1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 21:32:14.59 ID:???*.net
ブンデスリーガ第11節、マインツに所属する武藤嘉紀は、自身初となるハットトリックを決めた。
この結果、海外初挑戦ながら11試合で6得点。ブンデスの日本人選手最多の得点率を記録している。
そんな武藤の最大の魅力はヴァイッド・ハリルホジッチ監督も合言葉のように発する「デュエル」にあった。

日本人選手が最も苦手とする分野
Duel(デュエル) /djul | dju-/
[名]
1. 決闘, 果たし合い 人と決闘する
2. (二者・二党間の)争い, 闘争, 勝負
[用例]
「16メートルの中でまだまだアグレッシブさが足りない。特にデュエルの部分でだ」
日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督も合言葉のように口にする言葉がある。
それが「デュエル」。決闘を意味するこの言葉は、狭いスペースの中でのわずかな差が勝敗を分ける現代のサッカーにおいて、攻守に重要な意味を持つ。
一方で、ハリルホジッチ監督が常々指摘するように、日本人選手にとって世界で戦う中で最も苦手とする分野であるのも事実だ。欧米人やアフリカ人選手と比べて生まれつきの体格にハンデのあるアジア人選手にとっては、克服するのが困難な部分でもある。
しかし、 欧州ビッグクラブを含めた世界中のスカウトも利用している『Wyscout』が集めたデータを見てみると、この「デュエル」において果敢に戦いを挑み続けている日本人選手も存在する。
しかも、世界有数の大柄な選手がそろうドイツという国で。

アウクスブルクとのアウェイ戦に臨んだマインツデータ(Wyscoutより)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151104-00010006-footballc-socc.view-001

データが示す武藤の攻守での貢献度

 10月31日の日本時間深夜、サッカーニュースの大きなトピックスとなったのが武藤嘉紀だ。
 アウクスブルクとのアウェイ戦に臨んだマインツは、前半30分までに武藤の2ゴールで2-0とリード。
しかし、ハーフタイム前にPKを与えて2-1で折り返すと、後半一気の2失点で2-3と逆転を許す。
それでもロスタイムに武藤がハットトリックとなるゴールを決めて3-3。勝ち点3は得られなかったものの、土壇場の勝ち点1でドローを引き寄せた。
 この3得点で武藤は今季11試合出場6得点とした。この11試合で6得点という結果は、ブンデスリーガでプレーする日本人選手の最多記録だという。
 日本では主にウインガーとして知られる武藤だが、マインツでは背番号9を背負い、2トップや1トップの違いはあれど出場11試合すべてでセンターFWとしてプレーしている。
その中でこの結果は十分に好スタートといえる。
 そして、武藤が得点同様に果敢にチャレンジしているのが「デュエル」だ。
 武藤は、このWWKアレーナでの一戦で90分を通して34回の「デュエル」を仕掛けている。
これは、CBのステファン・ベル、右サイドのパブロ・デ・ブラシスの35回に次ぐチーム2位の数。その差わずか1回だ。

 その内訳を見ると、地上でのチャレンジが23回で空中戦が11回。こちらもステファン・ベルの12回に次ぐ2位の数字。178cmとドイツでは小柄な部類となる武藤だが、決して逃げることなく空中戦で勝負を仕掛けているということ。
 より細かく見ていくと、攻撃でのチャレンジが13回、守備では5回。攻撃ではトップ下として並んで先発したユヌス・マリの17回に次ぐ2位。守備ではそのマリや左サイドのハイロの3回を上回る数字を残している。
 さらに、敵陣でのボールリカバリー数では前線の選手ではトップとなる3回を記録。武藤は攻撃・得点だけではなく、前線での守備やチームメイトのカバーリングという点でもチームに貢献している。

2: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 21:33:07.12 ID:???*.net
武藤の最大の魅力は爽やかな風貌との“ギャップ”

 また、過去の試合を振り返ると、武藤にとって「得点」と「デュエル」は密接な関係にあることがわかる。

 ここまで6度ゴールネットを揺らしている武藤だが、ブンデス初得点を決めた第3節ハノーファー戦ではさらに1点を追加して2ゴールを決めている。そして、このハノーファー戦では「デュエル」を33回仕掛けた。
この試合で30回を超えたのは武藤のみ。断トツでチームトップの数字となっている。

 さらにディフェンス面でも右SBのレオン・バログン、セントラルMFのユリアン・バウムガルトリンガーの
11回に次ぐ8回を記録。やはり攻守に積極的な姿勢でプレーしたからこそ複数得点を挙げる活躍に至ったということだ。

 一方で、無得点に終わった第2節ボルシアMG戦の「デュエル」は26回、第4節シャルケ戦では18回。
アウクスブルク戦前の過去5試合では平均21.4回だった。決して少ない数字ではないが、この「デュエル」はポゼッションやチャンスメイクとは違い、チームの勝敗や優劣と必ずしも比例するものではない。

 例えば、現在ブンデスリーガ得点ランクで首位に位置するドルトムントのピエール・エメリク・オーバメヤンは1試合につき「デュエル」の数は10~20回程度の数字にとどまっている。

 もちろん試合展開次第で増減するものではあるが、やはり武藤は積極果敢に相手選手へチャレンジしてこそ得点を決めることができる選手といえるだろう。そういった意味では、武藤はハリルホジッチ監督の求めるニーズに最も適合している選手ともいえる。

 勝利数を見ると、10回前後とまだまだ勝率は高くないが、欧州でのチャレンジは始まったばかり。今後、ドイツの荒波に揉まれ続ければフィジカルも技術も大きな成長が期待できる。

 爽やかな風貌に喋れば物腰柔らかな好青年の武藤だが、そのプレーぶりはドイツでもトップクラスのファイターである。このギャップこそが武藤嘉紀という選手の最大の魅力なのだろう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151104-00010006-footballc-socc&p=2

4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 21:42:12.26 ID:0VxOAU5H0.net
で、対人勝率は?

7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 21:49:01.33 ID:LYm9iNfF0.net
>>4
39,93%

8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 21:49:37.10 ID:0yXbIks40.net
遊☆戯☆王かな?

9: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 21:50:47.54 ID:4Q8WzCS20.net
今更デュエルの意味をドヤ顔で辞書から引用する意味が分からん。

12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 21:51:57.86 ID:0VxOAU5H0.net
香川の対人勝率そこまで酷く無いぞ

14: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 22:00:43.30 ID:kYAS3sQS0.net
>>12
そうなんだよな。
香川は負けるときに吹っ飛ばされたりするから対人で弱そうな印象を受けるけど、
チャージさせないのが香川の良いところだし。

16: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 22:08:57.61 ID:Xi0h2UHJ0.net
武藤は体の使い方は不器用だけど
体格の良さと強さを生かして
とにかくぶつかっていくもんなぁ
相手が2人だろうと
守備でもw

17: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 22:10:37.75 ID:3Bk8vsBZ0.net
武藤はぶち抜くタイプだね
他の代表選手は全部躱すタイプだ

18: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 22:12:17.05 ID:NxZVdlojO.net
「フィールドからホンダをベンチに戻してキヨタケ召喚!シンジをトップ下に置いてターンエンドだ」

19: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 22:14:07.54 ID:DIG0NjrQ0.net
手の使い方も大事よね
日本人は身体から離れたところで手先を使うから
すぐファウルを取られる
 
まずは身体をちゃんと使って、身体の近くで手を使えば
簡単にファウルと判断されずに済むのに

21: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 22:16:54.78 ID:DGWINX+G0.net
自分たちのサッカーってやっと最近使われなくなってきたと思ったら今度はやたらとデュエルって使われだしたな

22: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 22:18:55.08 ID:5F6obuKV0.net
代表召集の始めのころ、嬉々としてでかいDFとやりあってた姿は印象的だった。
つーか早くモヒカンにしろよw

31: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 23:43:58.73 ID:HzPzO+T00.net
バイヤンとドル以外のチームの戦力差が歴然すぎて面白くない。
マインツなんか中下位のクソ雑魚

33: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 23:58:20.73 ID:VP+ANRJv0.net
開幕前俺「武藤は日本ではフィジカルが活きてたけどドイツじゃあのタイプはありふれてる。スピード活かして岡崎みたいに裏抜けするしか生きる道はない。まあ簡単に出来ることじゃないし数年でJに帰ってくると思うよ」


俺サッカー見るのやめた方がいいのかな…


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446640334/