1: 仙台焼肉 ★@無断転載は禁止 2017/07/08(土) 10:58:55.77 ID:CAP_USER9
    Jリーグは第17節を終えて、ガンバ大阪は9勝5分3敗で4位だ。

     前半戦はエンジンのかかりが遅く、後半戦になって全開となっていくのが、例年のガンバのパターンだ。それからすると、今季は前半戦から上位にしっかりつけている。今野泰幸はその現状をどう見ているのだろうか。

    「悪くないと思いますよ。昨季は開幕してから結構(星を)落としまくって、後半に追いつくのが無理というくらい、上位から離されてしまった。でも、今季は危ない試合もわりとあったけど、勝ち点を取れている。『簡単には負けないな』って思っています」

    「簡単に負けない」という今野だが、勝ち点を落とさなくなった要因については、どう考えているのだろうか。

    「それはまず、今季から加わった(三浦)弦太(清水エスパルス→)とファビオ(横浜F・マリノス→)のセンターバック、そしてGK東口(順昭)の存在がすごく大きいと思います。特に、弦太とファビオの守備はマジですごいですよ。ロングボールに対して、ヘディングで勝つだけじゃなくて、大きく跳ね返してくれるんで、そこで流れを変えられるんです。しかも、マークがちょっとズレていてもボールに触れるし、コースを変えてクリアもできる。

    (ふたりとも)人に強いのでガツンッと厳しくいくこともできるし、カバーリング能力も高い。ビルドアップも、弦太はロングフィードが得意だし、ファビオは自分で持って上がれる。ほんと、このふたりがガンバの攻守を支えてくれている感じがめちゃくちゃあります」

     センターバックふたりのよさについて、今野の話はさらに続く。

    「(ふたりは)相手がクロスボールを上げる前に、自らサイドのスペースへとカバーに入って、そこでボールを取り切ってしまうとか、そういう仕事もできる。(相手が)クロスを上げるまでに対処ができているんで、本当にすごいなって思いますね」

     確かに、今季のガンバは守備が安定している。そこは、新たに加入したセンターバックのふたりが大いに貢献しているのは間違いない。一方で、既存の選手の成長も見逃せないと、今野は言う。

     ロシアW杯最終予選のイラク戦の際には、初選出となった三浦をはじめ、今野、東口、MF倉田秋、MF井手口陽介と、5名の選手が日本代表に選出された。かつて遠藤保仁は、「代表での経験をチームに還元することで、さらにクラブが強くなる」と言っていた。ガンバは今まさに、それが高い濃度で実現されようとしているのだ。

    「代表に5人って、すごいことですよ。なかでも(倉田)秋の成長が一番すごい。10番を背負ってシーズンの最初はなかなか点が取れなかったけど、一度ゴールを決めてからは立て続けに点が取れている。もともとすごい選手だなって思っていたけど、今年はかなり進化しているなって思いますね。

    (井手口)陽介は、今とかじゃなくて、(トップチームに)入ってきたときからすごかったけど、なんか毎試合こなすごとに成長している。ほんと、自分もうかうかしていられないですよ。ヤットさん(遠藤)は安定しているし、秋と陽介がいいでしょ。自分は、状態がよくないと(レギュラーでいられるかどうか)キツいなって思いますもん。まあ、そういう競争が激しいことが、(チームにとっては)重要だと思います」

    【ガンバ好調の要因。今野泰幸「CBの2人がマジですごい」】の続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/21(水) 18:07:24.09 ID:CAP_USER9
    板東浩二・NTTぷらら社長が各界のビジョナリストに話を聞く企画、今回は元サッカー日本代表監督、現FC今治オーナーの岡田武史氏にご登場いただいた。

    「監督でなくオーナーになって初めて、メディアとの付き合い方が変わった」と話す岡田氏が、メディアとの確執、和解、さらには、報道に苦しんだからこそ話せるメディアへの提言までを赤裸々に語った。

    ● メディアの悪意ある報道に のたうちまわった日々

     板東 岡田さんは、まさかご自分が代表監督やサッカーチームのオーナーになるとは思っていなかったそうですね?

     岡田 ええ。大学卒業後、古河電工でサッカーを続けながら、本気で「将来は社長になる」と思っていました。しかし1993年にJリーグが誕生してコーチ就任を頼まれた時、「サッカー界が面白い流れになっている」と感じ、リスクを持って引き受けたんです。

     板東 そこから人生が変わり始めて、98年に監督になられましたね。

     岡田 41歳の時、フランスワールドカップの予選でカザフスタン戦を戦ったあと、いきなり加茂周監督が更迭されました。直後にウズベキスタン戦があって、次の監督を招聘する時間なんてありません。だから、コーチだった私がやるしかなかったんです。でも有名になるとか思ってないから、電話帳に自宅の連絡先を載せたままだったんですよ。

    その結果、私のやり方が気に入らない方からの脅迫状や脅迫電話がひっきりなしに舞い込んでくるようになりました。警察が24時間体制で自宅を守ってくれるようになったんですが、テレビを見れば私がボロカスに言われていて、まだ小さかった長男が泣くんです。最後、ジョホールバルに行ったときは、試合の前日、かみさんに電話して、本気で「もし勝てなかったら俺は日本に帰れない」と言いました。

     板東 壮絶ですね…。

     岡田 ここで私、怖いものがなくなったんです。電話をかけて、部屋で試合のビデオをチェックしていたとき、突然「もういいや」となった。「明日、俺は今持ってる自分の力を命がけで出す。それで駄目ならしょうがない」「負けたら謝るけど、俺のせいじゃない。俺を選んだ会長のせいだ」と開き直ったんです。言わば、生物学者の村上和雄先生がおっしゃる、何か、遺伝子にスイッチが入るような感覚……。

     板東 書籍『生命の暗号』に出てくる話ですね。

     岡田 そうです。我々の中には氷河期や飢餓期を超えてきたご先祖さまの強い遺伝子が眠っていて、環境や考え方に影響を受け急にオンになる、という話どおりの感覚でした。あの瞬間から、人生が変わりだしたんです。

     板東 そこから、FC今治のオーナーになったのはなぜですか?

     岡田 きっかけは、スペインの、ある有名なコーチに「私の国には『プレーモデル』というサッカーの"形"がある」と聞いたことでした。サッカーは野球と違い、試合中にサインは出せません。だから選手の自由な発想を活かそうとします。しかしスペインでは16歳までに共通認識のようなものを伝え、その上で自由な発想を活かそうとすると言うんです。

     この時、長年の疑問が氷解しました。スペインのサッカーは、具体的な戦術より前に「プレーモデル」という共通認識があって、その上に選手個々の創造性がある。一方、日本のサッカーは「プレーモデル」がなく、具体的な戦術から教え始めるから「言われたことしかできない」と揶揄されてしまう……。

     板東 マネジメントに似ていますね。プレーモデルを経営ビジョンに置き換えれば、企業の人材育成と同じだと感じます。

     岡田 そうなんです。なら日本が世界で勝つための「岡田メソッド」をつくって、これを元にクラブを運営してみたい、と考えたんです。

    つづく

    6/20(火) 6:00配信  ダイヤモンドオンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170620-00132342-diamond-bus_all

    【<元日本代表監督岡田武史氏>スポーツとメディアの共存共栄とは?メディアの悪意ある報道に のたうちまわった日々】の続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@無断転載は禁止 2017/07/07(金) 21:20:46.11 ID:CAP_USER9
    ■清水エスパルス 枝村匠馬と金子翔太が好連携、鄭大世の不在をいかにカバーするか

    【プラス材料】
     リーグ前節の札幌戦は0-1で敗戦。無得点に終わったが、サイド攻撃だけでなく、中央をコンビネーションで崩す場面も以前より増えていた。特に枝村匠馬と金子翔太の連携で良い形が多く見られたことはプラス要素だ。今節は、出場停止の鄭大世に代わって入ったFWがどう絡み、どのような連携を作れるかという部分が見どころとなる。

     守備では、第16節甲府戦は1-0と無失点で切り抜け、前節札幌戦もミスからの1失点はあったが、その他に決定的なピンチは少なく、隙のない守りができるようになってきた。セットプレーの攻守に関しても、調子を上げてきた長谷川悠が出場すれば、高さの面での不安は小さくなるだろう。今節は相手がG大阪なので耐える時間も多くなるだろうが、耐えきる力は出てきている。あとは、その中からワンチャンスを生かしてゴールを決めきれるかどうかがポイントになる。

    【マイナス材料】
     鄭が出場停止で、チアゴ・アウベスも左足を傷めて欠場濃厚と、看板2トップを欠くことによって前線のパワーや迫力は低下するだろう。G大阪に対して守勢に回る時間が多くなることも予想されるが、そこからのカウンターでも恐さが低下する可能性がある。前節の札幌戦では、チアゴが不在の中でチャンスは十分作ったものの、決定力を欠いてゴールを奪うことができなかった。今節は鄭もいない中で、他の選手がどれだけ決定力を発揮できるかという部分も不安要素だ。

     また、角田誠が先発しないとなると、精神面で周りを鼓舞したり、落ち着かせたりできるベテラン選手が不足する。その中で苦しい試合展開になったときに、誰が流れを読みながら試合をコントロールし、チームを引っ張っていくのかという部分も、不安要素の1つと言える。

    文:totoONE編集部

    ■ガンバ大阪 圧倒的な運動量を誇る井手口陽介がキーマン

    【プラス材料】
     未消化となっていた鹿島戦を5日に戦ったため、今節の清水戦は中2日で迎えることになる。前半戦最後の正念場だった鹿島戦を0-1で落としたことによるダメージを引きずる様子はないが、疲労はある。

     長谷川健太監督は「コンディションを見てメンバーを考えたい」と話していたことから、先発メンバーは鹿島戦からやや変化させ、MF遠藤保仁を先発に据えた。ただし、システムは鹿島戦で取ったボックス型の可能性もあり、その場合は遠藤と井手口陽介がダブルボランチを預かることになるだろう。また、鹿島戦は契約の関係上で出場できなかったFW赤﨑秀平はもちろん、途中出場のMF泉澤仁もそこまで疲労を残していないため、先発の可能性もある。いずれにせよ総力戦で連戦を乗り切りたい。

     キーマンは好調の井手口。圧巻の運動量が今節も見られれば、チームの大崩れはないはずだ。

    【マイナス材料】
     第17節仙台戦では久しぶりに先発復帰したFWアデミウソンが存在感を示したが、前節の鹿島戦は一転してボールロストも目立ち、またコンビネーションの中に上手く入りきれなかった印象も。それもあって無得点に終わったが、中2日でいかにその攻撃を立て直せるかがキーになる。

     5月5日に戦ったホームでの清水戦(1-1)を振り返っても、先制点を許す展開になったり、点を取りあぐねる時間が長くなると、相手の守備がより際立つ結果になりかねない。いかに先手を取れるかがポイントになるだろう。

     J1リーグでの対清水戦は2009年7月のホーム戦で敗れて以来、12戦負けなしの相性の良さだが、連戦での疲労度を考えれば、頭をしっかり研ぎ澄ませて試合に向かわなければ足元をすくわれかねない。集中して試合に入りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00609253-soccerk-socc

    【<清水vsG大阪プレビュー>清水は看板2トップの不在をどう埋めるか…G大阪は中2日のタイトな日程で今節を迎える】の続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/25(日) 09:33:00.55 ID:CAP_USER9
    オランダ1部フローニンゲンへの1年間の期限付き移籍が決まったG大阪のMF堂安律(19)が24日、"生涯海外"の誓いを立てた。

    「最後は日本でやりたい気持ちもありますけど10年、15年ぐらいは海外でやりたい」と、異国で骨をうずめる覚悟を示した。長谷川健太監督(51)も「30歳過ぎまで日本に帰って来ないつもりで頑張ってほしい」と背中を押した。

     将来はイタリアの名門ユベントス入りを目標に掲げ「ユニホームが格好いい。バルサ、レアル(移籍)というより、そこと戦えるチームに行きたい」。基本的には通訳をつけず「圧倒的な数字を残したい」と1年目からの活躍を誓った。

     先発が濃厚な25日の川崎戦(吹田S)がG大阪で最後の試合になる。けがのリスクがある中で、指揮官に出場を直訴した堂安は「点を取りたい」と惜別弾を置き土産にする。(伊井 亮一)

    写真
    http://www.hochi.co.jp/photo/20170624/20170624-OHT1I50138-T.jpg

    6/25(日) 6:04配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000217-sph-socc

    【サッカー】<宇佐美貴史>堂安律の海外挑戦「これは書いておいて!」と注文!「僕が無理矢理ケツに火をつけたわけじゃないですから」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498217403/


    【サッカー】<G大阪・堂安律>オランダ1部フローニンゲンへ1年間の期限付き移籍決定!飛躍誓う「死にものぐるいで」★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498211083/

    【<G大阪MF堂安律>「15年ぐらいは海外でやりたい」将来はイタリアの名門ユベントス入りを目標「ユニ格好いい」】の続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/23(金) 20:30:03.37 ID:CAP_USER9
    G大阪のU―20日本代表MF堂安律(19)がオランダ1部フローニンゲンへ期限付き移籍することを受けて、日本代表のFW宇佐美貴史(24=アウクスブルク)がエールを送った。

    現在、古巣のG大阪で自主トレをしている宇佐美は一報を聞き、「いいタイミングだと思う。Jリーグもレベルは高いけど、オランダは世界中の選手と対戦できるメリットがある」と同じ"海外組"となったことを歓迎。ただ、「これは書いておいて!」と報道陣に注文も付けた。

     それは「僕が無理矢理ケツに火をつけたわけじゃないですから」という言葉だった。


    古巣での自主トレ期間中は堂安から「海外リーグってどうですか?」という話もされたという。熱意を感じ、先輩として親身に相談に乗ったが、是が非でも海外を勧めたことはないという。「G大阪ファンの"もう少し見たかった"という意見もある」とサポーター心理を慮り「僕が勧めたとなると、僕がG大阪ファンから嫌われちゃう。そこは"勧めていない"と強調しておいて下さい」と笑った。

     宇佐美も19歳でドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンへ移籍した。そして昨年6月に2度目の海外リーグ挑戦。「僕も欧州で成功していない。何か言える立場じゃない」と欧州リーグで活躍することの難しさは肌で感じている。そのため助言ではなく「一緒に頑張っていきましょう、と。切磋琢磨していきたい。いい刺激を与えたいし、与えて欲しい」と共闘宣言。

    そして、「そんな甘い世界じゃないけど、理想をいうならそれですね」と来年6月に開催されるワールドカップ(W杯)ロシア大会でのダブル出場に意気込んだ。

    6/23(金) 18:49配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000154-spnannex-socc

    【サッカー】<G大阪・堂安律>オランダ1部フローニンゲンへ1年間の期限付き移籍決定!飛躍誓う「死にものぐるいで」★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498211083/

    【サッカー】<宇佐美貴史>「司令塔として使う、というかチームの攻撃を支配するようなプレーをして欲しい」と言われた
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1497974100/

    【<宇佐美貴史>堂安律の海外挑戦「これは書いておいて!」と注文!「僕が無理矢理ケツに火をつけたわけじゃないですから」】の続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/23(金) 18:44:43.78 ID:CAP_USER9
    G大阪のUー20代表MF堂安律(18)がオランダ1部フローニンゲンに移籍することが23日、決定した。
    1年間の期限付き移籍で、年俸は30万ユーロ(推定金額)。この日、堂安は吹田スタジアムで記者会見を行った。

     フローニンゲンは昨季リーグ8位。リーグ5位の55得点を挙げるなど攻撃力に定評のあるチームで、
    15~16年シーズンはクラブ初の欧州リーグ出場も果たした。来季は欧州カップ戦には出場できないが、
    18~19年の出場を目指し、Uー20W杯で4試合3得点を挙げた日本の若き至宝に白羽の矢を立てた。

     G大阪は慰留に努めたが、本人の意思が固く、最終的に容認。堂安は「タイミングで行くのは申し訳ないが、
    その中でも後押ししてくれたスタッフには感謝している。死にものぐるいで1年間、やっていきたい」とさらなる飛躍を口にした。

    写真
    http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/06/23/jpeg/20170623s00002179106000p_view.jpg

    6/23(金) 13:41配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000101-spnannex-socc

    13:49:44.72
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498193384/

    【<G大阪・堂安律>オランダ1部フローニンゲンへ1年間の期限付き移籍決定!飛躍誓う「死にものぐるいで」】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/06/15(木) 12:21:44.02 ID:CAP_USER9
    16歳中村 来季飛び級でプロ入り宣言!G大阪の練習にも参加
    http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/06/15/kiji/20170614s00002000403000c.html
    2017年6月15日 05:51

    no title

    G大阪の練習に参加した三菱養和SCユースのFW中村敬斗 Photo By スポニチ

     三菱養和SCユース所属でU―17日本代表FW中村敬斗(16)が、飛び級でプロ入りすることを明言した。

     14日にG大阪のトップチームの練習に参加。現在は高校2年生ながら、来年には高校卒業を待たずにプロ入りする予定で「プロでやろうと思っています。12月ぐらいまでには決めたいです」と明かした。すでにFC東京やJ2千葉の練習にも参加。複数の選択肢から自らの進路を決める。

    【16歳中村 来季飛び級でプロ入り宣言!G大阪の練習にも参加】の続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/17(土) 21:07:13.08 ID:CAP_USER9
    ■ヴィッセル神戸 0-1 ガンバ大阪[ノエビアスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/061706/livetxt/#live

    [G]長沢駿(70分)


    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆エルゴラ紙
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_goal_ranking&game_kind_id=2

    ◆DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

    【サッカー】<J1第15節>鹿島アントラーズ、FWペドロ・ジュニオールが2発!大岩監督就任後2連勝!札幌はリーグ戦5連敗...
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1497699381/

    【<J1第15節>G大阪 神阪ダービー制す!パトリック初先発、遠藤550試合出場オメ】の続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@無断転載は禁止 2017/06/10(土) 10:16:54.79 ID:CAP_USER9
     ガンバ大阪FW長沢が8日、日本代表への思いをさらに強くした。

     日本代表ハリルホジッチ監督から注目されていた192センチの長身FWは、前日のシリア戦に同僚のMF今野、倉田、井手口が出場したことに「自分も代表の中に入ってやりたいと思った」。特に同点弾を決めた今野の得点力には脱帽。「ごっつぁんゴールじゃない。ゴール前に入っていける今野さんの技術。尊敬する。自分も神戸戦(17日)で負けないように決めたい」と中断期間明けに即ゴールを狙う。

    https://www.nikkansports.com/soccer/news/1837484.html

    【G大阪長沢シリア戦に刺激、ゴールで代表アピールだ】の続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/24(水) 12:30:26.35 ID:CAP_USER9
    ガンバ大阪に所属するDFオ・ジェソクは、先週末に行われたサガン鳥栖戦に先発出場。

     37分にはクロスボールから倉田秋のゴールを演出するなど活躍し、フル出場でチームの勝利に貢献した。

     そんな鳥栖戦から24時間も経たないうちに、オ・ジェソクは母国である韓国へGO。

     一体何をしに来たのかと言うと…

     なんとU-20ワールドカップのグループステージ第1節、南アフリカ対日本戦を見に来ていた!

     オ・ジェソクはこの日、試合会場となった水原のスタジアムを訪問。「ガンバの未来4人応援してぐださい!」というキャプションにある通り、自身のチームメイトである堂安律や初瀬亮らを応援しに来たようだ。

     ACLのプレーオフを戦うなど、2月からハードな日程をこなしてきたG大阪。そこで長谷川健太監督はこのタイミングで休暇を与えており、トップチームの選手たちは21日(日)から24日(木)までオフとなっている。

     そのためオ・ジェソクは一時帰国することにしたようだが、オフを返上してまでU-20日本代表の試合を観戦するとは…。何と言う日本愛、何と言うガンバ愛だろうか。

     試合後にはG大阪の4人衆である堂安律、初瀬亮、市丸瑞希、高木彰人と合流!わざわざ予定を合わせてまで写真を撮るなんて、よほどG大阪の後輩たちに頑張ってもらいたいのだろう。

     非常に謙虚な性格で、日本文化も積極的に吸収しようとしているオ・ジェソク。

     そんな素晴らしい人間性が窺えるような投稿であった。これはG大阪のサポーターたちに愛されるはず!

    SOCCER KING 5/24(水) 11:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00591727-soccerk-socc

    【<G大阪DFオ・ジェソク>休日返上…U-20日本代表を応援しに韓国へ飛ぶ!何と言う日本愛、何と言うガンバ愛だろうか】の続きを読む

    このページのトップヘ