1: 久太郎 ★ 2018/04/29(日) 17:58:54.22 ID:CAP_USER9
    G大阪 3-0 鳥栖
    [得点者]
    68' 倉田 秋    (G大阪)
    82' ファン ウィジョ(G大阪)
    90+2' マテウス   (G大阪)

    スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
    入場者数:18,642人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/042901/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    【J1第11節2日目 G大阪×鳥栖 結果 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/22(日) 19:58:57.64 ID:CAP_USER9
     日本代表の西野朗監督が視察に訪れた鹿島との一戦で、出色のパフォーマンスを見せたのは家長昭博だ。まず開始5分、相手ペナルティエリア右で後方からのパスを受けると、スピードの緩急で対峙した昌子を抜いて、グラウンダーのクロス。「相手が嫌やろうなというところに入れました」というボールはクリアを試みた三竿健斗の足に当たり、オウンゴールを誘発した。
     
     さらに3-1で迎えた81分には正確なスルーパスで大久保のゴールをアシスト。2ゴールに絡む活躍でチームを大勝に導いたのだ。
     
     家長といえばG大阪時代に西野監督の指導を受けている。その印象については次のように述懐する。
     
    「いろんなことを言われましたし、単刀直入に話してくれるオープンな方です。非常に可愛がってもらった立場ですし、自分がプロとしてスタートした時の監督なので思い出はあります」
     
     この日、西野監督は「今まで入っていた選手は注視していました」と試合を振り返ったが、かつての教え子のパフォーマンスにも印象を受けたはずだ。
     
     家長は「あまり(代表に)選ばれたことはないので、身近なものではないですが、監督が代わったので誰にでもチャンスはあると思います。目指して頑張りたいです」と短く決意を語った。鹿島戦のような調子を維持できれば、初のワールドカップ出場を掴める可能性も十分にあるだろう。

    4/22(日) 13:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180422-00039235-sdigestw-socc

    写真https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180422-00039235-sdigestw-socc

    【<家長昭博(川崎フロンターレ)>“恩師”西野監督の前で躍動!代表復帰へ追い風は吹くか?】の続きを読む

    1: おうか ★ 2018/04/21(土) 22:51:36.09 ID:CAP_USER9
     「明治安田生命J1、G大阪1-0C大阪」(21日、パナソニックスタジアム吹田)

     先発出場したG大阪の日本代表GK東口順昭(31)が前半16分に負傷交代した。骨折の疑いがある。

     ロングボールに対応するため、ペナルティーエリア外に頭から飛び出した東口と、ボールを目で追いながらヘディングを試みたG大阪のDF三浦弦太(23)が顔面衝突。東口の右目の下は青くなり、大きく腫れながら控えGK林瑞輝(21)と交代した。その後病院へ直行し、入院しているという。

     試合後、レヴィー・クルピ監督(65)は「心配している。ドクターの話によると目の下を骨折しているのではということだった。骨折でないことを祈るばかりだ」とコメント。腫れが引き次第、精密検査を行う予定だ。

     昨年3月に東口が左頬骨の骨折をした際は、全治1カ月の診断を受けた。ロシアW杯へ臨む日本代表は、5月30日にガーナ戦を行い、31日に発表される。そこへ万全の状態で臨めるかどうか、厳しい状況に立たされた。

     試合はG大阪が前半41分に決めた黄義助のPKを守り切り、今季2勝目。最下位を脱した一方で、C大阪の連勝は4で止まった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000122-dal-socc

    【日本代表GK東口が骨折の疑い 大阪ダービーで顔面負傷】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/04/11(水) 20:58:26.23 ID:CAP_USER9
    札幌 1-0 湘南
    [得点者]
    90+1' 都倉 賢(札幌)
    スタジアム:札幌ドーム
    入場者数:11,183人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/041101/live/#live


    FC東京 2-1 鹿島
    [得点者]
    29' 金崎 夢生  (鹿島)
    39' オウンゴール (FC東京)
    55' 室屋 成   (FC東京)

    スタジアム:味の素スタジアム
    入場者数:17,260人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/041102/live/#live


    川崎 1-2 C大阪
    [得点者]
    22' 知念 慶 (川崎)
    31' 丸橋 祐介(C大阪)
    36' 福満 隆貴(C大阪)


    スタジアム:等々力陸上競技場
    入場者数:17,113人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/041103/live/#live


    清水 0-1 長崎
    [得点者]
    23' 鈴木 武蔵(長崎)

    スタジアム:IAIスタジアム日本平
    入場者数:6,193人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/041104/live/#live


    名古屋 2-3 仙台
    [得点者]
    23' 石原 直樹(仙台)
    37' 西村 拓真(仙台)
    53' ジョー  (名古屋)
    68' 西村 拓真(仙台)
    89' ジョー  (名古屋) 

    スタジアム:パロマ瑞穂スタジアム
    入場者数:9,297人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/041105/live/#live


    G大阪 2-0 磐田
    [得点者]
    4' ファビオ     (G大阪)
    86' ファン ウィジョ(G大阪)

    スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
    入場者数:12,615人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/041106/live/#live


    神戸 2-3 浦和
    [得点者]
    24' 武藤 雄樹 (浦和)
    51' ウェリントン(神戸)
    63' 佐々木 大樹(神戸)
    72' 岩波 拓也 (浦和)
    90+2' マウリシオ(浦和)

    スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
    入場者数:9,758人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/041107/live/#live


    広島 3-1 横浜FM
    [得点者]
    41' ウーゴ ヴィエイラ(横浜FM)
    51' ティーラシン   (広島)
    79' パトリック    (広島)
    90' パトリック    (広島)
    スタジアム:エディオンスタジアム広島
    入場者数:7,344人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/041108/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    【J1第7節 ようやくガンバ初勝利!】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/10(火) 21:39:23.30 ID:CAP_USER9
    田嶋幸三・日本サッカー協会(JFA)会長は、「選手との信頼関係に問題があった」ことをハリルホジッチ監督の解任理由にあげたが、具体的に何が起きていたのかはっきりしない。
    代表選手の発言をたどると、監督を批判する選手がいる一方で、シンパシーを抱く選手もいる。「反ハリル」と「親ハリル」は果たして西野朗・新監督の下で一致団結できるのだろうか。

    ■本田圭佑の意向は

    田嶋会長は2018年4月9日、ハリルホジッチ監督を7日付で解任し、西野朗・技術委員長を後任監督にしたと発表。
    ロシア・ワールドカップ(W杯)2か月前という異例の更迭。その理由を「(3月下旬の欧州遠征)マリ戦とウクライナ戦で、選手と監督の信頼関係・コミュニケーションが薄れた」からだと繰り返した。

    ハリルホジッチ監督が志向したのは、守備から入ってボールを奪い、素早く縦につなぐカウンター・サッカー。
    14年ブラジルW杯でアルベルト・ザッケローニ体制がめざした、ボール支配率を高めるポゼッション・サッカーとは対極にある。そのため、ポゼッションを重んじる選手と監督の間に摩擦があったようだ。

    FW本田圭佑(パチューカ)は3月30日付のwebスポルティーバ記事で、右ウィングで縦への速さを求められる戦術に「もともと得意なプレーじゃないですよね。
    でも、監督はチームとして取り組んでいきたい戦術なんですよね」と、葛藤を隠さなかった。さらに

    「試合を支配するということが僕は大事だなと思っています。ただ、それがチームのやりたいことかというと明らかに違うと思うし、(考え方の)少なくとも融合みたいなものが、もう少し見つけられないのかなと思っています」
    とハリルホジッチ監督に明らかな不満を示していた。解任発表後の4月10日にはツイッターで「It's never too late.」(遅すぎることはない)とだけつづっている。

    また、10日付のスポーツ報知によれば、本田は監督と約2時間の激論を交わしたことがあった。FW岡崎慎司(レスター)も直接監督と議論したことがあるという。
    MF香川真司(ドルトムント)も、選外となった11月の強化試合・ブラジル戦をわざわざ現地観戦し、ハーフタイムに西野技術委員長へ直談判に向かっていた。本田、岡崎、香川。長く代表を支えながらW杯を前に冷遇されていた3人だ。

    >>2以降につづく

    4/10(火) 17:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000006-jct-ent

    【<ハリルホジッチ路線「好き・嫌い」>代表選手ら真っ二つ!西野監督で結束は可能なのか?】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/09(月) 17:12:40.63 ID:CAP_USER9
    写真
    no title


    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の更迭を受け、新たに日本代表の指揮官に指名された西野朗氏。技術委員長として辣腕を振るってきた名将が、およそ2年半ぶりの現場復帰を果たす。
     
     監督としてJリーグ最多の270勝を挙げている西野氏は、1955年生まれの62歳。浦和西高を経て早稲田大に進むと、その在学中に日本代表デビューを果たした。卒業後は日立製作所(現柏レイソル)に加入。90年に現役を退き、指導者の道に進んだ。
     
     引退した翌年にU-20日本代表監督に就任し、94年にはアトランタ五輪を目ざすU-23代表監督に昇格。日本に28年ぶりの出場権をもたらすと、本大会ではグループリーグ初戦でリバウドやロベルト・カルロス、ベベットなどを擁したブラジルから勝利を挙げた。結果的に決勝トーナメント進出は逃したが、カナリア軍団を撃破した快挙は“マイアミの奇跡”として、いまもなお語り継がれている。

     五輪後はJクラブで監督を歴任。98年から柏で指揮を執り、翌年にはナビスコカップ(現ルヴァンカップ)を制覇した。そして、指導キャリアにおいて最大のハイライトとなったのが、2002年から監督を務めたガンバ大阪時代だ。Jリーグ発足以降タイトルと無縁だった浪速の雄を鍛え上げ、就任4年目の05年に自身初のリーグタイトルを獲得。G大阪にとっても初のJ1制覇となった。
     
     08年にはアジア・チャンピオンズリーグで初優勝。同年のFIFAクラブワールドカップでチームを3位に導くと、天皇杯も制した。09年にも天皇杯を連覇したが、10年は開幕から低迷して4シーズンぶりの無冠に終わると、11年もタイトルを掴めず。同年限りで青黒軍団での長期政権にピリオドが打たれた。
     
     12年5月にはヴィッセル神戸の監督に就任したが、同年11月に職を解かれた。14年からは名古屋グランパスで指揮を執るも目に見える結果は残せず、15年シーズン終了後に退任した。
     
     Jリーグの舞台を去ってからは、日本協会に活躍の場を求めた。そして16年3月から日本協会理事および技術委員長に就任し、代表強化を担うトップとして尽力した。今回はそのすべての要職を辞し、退路を断ってワールドカップに臨むという。
     
     もっともJで結果を出した日本人指揮官が、62歳にして初めて挑む世界最高峰の舞台。はたして天性の勝負師はどんな采配を見せるのか。スタッフ陣などの顔ぶれはあらためて木曜日に公表される予定だ。

    4/9(月) 16:38配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00038522-sdigestw-socc

    【Jリーグ最多270勝の西野朗とはどのような指導者なのか?いまなお語り継がれる「マイアミの奇跡」 】の続きを読む

    1: スージハルワ ★ 2018/04/09(月) 16:11:41.94 ID:CAP_USER9
    サッカー日本代表の新しい監督に日本サッカー協会の技術委員長、西野朗氏が就任することになりました。
    西野氏は63歳。1996年のアトランタオリンピックで日本代表を率いて優勝候補のブラジルから「マイアミの奇跡」と呼ばれる歴史的な勝利をあげたほかJリーグのガンバ大阪などで監督を務めました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180409/k10011396251000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    【【速報】サッカー日本代表監督に西野朗氏 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/01(日) 09:21:48.43 ID:CAP_USER9
    ◆明治安田生命J1リーグ第5節 F東京3―2G大阪(味の素スタジアム)

    G大阪はF東京に2―3と敗れ、開幕から5戦勝ちなしとして最下位から抜け出せなかった。
    5試合で1分け4敗。第4節で引き分けたが再び第5節で敗戦という星の並びは、J2降格した2012年と同じ状況となった。

    この試合では緊急補強した元U―20ブラジル代表MFマテウスが初先発。
    低迷するチームの起爆剤として獲得された大型ボランチのデビュー戦となったが、立ち上がりにセットプレーなどからあっさりと2失点を喫した。

    しかし前半終了間際、左MFで先発に抜てきされたMF井出が縦パスをエリア内で受けると、F東京MF高萩に倒されてPKを獲得。
    これをFW黄義助が「本来キッカーは遠藤選手ですが、蹴りたいと話して譲ってもらった」と、きっちりと決めて1点差とした。

    さらに後半13分、負傷交代したDF藤春に代わって途中出場したU―21日本代表DF初瀬のクロスを、再びFW黄が頭で合わせて同点に。
    このまま勢いに乗って逆転といきたいところだったが、自陣右サイドからのクロスをF東京FWディエ・オリベイラに決められて決勝点を献上。
    オリベイラのマークを外してしまった初瀬は「アシストできたことはよかったけど…失点は自分の責任」と悔やんだ。

    攻撃面では井出が守備網の間でパスを受けてアクセントとなり、マテウスも技術の高さをうかがわせるボールさばきをみせるなど、ポジティブな面もあった。
    しかし立ち上がりの2失点を、レヴィー・クルピ監督(65)は「集中力の問題」と嘆いたように、守備の緩さが現在の状況を招いている。

    抜群の守備力を誇るMF今野が負傷離脱で不在の中、中盤のフィルター役を期待して獲得したマテウスが、守備では目立つプレーが少なかったことも気がかりだ。

    ここまで5試合で11失点は、現時点でリーグ最多。一方で2試合連続の2ゴールで今季4得点としたFW黄が得点ランキングのトップタイに立ち、チームも6得点を奪っている。
    実はこの数字も、開幕5試合で12失点6得点だった12年と似ている。

    最終的にリーグ最多の67得点を奪ったが、65失点(ワースト2位)でJ2降格を味わった12年。

    G大阪の“黒歴史”と言える12年を経験したMF倉田は「前(降格)を経験していることが、今回は違う。
    同じことを繰り返すわけにはいかない」。過去の苦い経験を生かし、チームを立て直すことを誓っていた。

    スポーツ報知 3/31(土) 23:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000328-sph-socc

    【<ガンバ大阪>5戦勝ちなし(1分け4敗)に不吉なデータ…J2降格の12年に酷似 】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/03/18(日) 23:19:52.78 ID:CAP_USER9
    [3.18 エール・ディビジ第28節 AZ3-2フローニンゲン]

     フローニンゲンのMF堂安律が止まらない。

     18日に行われたエールディビジ第28節のAZ戦の後半38分、ミドルレンジでボールを持った堂安は、細かいフェイントでDFを外して左足を振り抜く。これが一直線にゴール左隅に突き刺さった。

     堂安のゴールは2試合ぶり今季7点目。これで01-02シーズンに所属したMFアリエン・ロッベン(バイエルン)が記録した6得点を上回った。残りのシーズンでチーム記録であるFWルイス・スアレス(バルセロナ)とFWリハイロ・ジブコビッチ(オーステンデ)が記録した10得点の更新の可能性も十分にありそうだ。

     また堂安は後半25分にもアシストを記録する活躍をみせた。しかしチームは堂安の奮闘むなしく、後半アディショナルタイム2分に決勝点を献上。2-3で競り負けた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-01651672-gekisaka-socc

    【フローニンゲン堂安律、“ロッベン超え”の圧巻ミドル!!1G1Aの奮闘もAT被弾で敗戦】の続きを読む

    このページのトップヘ