1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 15:07:30.83 ID:CAP_USER*.net
本日、サンフレッチェ広島対ガンバ大阪によるチャンピオンシップ(CS)決勝第2戦が開催される。
第1戦はアウェイの広島が試合終了間際に2ゴールを奪う劇的な展開で3-2と先勝した。
第2戦も激しい試合になることが期待されるが、大一番を前に過去に行われた5つのCS名勝負を振り返ろう。

1995年:横浜マリノス対ヴェルディ川崎

 第1戦は前半戦王者の横浜Mがビスコンティの一発で制していた。第2戦は横浜Mの
エースFWメディナベージョが復帰。V川崎もビスマルク、ラモス瑠偉、北澤豪、武田修宏、
三浦知良らスター勢ぞろいで迎える。
 試合は早々に動く。29分、すでに1点先行して優位に立っていた横浜Mが井原正巳のゴールで
再びリードを奪う。ネルシーニョ監督率いるV川崎は1人も交代枠を使わなかった第1戦と打って変わって
アルシンドや林健太郎を投入して逆転を試みるも1点が遠かった。
 それまでJリーグ開幕からV川崎が2連覇で絶対王者に君臨していたが、創設3年目で初めて
年間勝ち点首位のチームがチャンピオンシップで敗れ、横浜Mが悲願の初優勝を果たした。

【試合結果】
第1戦 0-1
第2戦 0-1

【得点者】 (第2戦)
0-1 29分 井原正巳(横浜M)
.
1997年:ジュビロ磐田対鹿島アントラーズ
ナショナルダービーと呼ばれる両チームの対決が、チャンピオンシップで初めて実現したのがこの年だ。
 磐田は第1戦、中山雅史の2得点と清水範久の延長Vゴールで勝利した。第2戦でも点取り屋の中山が活躍。
互いに退場者を出すなどヒートアップする中、36分、思わぬ形からゴールが生まれる。
 鹿島のバックパスに中山がプレスをかける。GK佐藤洋平がこれをかわそうとするも、中山の執念が勝る。
ボールを奪うと厳しい体勢から倒れ込みながらシュートを放ち、決勝点を挙げた。
最後までボールに食らいつく中山らしさが存分に発揮された。

【試合結果】
第1戦 3-2
第2戦 1-0

【得点者】(第2戦)
81分 1-0 中山雅史(磐田)

2000年:鹿島アントラーズ対横浜F・マリノス
第1戦はスコアレスに終わったが、国立競技場で行われた第2戦は鹿島が圧倒的な力を見せ付けた。
鈴木隆行がネットを揺らすと、前半だけで3点を奪って試合を決めた。
 持ち前の堅守と組織力で中村俊輔を無力化させ、十八番の鋭い攻撃で相手を蹂躙した。
中田浩二のクロス気味のシュートが川口能活の虚を突くなど、"運"も味方につけた。
 圧勝でJリーグを制した鹿島はこのシーズン、前人未到の3冠を達成することになる。

【試合結果】
第1戦 0-0
第2戦 3-0

【得点者】(第2戦)
24分 1-0 鈴木隆行(鹿島)
39分 2-0 名良橋晃(鹿島)
44分 3-0 中田浩二(鹿島)
.

2: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 15:08:02.55 ID:CAP_USER*.net
2001年:鹿島アントラーズ対ジュビロ磐田
宿命のライバル対決は劇的な幕切れを見せた。ホームで迎えた第2戦、鹿島が怒涛の攻撃を仕掛けるも
磐田も懸命に守る。後半途中には切り札・本山雅志を投入し、さらにギアを上げるも得点は奪えない。
 延長戦に突入した死闘を終わらせたのは黄金世代のふたりだった。本山が得意のドリブルで持ち込み
ファウルを得ると、小笠原満男が現在も語り継がれる完璧なFKを叩き込み勝負あり。
今や懐かしいVゴールで鹿島が栄冠を手にした。

【試合結果】
第1戦 2-2
第2戦 1-0

【得点者】(第2戦)
100分 1-0 小笠原満男(鹿島)
.
2004年:横浜F・マリノス対浦和レッズ
第1戦は66分に河合竜二が決勝点を奪ってホームの横浜FMが制したものの、1点差では足りなかった。
第2戦も後半に試合が動く。
横浜FMの中西永輔がエメルソンを倒して一発レッドの退場に追い込まれ、浦和はFKを獲得。
それを三都主アレサンドロがゴール左隅に決めて2戦合計スコアで同点に追いついた。
そのまま延長戦までもつれた激闘は勝負がつかずPK戦へ。
 先攻浦和の1人目、田中マルクス闘莉王のシュートはGK榎本達也にセーブされ失敗。
その後横浜FMは奥大介、上野良治、坂田大輔が全員成功。浦和も2人目から三都主、
ネネと成功させて迎えた4人目。キッカーの長谷部誠は右隅を狙ってボールを蹴るが、再び榎本が立ちはだかった。
そして最後はドゥトラがしっかりと決め、横浜FMは前年の完全優勝に続くリーグ2連覇を達成した。

【試合結果】
第1戦 0-1
第2節 1-0(PK2-4)

【得点者】(第2戦)
1-0 76分 三都主アレサンドロ(横浜FM)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151205-00010009-footballc-socc&p=2

4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 15:13:24.97 ID:DrHryipL0.net
1999のジュビロ対エスパルスがねぇじゃねぇか。

現在の低迷っぷりが信じられんほど、当時はレベル高かったんだがなぁ。

6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 15:27:33.80 ID:ytLS5Pn40.net
>>4
コレ。
まさに死闘だった。

7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 15:44:19.84 ID:XSv0KEGV0.net
01年は伏線となった第1戦が凄まじかった
磐田ホームで磐田2点リードに加えて岡田主審の謎判定で
福西に抱え投げを喰らった鈴木隆行が退場させられ10人になった鹿島が
残り15分ほどで2点差を追いつきドロー、
いまのアウェイゴールのルールなら第2戦の延長VゴールFKは生まれなかったな

8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 15:55:52.84 ID:GgAIP+Wg0.net
> 福西に抱え投げを喰らった鈴木隆行が退場させられ

食らったほうが退場かよ

9: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 15:58:02.61 ID:HioEtbCH0.net
ラモスのループは綺麗だった


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449295650/