

    【ゲームの流れを変えたDFオジェソクの退場劇を悔やむ長谷川監督「少し感情が表に出すぎた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 23:01:30.83 ID:CAP_USER*.net
     普通なら起こらないようなミスが、ふたつも起きた。

     犯したのは、経験の浅い若手選手ではなく、酸いも甘いも噛み分けたふたりのベテラン選手だった。

     ガンバ大阪の今野泰幸と、サンフレッチェ広島の森崎和幸。「天国から地獄」に突き落とされたのが前者で、「地獄から天国」に駆け上がったのが後者。

     国内屈指のボランチである彼らでさえ痛恨のミスを犯してしまう――。それは、11年ぶりの開催となったチャンピオンシップ決勝という大舞台の独特の雰囲気、プレッシャーによるものだったのかもしれない。

     G大阪のホームで行なわれたJリーグ・チャンピオンシップ決勝第1戦。

     2-1とG大阪のリードで突入した後半のアディショナルタイム、青山敏弘のクロスに佐々木翔が頭で合わせ、土壇場で追いついた広島は、なおも攻勢に出た。

     90+5分、G大阪陣内でボールが広島の選手に当たって右サイドのタッチラインを割ると、今野がボールを素早くピッチに投げ入れる――。

     が、パトリックを目掛けたボールは、森崎にカットされてしまう。

     青山とパス交換した森崎が丁寧なパスを出すと、山岸智がクロスを入れる。それをとらえたドウグラスのシュートは当たり損ねたが、こぼれ球を浅野拓磨が右足で強振、G大阪のDF藤春廣輝に当たったボールが柏好文の前にこぼれ、柏が右足で叩き込んだ。

     時間は90+6分。広島の勝利を、G大阪の敗戦を告げるホイッスルが吹かれたのは、その直後のことだった。
    .

    今野「僕自身が一番冷静に戦えていなかった」

     「冷静に戦えなかったですね、やっぱり。僕自身が一番冷静に戦えていなかった……」

     試合後の取材エリアで、今野は言葉を絞り出すように言った。

     「自分でもよく分からないというのが本音ですけど、気持ちが昂ぶっていた。2-1で勝ち切りたかったけど、2-2にされてからは、冷静に考えればひとり退場しているわけだから2-2でもよかったのに、僕が素早くリスタートして、それを奪われて失点してしまった。普段どおり冷静に戦えていれば、あそこはゆっくり時間を使ってやる場面。すごく情けないし、もったいない。チームを厳しい状況に追い込んでしまった……」

    【今野泰幸と森崎和幸の“天国と地獄”。CSは冷静さが問われる特別な場所だ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    399: 放置くん ◆Y0toNG/ReI 2015/12/04(金) 03:03:56.90 ID:DklSCv9s0.net
    J関連
    あすCS第2戦 逆転V2へ超攻撃!
    長谷川監督は時間帯に応じて超攻撃的なメンバーにシフトし逆転を狙うことを明かした
    「早い段階で先制点を取りたい。あとはどのタイミングで攻撃的な選択をするのか」とイメージを膨らませた
    超攻撃的布陣
      パト  長沢
    倉田  宇佐美 リンス
        遠藤
    藤春      米倉
      今野  丹羽
        東口
    (主力組は回復トレーニングとあるのでこの布陣は紅白戦などでは無く単なる予想っぽいです)
    丹羽「僕らが先制して1ー0になれば広島の選手の顔色は変わる。そういう駆け引きを優勝が決まる試合で出来るのは楽しみでしかない」
    寿人指揮官と青空会議5分 練習中身振り手振りで約5分間話し込んだ 「もう少しシュートで終わる必要がある」と第2戦の課題をあげた

    【ガンバの予想スタメンが酷過ぎワロタwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 21:19:12.18 ID:CAP_USER*.net
     G大阪の長谷川健太監督(50)が3日、広島との明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦(2日・2―3で敗戦)で、後半41分に退場した元U―23韓国代表DFオ・ジェソク(25)と面談した。

     2―1とリードしていた場面で、オは広島MF清水からファウルを受けて転倒。その際の接触に抗議して胸を突き出して迫ってきた清水を、両手で突き飛ばして一発レッドカードを受けた。
    その後、チームはロスタイムに2失点を喫して逆転負けを喫した。

     この日、オから大阪府吹田市内のクラブハウスで事情を聞いた指揮官。
    敗戦のきっかけをつくってしまったことへのショックを引きずり、うつむいていたオに対し「下を向いててもお金は落ちてねーぞ!」と声をかけ、励ましたという。

     オは5日の第2戦は出場停止となるが、指揮官は「韓国代表候補はいないけど、日本代表候補がいる」と右サイドバックにDF米倉の起用を明言。第1戦は守備重視の方針でサブに回っていた攻撃的サイドバック・米倉に期待をかけていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000128-sph-socc

    【G大阪健太監督、広島戦一発レッドのオ・ジェソクを激励 JリーグCS決勝】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 備長炭Z ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 19:20:34.34 ID:CAP_USER*.net
    注目番組!! Jリーグ チャンピオンシップ・決勝第2戦「サンフレッチェ広島」対「ガンバ大阪」
    NHK総合 2015年12月5日(土)19:30~21:45

    ◆優位に立つサンフレッチェ ガンバの逆転Vあるか ~年間王者決める最後の戦い~
     今シーズン導入された2ステージ制とチャンピオンシップ。年間王者を決める最後の対戦です。
    第2ステージを制し年間勝ち点1位のサンフレッチェ広島。年間3位ながら準決勝で浦和レッズを破ったガンバ大阪。

     決勝の第1戦はガンバのホームで行われ、サンフレッチェが後半アディショナルタイムの連続ゴールで3対2と逆転勝ちし、2年ぶりの王座奪還に前進しました。
    森保監督は「まだ半分しか終っていない。ホームに帰り心の底から喜べる勝利を決めたい」と語りました。
    一方、ホームでの第1戦を落とした昨シーズン3冠のガンバ。
    途中までは相手に思い通りのサッカーをさせない組織的な守備が功を奏し、勝利目前だっただけに悪夢のような幕切れでした。長谷川監督は「切り替えてやっていく」と話し、遠藤保仁選手も「不可能な点差ではない。持てるものを出し切る」と前を向いていました。

     第2戦は中2日で、舞台をサンフレッチェのホームに移して行われます。サンフレッチェの優位は揺るぎません。
    逆転優勝を狙うガンバは、第1戦と同様に前からプレッシャーをかけ続ける戦術でいくのか。より積極的に仕掛けて先制点を奪うことができれば、流れが一気に傾きます。サンフレッチェはホームとはいえ、辛抱する時間が増えるかもしれません。

     決勝2試合の合計で勝利数が多いチームが優勝です。1勝1敗となった場合は得失点差で、さらにはアウェーゴール数で決めます。優位に立つサンフレッチェは引き分け以上、負けても1点差の0対1、1対2なら優勝です。ガンバが第2戦の90分で逆転優勝するためには2点差以上の勝利か、1点差なら4得点以上が必要で、第1戦と同じスコアなら延長戦が行われます。
     ステージ制で優勝チームどうしが対戦した過去9回のチャンピオンシップでは、第1戦を制したチームの優勝が7回で、初戦黒星のチームの優勝はありません。歴史は繰り返すのか、それとも新たな伝説が生まれるのか。NHKの中継で見届けてください。

    Jリーグ │NHKスポーツオンライン
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/jlg/

    Jリーグ チャンピオンシップ・決勝第2戦「サンフレッチェ広島」対「ガンバ大阪」
    12/5 (土) 19:30 ~ 21:45 (135分) NHK総合・東京(Ch.1) サッカー
    【ゲスト】ハリルホジッチ日本代表監督、【解説】福西崇史、戸田和幸、
    【アナウンサー】松野靖彦 ~エディオンスタジアム広島から中継~
    [延伸のとき以降の番組に変更あり](試合開始19:30)

    Gガイド.テレビ王国
    http://tv.so-net.ne.jp/schedule/101024201512051930.action

    <今後のJリーグ関係のテレビ放送予定>
    ・J1昇格プレーオフ
    12/6(日)15:30~17:45 NHK-BS1 生放送

    FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2015|日本テレビ
    http://www.ntv.co.jp/fcwc/
    【M1】12/10(木)19:00-21:44(延長あり) 開幕戦 広島orG大阪(開催国王者)vsオークランドシティ(オセアニア王者)[横国]
    【M2】12/13(日)15:30-18:00(延長あり) 準々 クラブアメリカ(北中米カリブ王者)vs 広州(アジア王者)[長居]
    【M3】12/13(日)19:00-21:29(延長あり) 準々 マゼンベ(アフリカ王者)vs【M1】勝者[長居]
    【M4】12/16(水)16:00-18:50(延長なし) 5決 【M2】敗者vs【M3】敗者[長居]
    【M5】12/16(水)19:00-21:29(延長あり) 準決 【M3】勝者vsリバープレート(南米王者)[長居]
    【M6】12/17(木)19:00-21:29(延長あり) 準決 バルセロナ(欧州王者)vs【M2】勝者[横国]
    【M7】12/20(日)15:30-18:20(延長なし) 3決 【M5】敗者vs【M6】敗者[横国]
    【M8】12/20(日)19:00-21:39(延長あり) 決勝 【M5】勝者vs【M6】勝者[横国

    NHKスポーツオンライン│Jリーグ
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/jlg/
    明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ特集:Jリーグ.jp
    http://www.jleague.jp/championship2015/tournament.html
    >歴史を、見逃すな。

    【CS決勝・第2戦「広島×G大阪」(Eスタ)の生中継のゲストはハリルホジッチ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Tangled ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 10:47:55.58 ID:CAP_USER*.net
    明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第1戦

    G大阪 2 - 3 広島 万博記念競技場(17,844人)
     後半15分(G大阪)長沢駿
     後半35分(広島)ドウグラス
     後半37分(G大阪)今野泰幸
     後半47分(広島)佐々木翔
     後半51分(広島)柏好文



    CS試合速報:http://www.jleague.jp/match/championship/2015/120201/live/

    【11年ぶりのJリーグチャンピオンシップ決勝は17、844人を動員(※満員にならず)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 11:04:26.87 ID:CAP_USER*.net
    ◆2015Jリーグチャンピオンシップ ▽決勝第1戦 G大阪2─3広島(2日・万博記念競技場)

     G大阪が後半ロスタイムでの2失点で、2―3と逆転負けを喫した。今夏に加入後、初先発のFW長沢駿(27)、元日本代表MF今野泰幸(32)のゴールで試合を優位に進めたが、2―1とリードの後半41分に右サイドバックのDFオ・ジェソク(25)が退場。その後、1人少ない状況で2点を奪われた。第2戦は5日にアウェー(Eスタ)で行われるが、J1の2連覇は極めて厳しい状況になった。

     G大阪の快勝ムードは、まさかの退場劇で一変した。2―1とリードして迎えた後半41分。ボールをキープしようとしたDFオ・ジェソクが、広島MF清水からファウルを受けて倒れ込んだ。もつれ合った際の接触に清水が抗議し、胸を突き出して迫ると、それを両手で突き飛ばした。扇谷主審は迷わずレッドカードを提示した。

     長谷川健太監督(50)はすぐにFW宇佐美に代え、右サイドバックにDF米倉を投入。そして後半ロスタイム1分に、セットプレーから失点し同点に。この時点で「リスタートからやられて追いつかれて、そこで落ち着きがなくなってしまった」と指揮官。さらにロスタイム6分、MF今野のスローインがミスとなって相手に渡ると、勝ち越しゴールをたたき込まれた。同点に追いつかれた時点で、ピッチ内では「これ以上、リスクは負わずに(同点で)試合を終わらせよう」とMF遠藤が声をかけたが、選手は冷静さを欠いた。

     勝利したCS準決勝の浦和戦から中3日。浦和戦で延長120分間を戦ったFWパトリックに代え、先発起用されたFW長沢が得点し、広島対策として取った最前線からの守備もはまった。途中までは藤春が「ゲームプラン通りだった」と語ったように、G大阪ペースだった。しかし退場からの10分間で、地獄に突き落とされた。

     中2日で臨む第2戦では、広島に奪われたアウェーゴールの3点が重くのしかかる。それでも「何が起こるか、まだわからない。決して不可能な点差ではないし、逆転は十分可能」と遠藤。年間3位から目指すJリーグ2連覇への道は険しいものになったが、昨季の3冠王者はまだあきらめてはいない。(金川 誉)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000011-sph-socc

    【オ・ジェソク退場からG大阪2失点! 1発レッドで守備崩壊…退場からの10分間で、地獄に突き落とされた。】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 12:03:27.45 ID:CAP_USER*.net
    ロスタイムも大詰めの96分、今野のスローインから広島の攻撃が始まった時、私の思考は停止した。

    「え? どうして?」

     混乱した頭の中を整理しているうちに、柏の決勝点が決まる。
     こうしてチャンピオンシップ第1戦は、3-2で広島に凱歌が上がった。

     もっとも振り返れば、ミスから生まれたゴールはこれだけではない。長澤が決めたG大阪の先制点も、広島守備陣の考えられない「お見合い」の産物だった。さらに付け加えれば、浦和とG大阪が争った準決勝でも摩訶不思議なゴールが生まれている。

     シーズンの総決算ともいうべきチャンピオンシップ、私は緊迫したハイレベルな攻防を楽しみにしていたが、期待は完全に裏切られた。こんな試合で日本一が決まるのかと思うと、情けない。

     だが、これが日本サッカーの現実だろう。

     Jリーグのトップレベルでも、日本一を争う緊迫感の中で質の高いプレーをすることができないのだ。とかく場当たり的なプレーが多く、落ち着いて試合を運ぶことができない。ミスをしても敵がまたミスをするから致命傷にならず、ミスが教訓にならないのだ。

     これは日本人の趣向と関係があるかもしれない。

     私たち日本人は攻撃的で運動量が多く、流動的なプレーをすることがいいサッカーだと捉えている。だが、こうした試合の進め方は日本独特といってもいい。

     私はイタリアの友人と何度かJリーグを観戦したが、友人は試合中、しきりに「ポジションが分からない」と首をひねっていた。それはだれがどこで何をするのかが、明確ではないということ。定石が見えないというのだ。

     誰がどこにいるのか、そのポジションが曖昧だというだけではなく、状況に合わせたプレーもできていないという。

     例えば行かなくてもいいところで無理にボールを奪いに行き、敵の攻撃に拍車をかけてしまう。無理に守りの堅いところに攻め込み、逆襲を食らう……。ひと言でいえば状況判断ができていない。

     だが、これは選手だけの責任とは言い難い。

     ワールドカップ常連の国に行くと、誰かがポジショニングや動きを間違えると、観客席にざわめきが起きる。

    「あいつ、なにやってんだ?」ということだ。
     こういうざわめきは、日本ではほとんど聞いたことがない。

     かつて私は、モンテネグロの友人とFC東京とC大阪の試合を見たことがある。その試合でC大阪がカウンターを繰り出した時、友人が突然立ち上がって私に言った。

    「あいつ、なに歩いてるの?」

     その選手が走っていればゴールの確率は上がったというのに、呑気に歩いていたのだ。だが、その場面で立ち上がったのは友人だけで、他の観客はいつものように応援していた。私も柿の種を食べていたのだから、偉そうなことは言えない。

     お客さんや記者がちゃんとした目を持たなければ、この国のサッカーはいつまで経っても次元の低い「面白いゲーム」を続けることになるだろう。

     3日後、エディオンスタジアムで日本一が決まる。この試合だけは、奇妙なゴールが決まらないでほしいものだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151203-00010011-sdigestw-socc

    【〈熊崎敬〉“奇妙なゴール”が象徴するレベルの低いチャンピオンシップ。次元の低い「面白いゲーム」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 10:40:40.88 ID:CAP_USER*.net
     ◇Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦 G大阪2―3広島(2015年12月2日 万博)

     G大阪の宇佐美は公式戦10戦連続不発となった。トップ下に入り、前半23、43分とシュートを狙ったが、ネットを揺らせず。「自分のイメージにプレーが付いていっていない。話にならない」。

     マルセイユやシュツットガルトに加え、ハノーバーも獲得に興味を示すと報道されたが、得意のドリブルで抜き去るシーンはほとんどなかった。クラブと日本代表で今季公式戦61戦目。疲労は顕著だったが「自分を奮い立たせてチームのために結果を求めたい」と力を込めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000073-spnannex-socc

    【G大阪宇佐美お疲れ10戦連続不発!「イメージにプレー付いていってない」】の続きを読む

    このページのトップヘ